ニュース News

プレスリリース

2018年

『次世代Webブラウザのテキストレイアウトに関する検討会』の活動が、グッドデザイン賞を受賞。SBTは「FONTPLUS」の提供などで貢献
~これからのWebデザインに多様で自由な表現をもたらす将来性を評価~

2018年10月3日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)が参加しているプロジェクト『次世代Webブラウザのテキストレイアウトに関する検討会』の活動が、公益財団法人日本デザイン振興会(JDP)主催の2018年度グッドデザイン賞において、グッドデザイン賞を受賞しましたのでお知らせします。

グッドデザイン賞は、デザインが優れた物事に贈られる賞であり、工業製品からビジネスモデルやイベント活動など幅広い領域を対象としています。

グッドデザイン賞

『次世代Webブラウザのテキストレイアウトに関する検討会』は、電子書籍端末メーカー、印刷事業社、通信事業者などの民間企業等により構成される組織で、Webにおける縦書きやルビなど日本語固有の表現の国際標準化や普及促進に関する活動を行っています。

SBTは、『次世代Webブラウザのテキストレイアウトに関する検討会』が制作したWebサイト「縦書きWeb普及委員会」へ「FONTPLUS(フォントプラス)」のWebフォントを提供。普及促進活動にも貢献しております。

■Webサイト「縦書きWeb普及委員会」 https://tategaki.github.io/

Webサイト「縦書きWeb普及委員会」

使用フォント「 FOT-筑紫B丸ゴシック Std R 」

また、Webサイト「縦書きWeb普及委員会」はグッドデザイン賞の審査委員のお気に入りや気になった受賞作=「一品」に選出され、10月3日(水)~11月4日(日)に開催される「私の選んだ一品」展において展示されることが決定いたしました。

■「私の選んだ一品」展の概要

概要
  • グッドデザイン賞審査委員一人ひとりが選んだお気に入りの受賞デザインを展示する企画展
  • 縦書きWeb普及委員会は【鹿野 護委員】のお気に入りとして展示
期間 10月3日(水)~11月4日(日)
場所 GOOD DESIGN Marunouchi
東京都千代田区丸の内3−4−1 新国際ビル1F
https://www.g-mark.org/gdm/access.html
備考 入場料無料

2018年度グッドデザイン賞審査委員会より評価コメントをいただいております。

「Webデザインに縦書きがあったら、新たな表現文化が生まれるのではないか。そんな可能性を感じるプロジェクトである。この取り組みの素晴らしい所は、こうした縦書きを場当たり的な対応方法として普及させるのではなく、国際標準化を後押しするというアプローチを取っている点である。今後縦書きが可能になることで、新たなユーザビリティの課題なども予見される。しかし横書きと縦書きを自由に選択できることは、これからのWebデザインに多様で自由な表現をもたらすきっかけとなるはずだ。」

SBTは今後も、「FONTPLUS」のサービス提供を通して、表現豊かで美しいWebフォントの普及を推進してまいります。

■ FONTPLUSの詳細はこちらをご覧ください。
https://webfont.fontplus.jp/

※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

■ 本件に関する報道機関からの問い合わせ先
ソフトバンク・テクノロジー株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ
Tel:03-6892-3063 / Mail:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

 

ソフトバンク・テクノロジー 概要

one sbt

ソフトバンク・テクノロジーは、「情報革命で人々を幸せに ~技術の力で、未来をつくる~」という理念のもと、大きく成長することを目標に掲げ、クラウドとIoTに注力しています。クラウドを活用した働き方改革による生産性の向上やコスト削減などの支援に加えて、IoTやAIなどの先端技術を活用してお客様の本業成長に貢献できる真のビジネスパートナーを目指しています。

このページのトップへ