SBテクノロジーの事業領域

SBTは「ビジネスIT(BIT)ソリューション」「コーポレートIT(CIT)ソリューション」「テクニカルソリューション」「ECソリューション」という4つの事業領域で、法人向け(BtoB:Business to Business)ビジネスを行っています。

ビジネスITソリューション(BIT)

グローバル製造業・建設業・農業を中心に、クラウドやAI・IoTといった先端技術を活用し、お客様とビジネスの協創、事業の成長を支援します。

コーポレートITソリューション(CIT)

大手企業向けに、社内で利用する様々なシステムのクラウド構築や運用、セキュリティの支援を行い、お客様企業のクラウド化や働き方改革を支援します。

テクニカルソリューション

ソフトバンクグループを中心に、オンプレミス(サーバーやソフトウェアを自社で保有)やパブリッククラウドのシステム開発や、サーバーなどの機器販売、構築、運用保守サービスを行っています。

ECソリューション

SBTが初期から行っている事業で、ノートンストアを中心としたEC運営代行や、ECサイト構築から運用、蓄積されたデータの活用まで幅広い支援を行っています。

第3次中期経営計画においては、CITソリューションとBITソリューションを成長領域と位置付け、SBTのクラウド技術とセキュリティ技術の強みを活かした自社サービスを開発し、顧客企業へ提供しています。法人向けビジネスなので、普段は目にすることがないと思いますが、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進やサイバーセキュリティ対策など幅広い領域でお客様企業のビジネスを支援しています。

強みを活かした自社サービス

clouXion

豊富なクラウド導入実績で培った知見をもとに開発した独自サービス「clouXion(クラウジョン)」シリーズで、お客様企業の働き方改革やデータ活用など、DX推進を支援しています。

マネージドセキュリティサービス

オンプレ中心の時代からの実績と知識にクラウドの知見も加え、セキュリティ専門家による24時間365日体制のセキュリティ運用監視サービスを提供しています。

IoT Core Connect

豊富な導入実績をもつ Microsoft Azure 上で構築したIoT活用に必要なサービスをシームレスに提供する独自のプラットフォームサービスで企業のIoT化を支援しています。