SoftBank Technology

技術の「プロフェッショナル」を目指せるキャリア支援

選択できるキャリアパス

パフォーマンスをより高く発揮できる方向でキャリアを構築

基礎知識・能力の向上が求められる「デベロップメント領域」から始まり、「リーダー/プロフェショナル領域」を経て、管理職層において「マネジメント領域」と「プロフェッショナル領域」に分かれます。

会社が期待する役割と本人の意向を合わせながら、キャリアを選択することができ、同じグレードであれば、マネジメント領域・プロフェッショナル領域のいずれに属していても、給与体系に差はありません。

キャリアパス

継続して成長を支えるキャリア支援

年間通して、キャリアを振り返れるようにし、次の挑戦に向けた支援を行っています

キャリア支援
1 on 1

1ヶ月に1度、ライン長とメンバーは30分以上、対面にて面談を実施しています。メンバーのこれまで及び現状を振り返り、これからやりたいことや課題設定を支援することで、将来のキャリア形成をフォローをしています。

社内公募

自身でキャリア形成することを最大限支援するため、年に4回各部署のポジションを公募し、異動に対し手を挙げられる機会を設けています。事業を拡大しているSBTだからこそ、挑戦できる様々な新しいポジションがあります。

キャリアサーベイ

半年毎にキャリアについてヒアリングを実施し、現状の仕事とのフィット、今後のキャリアについて会社に申告することができます。自身の振り返りの参考にしていただくとともに、ローテーションや異動等に活用しています。

入社直後のスタート支援 ~メンター制度~

メンター制度

新卒・キャリア入社の社員をサポート

新卒入社の場合は1年間/キャリア入社の場合は半年間、新しく入社した社員それぞれに担当のメンターがつき、月1回30分以上の面談を行い、新しい環境で十分に力を発揮してもらえるよう支援しています。