ITキーワード

ビジネスインテリジェンスとは?概要から BI ツールの機能、メリットデメリットなどを解説

ビジネス・インテリジェンス(BI)とは、データを収集・分析・加工して経営に活用する仕組みです。この記事では、ビジネス・インテリジェンスについて詳しく知りたい方に向けて、概要や BI ツールの機能、導入のメリットとデメリットを解説しています。ツール選定のコツも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ビジネス・インテリジェンス(BI)とは

ビジネス・インテリジェンス(BI)とは、企業が内部システムに蓄積しているデータを、業務・経営の意思決定に活用するための仕組みです。また、組織内のデータを集積・分析・加工して、可視化することを指す場合もあります。

ビジネス・インテリジェンス(BI)は、ツールやシステムを用いることでデータを分かりやすく可視化でき、タイムリーな情報共有が可能です。膨大なデータを活用することで、より効率的なビジネスプロセスを実装できるようになります。

ビジネス・インテリジェンス(BI)が重要な理由

ビジネス・インテリジェンス(BI)を活用するとより円滑に、かつ効率的なビジネスが可能です。例えば、市場トレンドや顧客行動の把握が容易になります。顧客行動の分析に基づき、売上アップや新規顧客獲得に向けた戦略を最適化できるでしょう。

その結果、売上や利益の向上につながると考えられます。適切なデータをビジネス・インテリジェンス(BI)によって可視化し、効果的に使用すれば組織内のさまざまなシーンで役立てられるのです。

ビジネス・インテリジェンスツール(BI)ツールとは?

ビジネス・インテリジェンス(BI)ツールは、組織に蓄積された膨大なデータを収集・分析し、迅速な意思決定を助けるソフトウェアです。「BI ツール」あるいは「BI システム」とも呼ばれています。

ビジネス・インテリジェンス(BI)の実現には不可欠なツールであり、簡単な操作で使用できる点がメリットでしょう。データを活用したい経営者や従業員が、専門家の力を借りずに意志決定できるように機能が備えられています。

ビジネス・インテリジェンス(BI)ツールによって実現できること

BI ツールによって実現できることは、次の3つです。

  • データの収集・蓄積・統合
  • データの集計・分析
  • データの可視化

「データの収集・蓄積・統合」では、組織内に点在するデータを一元管理し、分析時にいつでも活用できるよう蓄積します。

次に「データの集計・分析」では、経営判断やマーケティング施策を行う際の材料となる情報を、データから抽出・集計して分析を行います。

最後に「データの可視化」は、分析データを正確に把握するための要素です。必要な情報を素早く読み取れるように、データを分かりやすくビジュアル化します。

ビジネス・インテリジェンス(BI)ツールの機能

ビジネス・インテリジェンス(BI)ツールに備わる、3つの主な機能についてそれぞれ解説します。

レポーティング機能

レポーティングはデータをビジュアル化し、分かりやすくする機能です。可視化したデータをもとにパフォーマンスを計測・監視して、問題やトラブルをチェックします。課題のスムーズな発見・対応は企業にとって重要な取り組みです。データの収集・可視化をリアルタイムで行う BI ツールも登場しており、危機管理に最適といえます。

OLAP 分析機能

OLAP 分析機能はオンライン分析処理のことであり、「Online Analytical Processing」の略です。OLAP は独自に多次元的なデータベースを生成し、「ドリルダウン」「ダイシング」「スライシング」といった複雑な集計・分析を行います。課題のチェックや要因を発見することが目的であり、多角的な視点からデータを分析することで、仮説の検証・確認が可能です。

データマイニング機能

データマイニングは、データそのものから関連性や傾向を発見する機能です。マイニングは「発掘」を意味し、データを統計的に処理します。「クロス分析」「相関分析」「回帰分析」といった手法を用いて、複雑な統計分析が可能です。データを分析したうえで価値ある法則・傾向を見出し、意思決定のヒントとします。

ビジネス・インテリジェンス(BI)ツールのメリット

ビジネス・インテリジェンス(BI)ツールの導入で考えられる、3つのメリットについて紹介します。

蓄積された膨大なデータを活用できる

ビジネス・インテリジェンス(BI)ツールを活用すれば、ビッグデータを分析して現状把握し、経営判断に活かせます。近年はデジタル化が進み、デバイスの種類も増えてきました。それに伴いデータの増加・多様化も進む一方です。組織内に散らばるデータを一元管理することで、高度な分析が可能になり、精度も向上します。

