クラウドエンジニアブログ

【定期便】10/5週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間分(2020/10/5-2020/10/11)の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Azure Red Hat OpenShift - Pricing and service updates
  • Azure Red Hat OpenShift - 価格とサービスの更新
    • Red Hat と提携して、Azure Red Hat OpenShift ワーカー ノードの Red Hat OpenShift ライセンスの価格を最大 77% 下げる。また、リザーブドインスタンス (RI) の 3 年の期間の選択も追加されるため、既存の 1 年の RI オプションと従量課金制オプションを超える選択肢が増えます。新しい価格は直ちに有効になります。継続的な改善の一環として、サービス レベル契約 (SLA) も 99.95% に引き上げています。

Dark theme is now available for the Azure mobile app
  • Azure モバイル アプリでダーク テーマを使用できるようになりました
    • Azure モバイルアプリがダークテーマになりました。ダークモードは、目の疲れを軽減し、スマートフォンのバッテリー寿命を延ばす可能性があります。この要望の多かった機能がアプリストアで利用できるようになったため、Azure モバイルアプリのエクスペリエンスにダークテーマまたはライトテーマを選択できるようになりました。

Azure Data Lake Storage file snapshots are now in preview
  • Azure Data Lake Storage ファイルのスナップショットがプレビュー中です
    • Azure Data Lake Storage のファイルスナップショットがプレビューで利用できるようになりました。ファイルスナップショットを使用して、ファイルのポイントインタイムスナップショットを無制限に取得します。

Announcing new lower pricing for Azure Files premium tier
  • Azure Files プレミアム階層の新しい低価格を発表
    • Azure Files のプレミアム レベルの価格は、すべてのリージョンとすべての冗長性オプションで 33% 引き下げられます。

Azure Communication Services SMS and Telephony now available in Public Preview
  • Azure Communication Services は SMS とテレフォニーがパブリック プレビューで利用可能になりました
    • Microsoft Teams で使用されているのと同じセキュアなプラットフォームで魅力的なコミュニケーションエクスペリエンスを構築します。ビデオ、音声、SMS、チャット、テレフォニー機能を、ほぼすべての Web、モバイル、またはデスクトップ アプリケーションに追加できます。

Public Preview: Azure NetApp Files Manual QoS Capacity Pool
  • パブリック プレビュー: Azure NetApp ファイルの手動 QoS 容量プール
    • ボリュームの容量とスループットを個別に割り当てることができる新しいタイプの容量プールである、Azure NetApp ファイル (ANF) 手動サービス品質 (QoS) 容量プールを再導入します。手動 QoS 容量プールを使用して作成されたすべてのボリュームの合計スループットは、プールの合計スループットによって制限されます。プールの合計スループットは、プール サイズとサービス レベルのスループットの組み合わせによって決まります。

Microsoft plans to establish new cloud datacenter region in Greece
  • マイクロソフトはギリシャに新しいクラウドデータセンター地域を設立することを計画しています
    • マイクロソフトは、ギリシャに最新のデータセンター地域を構築する計画を発表しました。 新しいリージョンには Microsoft Azure が含まれると予想され、Microsoft 365、Dynamics 365、および PowerPlatform がそれに続きます。

Analysis Services Tabular improves MDX query performance in the cloud
  • Analysis Services Tabular は、クラウドでの MDX クエリのパフォーマンスを向上させます
    • 多次元式 (MDX) クエリごとのストレージエンジン (SE) クエリの数を減らすことを目的とした巧妙なフォーミュラエンジン (FE) 最適化のおかげで、Analysis Services Tabular は、Microsoft Excel などの MDX クライアントのクエリパフォーマンスを大幅に向上させます。改善点は、Azure Analysis Services (AAS) と PowerBI で利用できます。

New Azure Spot Virtual Machines features
  • Azure スポット仮想マシンの新機能
    • Azure Portal で、デプロイする特定のスポット VM の過去 28 日間のスポット料金と立ち退き率にアクセスできるようになりました。これらの新機能により、ワークロードが削除される可能性に関する見積もりを導き出し、スポット VM を使用して割り込み可能なワークロードを実行するコストに関する洞察を提供できます。

Azure Data Lake Storage static website now in preview
  • Azure Data LakeStorage の静的 Web サイトがプレビュー中
    • Azure Data LakeStorage の静的 Web サイトがプレビュー中です。静的 Web サイトを使用して、Azure Data Lake Storage から静的コンテンツを直接ホストし、その Web サイトのパブリック URL を使用してブラウザーからそのサイトコンテンツを表示します。

Azure Data Lake Storage immutable storage is now in preview
  • Azure Data LakeStorage の不変ストレージがプレビュー中です
    • Azure Data LakeStorage の不変ストレージがプレビューで利用できるようになりました。 このプレビューは、すべての Azure リージョンでグローバルに利用できます。

