クラウドエンジニアブログ

【定期便】10/26週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間分(2020/10/26-2020/11/01)の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Public preview: Up to 10 read replicas for MySQL Flexible Server
  • 公開プレビュー : MySQL の最大 10個のリードレプリカ - Flexible Server
    • 現在パブリックプレビュー中の Azure Database for MySQL - Flexible Server は、1台の Azure Database for MySQL サーバから、同じリージョン内の最大 10台の Azure Database for MySQL サーバへのデータの非同期レプリケーションをサポートしています。これにより、読み取り負荷の高いワークロードをスケールアウトし、ユーザーの好みに応じてレプリカサーバー間でバランスを取ることができます。レプリカサーバは読み取り専用で、書き込みはソース上のデータの変更からレプリケートされたものです。レプリカサーバへのレプリケーションを停止すると、レプリカサーバは読み取りと書き込みを受け付けるスタンドアロンサーバになります。

Azure Database for PostgreSQL - Single Server now available in Brazil Southeast
  • Azure Database for PostgreSQL - Single Server がブラジル南東部で利用可能になりました
    • Azure Database for PostgreSQL - Single Server がブラジル南東部地域でプレビュー版として利用可能になりました。これにより、イノベーションを加速させ、ビジネスの変革に取り組む人々をより良くサポートするためのソリューションを柔軟に展開できるようになりました。

General Availability: Azure Spot on Azure Kubernetes Service
  • 一般提供 : Azure Kubernetes サービスの Azure Spot
    • Azure Kubernetes Service (AKS) の Azure Spot サポートにより、中断に耐えられるワークロードの計算コストを大幅に削減します。バッチ処理や機械学習などのシナリオでは、多くの場合、オンデマンドのコンピュート可用性が保証されている必要はありません。そのような場合、顧客は特定のコストでコンピュートが利用可能な場合にのみワークロードを実行したいと考えるかもしれません。Azure Spot を使用すると、特定の Azure リージョン内での可用性に基づいて低コストのコンピュートを利用し、コンテナ化されたワークロードをスケジューリングするためにそのコンピュートを AKS クラスタに引き込むことができます。クラスタのオートスケーラーと組み合わせることで、退避したコンピュート容量を数分以内に置き換えることができ、混乱を最小限に抑えることができます。

General Availability: Azure Kubernetes Service support for proximity placement groups
  • 一般提供 : Azure Kubernetes サービスによる近接配置グループのサポート
    • Azure Kubernetes Service (AKS) アプリケーションのレイテンシ パフォーマンスに影響を与える要因の 1つに、エージェント ノード間の物理的な距離によるネットワーク レイテンシがあります。エージェントノードを共同配置し、ノード間のレイテンシを最小限に抑えるために、近接配置グループを AKS のノードプールに関連付けることができるようになりました。これにより、AKS は重要なビジネスシナリオでレイテンシに敏感なワークロードをサポートすることができます。

Generate a new function app from an OpenAPI specification
  • OpenAPI 仕様から新しい関数アプリを生成する
    • Azure Functions VS Code 拡張機能またはコマンドラインを介して OpenAPI 仕様をインポートすることで、関数アプリを生成できるようになりました。この新しい機能は、OpenAPI 仕様に基づいて事前に設定された API に必要なすべての関数を自動的に生成します。生成されたら、必要に応じて各関数 / ルートにビジネスロジックを追加します。現在、C#、Python、TypeScript、Java をサポートしていますが、近日中に JavaScript と PowerShell のサポートを予定しています。

Public preview: Auditing of Microsoft support operations in Azure SQL DB and Azure SQL MI
  • パブリックプレビュー : Azure SQL DB と Azure SQL MI でマイクロソフトのサポートオペレーションの監査
    • Microsoft サポート操作機能の監査により、監査ログの宛先へのサポート要求中にサーバーやデータベースにアクセスする際に、Microsoft サポート操作の監査が可能になります。この機能を監査と共に使用することで、従業員の透明性を高め、異常検出、傾向の視覚化、データ損失防止を実現します。

We’re retiring Azure SQL DB Import-Export Direct Endpoints on 31 October 2023
  • 2023年 10月 31日に Azure SQL DB Import-Export Direct Endpoints を廃止します
    • Azure Resource Manager REST API は、Azure サービスへのセキュアでシームレスな一貫した接続性を提供します。最適な接続性を促進するために Azure Resource Manager REST API 向けのより多くの機能が開発されているため、Azure SQL DB Import-Export via Direct Endpoints へのアクセスは 2023年 10月 31日に廃止されます。

