ニュース News

プレスリリース

2018年

【九州事例(福岡)】有明ねっとこむのセキュリティ監視・運用のサービスレベル強化を支援
~マネージド・セキュリティ・サービスの活用で24時間365日の運用体制を実現~

2018年9月28日
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 阿多 親市、以下、SBT)は株式会社有明ねっとこむ(本社:福岡県大牟田市、代表取締役 納冨 和由紀、以下、有明ねっとこむ)に「マネージド・セキュリティ・サービス」(以下「MSS」)を提供しました。有明ねっとこむは、MSSの活用により技術者の負荷を軽減しながら、24時間365日の運用体制でのアラートの調査・解析の提供を実現しました。これにより有明ねっとこむのお客様に対して、SBTと有明ねっとこむの二重チェックによる高品質なセキュリティサービスの提供が可能となりました。

有明ねっとこむは官公庁のお客様へセキュリティ製品を導入し、緊急時を除いた営業時間内での運用・監視を提供していました。しかしアラートを検知した場合、全てのアラートに対して危険度を把握する調査を行う必要があり、また重大なアラートにおいては最優先での対処が必要となるため、運用・監視を行う技術者への負荷と、他業務への影響が懸念されていました。またお客様のセキュリティレベルの向上には営業時間外でのサービス提供が必要と感じ、今回SBTのMSSの利用を決定しました。

MSSを活用することで、検知したアラートの最初の調査・解析や、明らかに対応が不要であったアラートの調査といった、アラート検知時における技術者の負荷を軽減しながらも、24時間365日の運用体制でのサービス提供が実現されました。また調査が必要なアラートに対してはSBTとの二重チェックを行う体制が確立され、より高品質なセキュリティサービスの提供が可能となりました。さらにMSS から出された調査結果レポートを活用することで、お客様へより早い報告が可能となりました。

今後、有明ねっとこむはMSSの取り扱いを開始します。SBTと有明ねっとこむは両社で、地場の官公庁や企業をはじめ、九州全体のセキュリティレベルの向上にむけて高品質なセキュリティサービスの提供をしてまいります。

■有明ねっとこむの会社概要および事例の詳細についてはこちら
https://www.softbanktech.jp/case/list/ariake/

■マネージド・セキュリティ・サービスについて
マネージド・セキュリティ・サービスは、サイバーセキュリティの専門家であるセキュリティアナリストが24時間365日、SBTの自社セキュリティ監視センターに常駐し、お客様のセキュリティシステムの適切なチューニングと、より高いレベルへの改善活動による運用・監視を実施します。
https://www.softbanktech.jp/service/list/managed-security-service/

※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

■ 本件に関する報道機関からの問い合わせ先
ソフトバンク・テクノロジー株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ
Tel:03-6892-3063 / Mail:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

 

ソフトバンク・テクノロジー 概要

one sbt

ソフトバンク・テクノロジーは、「情報革命で人々を幸せに ~技術の力で、未来をつくる~」という理念のもと、大きく成長することを目標に掲げ、クラウドとIoTに注力しています。クラウドを活用した働き方改革による生産性の向上やコスト削減などの支援に加えて、IoTやAIなどの先端技術を活用してお客様の本業成長に貢献できる真のビジネスパートナーを目指しています。

このページのトップへ