DX station

Sitecore で実践!サイト分析 ―エクスペリエンスプロファイル―

渡辺 亮太

こんにちは。 Sitecore MVP の渡辺です。

Sitecore のマーケティング機能を活用してできることを全3回でご紹介しておりますが、
今回は第2回目の「Sitecore で実践!サイト分析 ―エクスペリエンスプロファイル―」です。

サイト分析というと、分析担当の方は Google Analytics や Adobe Analytics といったアクセス解析ツールを利用して実施されているのが、一般的かと思います。
確かに、 Google Analytics は広告などの集客系分析やサイト内コンテンツ分析がかなり優れていますし、 Sitecore のマーケティング機能の有効化をされているお客様でも、 Google Analytics を利用してサイト分析を行われていることが多いです。

でも、 Sitecore の分析機能にも、ぜひ使ってもらいたい優れた機能があります。

その中の1つが、1人の訪問者(コンタクト)の行動を詳細に表示できる「エクスペリエンスプロファイル」です。
今回は、このエクスペリエンスプロファイルについて、特徴と使いどころをご紹介します。



エクスペリエンスプロファイルの特徴

エクスペリエンスプロファイルの特徴は、訪問者(コンタクト)ごとの詳細情報が、まとまって表示されることです。
そのため、その人がどんなきっかけでサイトに訪れ、サイト内でどんな行動をしてコンバージョンに至ったかというような、訪問者について深く知るための分析ができます。

でも、1人の訪問者が1つのデバイスだけでサイトを閲覧するとは限りませんよね?
PC やスマートフォンといったデバイスに加えて、複数のブラウザを利用して閲覧することもあります。
そんなときも、それぞれのデバイス・ブラウザでログインをしてくれた場合など、訪問者が一意に特定できればデバイス・ブラウザを横断してのサイト閲覧行動の情報が、まとめて表示されます。

加えて、ログインをしていない状態の訪問者についても、 Cookie に書き込まれる訪問者識別子をもとに、1人の「匿名ユーザー」として識別して、行動情報が記録されていきます。


事前設定

エクスペリエンスプロファイルを使用するうえで、訪問者がサイト内でどんな行動をして、どのタイミングでコンバージョン・マイクロコンバージョンを達成したか把握することが重要です。

このコンバージョン・マイクロコンバージョンの達成ポイントを正しく識別するためには、事前に「ゴール」を設定しておく必要があります。
「ゴール」の定義・設定方法は、 前回の記事 で紹介しておりますので、エクスペリエンスプロファイルを使う前に、必ずこちらのゴールを設定しておきましょう。


表示されるデータ

Sitecore のメニュー「エクスペリエンスプロファイル」をクリックすると、直近の訪問者のリストが表示されますので、その中から1人の訪問者を選択すると、詳細ページが表示されます。

エクスペリエンスプロファイルの詳細ページは、「 OVERVIEW 」「 ACTIVITY 」「 PROFILING 」「 DETAILS 」のタブで構成されています。
このタブの中身もご紹介していきます。


OVERVIEW

OVERVIEW

OVERVIEW は、訪問者の概要が素早く確認できるダッシュボードです。
最上部にある日次のチャートでは、訪問日・ゴール達成日などを視覚的に理解できます。その他、最新の訪問日や検索キーワード、マッチしたプロファイルなどの概要をこの画面で把握します。


ACTIVITY

ACTIVITY

ACTIVITY の中の「 Goals 」では、事前に定義したゴールが何回達成され、訪問者がスコア(エンゲージメントバリュー)を何ポイント獲得したかが把握できます。
これにより、コンバージョンに至るまでに訪問者がどのような中間コンバージョンを経由したかを把握できます。


PROFILING

PROFILING

PROFILING では、事前に定義したプロファイルのうち、どのタイプのコンテンツを多く閲覧しているか、訪問者の閲覧履歴から判定して、レーダーチャートと数値で表します。
これにより、訪問者がサイト内の何に関心を持っているかを把握できます。


使いどころ

(1) ミクロ分析

「特定商品購入」「リピート購入」「退会」など、特徴的かつサイトの成果向上に影響する行動をした訪問者について、何人かの訪問者をピックアップしてミクロ分析を行うことで、詳細な行動履歴から効果的な訪問タイミングやコンテンツを把握できます。

この情報をもとに、顧客のプロファイルやペルソナを設定し、リターゲティング広告でサイトへの再訪問を促すタイミングやサイト内で訴求すべきコンテンツなどを検討することで、サイトの成果向上を図ることができます。


(2) 営業担当者への情報提供

BtoB 企業など、営業担当者が商談を行うビジネスモデルの場合に、エクスペリエンスプロファイルに記録されている情報を提供することで、営業担当者が顧客理解を深めるのに役立てることができます。

例えば、いつから本格的に検討を始めたかや、他に興味のあるカテゴリを理解することで、あらかじめ商談の進め方やクロスセルなどにおける戦略を練って商談に臨むことができます。


最後に

今回、 Sitecore の分析機能としておすすめの「エクスペリエンスプロファイル」を紹介しました。
Google Analytics などを利用したマクロな視点での分析だけでは気付くことができない、ミクロな視点での分析を行うことでサイトの成果向上や商談の成功率向上に役立てられますので、ぜひエクスペリエンスプロファイルを利用した分析を行ってみてください。

Sitecore での分析機能活用に関して、弊社にてご支援をさせていただくことが可能です。
ご不明な点やお困りの点がございましたら、お気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

関連ブログ記事

Sitecore でマーケティング施策を行うための最初のステップ

関連ページ

導入からデジタルマーケティングのコンサルティングまでご支援 - Sitecore on Cloud
デジタルマーケティング・コンサルティングサービス

DX推進に役立つ情報をお届けします!メールマガジン登録はこちら

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録