電子契約業務を Teams 上で
- クラウドサイン for Microsoft Teams

クラウドサイン for Microsoft Teams

クラウドサインと連携する Teams アプリ

「クラウドサイン for Microsoft Teams」は、多くの企業でコラボレーションツールとして利用されている Microsoft Teams 上で、「クラウドサイン」への書類送信から電子署名済みの書類格納までを完結する仕組みを提供します。

製品・サービスに関する資料請求

  • ※ 登録ボタンを押すと資料請求完了となります。
    入力項目をよくご確認の上、ご登録をお願いいたします。

クラウドサイン for Microsoft Teams とは

「クラウドサイン for Microsoft Teams」は、多くの企業でコラボレーションツールとして利用されている Microsoft Teams (以下、Teams)上で、弁護士ドットコム株式会社が提供する「クラウドサイン」への書類送信から電子署名済みの書類格納までを完結する仕組みを提供します。ユーザーは、Web ブラウザやメールなど複数のツールを切り替えることなく、Teams を使った業務の延長で電子署名を利用できるため、電子契約の導入をスムーズに進めることができます。

料金

料金

ユーザー環境・ユーザー要望に応じて料金が変動いたします。お見積りは当社営業にご相談ください。

※ クラウドサインならびに Microsoft Teams の利用料金は別途発生いたします。

料金がわかる資料を
請求する(無料)

機能

機能

電子署名の依頼を Teams から行え、署名済みの書類は Teams のファイルタブにて確認できます。通知は全て Teams の個人チャットまたはチャネルから確認可能です。

機能がわかる資料を
請求する(無料)

クラウドサイン for Microsoft Teams の3つの特長

特長1
使い慣れた Teams でクラウドサインによる電子署名依頼が可能!
Teams タブアプリとして提供するため、Webブラウザやメールなど複数のツールを切り替えることなく、電子署名業務が全て Teams 上で完結します。
特長2
署名済みの書類は Teams のライブラリに格納し一元管理が可能!
あらかじめ指定した Teams のライブラリに署名済みの書類を格納し、Teams プラットフォームの中で一元管理することができます。
特長3
電子署名業務の通知は全て Teams の個人チャット、チャネルに!
通知の仕組みは Teams の個人チャット、チャネルに行うため、その他業務を Teams で行っている場合も、もれなく気づきを与えることが可能です。

サービスの特長や詳細をさらに知りたい方はこちら

機能詳細や料金など、お気軽にご相談ください

資料請求(無料)