本文へ移動します

社長メッセージ

2023年06月19日

平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

第4次中計初年度は、売上高・営業利益・経常利益ともに過去最高を達成
サービスの拡充と品質改善、生産性の向上を推し進め、更なる成長を目指す

2022年度より第4次中期経営計画がスタートしました。初年度となる当期は、売上高・営業利益・経常利益は過去最高を達成し、また営業利益率も改善され、2年目に向けて好調なスタートを切ることができました。

当社は、お客様の競争力強化に向け、お客様に寄り添い幅広くDXを支援することを重点テーマに掲げ、この第4次中期経営計画を推進しています。エンタープライズ領域では製造業向けのクラウド構築案件が増加し、マネージドセキュリティサービス(以下、MSS)は前年同期比1.6倍に売上を伸長させました。公共領域においては、自治体情報セキュリティクラウド(以下、自治体情報SC)の追加2県の受注により、合計12県とその配下の405市町村へサービスを提供することとなりました。また農林水産省向けの電子申請基盤の追加開発や、デジタル地図関連の運用案件を複数年分受注するなど、着実に事業を拡大しております。引き続きサービスの品質や機能強化を図るとともに、AI等を活用した新たな技術開発にも取り組んでまいります。

組織として大きく成長し、技術の力で世の中に新しい価値を提供

2022年度より、開示方針を「マーケット区分」と「ソリューション区分」に変更しました。利益指標には「売上総利益」を採用し、当社業績と外部環境、他社との比較等をわかりやすくなるようにしています。サステナビリティの取り組みとしては、カーボンニュートラル宣言を行い、6つの特定したマテリアリティに対して取り組み指標となるKPIを設定・公表いたしました。今後も持続可能な社会の実現に向けて貢献してまいります。

技術は日進月歩で進化し、日々新しいサービスの誕生やイノベーションが起き続けています。特にIT業界は変化が激しく、不確実性の高い業界です。当社はこの変化を新たな挑戦の機会と捉え、あらゆる外部環境の変化に適応していきながら、引き続き組織として大きく成長し、技術の力で世の中に新しい価値を提供してまいります。

株主の皆様におかれましては、変わらぬご理解、ご支援を賜りますよう、引き続きよろしくお願い申し上げます。