SBテクノロジーの外部評価

SBTはクラウド、セキュリティ、IoTなどの分野において最適な技術やノウハウを持ち、最良のソリューションをご提供しています。
また、IRや採用にも注力しており、これまでに事業、IR、採用においてさまざまな賞を受賞してきました。
それらの中から“SBTらしい”受賞・認定をピックアップして、ご紹介します。

受賞

【クラウド】 マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 6年連続受賞

「マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー」は、日本マイクロソフトがパートナー企業を対象に、23分野のアワードにおいて優れた実績をおさめた企業を選出するプログラムです。
SBTは、2014年より6年連続で受賞しています。

2019年 Internet of Things (IoT) アワード 受賞
2018年 Security and Complianceアワード 受賞
2017年 Cloud Productivityアワード 受賞
2016年 Messaging アワード、Public Sector アワード、Cloud Platform アワード(System Integrator) 3部門受賞
2015年 Cloud Platform コンピテシーアワード(System Integrator)
Identity and Access コンピテンシー アワード 2部門受賞
2014年 Identity and Access コンピテンシー アワード 最優秀賞 受賞
2012年 クラウド パートナー アワード 受賞

【クラウド・グローバル】 Microsoft Worldwide Partner Award で4冠受賞など

マイクロソフトが年に1度、マイクロソフト製品を基盤とした優れたソリューション・サービスの提供や豊富な実績を積んだパートナー企業を表彰する「Microsoft Worldwide Partner Award」において、2016年は4冠を達成しました。グローバルで4冠を達成したのは、日本国内ではSBTが初となります(自社調べ)。

2019年は2,900を超える世界中のパートナー企業の中からIoT部門でファイナリストに選出されました。この年のIoT分野での選出はSBTが国内唯一の企業となりました。

2019年 Internet of Things Partner of the Year ファイナリスト(国内企業唯一)
2017年 Collaboration and Content Partner of the Year ファイナリスト(国内企業初)
2016年 Country Partner of the Year Award、Cloud Packaged Solutions、Messaging、Public Sector-Government アワード受賞 (国内企業初4冠)

【採用】 「第7回日本HRチャレンジ大賞」において採用部門優秀賞を受賞

2018年度新卒採用時より開始した「グレードスキップ制度」や「プロフェッショナル・エンジニアコース」が、人材領域において優れた取り組みであることが認められ、「第7回日本HRチャレンジ大賞」において採用部門優秀賞を受賞しました。

●グレードスキップ制度
「オンリーワンの実績やスキル」を持つ学生を対象にしたグレードの飛び級制度。新卒社員であっても入社後すぐに適切な役割とそれに応じた処遇(最高で管理職層ひとつ手前のグレード3へ配置)を可能とすることで、早期に活躍できる環境を提供します。

●プロフェッショナル・エンジニアコース
「セキュリティエンジニア」や「データサイエンティスト」など、専門性の高い職種における知識、スキル、経験などを持ち、即戦力として働けるポテンシャルのある学生を、従来のICT総合コースとは別に、職種別に採用します。

認定

女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定の最高位を取得

2018年に、厚生労働大臣より「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づく「えるぼし」に認定され、最高位(3段階目)を取得しました。

えるぼしは、「女性活躍推進法」に基づき、行動計画の策定・届出を行った企業のうち、実施状況等が優良な企業に対し、厚生労働大臣が認定する制度です。評価項目は、①採用、②継続就業、③労働時間等の働き方、④管理職比率、⑤多様なキャリアコースの5つがあり、取得できる認定段階が3段階に分かれています。
SBTはすべての評価項目において基準を満たしており、最高評価である3段階目の認定を取得しました。