Policy to control the minimum TLS version used with Azure Storage now generally available
  • Azure Storage の TLS の最小バージョンの制御ポリシーが一般利用可能になりました
    • Azure Storage では、クライアントアプリケーションがストレージアカウントと通信するために使用しなければならない TLS の最小バージョンを管理者が柔軟に指定できるようになりました。マイクロソフトは、ストレージアカウントの安全な TLS を継続的に管理するために、DRAG (Detection-Remediation-Audit-Governance) フレームワークに従うことをお勧めします。

Preview: Azure Monitor for containers now support capacity monitoring of Persistent Volume (PV)
  • プレビュー : Azure Monitor for containers が永続ボリュームの容量監視をサポートするようになりました
    • Azure Monitor for containers は、AKS クラスタに接続された Persistent Volume ((PV) の容量監視のプレビューをサポートするようになりました。エージェント バージョン ciprod10052020 から、Azure Monitor for containers は kubesystem ネームスペースを除くすべての PV の容量メトリクスの収集を開始します。

New Azure Batch capabilities available in preview
  • プレビューで利用可能な新しい Azure Batch の機能
    • 以下の Batch の新機能がプレビューで公開されており、一般提供に先駆けてすぐに試すことができます。
      • プールノードのディスクを暗号化
      • プライベート IP アドレスのプールサポート
      • バッチデータの暗号化に顧客管理の鍵を使用

Azure Automation is now available in Switzerland North region
  • Azure Automation は、スイス北部リージョンで利用可能になりました
    • Azure Automation は、スイス北部リージョンで利用可能になりました。

Azure Time Series Insights Gen2 Preview APIs Deprecated
  • Azure 時系列インサイト Gen2 プレビュー API は廃止されました
    • Azure 時系列分析情報 Gen2 パブリック プレビュー API は非推奨になりました。Azure 時系列分析情報 Gen2 の新しい一般公開 API バージョンに移行するプロセスについて説明します。

Azure Backup Price and Meter ID Change - ZA North and ZA West regions of South Africa
  • Azure Backup の価格とメーター ID の変更 - 南アフリカの ZA North リージョンと ZA West リージョン
    • 2020年 12月 1日より、南アフリカの ZA North リージョンと ZA West リージョンで Azure Backup の価格とメーター ID (リソース GUID とも呼ばれる) が変更されます。新しい価格の詳細を確認してください。リソース GUID に依存する課金ルーチンがある場合は、それらを修正する必要があります。

Schema Registry for Azure Event Hubs public preview
  • Azure Event Hubs 用のスキーマレジストリのパブリックプレビュー
    • Azure Schema Registry は Event Hubs の機能としてリリースされており、イベントドリブンでメッセージング中心のアプリケーションのためのスキーマドキュメントの中央リポジトリを提供しています。また、スキーマレジストリは、再利用可能なスキーマのためのシンプルなガバナンスフレームワークを提供し、スキーマグループを通じてスキーマ間の関係を定義します。

Register Your Azure SQL Virtual Machines with SQL Server IaaS Agent extension today
  • SQL Server IaaS エージェント 拡張機能を利用して Azure SQL 仮想マシンを登録
    • SQL Server IaaS Extension が一般提供されたことで、Azure Marketplace に SQL Server Virtual Machine イメージを登録し、Azure IaaS データエステートから総合的な価値を引き出すことがより簡単になりました。以前は、Azure SQL Server 仮想マシンで提供されるコスト削減と管理性の機能をフルに活用するためには、複雑なスクリプトを実行しなければならず、多くの時間を必要としていました。今では、同意のチェックボックスにチェックを入れるだけで、既存および将来のすべての SQL Server 仮想マシンをサブスクリプションに自動的に登録できるようになります。あらゆる IaaS サービスに不可欠なデータ資産のカスタマイズ機能を維持しながら、PaaS ライクなサービスを提供することで、コストを削減し、管理性を高めるために設計された多くの機能を利用できます。

New VM series supported by Azure Batch
  • Azure Batch でサポートされる新しい VM シリーズ
    • Azure Batch を使用して、Azure で大規模な並列およびハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) のバッチジョブを実行できます。

