クラウドエンジニアブログ

【定期便】9/28週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間分(2020/9/28-2020/10/4)の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

General availability: Azure Availability Zones in more regions
  • 一般提供:より多くのリージョンの Azure アベイラビリティーゾーン
    • ミッションクリティカルなアプリケーション向けの高可用性ソリューションである Azure アベイラビリティーゾーンは、オーストラリア東部とカナダ中央部で一般利用できるようになりました。

Azure Ultra Disk is now available in more regions
  • Azure UltraDisk がより多くのリージョンで利用可能になりました
    • Azure Ultra Disk は、オーストラリアセントラル、インドセントラル、韓国セントラル、米国政府テキサスで利用できるようになりました。

New performance recommendations now available in Azure Advisor
  • Azure Advisor で利用できる新しいパフォーマンスの推奨事項
    • Azure Advisor には、リソースのパフォーマンスを向上させるのに役立つ次のベストプラクティスの推奨事項が含まれるようになりました。

Long term retention for Azure Database for PostgreSQL-Single Server
  • Azure Database forPostgreSQL の長期保存 - 単一サーバー
    • プレビューでは、柔軟なデータベースバックアップポリシー、個々のバックアップの管理、合理化された構成など、豊富な機能セットを活用できるようになりました。さらに、コンプライアンスの目的で、データをバックアップおよび保持するポリシーを最大 10 年間追加できます。

New analytics and windowing capabilities in Stream Analytics
  • Stream Analytics の新しい分析およびウィンドウ機能
    • 9 月にデプロイされた Azure Stream Analytics の最新の更新には、次の改善が含まれています。

Embedded C SDK general availability
  • 組み込み C SDK の一般提供
    • AzureSDK ファミリーに新しく追加された Embedded C SDK は、すべて最小限のフットプリントを維持しながら、組み込み IoT デバイスがデバイス間テレメトリ、クラウド間メッセージ、ダイレクトメソッド、デバイスツイン、デバイスプロビジョニング、IoT プラグアンドプレイなどの Azure サービスを活用できるように設計されています。

New recommendations for operational excellence are now available in Azure Advisor
  • オペレーショナルエクセレンスに関する新しい推奨事項が AzureAdvisor で利用できるようになりました
    • Azure Advisor には、オペレーショナルエクセレンスに関する次の新しいベストプラクティスの推奨事項が含まれています。

Azure Container Registry now available in several new regions
  • Azure Container Registry がいくつかの新しいリージョンで利用可能になりました
    • Azure Container Registry は現在、米国政府のテキサス州、ドイツ西部中央部、およびブラジル南東部地域で一般利用可能です。

Public Preview: Data Factory adds SQL Managed Instance (SQL MI) support for ADF Data Flows and Synapse Data Flows
  • パブリックプレビュー:Data Factory は、ADF データフローと Synapse データフローの SQL マネージドインスタンス (SQL MI) サポートを追加します
    • Azure Data Factory チームは、SQL マネージドインスタンスのパブリックプレビューへの新しいデータフローコネクタをリリースしています。これにより、Azure DataFactory および SynapseAnalytics からのデータフロー内のデータソースに対して直接データ変換を実行することが容易になります。

Azure HDInsight --Autoscale for Interactive Query with HDInsight 4.0 is now generally available
  • Azure HDInsight -- HDInsight4.0 を使用したインタラクティブクエリの自動スケールが一般提供になりました
    • Azure HDInsight の自動スケールは、HDInsight 4.0 を使用したインタラクティブクエリ (Apache Hive LLAP) ワークロードのすべてのリージョンで一般利用できるようになりました。Apache Spark および Hadoop ワークロードの自動スケールは、2019 年 11 月に一般提供にリリースされました。

Azure Security Center—News and updates for September 2020
  • Azure セキュリティセンター - 2020 年 9 月のニュースと更新
    • 2020 年 9 月に、Azure SecurityCenter に対して次の更新と機能拡張が行われました。

