DX station

Dynamics 365 Sales とは?機能・利用シーンについて解説

こんにちは、SB テクノロジー(以下、SBT)セールスコンサルティングチームの保科です。

こちらの記事で、セールス部門・マーケティング部門の協業の重要性と、顧客情報・ニーズ収集の武器としての IT ツール活用について触れました。この記事では営業活動中のあらゆる活動データを収集・分析をする SFA ※ のひとつである「Dynamics 365 Sales」の概要を解説します。

  • ※ SFA:「Sales Force Automation(セールス・フォース・オートメーション)」の略称

SFA 導入のメリットや製品の機能を確認したけれど、利用したときのイメージが沸かないな……という方向けに、具体的な利用シーンを挙げていますので、ぜひご覧ください。

  • 機能やライセンス体系は、2021年8月時点の情報です。

Dynamics 365 Sales とは

Microsoft が提供する Dynamics 365 は、豊富な実績を誇るビジネスアプリケーションのパッケージです。柔軟かつローコードな開発が可能なため、急激なビジネスの変化やニーズへ対応することができるほか、日々の業務で使い慣れた Office 製品と連携することで生産性の向上につながります。業務ごとにアプリケーションが提供されており、営業活動を支援するアプリケーションが Dynamics 365 Sales です。

Dynamics 365 マーケティング
Marketing
確度の高い見込み顧客獲得と育成を実現

主な機能:マーケティングリソース管理、メールマーケティング、顧客セグメンテーション、マーケティング分析 など

営業支援
Sales
顧客情報、営業活動を管理し、データに基づいた営業活動を支援

主な機能:顧客管理、商談管理、プロセス管理、ダッシュボード など

顧客サービス
Customer Service
さまざまなチャネルを通じ一貫したサポート提供を支援

主な機能:問い合わせ管理、セルフサービスサポート、ナレッジ管理 など

フィールドサービス
Field Service
フィールドサービスを最適化し、顧客満足度向上・収益拡大に貢献

主な機能:メンテナンス情報管理フィールドエンジニアのスケジュール管理、ディスパッチ など

ERP
Financial &Operations
基幹業務を統合し、インサイトの獲得、業務の最適化を支援

主な機能:顧客管理、購買管理、生産管理 など

Dynamics 365 Sales がサポートする業務範囲
Dynamics 365 Sales がサポートする業務範囲

Dynamics 365 Sales がサポートする業務範囲はお分かりいただけたでしょうか。

それでは具体的にどのようなシーンで利用するのか、ご説明したいと思います。

Dynamics 365 Sales の利用シーンと機能

利用シーン1:予実状況・直近のタスクを確認する

フィールドセールスの方々が出社して真っ先に行うことといえば、予実状況やその日のタスクの確認ではないでしょうか。「ダッシュボード」では、進行中の活動、オープンしている営業案件など、毎日の業務に関連する重要な情報を一目で可視化することができます。ダッシュボードは複数作成することができますので、役割や部門別にダッシュボードを用意、切り替えることで状況を把握することができます。

予実状況・直近のタスクを確認する

利用シーン2:顧客折衝履歴を確認する

アプローチ先を確認しアポイントを取る際に、これまでの折衝履歴を振り返るかと思います。Dynamics 365 Sales で管理している取引先企業から、アポイント対象のお客様を検索し直近の対応履歴を確認することができます。

自社の拠点・部門からどのようなコミュケーションがされているのか、時系列で素早く把握できますので、次のアクションをいつ、どのように起こすか検討するのに役立ちます。

顧客折衝履歴を確認する

利用シーン3:訪問準備をする

さて、訪問先が決まりアポイントが取れたあとの訪問準備です。みなさんは案件に関するヒアリング情報を、どのように管理されていますでしょうか。自社で取り扱っているサービス・製品を初めて提案することになったものの、何をヒアリングすればよいのか困ったことはないでしょうか。

Dynamics 365 Sales でサービス・製品ごとに標準プロセスを定義することで、どのステージでどんなタスクをおこなえばよいのか、何をヒアリングすればよいのかが分かります。これにより、属人性の高い営業活動の標準化をすることができます。

訪問準備をする

利用シーン4:商談の結果を共有する

Dynamics 365 Sales はスマートフォンからの操作も可能です。商談が終わったらその結果を報告するために、PC を開く必要はありません。外出先からの移動中に商談結果を入力することで、時間を有効に使うことができます。

入力した商談結果は関係者にメールや Teams で共有されますので、次のアクションを相談したり、マネージャーは状況を察知しアドバイスを送ったりすることができます。