Action Required: Update to Data Science Virtual Machine Ubuntu 18.04
  • 必要なアクション : データ サイエンス仮想マシンの Ubuntu 18.04 へのアップデート
    • データサイエンス仮想マシン CentOS は 2023年 10月 31日に廃止になります。この日までに Ubuntu 18.04 イメージにアップデートするか、Azure Machine Learning に切り替えてください。

Azure Databricks Now Available in Switzerland North
  • Azure Databricks はスイス北部で利用可能になりました
    • Azure Databricks は、スイス北部リージョンで利用可能になりました。Azure Databricks は、Apache Spark ベースのアナリティクスプラットフォームをフルマネージドサービスとして、高速、簡単、かつ協調的に提供します。開発者の生産性を向上させ、最も要求の厳しいワークロードに自動的に対応して拡張し、Azure 上で使いやすいエンタープライズグレードのセキュリティを実現します。

Microsoft Cloud for Healthcare is now generally available
  • Microsoft Cloud for Healthcare が一般利用可能になりました
    • Microsoft Cloud for Healthcare の一般提供が開始されました。この統合ソリューションにより、お客様は、クラウド上の健康データの固有の要件に合わせて、リリースされたヘルスケア機能と新しいヘルスケア機能のポートフォリオに迅速にアクセスすることができます。

Azure Monitor for containers now support monitoring of Network configurations with Network Policy Manager (Preview)
  • Azure Monitor for containers は Network Policy Manager でネットワーク構成の監視をサポートするようになりました (プレビュー)
    • Network Policy Manager (NPM) を使用した AKS クラスタのネットワーク構成については、Azure monitor for containers が NPM Prometheus メトリクスの収集を開始し、ネットワークパフォーマンスとネットワーク構成の異常を可視化できるようになります。

App Service Discount for Premium Plans
  • プレミアムプランで App サービスのディスカウント
    • App Service プレミアム プラン Pv2 および Pv3 の Dev/Test 割引は、Windows VM および Linux for Pv3 にも適用されます。Dev/Test の割引率は、地域や OS によって異なります。App Service Pv2 & Pv3 Windows の割引は最大 64%に達する可能性があり、App Service Pv3 Linux は最大 27%の割引となります。

Microsoft to establish its first datacenter region in Taiwan
  • マイクロソフト、台湾で初のデータセンター地域を設立
    • マイクロソフトは、2024年までに台湾で 20万人以上の人材を育成する取り組みとともに、台湾に新しいデータセンターリージョンを建設する計画を発表しました。新しいリージョンには、台湾でのマイクロソフトの 30年以上の経験に基づいたアベイラビリティーゾーンも含まれます。

Legacy developer portal in Azure API Management will retire on 31 October 2023
  • Azure API Management の従来の開発者ポータルは、2023年 10月 31日に廃止されます
    • Azure API Management の新しい開発者ポータルは、カスタマイズとスタイリングのための内蔵ビジュアルエディタ、自動化機能、拡張性オプションなど、従来の開発者ポータルよりも多くの改善点を提供しています。この新しいエクスペリエンスに伴い、2023年 10月 31日をもって従来のレガシー開発者ポータルを廃止します。

Azure Red Hat OpenShift 3.11 will be retired on 30 June 2022
  • Azure Red Hat OpenShift 3.11 は 2022年 6月 30日に廃止になります
    • Azure Red Hat OpenShift 3.11 クラスタの作成サポートは 2020年 11月 30日まで継続されますが、Azure Red Hat OpenShift 3.11 は 2022年 6月 30日に廃止予定です。廃止後、残りの Azure Red Hat OpenShift 3.11 クラスタは、セキュリティの脆弱性を防ぐためにシャットダウンされます。

Community support for PHP 7.4 is ending on 28 November 2022
  • PHP 7.4 のコミュニティサポートは 2022年 11月 28日に終了します
    • Windows 上での PHP 7.4 の拡張サポートは 2022年 11月 28日で終了するため、Azure App Service 上でホストされているアプリケーションでまだ使用しているものは、2022年11月28日以降はサポートされなくなります。


Public Preview: Azure Log Analytics in Brazil Southeast and Norway East
  • 公開プレビュー : Log Analytics ブラジル南東部とノルウェー東部
    • Azure Log Analytics は、新たに 2つのリージョンでプレビューが可能になりました。ブラジル南東部とノルウェー東部です。