Monitor Azure Arc enabled Kubernetes with Metric Alerts
  • メトリックアラートを使用して Azure Arc 対応の Kubernetes を監視する
    • Azure Monitor for Containers は、Azure Arc 対応の Kubernetes のメトリックアラートのサポートを拡張するようになりました。この機能を使用して、Azure Arc 対応の Kubernetes クラスターをワンクリックでアラートを有効にします。この機能は現在プレビュー中です。

Confidential computing nodes (DCSv2) support on Azure Kubernetes Service (AKS) in public preview
  • パブリックプレビューでの Azure Kubernetes Service (AKS) での機密コンピューティングノード (DCSv2) のサポート
    • AKS の機密コンピューティングノードは、実行環境用にプログラムされたエンクレーブ対応コンテナーと 、コード保護付きの変更されていない既存のコンテナーの実行を可能にする機密コンテナーの両方をサポートします。プレビュー中は、DCSv2 のすべての GA リージョンがサポートされます。

Azure Data Explorer extends functionality to support geospatial joins
  • Azure Data Explorer は、地理空間結合をサポートする機能を拡張します
    • Azure Data Explorer は、2019 年から地理空間関数をサポートしています。 現在、KQL は geo_polygon_to_s2cells 機能で拡張されました。これは、入力としてポリゴンまたはマルチポリゴンと S2 セルレベルを取り、それをカバーするすべてのトークン文字列の配列を作成します。

Spring Data Azure Cosmos DB SDK v3.0.0 release now available
  • Spring Data Azure Cosmos DB SDKv3.0.0 リリースが利用可能になりました
    • 現在一般提供されている SpringData Azure Cosmos DB SDK v3.0.0 リリースで は、@ Query アノテーションのサポートと AzureCosmos DB JavaSDK の v4.0.0 のサポートが提供されます。これにより、SpringData フレームワークを AzureCosmos DB Java SDK for Core (SQL) API で使用できるようになります。

Raw Logs and Metrics are generally available on Azure Content Delivery Network (CDN) from Microsoft CDN
  • 生のログとメトリックは、通常、Microsoft CDN の AzureContent Delivery Network (CDN) で入手できます
    • CDN の分析は、CDN のパフォーマンスに関するほぼリアルタイムで豊富な洞察を得て、結果として情報に基づいた意思決定を行うために非常に価値があります。分析の新しいオプションを有効にしました。

Azure portal September 2020 update
  • Azure ポータル 2020 年 9 月の更新
    • 更新プログラムには、ARM テンプレートのデプロイ エクスペリエンスの改善、Azure BLOB ストレージのさまざまな更新プログラムなどがあります。

New guided UI experience to deploy machine learning models in Azure Synapse Analytics (in preview)
  • Azure Synapse Analytics に機械学習モデルをデプロイするための新しいガイド付き UI エクスペリエンス (プレビュー中)
    • 現在、機械学習モデルを Azure Synapse Analytics の専用 SQL プールに手動でデプロイして、予測でデータを充実させることができます。本日、ユーザーが Azure MachineLearning モデルレジストリから AzureSynapse に直接機械学習モデルをデプロイして推論できるようにするガイド付き UI エクスペリエンスを SynapseStudio に導入します。

GA: Data Factory adds ORC data lake file format support for ADF Data Flows and Synapse Data Flows
  • GA:Data Factory は、ADF データフローと Synapse データフローの ORC データレイクファイル形式のサポートを追加します
    • Azure Data Factory チームは、新しいデータフローコネクタを一般提供にリリースします。これにより、Azure DataFactory および SynapseAnalytics からのデータフロー内のデータソースに対して直接データ変換を直接実行することが容易になります。データレイクの OptimizedRow Columnar (ORC) 形式のファイルに直接接続すると、データの変換と、クラウドでの複雑な ETL (抽出、変換、および読み込み) プロセスの作成が非常に簡単になります。

