SBTのスベテ

【事例公開】長崎県様 自治体情報セキュリティクラウドと連携した「長崎県 CSIRT」を構築

岡田

岡田

こんにちは、ブログチームの岡田です。
本日は、長崎県様において、自治体情報セキュリティクラウドと連携する「長崎県 CSIRT」を構築された事例を公開いたしましたのでご紹介します。

事例概要

長崎県様では、これまでさまざまなセキュリティ対策を進められてきました。その中で、セキュリティインシデントの対応について改めて評価をされたところ、サイバー攻撃によるインシデント発生時の行動基準が体系的に定められていないなどの課題が挙がりました。
そこで、当社の「CSIRT 構築支援サービス」をご採用いただき、CSIRT 構築に必要な要件整理から、運用体制の構築、ロールプレイングなどを実施いたしました。

事例


詳細な事例内容はこちら


CSIRT 構築支援サービスをオススメする理由

自治体様に限らず企業でもサイバー攻撃によるセキュリティインシデントはいつ発生するかわかりません。
予防のためのセキュリティ対策はもちろん必要ですが、巧妙化・複雑化するサイバー攻撃はその対策もすり抜けてしまうことがあります。インシデントが起こった際に、事前に連絡経路や、対応方法などを定めておかないと、関係各所へ連絡が行き届かず、結果として被害が拡大してしまい、社会的信用を脅かしかねません。 何も起こってないからこれからもきっと大丈夫、ではなく「CSIRT 構築支援サービス」を活用いただき、インシデントが発生した際の体制について考え、備えておくのも良いのではないでしょうか。

有事の対処は万全かどうか不安だと思われた企業様は、まずは SBT までご相談ください。

ソリューションの詳細はこちら



関連ページ

長崎県様 導入事例
CSIRT 構築支援サービス

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録