Action required: Review your applications to avoid service disruption during Azure changes
  • 必要なアクション: Azure の変更中にサービスが中断されないようにアプリケーションを確認する
    • 2020 年 8 月 13 日の時点で、Azure サービスは、ルート証明機関 (CA) の異なるセットからトランスポート層セキュリティ (TLS) 証明書を使用する段階的なアプローチで更新されています。

Azure Blob – Soft Delete for Containers preview region expansion
  • Azure BLOB – コンテナーのソフト削除のプレビュー範囲を拡張
    • 本日、パブリックプレビューをすべてのパブリック Azure リージョンに拡張します。コンテナのソフト削除を有効にするための追加料金はありません。ソフト削除されたコンテナ内のデータは、アクティブデータと同じレートで請求されます。

Azure Files premium tier is now available in more regions with LRS, ZRS, and NFS support
  • Azure Files プレミアム階層は、LRS、ZRS、および NFS をサポートするより多くのリージョンで利用できるようになりました
    • Azure Files プレミアム層ストレージは、昨年のリリース以来、プレミアムティアの地域カバレッジを大幅に拡大し、継続的に地域を追加しています。

Azure Repos adds a default branch at the org-level
  • Azure Repos は、組織レベルで既定のブランチを追加します
    • 先週、デフォルトのリポジトリブランチ設定を作成してリリースし ましたが、それに加えて、組織レベルのデフォルトブランチを設定するオプションを発表しました。 全体的なユーザーエクスペリエンスを向上させるその他の主要な機能が利用可能になりました。

Standard Load Balancer and Public IP addresses support resource group move
  • 標準ロード バランサーとパブリック IP アドレスは、リソース グループの移動をサポート
    • 標準ロード バランサーと標準パブリック IP アドレスは、同じサブスクリプション内のリソース グループ間での移動をサポートするようになりました。リソースを移動すると、そのリソースは新しいリソース グループにのみ移動されます。リソースまたはサブスクリプションの場所は変更されません。リソース グループ間での標準ロード バランサーとパブリック IP アドレスの移動は、すべての Azure パブリック クラウド リージョンでサポートされています。 Standard SKU の詳細については、ここで、resouce グループ間でリソースを移動する方法とサポートされているリソースの詳細を参照することもできます。


Microsoft Azure Blog より

IoT Signals Research, edition 2: global insights for 2020 and beyond
  • IoT シグナル研究 第2版:2020年以降に向けたグローバルインサイト
    • 私たちは、今後 2年間を見据えて、3つの組織のうち 2つの組織が、工場の接続や安全性の確保から、患者の遠隔監視、サプライチェーンの最適化、その他数千ものシナリオまで、現在以上に IoT の利用を計画していることを知りました。また、企業が単に資産 (製造装置など) を接続するだけではなく、工場、サプライチェーン、流通ネットワークなどの環境全体を接続するようになってきています。このように、接続された資産から接続された環境への移行は、ビジネスにとって IoT の価値を桁違いに高めることになります。

Lower prices and more flexible purchase options for Azure Red Hat OpenShift
  • Azure Red Hat OpenShift の低価格化と柔軟な購入オプション
    • Red Hat との連携により、Azure Red Hat OpenShift ワーカーノードの Red Hat OpenShift ライセンスの価格を最大 77% 引き下げたことを共有します。また、既存の1年間の RI と pay as you go オプションに加えて、予約インスタンス (RI) の 3年間の期間を選択できるようにし、必要な仮想マシンの最小数を引き下げています。新しい価格設定は直ちに有効となります。最後に、継続的な改善の一環として、サービスレベルアグリーメント (SLA) を 99.95% に引き上げます。

Deliver AI-powered application search with Azure Cognitive Search and BA Insight
  • Azure Cognitive Search と BA インサイトを使用して AI を使用したアプリケーション検索を提供する
    • ナレッジ マイニングは AI のカテゴリであり、複数の AI 機能を統合し、開発者が簡単に洞察を得ることができます。Azure Cognitive Search は、関連するコンテンツを簡単に特定して大規模に探索するための知識マイニング ソリューションを提供します。

Enabling resilient DevOps practices with code to cloud automation
  • コードからクラウドへの自動化により、回復力のある DevOps プラクティスを実現
    • Microsoft Ignite では、Azure と GitHub の統合のカタログに追加された Azure 用の新しい GitHub アクションを発表しました。

Azure Machine Learning helps customers stay ahead of challenges
  • Azure の機械学習は、顧客が課題を先取りするのに役立つ
    • 先日の Microsoft Ignite で、Azure Machine Learning は、組織が機械学習をより簡単に、より安全に、より大規模に活用できるようにするための多くの発表を行いました。これには、現在一般利用できるようになったデザイナーや自動化された機械学習 UI のような機能が含まれており、初心者や専門家を問わず機械学習を簡素化することができます。プレビューでは、高度なロールベースのアクセス制御 (RBAC) とプライベート IP リンクにより、機械学習ソリューションをより安全に構築することが可能になります。また、Azure Machine Learning Enterprise Edition と Basic Edition を統合し、追加コストなしでより大きな価値を提供します。

