ITキーワード

Microsoft 365 E5 を選ぶべき理由とは?セキュリティや価格、他のプランとの違いを解説

Microsoft 365 は高度なセキュリティや豊富な機能を備えているため、導入を検討する企業も多くあります。しかし E5 や E3、F3 など、どのプランに申し込めばよいか分からない場合もあるでしょう。

本記事では Microsoft 365 E5 の概要や E3 との違い、機能、価格について紹介します。E5 と E3の選び方のポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

Microsoft 365 E5 の概要

ここでは、Microsoft 365 E5 の概要と Microsoft 365 のプランについて解説します。

Microsoft 365 とは

Microsoft 365 とは、Office 365 と Windows11、EMS を提供するクラウドサービスです。それぞれのサービスについて概要を解説します。

Office 365

Office 365 とは、Excel や Word、PowerPoint などの Microsoft Office を利用可能なライセンスをサブスクリプションで提供するサービスです。

Windows11

Windows11 はマイクロソフト社が提供する最新の OS です。Windows 11 Pro や Windows 11 Enterprise など法人向けのエディションも提供されています。

EMS

EMS とは、「Enterprise Mobility + Security」のことで、セキュリティ対策とモバイル管理のためのプラットフォームです。たとえば、次のようなサービスが含まれます。

  • ID とアクセス管理
  • 情報保護
  • オンプレミスとクラウドの両環境下での脅威対策
  • クラウドセキュリティ

情報セキュリティを担保しつつ、従業員の柔軟な働きをサポートして、生産性向上を目指すためのソリューションです。

E5 は Microsoft 365 の最上位プラン

Microsoft 365 には、E5 と E3、F3 の3つのプランがあり、E5 はその中でも最上位プランです。高度なセキュリティやコンプライアンス、音声通信、分析機能を備えています。大企業の経営課題の解決に必要なソリューションが豊富に含まれるプランです。

Microsoft 365 E5 とその他のプランの違い

E5 や E3、F3 の各プランは、利用可能な機能や使用条件が異なります。ここでは、それぞれの特徴について解説します。

E3 の特徴

E3 には、生産性向上に役立つアプリが豊富に含まれます。さらに、セキュリティとコンプライアンスについての中核的なサービスも提供されています。

しかし、音声通信や分析機能については、E5 と比べると利用可能なサービスが限られます。たとえば音声通話については、電話会議の機能が備えられていません。電話会議とは、インターネットが使えない場合に、電話機から Web 会議に参加できる機能です。

F3 の特徴

F3 の特徴は、現場担当者が業務を遂行するための機能を備えたシンプルなプランである点です。E3 よりもさらに利用できる機能が限られます。Microsoft 365 やメール、予定表などについて E3 と比べると使用条件や利用制限があります。

たとえば利用できるメール機能には、2GB の受信トレイのみで、Outlook 統合やボイスメールは含まれていません。

Microsoft 365 の価格表

Microsoft 365 における各プランの価格は次のとおりです。

プラン名 Microsoft 365 E5 Microsoft 365 E3 Microsoft 365 F3
価格(年間契約) 6,200円/月 3,910円/月 870円/月

※表示価格は1ユーザー当たりの料金です。
※料金は、すべて税別です。
※2022年3月現在の価格です。

Microsoft 365 E5 の主な機能

ここでは、Microsoft 365 E5 の主な機能について、セキュリティや Web 会議、分析機能を解説します。

最上位のセキュリティ

E5 は ID とアクセスの管理や脅威対策、情報保護、セキュリティ管理、コンプライアンス管理についての最上位の機能を備えています。

たとえば ID とアクセス管理をサポートする Azure Active Directory Premium プラン2には、不審なログインを検出する高度な ID 保護機能(Azure AD Identity Protection)や Azure における特権 ID(特権ロール)の管理をしてくれる Privileged Identity Management 機能があります。

Privileged Identity Management について詳しく知りたい場合は、次の記事を参考にしてください。

参考:Privileged Identity Management (PIM) を使って Azure の権限管理をやってみた

包括的な Web 会議と音声通話

Microsoft 365 では Web 会議、チャット、ファイル共有、通話を一元管理できます。さらに E5 で利用可能な電話会議の機能は、インターネットに接続できない外出先からも、公衆電話回線を使って Microsoft Teams の会議に参加可能です。ただし、利用できる国や地域が限られる点や E5 以外のプランでは、利用できない点に注意しましょう。