商談の結果を共有する

利用シーン5:売上を予測、担当別のアクション状況を把握する

日々の活動情報や顧客情報が集約されると、進行中の案件、確度、見積金額や受注時期から、精度の高い売上予測を立てることができます。また、担当者別にアクション状況を把握することでコーチングにも役立てることができますので、マネージャーにとって大きなメリットといえるでしょう。

売上を予測、担当別のアクション状況を把握する

Office 365と連携して、もっと便利に

冒頭に触れた通り、Dynamics 365 Sales と Office 製品を連携することで効率性がアップします。グループウェア最大のメリットは「二重入力しなくていいこと」につきます。ここでは「Outlook 連携」「Teams 連携」について、かいつまんでご紹介します。

Outlook 連携

Outlook の予定、E メールの画面から Dynamics 365 Sales へアクセスし紐づけすることで、同じデータを二重入力する手間が省けます。また、別担当者から商談への同行を依頼された際に、Outlook から直近のアクションを時系列で確認することができます。

Teams 連携

現在、オンラインでの商談をされている方も多いと思います。Teams と連携することでウェブ会議、通話のログを Dynamics 365 Sales に蓄積することができます。商談の結果を報告する際には、実際の開始時刻や終了時刻、参加者情報などを残さねばなりませんが、Teams 連携によりこれらの情報が Dynamics 365 Sales へ自動的に反映されます。

また、Dynamics 365 Sales 上に埋め込まれた Teams チャットで、リアルタイムのコミュニケーションをとることができます。

ライセンス体系

Dynamics 365 はコスト効率のよいライセンス体系をとっています。主として、または単一で使うアプリケーションのライセンスは「Base ライセンス」、それに加えて異なるアプリケーションのライセンスを「Attach ライセンス」といいます。

営業支援
Sales
顧客サービス
Customer Service
フィールドサービス
Field Service
マーケティング
Marketing
ERP
Financial
&Operations
Base ライセンス
主として、または単一で利用する
Sales Enterprise
¥10,330
/月額/1ユーザー
Customer Service Enterprise
¥10,330
/月額/1ユーザー
Field Service
¥10,330
/月額/1ユーザー
Marketing
¥163,070~
/月額/1テナント
(10,000件の連絡先)
別途お見積
Sales Professional※
¥7,070
/月額/1ユーザー
Attach ライセンス
追加で利用する
¥2,170
/月額/1ユーザー
¥2,170
/月額/1ユーザー
¥2,170
/月額/1ユーザー
¥81,540~
/月額/1テナント
(10,000件の連絡先)
参照のみ Dynamics 365 Enterprise Edition Team Members(チームメンバー)
¥870/月額/1ユーザー
  • ※ Sales Professional は、Sales の主要機能のみを必要とするお客様向けの SKU です。

例えば、Sales Enterprise のライセンスを持つユーザー A さんに、Dynamics 365 Customer Service を追加で利用できるようにする場合、月額は下記の通りとなります。

月額図

Dynamics 365 Sales の場合、Enterprise と Professional の2種類のライセンスがあります。
Enterprise・・・標準となるライセンスで、広範囲のアクセス権と高機能を必要とする組織向き。
Professional・・・比較的小規模な企業や複雑ではないニーズを持つ組織向き。
Enterprise と Professional では、利用できる機能範囲が異なります。詳細はお問合せください。

さいごに

いつ Dynamics 365 Sales を利用し、どんなことができるのかを簡単にご紹介しました。

Dynamics 365 Sales には、ここでは挙げきれない多数の機能が搭載されていますが、その真価は Dynamics 365 の他アプリケーションと組み合わせて活用することで、より高度なデータ分析と最適な判断・アクションにつなげることが可能になる点にあります。各部門がシームレスに連携し、組織の全体最適化とビジネスの拡大につながるでしょう。

当社では Dynamics 365 Sales をはじめとした Dynamics 365 の導入のご支援をしております。SFA、CRM の導入をご検討されている方は、お気軽にお問合せください。

関連ブログ記事

製造業における DX 検討で重要な顧客接点領域
法人営業改革と活動データの可視化の効果とは
製造業の収益拡大にはアフターサービス起点のアップセル!?
ケーススタディ Dynamics 365 導入から見る SBT 流プロジェクト進行
ケーススタディ Dynamics 365 で業務標準化を実現!SBT の導入プロジェクト

関連ページ

Microsoft Dynamics 365 導入支援サービス

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録