SoftBank Technology

制御システム向けセキュリティ対策

ネットワークの可視化により IoT のリスクを軽減

資料請求/お問い合せ

制御システム向けセキュリティ対策の概要

IoT 時代の到来、産業系制御システムが新たなサイバー攻撃のターゲットに

今までサイバー攻撃といえば、個人のコンピュータや企業で利用される OA 機器がターゲットと考えられていました。しかし昨今では、「IoT 化の促進」や「ビックデータ活用」を目的にプラントなど製造現場や社会インフラで利用されている制御システムにおいても、インターネットの接続と汎用的なシステムの利用が求められるケースが増えました。この変化によって、本来サイバー攻撃のターゲットとは無縁だった制御システムも、現在はさまざまなサイバー攻撃の脅威にさらされていると言えます。事実、2017年5月に世界的な問題となったランサムウェア WannaCry では、海外の自動車工場で生産が停止するという被害が発生してしまいました。


制御システム向けセキュリティ対策の概要

制御システムのセキュリティリスクが高まる理由

従来、産業機器や設備で利用される通信プロトコルや制御ソフトウェアは独自のものが使われているためセキュリティリスクは低いと考えられていました。しかし昨今では、多くのプラントでネットワークを TCP/IP で構成し、監視や制御用コンピュータに Windows や Linux といった汎用 OS が利用されています。さらにビッグデータの収集・活用のために各機器は OA ネットワークやクラウドアプリケーションに接続するケースも少なくありません。結果的に OA ネットワーク経由や、メンテナンス目的で接続した USB メモリーやコンピュータに潜伏するマルウェアに感染した制御システムを起点にサイバー攻撃を受ける可能性が高まります。

加えて、一度導入された制御システムは24時間365日の安定稼働を求められる傾向にあり容易に再起動や OS やシステムを変更できません。また、専用の OS やシステムが使われているなど、PC 用のウィルス対策ソフトが入れられないケースやメモリーなど動作要件を満たせないケースもあります。一般的に制御システムは10年~20年使い続ける前提のため、定期的に新しいシステムにリプレースすることも現実的ではありません。


  • 365日安定稼働が前提、停止や再起動はできない
  • 独自環境のため PC 向けのウィルス対策ができない
  • 製品の長期利用に伴うセキュリティ対策の陳腐化

制御システムサイバー攻撃のパターン

制御システム向けセキュリティ対策の特長

制御システムに潜むリスクの「可視化」と「自動対策」

ソフトバンク・テクノロジーでは、制御システムの特性に合わせた「セキュリティ対策ソリューション」を提供しています。


制御システムに潜むリスクの「可視化」と「自動対策」

セキュリティソリューションに関する資料請求・お問い合わせ

本サービスに関する資料請求やお見積り、ご不明点など、お気軽にご相談ください。

サービスラインナップ

左右にスクロールしてご覧ください。

種別 概要
侵入検知ソリューション UTM、サンドボックスなど各種セキュリティデバイスを活用し、外部からの攻撃やウイルスの侵入、内部からの不正な通信を検出します。
可視化ソリューション TCP/IP ネットワークに接続されている全ての端末、禁止された USB などのデバイスを洗い出し、管理者が接続状況を把握することが出来ます。

OS のバージョンやパッチ(セキュリティ更新プログラム)の適用状況や利用されているアプリケーションを確認することができます。
自動対策ソリューション 侵入検知で検出されたアラートや組織が許可していないデバイスや脆弱性を持つデバイスの接続を検知し『自動的』にブロックまたは隔離します。
SIEM 様々なセキュリティデバイスから出力されるログを収集し分析することで、より早期の発見と高度な分析が可能になります。
マネージドセキュリティサービス
(セキュリティ運用監視サービス)
UTM、サンドボックスなど各種セキュリティデバイスと連携し、検知結果をもとにブロックや隔離ができます。

セキュリティソリューションに関する資料請求・お問い合わせ

本サービスに関する資料請求やお見積り、ご不明点など、お気軽にご相談ください。