SoftBank Technology

働き方改革(メリハリある勤務・休暇制度)

スーパーフレックスタイム制度

スーパーフレックスタイム制度

エンジニア特有の業務に適した勤務制度

長時間労働の是正や効率的で柔軟な働き方を支援するため、エンジニアは原則スーパーフレックス制度を適用しています。業務の繁閑やシステムのリリースなど、エンジニア特有の事情を考慮しています。営業部門や管理部門は主にコアありのフレックスですが、コアタイムを11:00-15:00とし、エンジニア同様、柔軟な働き方を推進しています。

定時退社デー・SBTプレミアムフライデー・有給休暇奨励日

定時退社デー等

メリハリある働き方の実現

・毎週水曜日の定時退社Day=週に一度は定時退社!
・SBTプレミアムフライデー=15時退社の推奨日。毎月最終金曜だけでなく、業務の繁閑や有給休暇奨励費に合わせて年間で柔軟に設定
・有給休暇奨励日=四半期に1度の有給休暇奨励日。長期休暇の実現や有給休暇取得率向上を推奨しています

SBT(エンジニア会社)独自の休暇制度

独自の休暇制度

エンジニアのキャリア形成や働き方にマッチした独自の休暇制度を導入しています

  • 能力開発休暇
    最大年間5日の取得が可能。資格取得に向けた勉強など、社員の成長をサポート
  • PJコンプリート休暇
    特定のPJにおいて、納期直前などの繁忙期に長時間残業をした社員に対し、連続5日間の休暇を付与

残業削減/生産性向上の推進

残業削減 生産性向上の推進

働き方改革による生産性向上による残業時間の削減

効率的で柔軟な働き方が可能な勤務制度の導入や、最新のITを用いたワークスタイルの変革によって、全社平均の残業時間は2015年度が約42時間、2016年度が約31時間、2017年度が約28時間と毎年削減しています。