SBTのスベテ

建設テックの拡大に潜む課題と解決策

光安 健太郎

SBT で建設作業所向け認証サービス『Con-Bridge』を担当している光安 健太郎と申します。
今回は、建設作業所向け建設テックの拡大に潜む課題と解決策について取り上げます。
また今後も建設作業所における課題をお伝えさせていただければと思います。

建設業界向け ID 統合管理プラットフォームサービス「Con-Bridge」詳細はこちら

建設現場でのデジタル化に潜む課題

前回のブログ で述べたように、2024年から時間外労働の上限が建設業にも適用となり、当社のお客様でもその遵守に頭を悩ませている声をよく聞きます。

業務のデジタル化、ペーパーレス化を進めるにあたり、建設テックに代表されるツールがどんどん採用され、利用が促進されています。建設現場ではそういったツールを採用して生産性を上げて行きたいところですが、以下のような課題が上がってきています。

  1. 作業所ごとに各 IT ツールの ID とパスワードの発行が必要で、作業所ユーザーが多くの ID を使い分ける必要がある。
  2. 上記に関連して、管理する情報システム部門は ID やパスワード関連のセキュリティ事故のリスクを怖がり、また作業所全体では多くの ID 管理に取られる時間が生産性の妨げになる。

この課題が、建設現場への IT ツールの利用拡大に制限をかけてくることが想定されます。

建設業界向け ID 統合管理プラットフォームサービス「Con-Bridge」詳細はこちら

データのデジタル化にも課題

また、作業員にとってデジタル化は、若手は追従が早く使いこなすまでの時間も要さない一方、工事経験やノウハウを持っているベテランにとっては、シニア世代が多いこともあり、紙からデジタルへの切り替えが想像以上に難しいとの声が上がっています。

例えば、図面管理は専用のツールを使い、図面データを参照するにはそのツールのクラウドを使用しています。また、写真管理にはまた別の専用ツールを使い、写真データはそのツールのクラウドを使用しています。こういった構造が、データへのアクセスをより分かりにくくしている要因でもあります。

建設現場でのスキルやノウハウをベテランから若手へ継承するというテーマも重要ですが、デジタル化によって付いてこられないユーザーが出てくると、せっかくのデジタル化の恩恵も部分的なものとなってしまうおそれがあります。

建設業界向け ID 統合管理プラットフォームサービス「Con-Bridge」詳細はこちら

Con-Bridge が目指す建設現場のデジタル化

これら課題を解決する策としてお薦めしたいのが、作業所向け認証・ID 管理サービス「Con-Bridge(コンブリッジ)」です。建設業界の業務品質の向上に貢献したいとの思いから、人と情報を繋げるトラストなプラットフォームを提供し、各工程に特色のある建設テックをより活用するうえで課題となる認証・ID の管理について解決できるサービスです。

従来の各作業所、各ツール毎に管理してきた複数の ID、パスワードを、Con-Bridge のシングルサインオン機能を使うことで、1人あたり1 ID のみの利用を実現し、サービスを使う側および管理する側、両方の手間を削減します。

Con-Bridge(コンブリッジ)概要

また、散在するデジタル対策は、Con-Bridge と連携したクラウド NAS やポータルサイトなど機能強化を行っていき、必要なデータへ作業員がすぐたどり着く、という状態を実現していきます。

Con-Bridge(コンブリッジ)概要散在するデジタルデータへの対策

次回以降のブログでは、建設現場の IT のトレンドや時事ネタなどをお届けしてまいりますので、気になる方はお気軽にお問い合わせいただければと存じます。

関連ページ

建設業界向け ID 統合管理プラットフォームサービス「Con-Bridge」お問合せ・資料請求はこちら
建設業界向け ID 統合管理プラットフォームサービス「Con-Bridge」詳細はこちら

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録