クラウドエンジニアブログ

【定期便】11/2週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間分(2020/11/2-2020/11/8)の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Azure HDInsight now supports Private Link in preview
  • Azure HDInsight がプレビューでプライベートリンクをサポートするようになりました
    • Azure HDInsight プライベート リンク統合を使用すると、パブリック IP を使用しない VNET 接続クラスターを作成し、独自のプライベート エンドポイントを使用してアクセスできます。

HoloLens 2 Development Edition is now available for purchase in the United States
  • HoloLens 2 Development Edition が米国で購入できるようになりました
    • HoloLens 2 への強い需要を受け、米国での HoloLens 2 開発版の発売を発表することができました。年内にはカナダ、ドイツ、フランス、イギリス、アイルランド、日本、オーストラリア、ニュージーランド、スイス、イタリアにも拡大していきます。 Development Edition は、HoloLens 2 の機能を Azure、Unity、Pixyz と組み合わせることで、開発者がインタラクティブな体験を構築し、人、場所、物を使った 3D ホログラフィックコンテンツをレンダリングできるようにします。

Power BI dynamic M query parameter support
  • Power BI 動的 M クエリ パラメーターのサポート
    • Power BI 動的 M クエリ パラメーターを使用すると、ユーザーはクエリの指定された場所にフィルターを明示的に挿入し、クエリのパフォーマンスを向上させることができます。

PowerShell support for Server Migration with Azure Migrate is now generally available
  • Azure Migrate で Server Migration の PowerShell サポートが一般提供開始しました
    • サーバー移行ツールの新しい PowerShell ベースの管理インターフェイスが追加されたことで、Azure PowerShell コマンドレットを使用して、Azure へのサーバーのレプリケーションを設定・管理し、Azure 仮想マシンへの移行を行うことができるようになりました。PowerShell コマンドレットを使用して、自動化された再現性のある方法で移行を実行し、必要な移行規模と速度を実現します。

Azure Security Center—News and updates for October 2020
  • Azure Security Center - 2020年 10月の最新情報と更新情報
    • 2020年 10月には、Azure Security Center に以下のアップデートと機能強化が行われました。
      • オンプレミスおよびマルチクラウド マシンの脆弱性評価 (プレビュー)
      • Azure Firewall の推奨事項の追加 (プレビュー)
      • "Kubernetes Services では承認された IP 範囲を定義する必要があります" という推奨事項のクイック修正による更新
      • 規制コンプライアンス ダッシュボードへの、標準を削除するオプションの追加
      • Azure Resource Graph (ARG) からの Microsoft.Security/securityStatuses テーブルの削除

Azure Monitor Application Insights Java 3.0 is now generally available
  • Azure Monitor Application Insights Java 3.0 が一般利用可能になりました
    • Azure Monitor Application Insights 用の Java 3.0 エージェントが一般提供され、どのような環境でも Java アプリのアプリケーション監視のための自動計測が可能になりました。つまり、Java アプリを VM 上で実行しているか、オンプレミスで実行しているか、AKS で実行しているか、Windows で実行しているか、Linux で実行しているかに関わらず、Java 3.0 エージェントはコードを変更することなくアプリを監視することができます。

New region added to Azure HDInsight
  • Azure HDInsight に追加された新しいリージョン
    • Azure HDinsight は、UAE 中部で一般提供を開始しました。

Azure Data Lake Storage Gen2 recursive access control list (ACL) update is generally available
  • Azure Data Lake Storage Gen2 の再帰的なアクセスコントロールリスト (ACL) のアップデートが一般提供されました
    • Azure Data Lake Storage (ADLS) Gen2 の親ディレクトリから既存の子アイテムへのアクセスコントロールリスト (ACL) の変更を再帰的に伝搬する機能が、すべての Azure リージョンで一般利用できるようになりました。この機能は、PowerShell、.NET、Python、Java SDK、および Azure CLI を通じて利用可能です。

Azure Backup—Soft delete for SQL Server in Azure VM and SAP HANA
  • Azure Backup - Azure VM と SAP HANA の SQL Server のソフトデリート
    • すでにサポートされていた Azure Virtual Machines のソフトデリート機能に加えて、Azure Virtual Machines の SQL Server と Azure Virtual Machines の SAP HANA のワークロード用の Azure Backup ソフトデリート機能が利用可能になりました。

Generate Azure Functions using Azure API Management extension for Visual Studio Code
  • Visual Studio Code 向けの Azure API Management 拡張機能を使用して Azure Functions を生成する
    • Visual Studio Code 用の Azure API Management 拡張機能を使用して、Azure Functions を生成できるようになりました。この新しい実験的な機能により、API 定義に基づいて API に必要なすべての関数をスキャフォールディングすることができます。生成後は、必要に応じて各関数にビジネスロジックを追加することができます。現在は C#、Java、Python、Type Script をサポートしており、近日中に JavaScript と PowerShell のサポートが予定されています。


Microsoft Azure Blog より

At-scale migration automation support with Azure Migrate and Azure PowerShell
  • Azure Migrate と Azure PowerShell を使用した大規模な移行自動化のサポート
    • Azure Migrate 製品チームは、お客様のワークロードを迅速に移行できるように、移行プロセスを簡素化することに注力しています。昨年 7 月に、Microsoft は Azure Migrate の機能強化版を発表しました。Azure Migrate はお客様のすべての移行ニーズに対応するハブで、サーバー、アプリケーション、データベースを含む複数の移行シナリオの発見、評価、移行フェーズの全体に対応するツールのコレクションを備えています。Microsoft は継続的に革新を進め、エージェントレスのアプリケーション検出や依存関係分析などの複数の新機能を追加してきました。これにより、お客様は Azure への移行をより簡単に計画して実行できるようになりました。

Reduce costs with new memory-optimized Azure Virtual Machines certified for SAP HANA
  • SAP HANA に認定された新しいメモリ最適化 Azure 仮想マシンでコストを削減
    • 2020年 6月、第2世代 Intel Xeon Platinum 8272CL (カスケード レイク) に基づく Azure 汎用およびメモリ最適化仮想マシンの一般提供を発表し、ワークロードに応じて、前バージョンの Dv3 および Ev3 VM と比較して、最大で約 20% の CPU パフォーマンス向上を実現しました。


Intune Customer Success より

Support Tip: iOS 14 fails compliance check when passcode expires
  • サポートのヒント : パスコードの有効期限が切れたときに iOS 14 のコンプライアンスチェックが失敗する
    • 先日、iOS 14 でのコンプライアンスチェックの動作に関するカスタマーサポート案件がありました。そのお客様は、コンプライアンスポリシーに「パスワードの有効期限 (日数)」の値を設定していました。iOS 14 以前では、デバイスはエンドユーザーにデバイスのパスコードを変更するように促し、変更した場合はポリシーの条件が満たされ、リソースへのアクセスが中断されることはありませんでした。iOS 14 以降では、デバイスはパスコードの変更をユーザーに促さず、有効期限が切れたことを適切に Intune に報告しています。その後、ポリシー設定に従ってデバイスは非準拠となり、最終的にはユーザーはクレームデバイスを必要とする条件付きアクセスで保護されたリソースからブロックされることになりました。Apple はこの動作の変化を認めており、今後のリリースで対処する予定ですので、新しい情報が入り次第、この記事を更新していきます。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録