Power BI Pro

Power BI Pro はデータを集計・分析して、企業のさまざまな活動に活かせるツールです。企業がもつ Excel やクラウド上にあるデータを取り込み、グラフ化したりスライシングしたりして分析できる BI(ビジネスインテリジェンス)製品です。

さらに抽出したデータを、グラフなどの見やすい状態にしてダッシュボードに表示できる点も魅力です。SharePoint Online 上で共有して、スマホなどの端末を通してどこにいても見ることができます。Gartner 社が発行する市場調査レポート「Magic Quadrant」でも No.1 の評価です。

Power BI Pro は E5 のみに備えられる分析ツールですが、単独でも購入可能です。当社でもサポートが可能ですので、導入を検討する際には以下もぜひ参考にしてください。

「Power BI 利活用支援」のサービス詳細はこちら

Microsoft 365 E5 の高度なセキュリティ機能

Microsoft 365 E5 はゼロトラストセキュリティのコンセプトに基づいています。そのため、ID やクラウド、エンドポイントに関する脅威に対して強力なシステムの保護が可能です。ここでは、Microsoft 365 E5 の高度なセキュリティ機能について、それぞれ概要を紹介します。

Azure Active Directory Premium P2

Azure Active Directory では、セキュリティを維持したまま、ID の一元管理とシングルサインオンが可能です。Azure AD と略されることもあります。Azure Active Directory Premium P2 では、各ユーザーの ID 情報による高度なアクセスポリシーの実現が可能です。例えば、同じ端末、ID/パスワードでリモートからアクセスであっても、短時間で離れた場所からのアクセスならば不審な挙動としてスマートフォンアプリ上で二要素任所(MFA)を要求したりすることができます。

Microsoft Defender for Identity

Microsoft Defender for Identity はユーザーのアクティビティを監視・分析することにより、ログイン時の視覚情報に対する不審な挙動について高度な検出が可能な機能です。

クラウド ベースですが、オンプレミスの Active Directory シグナルを利用して、組織を対象とする高度な脅威、侵害された ID、および悪意のあるインサイダーによるアクションの検出を行います。

Microsoft Defender for Cloud Apps

Microsoft Defender for Cloud Apps はいわゆる CASB になります。クラウド利用における危険の可視化、制御、保護を行う機能です。端末がアクセスしたクラウドサービスのリスク可視化や、企業が利用するクラウドサービスへのアクセス制御を行い、アカウントのっとりや情報漏えいを防止します。

Microsoft Defender for Endpoint

Microsoft Defender for Endpoint は、EDR の機能を提供します。攻撃者の侵入後の動きを検出して早期対処することで、被害を最小限に抑える機能です。適切に操作すればインシデントの影響範囲や侵入経路の調査まで行えます。Microsoft Defender for Endpoint はインシデント管理から修復までが自動化されている点もポイントです。

Microsoft 365 E5 を選択する際のポイント

Microsoft 365 E5 の特徴は、主にセキュリティレベルが強化されている点です。ゼロトラストセキュリティの概念に従ってID、クラウド、エンドポイントを中心としたセキュリティ対策を統合して管理できるため、効果的なセキュリティ対策が行えます。ゼロトラストセキュリティを推進していてMicrosoft 365 E3 や F3 を利用している企業は特に簡単にゼロトラストセキュリティを実現できます。

まとめ

Microsoft 365 E5 の他のプランとは異なる特徴として、Power BI による分析機能や Web 会議機能の強化といった業務を効率化する機能に加えてセキュリティを大きく強化していることが挙げられます。ゼロトラストセキュリティのコンセプトに基づいたセキュリティで、情報資産への脅威を防ぎます。

しかしセキュリティを万全にするためには、機能だけではなく運用も重要です。高度な知識と24時間の監視体制などでセキュリティを運用するためには、マネージドセキュリティサービス(MSS)の導入がおすすめです。

当社の MSS は、Microsoft 365 E5 に特化した24時間365日の有人監視に加え、海外拠点も統合したセキュリティおプレーションセンター(SOC)をご用意しています。Microsoft 365の MSS については、ぜひ当社にご相談ください。