クラウドエンジニアブログ

【定期便】10/12週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間分(2020/10/12-2020/10/18)の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Row Level Security now generally available for Azure Data Explorer
  • 行レベルのセキュリティが Azure Data Explorer で一般利用可能になりました
    • 行レベルのセキュリティ (RLS) ポリシーが、Azure Data Explorer (Kusto) で一般利用できるようになりました。これにより、テーブル内のデータにアクセスできるユーザーをより細かく制御できます。

HPC Cache new namespace page and region expansion
  • HPC キャッシュの新しい名前空間ページと領域の拡張
    • 新しい Microsoft Azure HPC キャッシュ名前空間ページでは、クライアントに接続するファイル パスをこれまで以上に簡単に追加および管理できます。単一のページから、すべてのストレージ ターゲットに対してクライアント向けのパスを設定し、集約された名前空間全体を視覚化し、変更を管理できるようになりました。名前空間のプロセスと詳細を統合することにより、この新しいページは、混乱や時間のかかるページの切り替えなしでシームレスなエクスペリエンスを提供します。

Azure IoT Edge 1.0.10 release is now available
  • Azure IoT Edge1.0.10 リリースが利用可能になりました
    • Azure IoT Edge の 1.0.10 バージョンには、以下の改善が含まれています。完全なリリースノートは、1.0.10 の GitHub リリースページにあります。

Azure Monitor Log Analytics data export is in public preview
  • Azure Monitor Log Analytics のデータエクスポートをパブリックプレビューで提供
    • Log Analytics ワークスペースから Azure Storage Account または Azure Event Hubs への継続的なデータエクスポートが可能になりました。

Azure Virtual Machines DCsv2-series expanding within Europe, United Kingdom and United States
  • ヨーロッパ、イギリス、米国内で Azure 仮想マシン DCsv2 シリーズの拡大
    • DCsv2 シリーズの機密コンピューティング仮想マシン (VM) は、北ヨーロッパ、英国西部、米国西部で利用可能になりました。欧州、英国、米国のお客様は、災害復旧機能を利用できるようになりました。

Machine Learning open sourcing for R and Python Custom Runtime
  • R および Python カスタム ランタイムの機械学習オープン ソーシング
    • 現在、Azure SQL Server のインストールでベース R と Python を受け取っている場合、ランタイムはオープンソースの R と Python で利用可能な数ヶ月遅れになる可能性があります。本日、お客様の問題の 1つを解決する一般提供のリリースを発表します。これは、お好みのバージョンの R と Python でモデリング作業を継続できるようにするための機能です。

SQL Server on Virtual Machines: Machine Learning with Microsoft R Open 4.0.2 now available
  • SQL Server on Virtual Machines: Microsoft R Open 4.0.2 による機械学習が利用可能に
    • 2020年 9月、Microsoft R Open のユーザーに、Microsoft R Open 4.0.2 の最新アップデートを提供しました。私たちのデータサイエンティストのコミュニティは、過去 5年間、例えば、COVID-19 ワクチンの薬剤試験、小売店での好ましいパーソナライゼーションエンジン、サプライチェーン処理、海洋における石油リグの遠隔監視など、膨大で多様な問題を解決するためのモデルを構築するために Microsoft R Open に依存してきました。現実世界の問題を解決するための機械学習の機会は無限です。

App Service Private Endpoints now generally available
  • App Service のプライベート エンドポイントが一般提供開始
    • Azure App Service のプライベート エンドポイントのサポートは、Windows と Linux アプリの両方を対象に、すべての Azure パブリック リージョンで一般利用可能になりました。プライベートエンドポイントを使用すると、Azure 仮想ネットワーク (VNet) にある特定の IP アドレスを介してアプリを接続することができ、公共のインターネットへの露出を排除することができます。Premium v2、Premium v3、および Functions Elastic Premium で利用可能なこの機能は、99.95 の SLA で完全にサポートされています。

Azure Synapse Link for Azure Cosmos DB: SQL serverless runtime support in preview
  • Azure Synapse Link for Azure Cosmos DB: SQL サーバーレスランタイムをプレビューでサポート
    • Azure Synapse Link は、Synapse Apache Spark の既存のサポートに加えて、Synapse SQL サーバーレスを使用して Azure Cosmos DB のデータをクエリするためのプレビューサポートを提供するようになりました。

Azure Dev Spaces is retiring on 31 October 2023
  • Azure Dev Spaces は 2023年 10月 31日に廃止されます
    • Bridge to Kubernetes は、Azure Dev Spaces がサポートしている開発シナリオの多くを軽量化する代替手段を提供します。これは、Visual Studio と Visual Studio Code の拡張機能を通じて提供されるクライアント専用のエクスペリエンスです。Bridge to Kubernetes は機能強化されたエクスペリエンスを提供するため、Azure Dev Spaces は 2023年 10月 31日に廃止になります。