New Azure Batch capabilities
  • Azure Batch の新しい機能
    • Azure Batch を使用して、Azure で大規模な並列およびハイパフォーマンス コンピューティング (HPC) のバッチ ジョブを実行します。以下の新しい Batch 機能が利用可能になりました。
      • スケジューリングスロットのタスクサポート
      • バッチアカウントのプライベートエンドポイント

Public Preview: Application Insight in Australia Central, Brazil Southeast and Norway East
  • パブリックプレビュー : オーストラリア中央部、ブラジル南東部、ノルウェー東部で Application Insight を提供
    • Azure Monitor Application Insights がパブリックプレビューで提供され、オーストラリア中央部、ブラジル南東部、ノルウェー東部でテストを開始することができるようになりました。

Bing Search APIs will transition from Azure Cognitive Services to Azure Marketplace on 31 October 2023
  • Bing Search API は 2023年10月31日に Azure Cognitive Services から Azure Marketplace に移行します
    • Azure Cognitive Services 配下の Bing Search API の既存のインスタンスは、2023年 10月 31日以降サポートされなくなります。Azure Marketplace から Bing Search API の新しいインスタンスを引き続き作成することができます。

Action Required: Migrate to Data Science Virtual Machine Ubuntu 18.04
  • 必要なアクション : データサイエンス仮想マシン Ubuntu 18.04 への移行
    • 2021年 4月 1日以降、Ubuntu 16.04 用のデータサイエンス仮想マシンはサポートされず、新規デプロイメントではイメージが利用できなくなります。

Azure Sphere 20.10 Update 1 is now available for compatibility testing
  • Azure Sphere 20.10 Update 1 が互換性テストで利用できるようになりました
    • Azure Sphere 20.10 Update 1 が リテール評価 フィードで利用可能になりました。このアップデートでは、互換性テストのために 20.10 リテール評価を使用しているお客様から報告されたいくつかの問題が修正されています。

Soft delete for Azure file shares is now generally available in all regions
  • Azure ファイル共有の論理的な削除がすべてのリージョンで一般利用可能になりました
    • 論理的な削除は、Azure ファイル共有を誤って削除しないように保護します。 2021年 1月には、すべての新しいストレージ アカウントに対して既定で有効になります。


Microsoft Azure Blog より

Microsoft unlocks the full potential of the smart building ecosystem
  • マイクロソフト、スマートビルディングエコシステムの可能性を最大限に引き出す
    • 昨年、マイクロソフトがクラウド、AI、IoT への投資でスマートビルディングソリューションを加速させていることを取り上げました。それ以来、私たちはその勢いを継続し、インテリジェントクラウドとインテリジェントエッジの機能とパートナーエコシステムを成熟させ、複雑なシナリオを解決し、これまでバラバラだったサイロを統合してきました。今年は、世界最大級の不動産所有者や管理者とともに、マイクロソフトがソリューション開発者、デバイスメーカー、システムインテグレータ、サービスプロバイダからなるエコシステムを活用して、業界をリードするスマートビルディングを実現している様子をご紹介します。

Microsoft named a Leader in the Gartner 2020 Magic Quadrant for Industrial IoT Platforms
  • ガートナーによる 2020 年のインダストリアル IoT プラットフォームのマジック クアドラントで Microsoft がリーダーに選出
    • 産業用 IoT におけるデジタル変革を受け入れるには、企業によるビジネス モデルと業務の見直しとシフトが必要です。しかし、生産の低下、対人距離の確保に応じた従業員の行動の制限、市場の需要の急速な変化によって、それを行うことがここ 6 か月間でより困難になりました。それにもかかわらず、実際には多くの企業で、新型コロナ ウイルスが原因で生じた業界の混乱によって、AI やエッジ コンピューティングなど、IoT と直接関係している新たなテクノロジにおいて不可欠な変化が促進されました。将来への備えを行っている製造業者は、デジタル コアを中心に業務を迅速に確立し、価値連鎖をサプライ チェーン全体に積極的に統合していて、そうすることで効率性と生産能力を向上させています。