Three ways serverless APIs can accelerate enterprise innovation
  • サーバーレス API が企業のイノベーションを加速させる 3つの方法
    • サーバーレスをボトルネックの除去要素としてだけでなく、ビジネスの成功要因として捉え始めると、アプリケーション インフラストラクチャのレイヤーが新たな機会の源になります。これは特に API レイヤーに当てはまります。API は、ソフトウェア サービス間の通信手段としての従来の役割に加えて、ビジネスのスケーリング、新しい顧客の呼び込み、または既存の顧客に対する新しいサービスの提供のために製品化できるからです。

Learn how the Azure nested edge securely unlocks value from manufacturing data
  • Azure のネストされたエッジが製造データからどのように価値を安全に引き出しているかをご覧ください
    • 世界中で、顧客がデータ駆動型製造の未来を実証しています。オランダの塗料会社 AkzoNobel は、手作業から最新のデジタルパフォーマンスソリューションをヨーロッパの工場全体に拡大することに重点を置いたものへと転換しました。スウェーデンのメーカーである Sandvik Coromant は、エンジニアリングとオペレーターの生産性を 40% 向上させました。

Optimize your Azure workloads with Azure Advisor Score
  • Azure Advisor スコアで Azure のワークロードを最適化する
    • Advisor スコアを利用すると、Azure リソースのコスト、セキュリティ、信頼性、オペレーショナル エクセレンス、パフォーマンスの最適化に向けた監視と取り組みのための一元化されたダッシュボードを使用して、Azure への投資を最大限に活用できます。

Microsoft partners expand the range of mission-critical applications you can run on Azure
  • マイクロソフトのパートナーが Azure で実行できるミッションクリティカルなアプリケーションの範囲を拡大
    • ここ数年、IT 企業は、ビジネスに不可欠なアプリケーションをクラウドに移行した際の説得力のあるメリットを実感しており、同じアプリケーションをオンプレミスで運用する際に直面する最大の課題に対処できるようになっています。より多くの企業がデジタルトランスフォーメーションの旅に乗り出す中で、ミッションやビジネスクリティカルなアプリケーションの範囲は拡大し続けていますが、それはテクノロジーがイノベーションと成長を促進するからです。これは、急速に変化するグローバル経済の影響もあり、ここ数ヶ月でさらに加速しています。

Microsoft is a Leader in the 2020 Gartner Magic Quadrant for Full Life Cycle API Management
  • マイクロソフトは、2020年のガートナーマジッククアドラントのフルライフサイクル API 管理のリーダーです
    • マイクロソフトが、ビジョンの実行能力と完全性に基づいて、フルライフサイクル API 管理 2020 のガートナーマジッククアドラントのリーダーに選ばれたことをお知らせします。私たちの配置は、エンタープライズ API 管理機能の継続的な革新と Azure API Management の幅広い顧客採用の証です。

Compete. Learn. Win. Sign up for the Azure SQL Championship Today
  • 競争する。学ぶ。勝つ。今すぐ Azure SQL チャンピオンシップにサインアップしてください
    • 過去 6か月で、デジタルトランスフォーメーションが前例のないほど加速しました。データベース管理者 (DBA) と開発者にとって、ますますクラウド中心の未来に備えるためのこれほど重要な時期はかつてありませんでした。しかし、これを面白くて楽しいものにしたいと思います。そのため、30 万人を超えるデータ専門家の世界的なコミュニティである PASS と提携して、賞品を獲得するチャンスを獲得しながら、才能をテストし、将来に向けてスキルセットを構築できるインタラクティブな学習体験を作成しました。2020年 10月 12日から始まる Azure SQL チャンピオンシップに今すぐサインアップしてください。


Official Microsoft Blog より

Embracing a flexible workplace
  • 柔軟な職場を受け入れる
    • 柔軟性は、私たち一人一人にとって異なることを意味する可能性があり、マイクロソフトではさまざまな役割、作業要件、ビジネス ニーズを考えると、万能のソリューションはないと認識しています。これに対処するため、COVID-19 の制限なしにオフィスが開設された後に、作業現場、勤務先、勤務時間の変更を含む可能性のあるシナリオに関する情報に基づいた意思決定を行うよう、従業員にガイダンスを提供しました。私たちのステップバイステップのガイダンスには、オフィススペース、給与と福利厚生、現地の法律、個人税、費用などの考慮事項が含まれています。


Windows Server Blog より

Announcing Windows Server Summit 2020
  • Windows Server Summit 2020 のご案内
    • Microsoft Ignite の直後に、もう一つのエキサイティングなバーチャルイベントがやってきました。Windows Server Summit 2020! このイベントでは、Azure Automanage、Azure の Windows Admin Center、Azure Kubernetes Service on Azure Stack HCI など、Ignite で発表された Windows Server の最新かつ最大のイノベーションについて深く掘り下げていきます。Windows Server Summit に世界中のどこからでもバーチャルに参加できます。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録