Distributed database transactions spanning multiple Azure SQL Managed Instances
  • 複数の Azure SQL マネージドインスタンスにまたがる分散データベーストランザクション
    • 分散型トランザクション (現在はプレビュー版) を活用し、この機能を必要とする既存のアプリケーションを移行する際に、アプリケーションコードの変更や大規模なテストを行う必要がないため、時間を節約することができます。

Azure DevTest Labs now available in more regions
  • Azure DevTest Labs がより多くのリージョンで利用可能に
    • Azure DevTest Labs は、UAE 北部、ドイツ西部中央部、ノルウェー東部リージョンで利用可能になりました。このサポートには、Azure DevTest Labs の全機能が含まれています。DevTest Labs でサポートされているすべてのリージョンを確認するには、リージョン別に利用可能な Azure 製品を参照してください。

Azure Sphere update 20.10 is now available for compatibility testing
  • Azure Sphere のアップデート 20.10 で互換性テストが可能に
    • Azure Sphere OS のアップデート 20.10 が、リテール評価フィードで評価可能になりました。リテール評価期間は、下位互換性テストのための期間です。この期間中に、アプリケーションとデバイスがこのリリースで正しく動作することを確認してから、リテールフィードを介して展開してください。リテールフィードは、11月上旬に 20.10 アップデートを公開するまで、OS バージョン 20.09 の配信を継続します。

Windows Virtual Desktop is now generally available in the Azure Government cloud
  • Windows Virtual Desktop が Azure Government クラウドで一般利用可能に
    • Windows Virtual Desktop は、Azure ポータル統合に伴い、Azure US Government リージョンで一般利用可能になりました。Azure ポータル統合により、アプリや仮想デスクトップをデプロイして管理するためのシンプルなインターフェイスを手に入れることができます。

Azure DevTest Labs - Create a network isolated lab
  • Azure DevTest Labs - ネットワーク隔離されたラボの作成
    • Azure DevTest Labs の所有者は、ネットワーク分離された Lab を作成することもできるようになりました。つまり、Lab の仮想マシンや環境を選択したネットワークに隔離するだけでなく、Lab のストレージ アカウントと、特定の Lab 運用のために作成された Key Vault も隔離することができます。

T-digest extension for Azure Database for PostgreSQL - Hyperscale (Citus)
  • Azure Database for PostgreSQL 用 T-digest 拡張機能 - Hyperscale (Citus)
    • t-digest Postgres 拡張機能によるパーセンタイル近似が Azure Database for PostgreSQL - Hyperscale (Citus) で利用可能になりました。オープンソースの t-digest 拡張機能は、分散型ハイパースケール (Citus) データベースに定量値やトリミングされた平均値のようなランクベースの統計量を格納できるデータ構造を追加します。この拡張機能で使用されているアルゴリズムは、精度を向上させた分散分析ワークロードでの高性能なパーセンタイル計算を可能にします。

Azure Blob storage point-in-time restore now generally available
  • Azure Blob ストレージのポイントインタイム復元が一般提供になりました
    • Azure Blob ストレージのポイントインタイム復元の一般提供を発表します。ポイントインタイム復元は、BLOB データに継続的なデータ保護を追加し、特定の日時に復元を提供します。

Zone Redundancy in preview for Azure Cache for Redis
  • Azure Cache for Redis ゾーンの冗長性の提供
    • Azure Cache for Redis は、複数のアベイラビリティゾーンをサポートし、顧客のキャッシュアーキテクチャの可用性と回復力を拡張します。今回のアップデートでは、プライマリと 3つのレプリカという最大 4つのノードで冗長化を行うことで、プレミアム層の信頼性をさらに向上させることが可能になりました。さらに、これらのレプリカは複数のアベイラビリティゾーンに分散させることができます。この設定により、データセンターレベルの停止から保護され、99.95 パーセントのレベルまで可用性が向上します。

Azure IoT Central new and updated features—September 2020
  • Azure IoT Central の新機能と更新機能 - 2020年 9月
    • 9月のアップデートには、データエクスポート機能、より多くのジョブの改善、オフラインコマンド、新しいダッシュボードのフォーマット機能、新しい Power Automate テンプレート、ドキュメントの強化などが含まれています。

Announcing Azure Data Explorer data connector for Azure Synapse
  • Azure Synapse 用の Azure Data Explorer データコネクタを発表
    • Azure Synapse Workspace 用の Azure Data Explore データコネクタがプレビューで公開されました。これは、Azure Synapse Apache Spark プールにネイティブに統合された Azure Data Explorer Spark コネクタの拡張機能で、AAD パススルー認証による Azure Data Explore へのスムーズなアクセス、セキュアな資格情報管理、Synapse ワークスペースのエクスペリエンスを可能にし、開発者の生産性を向上させ、ビッグデータソリューションの残りの部分と簡単に統合することができます。