リアルタイムでデータを可視化できる

リアルタイムな可視化により情報が理解しやすくなるため、スムーズな共有が可能です。ビジネス・インテリジェンス(BI)ツールの導入で、短時間で必要な情報が得られるようになります。スピーディーな意思決定を求められる場面でも、正確な判断を下せる点がメリットといえます。

課題を早期発見し、対策を取れる

ビジネス・インテリジェンス(BI)ツールなら分析結果をもとに、起こりうる問題の発生確率を予測できます。トラブルの早期発見・解決につながり、初期段階で対策の検討が可能です。また、課題の洗い出しにも有効であり、業務効率の改善や経営戦略を進めるうえでも、非常に役立つメリットでしょう。

ビジネス・インテリジェンス(BI)ツールのデメリット

反対に、ビジネス・インテリジェンス(BI)ツールのデメリットについても確認しておきましょう。

導入に失敗しやすい

ビジネス・インテリジェンス(BI)ツールのデメリットは、導入前に確認・比較するべきポイントが分かりにくい点です。「自社に合ったツールを選べていない」あるいは「導入における社内体制が構築できていない」といった問題により、導入失敗につながる可能性があります。利用目的を明確にし、具体的な活用イメージを持ったうえで導入を検討することが大切です。

コストが発生する

利用する料金プランによっては、想定よりコストがかかる可能性があります。例えば、ユーザー数課金型は、利用人数が増えるほど費用が高くなるプランです。また、提供形態やライセンス体系によっても価格は異なります。導入後に機能追加や、想定外のコスト増加とならないためにも、事前に利用目的・必要な機能・人数等を把握しておくことが重要です。

設定に時間と手間がかかる

ビジネス・インテリジェンス(BI)ツールの初期設定には、ある程度の時間がかかります。膨大なデータを抽出・分析するためには、1つのデータベースに格納する作業が必要です。自社に合った初期設定も必要なため、専門の支援サービスに依頼するのが一般的になります。BI ツールの販売会社による導入サポートの有無も確認しておきましょう。

ビジネス・インテリジェンス(BI)ツール選定のコツ

多種多様なビジネス・インテリジェンス(BI)ツールを、選定する際のポイントを解説します。

自社の課題を整理し、導入目的を明確にする

目的を明確にしたうえでツールの選定を行います。まずは組織内の課題と、改善したい点を整理しましょう。課題解決を軸とすることで、目的達成のために必要な機能が選びやすくなります。また「提供形態・料金プランは予算に沿っているか」「サポート体制は整っているか」といった点も確認したいポイントです。

自社にとって使いやすいツールを選ぶ

自社の求める機能が充実しているツールを選びましょう。職種や部門によっても必要な機能は異なります。ただし、機能が豊富であればよいというわけではありません。利用目的に沿った機能を備えつつ、継続して活用できることが大切です。また、日々使用するツールとなるため、使い勝手のよさも重要になります。

連携の取りやすい社内体制を構築する

ビジネス・インテリジェンス(BI)ツールは、データを共有することで効果を発揮します。複数の部署をまたいでも連携しやすいような体制が必要です。ただし、全社一斉にツールを使用開始してしまうと、混乱を招きます。リスク軽減のために、まずはスモールスタートで運用フローを構築し、ルールを作成していくのがおすすめです。

Power BI とは?

Power BI は日本マイクロソフト株式会社が提供する、ビジネス・インテリジェンス(BI)ツールです。エクセルや CSV ファイルはもちろん、ほかのシステムとも連携可能なためマイクロソフト製品を導入している組織には、メリットが多いといえるでしょう。

「オンプレミス型」「クラウド型」を問わず、さまざまなデータと連携でき、データを探す手間が省けます。場所やデバイスによる制限を受けることなく、情報共有が可能になることで業務効率化も実現可能です。

また、最新の Microsoft AI により専門知識不要で、データの準備や機械学習モデルの構築が行えます。セキュリティには Azure AD による認証や、Microsoft Cloud App Security ポータルの監視機能が使用されているため安心です。

まとめ

ビジネス・インテリジェンス(BI)ツールを利用することで、取得したデータを有効活用でき、円滑な経営や意思決定が可能になります。しかし、導入にはメリットデメリットを理解し、課題を明確化したうえで最適なツールの選定が重要です。

SBテクノロジーの「Power BI 利活用支援」は、基幹システムや IoT データなど、他ソリューションと Power BI を組み合わせた導入・開発にワンストップで対応するサービスです。導入のご相談から、お客様によるレポート開発(内製化)まで幅広く支援を行います。