Microsoft Cloud for Healthcare: Unlocking the power of health data for better care
  • Microsoft Cloud for Healthcare : より良いケアのために健康データの力を解き放つ
    • 本日、Microsoft Cloud for Healthcare の一般提供を開始し、これらの課題に対応するための大きな一歩を踏み出しました。Microsoft Cloud for Healthcare は、患者のエンゲージメントを向上させ、医療チームのコラボレーションを強化し、臨床および運用上の洞察力を向上させる、信頼できる機能を顧客やパートナーに提供します。これにより、より効率的なケアを迅速かつ容易に提供できるようになり、健康データのエンドツーエンドのセキュリティ、コンプライアンス、相互運用性を確保することができます。

Migrate your Hadoop data lakes with WANDisco LiveData Platform for Azure
  • WANDisco LiveData Platform for Azure で Hadoop データレイクを移行する
    • WANdisco LiveData Platform for Azure は、Hadoop から Azure への移行に最適なソリューションです。LiveData Platform for Azure を使用すると、Azure ポータルや Azure CLI を介して現在親しんでいるのと同じ Azure 管理エクスペリエンスを使用して、データレイクの移行をデプロイして管理することができます。データレイクの移行は、他のソリューションのように数週間や数ヶ月ではなく、数分で開始できます。最も重要なことは、LiveData Platform for Azure を使用することで、ビジネスのダウンタイムなしで Hadoop 指向のデータレイクの ADLS への移行を開始することができるということです。WANDisco LiveData Platform for Azure ソリューションがオンプレミスのデータ移行にどのようなゲームチェンジをもたらすかを動画でご紹介します。

World Cities Day 2020: Committing to sustainable urban environments
  • 世界都市デー 2020 : 持続可能な都市環境への取り組み
    • 今年の世界都市デーを迎えるにあたって、どれだけ多くの Microsoft のテクノロジ パートナーが気候行動を中心とした影響を及ぼしているかをお伝えします。これは、#BuildFor2030 キャンペーンの焦点でもあります。キャンペーンでは、国連の持続可能な開発目標 (SDGs) に沿った機会とプラスの事業成果を生み出すことで、より包括的な経済を実現するソリューションが紹介されています。

Azure Cost Management and Billing updates – October 2020
  • Azure Cost Management and Billing の更新 – 2020年 10月
    • 私たちは、お客様の課題についての詳細な情報と、Azure Cost Management and Billing がクラウドでのコストの発生場所をよりよく理解し、悪い支出パターンを特定して防止し、コストを最適化することで、より少ないコストでより多くのことを行えるようにする方法を常に模索しています。ここでは、お客様からのフィードバックに基づいた最新の改善とアップデートの一部をご紹介します。


Intune Customer Success より

Microsoft Defender for Endpoint (preview) risk evaluation now included in device compliance on iOS
  • Microsoft Defender for Endpoint (プレビュー) のリスク評価が iOS のデバイスコンプライアンスに含まれるようになりました
    • Microsoft Defender for Endpoint (旧称:Microsoft Defender ATP) の iOS コンプライアンスポリシーのリスク評価設定が、Microsoft Endpoint Manager の管理センターでパブリックプレビューになりました。お客様は、iOS 用の新しいデバイスコンプライアンスポリシーを作成する際に Microsoft Defender for Endpoint の設定を見つけることができ、特定のマシンリスクスコア (クリア、ロー、ミディアム、ハイ) が満たされていない場合に非準拠としてマークされるデバイスを設定することができます。

Intune certificate updates: Action may be required for continued connectivity
  • Intune 証明書の更新 : 接続を継続するためにアクションが必要な場合があります
    • メッセージセンターに次のようなメッセージを掲載しています。私たちは、質問に答えるのに役立つように、また、新しい更新情報をお知らせするために、ここで共有しています。
      • MC225591 - Intune 証明書の更新。接続を継続するには、アクションが必要な場合があります。
        • Microsoft Intune は、Azure の新しい証明書ポリシーに準拠するため、ルート証明書の更新を開始しました。ほとんどの管理シナリオは管理者のアクションなしで動作しますが、Intune への継続的な接続性を確保するためにアクションが必要になる可能性のあるいくつかの異なる構成があります。


Official Microsoft Blog より

A time of resiliency, change and innovation: How cloud-focused business strategies are driving transformation across industries
  • レジリエンス、変化、イノベーションの時代 : クラウドに焦点を当てたビジネス戦略で業界全体の変革を推進する方法
    • 新たな取り組みや戦略的パートナーシップを通じて、デジタルイノベーションと世界のエネルギー転換を目指した取り組みを通じて、お客様との間で大きな未来を形作っています。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録