Azure Cognitive Services has achieved human parity in image captioning
  • Azure Cognitive Services で画像キャプションでヒューマンパリティを実現
    • Microsoft の研究者たちは、NOCAPS ベンチマークで測定されるように、多くの場合、人が書く説明よりも正確な画像のキャプションを生成できる人工知能システムを構築しました。この技術革新は、Microsoft の様々な製品で使用されており、Azure Cognitive Services の一部である Computer Vision を 介して、開発者が商業的に利用できるようになっています。

New alert query examples topic in Log Analytics
  • Log Analytics の新しいアラート クエリ例のトピック
    • ログのエクスペリエンスは最近更新され、一般的なログアラートのクエリ例を追加しました。これらのクエリは、複数のリソースに対するアラート用に構築され、リソース中心のログアラートに使用できます。 ログでのクエリ例の経験を使用すると、新しいトピックを簡単に取得できます。

Public Preview: JBoss EAP on Azure App Service
  • パブリック プレビュー: JBoss EAP on Azure App Service
    • Azure App Service 上で JBoss Enterprise Application Platform (EAP) を実行できるようになりました。パブリックプレビューでは、JBoss EAP 7.2 は OpenJDK 8 を使用して Red Hat Enterprise Linux 7 で提供されています。Java 11 上の JBoss EAP のバージョンは、パブリックプレビュー中に後日提供される予定です。JBoss EAP on Azure App Service は価格はプレビューの価格です。プレビューリリースとして、商用サポートの提供はなく、プレビューの使用はアプリケーションの開発とテストに限定されます。

Azure Data Explorer now support Compute Isolated SKUs
  • Azure Data Explorer が Compute Isolated SKU をサポートするようになりました
    • ハードウェアに分離され、単一の顧客専用の Azure Data Explorer 用の E64i_v3SKU のサポートを発表します。分離されたコンピューティング VM で展開されたクラスターは、コンプライアンスおよび規制要件のために高度な分離を必要とするワークロードに最適です。

Public preview: Service Fabric managed clusters
  • パブリック プレビュー : Service Fabric のマネージド クラスター
    • Service Fabric マネージドクラスターは、複数のリソースで構成されたクラスタを管理する際に発生する複雑さや問題を軽減するために、クラスタの基礎となるリソースをカプセル化したリソース モデルです。Service Fabric マネージドクラスターは、単一のリソース定義を提供して Service Fabric クラスタを作成することで、複雑さを軽減することを目的としています。


Microsoft Azure Blog より

Zone Redundancy for Azure Cache for Redis now in preview
  • Azure Cache for Redis のゾーン冗長化機能を現在プレビューで提供中
    • アベイラビリティゾーンは、停電や災害によるリスクを軽減するための最良の方法の 1つです。このことを念頭に置き、Azure Cache for Redis のゾーン冗長化のプレビューを発表します。

Gain real-time insights on Oracle E-Business Suite data with Azure and Incorta
  • Azure および Incorta を使用して、Oracle E-Business Suite データに関するリアルタイムの洞察を得る
    • 企業がオラクル E-Business Suite の重要なデータに関するリアルタイムの洞察を得られるように、Azure Synapse アナリティクス、Power BI、インコルタを結び付けてエンドツーエンドの財務分析を行う Incorta との新しいオファーを発表します。

Azure and Intel commit to delivering next generation confidential computing
  • Azure と Intel は次世代の機密コンピューティングの提供にコミット
    • 本日、Azure では第 3世代インテル Xeon プラットフォームの早期採用を発表しました。Ice Lake と名付けられたコードは、フルメモリ暗号化とインテル ソフトウェア・ガード・エクステンション (SGX) による機密コンピューティングのための高速化された暗号化性能を備えています。この技術は、来年発売される予定で、当社のお客様にとって、より多くの機密性の高いコンピューティング・シナリオを実現することになります。

Announcing advanced Azure Machine Learning nanodegree program with Udacity
  • Udacity を使用した高度な Azure Machine Learning ナノディグリープログラムの発表
    • 今年の初めに、世界中から 10,000人を超える学生が、4か月の間に機械学習の基礎を学ぶことができるようになりました。Udacity で高度な機械学習ナノディグリーを利用できるようになることで、スキルの次の段階を発表できることを嬉しく思います。本日より、学生は Microsoft Azure Nanodegree Program の機械学習エンジニアに登録できます。


Intune Customer Success より

Support Tip: Enrollment Status Page (ESP) timeouts during Autopilot
  • サポートのヒント: Autopilot の登録ステータスページ (ESP) のタイムアウト
    • PC のリアルタイム時計が大幅にずれていて、ハイブリッド Azure AD Join (AADJ) を使用している場合、登録ステータスページ (ESP) がタイムアウトすることがあります。裏では、オフラインのドメイン参加をデバイスにドメイン参加を適用した後に、デバイスがオンプレミスのタイムサーバーとの時刻同期を行っており、時刻に不一致があると、常に時刻が確定できず、ESP がタイムアウトする原因となっています。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録