ITキーワード

Microsoft Azure とは?概要、メリット、具体的なサービスの内容を解説

Microsoft Azure にはさまざまなメリットがあり、多くの企業が導入しています。この記事では、Microsoft Azure とはどのようなサービスか知りたい企業に向けて、Microsoft Azure の概要やメリットについて解説します。具体的な機能についても解説するため、ぜひ参考にしてください。

Microsoft Azure とは?

Microsoft Azure とは、Microsoft 社が提供しているクラウドサービスです。ネットワークを利用したアプリケーションやデータベースサービスなどの開発・運営を進める目的で、多くの企業が活用しています。便利なサービスが多くあり、社内に必要なツールを導入するために幅広く利用されています。

Microsoft Azure の特徴

Microsoft Azure は、自社の状況にあわせて自由なカスタマイズが可能です。必要に応じて機能を組みあわせ、さまざまなツールを開発できます。具体的には、サーバー、ネットワーク、開発プラットフォームなどの構築が可能です。

Microsoft Azure では、すべてのサービスがクラウド上で提供されています。そのため、インターネットに接続できる環境であれば、いつでもどこでも利用できます。

企業が Microsoft Azure を利用するメリット

企業が Microsoft Azure を利用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。具体的なメリットについて解説します。

コストの無駄がない

Microsoft Azure を利用するには料金がかかりますが、料金体系は従量課金制です。そのため、実際に利用した分の料金を支払えば済み、無駄なコストが発生しません。また、Microsoft Azure を利用する企業向けの割引も充実しています。たとえば、長期契約に対する割引やサービス利用の予約に対する割引などがあります。

拡張性に優れている

Microsoft Azure は拡張性に優れており、Microsoft が提供しているさまざまなアプリケーションとの連携や移行に対応しています。たとえば、Office 365 や SharePoint などと組みあわせて利用できます。データサーバーの SQL Serve や Oracle も利用でき、自社の状況にあわせて自由に活用可能です。

日本の法律が適用される

一般的に、海外の企業が提供するクラウドサービスは、問題が発生したときに海外の法律が適用されるケースが多いです。しかし、Microsoft Azure には日本の法律が適用されるため、万が一問題が発生してもスムーズに対応できます。管轄裁判所は東京地方裁判所です。

セキュリティがしっかりしている

Microsoft Azure はセキュリティ対策に力が入れられており、コンプライアンスやネットワークセキュリティも強化されています。データセンターでは入館者が制限されているうえに、多層のセキュリティゲートが設置されています。自社の情報資産を適切に保護できる環境が整っているため、日々の業務でも安心して利用できるでしょう。

万全の災害対策を備えている

Microsoft Azure のデータサーバーは世界中に設置されており、数がたくさんあります。それぞれが相互に接続してデータを管理しているため、災害が発生しても稼働を継続できます。たとえば、どこかで災害が起きた場合、ほかの国や地域にあるサーバーによるリカバリーが可能です。

将来的に長く使用できる

Microsoft 社は Microsoft Azure の開発に力を入れており、多額の資金を費やしています。現在でも機能の強化が続けられており、今後もより便利で使いやすいサービスへ進化していく可能性が高いです。一度導入すれば、現在だけでなく将来にわたって長く使用できると考えられます。

Microsoft Azure で利用できる具体的なサービスとは?

Microsoft Azure では、さまざまなサービスを利用できます。ここでは、利用できる具体的なサービスについて紹介します。

Azure AI

Azure AI は、人工知能(AI)の音声認識や画像認識などを簡単に利用できるようにしたサービスです。専門知識をもつ人材がいなくても、機械学習やナレッジマイニングなどの機能を活用できます。

Azure Active Directory

Azure Active Directory は、ID を適切に管理したりセキュリティを強化したりするためのプラットフォームです。1つの ID で複数のアプリケーションへアクセスできるシングル・サインオンを利用できます。ID をまとめて管理できるため、人材が異動した際の権限の変更も容易です。

Azure Web Apps

Azure Web Apps は、Web アプリケーションを制作するためのサービスです。Azure Web Appsを利用すれば、クラウドアプリや検索サービスなども簡単に構築できます。

Azure Storage

Azure Storage は、各種サービスを運用するために必要となるストレージです。拡張性、可用性、耐久性、信頼性などに優れており、仮想マシンを稼働させるために必要なストレージを確保できます。

Azure DevOps

Azure DevOps は、システムの開発や運用をチームで進める際に役立つツールです。コミュニケーションをスムーズにし、進捗やシステムの品質などを効率的に管理するために活用できます。

Azure コンピューティングサービス

Azure コンピューティングサービスは、既存のアプリケーションをクラウドに移して利用できるようにするためのサービスです。プログラムのコードを変更せずにクラウドへ移行でき、業務環境を整備する際に重宝します。

Microsoft Azure を管理する方法

自社が Microsoft Azure で利用しているサービスは、Azure Portal で統合的に管理できます。Azure Portal 上ですべてのサービスを可視化でき、デプロイ管理、監視、診断などにも対応可能です。

なお、Microsoft Azure は従量課金制ですが、Azure Portal で各サービスの利用状況を確認するとコストの最適化も実現しやすくなります。

Microsoft Azure の利用料金

すでに触れているとおり、Microsoft Azure の料金は従量課金制です。そのため、どのサービスをどの程度使用するかによって、実際にかかる料金は大きく変化します。

自社が Microsoft Azure を利用するうえでどの程度の料金がかかるかについては、Microsoft のWeb サイトから見積もりが可能です。利用したいサービスをピックアップし、かかる費用を概算してみましょう。

Microsoft Azure を活用する際の注意点

Microsoft Azure を活用する際は、気をつけたいこともあります。ここでは、具体的な注意点について解説します。

認証機能を強化する

Microsoft Azure を安全に利用するには、セキュリティの強化が必要不可欠です。システムへの不正アクセスを防ぎ、自社の重要な情報資産を流出させないようにしましょう。

Microsoft Azure のセキュリティを強化するには、認証機能を活用すると効果的です。生体認証(指紋認証)や電話番号を使った認証などを取り入れ、2段階認証を実施しましょう。

アクセス制御を設定する

セキュリティを強化する方法としては、アクセス制御の設定も効果的です。担当や役割に応じてアクセスできる対象をあらかじめ制限しておけば、重要なデータの流出を防止できます。

Microsoft Azure では、所有者、共同作成者、閲覧者、ユーザーアクセス管理者などがもともと設定されています。カスタマイズも可能なため、自社の状況にあわせて設定を変更しましょう。

制限に気をつける

Microsoft Azure で利用するサービスによっては、一定の制限が設けられている場合もあります。たとえば、Azure Resource Manage で仮想マシンに割り当てられるコア数には制限があります。

制限内で対応できる場合は、そのまま使い続けて問題ありません。万が一、制限内ではMicrosoft Azure を十分に活用できないときは、サポートに連絡して制限を解除してもらいましょう。

まとめ

Microsoft Azure は便利なサービスや機能が豊富であり、すでに多くの企業が活用しています。自社の状況にあわせて簡単にカスタマイズできるため、理想的な環境を構築できるでしょう。

Microsoft Azure の導入や運用にあたっては、SBテクノロジーの「Microsoft Azure 導入・運用支援」サービスを利用するとスムーズです。単に Microsoft Azure を導入するだけでなく、顧客のプロジェクトにあわせた提案を行っています。すでに多くの企業が導入しており、高品質な提案が好評を博しています。Microsoft Azure を有効活用するために、ぜひ相談してください。