DXに関する取り組み

基本方針

SBテクノロジーは、ソフトバンクグループにおけるICTサービスの中核企業として、「情報革命で人々を幸せに~技術の力で、未来をつくる~」を経営理念に掲げ、常に最先端のICT技術取得に挑戦しております。当社におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)は、クラウドやAI・IoTといった先端技術を活用し、事業の変革を行い企業価値を高めることです。高品質なICTサービスをお客様に提供するため、自らDXを実践し業務効率化やコスト削減などの改革に取り組んでまいりました。
当社は、今後も自社のDX推進の強化を図るとともに、お客様が抱えるさまざまな課題をICTサービスで解決することで、豊かな情報化社会の実現に貢献してまいります。

基本方針

当社は「大きく成長する」を経営の方針に掲げ、2013年から3年ごとに中期経営計画を打ち出し成長してまいりました。第1次中期経営計画では、「クラウド」「セキュリティ」「ビックデータ」の3つの領域に注力し、事業の拡大を推進しました。第2次中期経営計画では、クラウド上にセキュリティ対策とビックデータ解析の付加価値を融合し、お客様に対する付加価値を拡大するとともに、これら注力領域のサービス化を強化することでストックビジネス拡大のための基盤を構築しました。第3次中期経営計画では、「サービスプロバイダーへの進化」と「コンサルティング&ビジネスITの創出」を重点テーマに掲げ、クラウドやAI・IoTといった先端技術を活用し、お客様のビジネスへ貢献することを目指しております。

事業戦略におけるDX

国内労働人口の減少やIT人材の不足に加え、世界的に広がる新型コロナウイルス感染症の影響により、多くの企業において、クラウド化の推進やワークスタイルをテレワークへ移行する等の対応を行ってきました。このようなニューノーマルと呼ばれる新しい時代に向けた変化へ対応するために、企業においては戦略的に事業領域の強化や競争優位確保のためのDX対応が求められています。

当社は、ICT技術の自社導入によりこれまで創り上げてきたプロセス資産ならびに経験を活かし、労働集約的サービスから付加価値の高いデジタルサービスへとトランスフォームすることで、お客様社内の変革をデジタル技術で支える「サービスプロバイダーへの進化」とビジネスパートナーとしてお客様事業の変革をデジタル技術で支える「コンサルティング&ビジネスITの創出」を推進し、日本企業の競争力強化を目指してまいります。

SBテクノロジーのDX戦略

この戦略を実現するため、当社は自社のDXを重要課題と位置づけ以下の考えのもと取り組みを推進してまいります。

<SBテクノロジーのDX戦略>

  • 顧客対応力強化のDX: CS向上を目的としたCRM活用、顧客コミュニケーションの効率化 等
  • 事業環境整備のDX: 働き方改革、テレワーク推進、取引先も含めた業務システムのペーパーレス化 等
  • ソリューション強化のDX: 自社サービスの品質向上のためのデジタル化 等
  • DX人材の育成: デジタル基盤の利活用を推進できる人材の育成
  • ビジネスの協創のDX: お客様との協創による付加価値の向上

<サービスプロバイダーへの進化>
「サービスプロバイダーへの進化」を推進するためには以下の2点が重要であると考え、これらを強化することで競争優位性を確立していきます。

  • 当社クラウドサービスや、マネージドセキュリティサービス(セキュリティ監視)は、お客様の組織全体の生産性向上や情報システム部門の業務負担を軽減するサービスを提供しています。それらサービスは常に変化・対応が求められ、より先進のデジタル技術を活用することで高度化、効率化が可能です。
    それらの取り組みを怠ることなく、自社サービスのDXを継続することが重要と考えます。
  • 広く社会に価値を提供するためにパートナー経由での販売を拡大していきます。そのために、パートナー企業との関係強化やグループ企業とのシナジーを強化し、積極的に販売をしていただける仕組みやサービス開発に加え、広告や販促活動を行ってまいります。
    それらマーケティング戦略においてもデジタル技術を積極的に活用し展開してまいります。

<コンサルティング&ビジネスITの創出>
お客様の事業の変革をデジタル技術で支えるビジネスパートナーとなるためには、以下の2点が重要であると考えています。

  • これまでのシステム開発という間接的な支援だけでなく、デジタル人材の育成支援やコンサルティングを通じてより直接的にお客様の競争力強化への貢献を目指しています。
    特にグローバル製造業・建設業・農業・官公庁の分野に注力して取り組んでいます。お客様の事業成長をDXで実現するために、AIやIoTなどの先端技術を活用し、お客様とのビジネスの協創やサービス開発に取り組んでいます。
  • 当社は、事業戦略に即して施策を着実に実行していくために、付加価値の源泉である人材の育成と確保が必要であると考えております。サービスの拡大やお客様ビジネスのDX支援にはコンサルタントの育成が重要と考え、新しい案件に挑戦しやすい環境を整えて経験の蓄積を促進するとともに、ビジネスアナリシスを体系的に身に付けられるBABOK(Business Analysis Body of Knowledge)をベースとしたCBAP(Certified Business Analysis Professional)の資格取得支援を行っております。

DX推進指標

DXの実現には、デジタル技術の活用を前提としたビジネスモデルそのものの変革、組織や企業文化・風土、業務プロセスなどの変革が必要です。
当社では自社・お客様問わずDXの実現に、ビジネス変革に対するニーズの特定や価値創出にむけたソリューションの提案が可能なビジネスアナリシスのスキルが有効であると考えており、CBAPの資格取得数をDX推進指標としています。

DX推進の体制

推進体制
  • 代表取締役社長CEOを統括責任者とし、DX担当役員(CDO※)直轄で推進するDX推進室を設置
  • DX推進室は、DX推進室長、CIO、CISOの他に各事業部門長および管理部門から選出されたメンバーが参画し当社DXにおける課題抽出ならびに対応プロジェクト化を行う
  • 対応プロジェクトの実施は、DX推進室がオーナーとなり任命されたプロジェクトチームにより遂行される

※2022年4月新設

DX推進に向けた環境整備の取り組み

当社は、2018年より全社的にテレワークを導入し、一人ひとりにとって理想のワークライフバランスの実現や、長時間労働の解消および生産性向上の両立を目指し、取り組んできました。それに伴い、Microsoft Teamsを活用したオンラインコミュニケーション環境の構築や、社内業務システムおよびサプライチェーンのデジタル化など、ICT技術を活用することで「効率と生産性を高め、新たな価値を作り出す」取り組みを推進しています。2020年からは、ニューノーマル時代に合わせた新しい働き方として、一時的なテレワーク導入ではなく恒久的に勤務体系を「テレワーク主体」もしくは「オフィスワーク主体」を選択できる制度を導入しました。

今後も当社のビジョンである「多様な働き方と挑める環境で先進技術と創造性を磨き、社会に新しい価値を提供し続ける」の実現に向けて邁進してまいります。