New Common Data Model connector for Apache Spark in Azure Synapse Analytics & Azure Databricks (in preview)
  • Azure SynapseAnalytics および AzureDatabricks の ApacheSpark 用の新しい共通データモデルコネクタ (プレビュー中)
    • 本日、Apache Spark を使用するサービスが CDM 記述データを CSV または Parquet 形式で読み書きできるようにすることで、CDM エコシステムを拡張する新しい CDM コネクタを発表します。これは、Scala、Python、または SparkSQL からアクセスできるデータフレームの抽象化を通じて行われます。

New features for Windows Server containers in Azure Kubernetes Service
  • Azure Kubernetes Service の Windows Server コンテナーの新機能
    • Azure Kubernetes Service の Windows Server コンテナーのいくつかの新機能が利用可能になりました。

Reserved capacity on Azure SQL Database Hyperscale is now available
  • Azure SQL DatabaseHyperscale の予約済み容量が利用可能になりました
    • Azure SQL Database Hyperscale の新しい予約済み容量の提供により、vCore 購入モデルを使用するときに Azure SQL Database に 1 〜 3 年の契約を結ぶと、コンピューティングコストを割引できます。

Learn how to manage and optimize your Azure costs with our guided learning modules
  • ガイド付き学習モジュールを使用して、Azure のコストを管理および最適化する方法を学びます
    • Azure Cost Management は、クラウドの支出を分析、管理、最適化するためのツールを提供します。以下のこれらのコースに参加して、コスト管理スキルを磨いてください。

Shared disks on Azure Disk Storage is now available in broader set of regions
  • Azure Disk Storage の共有ディスクが、より幅広いリージョンで利用できるようになりました
    • 共有ディスクを使用する場合、Azure Disk Storage は、Windows と Linux ベースのクラスター化されたアプリケーションまたは高可用性アプリケーションの両方をサポートするクラウド内の唯一の共有ブロックストレージです。共有ディスクは、すべてのリージョンのプレミアム SSD で利用可能になり、ウルトラディスクをサポートするすべてのリージョンのウルトラディスクで利用できるようになりました。

General Availability: Application Insight in UK West
  • 一般提供:英国西部のアプリケーションインサイト
    • Azure Monitor Application Insights は、英国西部地域のお客様が一般利用できるようになりました。Application Insights は、AzureMonitor の一部です。さまざまなソースからテレメトリを収集し、Azure Data Explorer のクエリ言語を使用してデータ を取得および分析します。

Public preview of Azure Stream Analytics unit testing capability in an CI/CD pipeline
  • CI / CD パイプラインでの AzureStreamAnalytics 単体テスト機能のパブリックプレビュー
    • 継続的インテグレーション / 継続的デプロイ (CI / CD) ツールを強化して、Azure Stream Analytics のクエリ単体テストのサポートを追加します。これで、任意のマシンまたは CI / CD パイプラインで Stream Analytics ジョブの単体テストを追加して実行できます。

Azure DevTest Labs: Encrypt OS disks in your lab
  • Azure DevTest Labs:ラボ内の OS ディスクを暗号化する
    • DevTest Labs 内では、ラボの一部として作成されたすべての OS ディスクとデータディスクは、プラットフォーム管理のキーを使用して暗号化されます。ラボの所有者は、独自のキーを使用してラボの仮想マシンの OS ディスクを暗号化することを選択できるようになりました。

Azure Cognitive Services Translator Text— Assamese language now available
  • Azure Cognitive Services Translator Text — アッサム語が利用可能になりました
    • Translator を使用して、アッサム語のテキスト翻訳をアプリ、製品、ワークフローに追加できるようになりました。アッサム語との間で、Translator で利用可能な 70 を超える言語のいずれかに翻訳します。


Microsoft Azure Blog より

General availability of Azure Maps support for Azure Active Directory, Power Apps integration, and more
  • Azure Active Directory、Power Apps 統合などの Azure Maps サポートの一般提供
    • Microsoft Azure マップの新しい更新プログラムと最新の更新プログラムには、Azure Active Directory との Azure Maps 統合のサポート、Microsoft Power Apps プラットフォームとの統合、検索とルーティングサービスの拡張機能、新しい天気予報サービス REST API (プレビュー) 、モビリティ サービスの拡張カバレッジが含まれます。

Azure introduces new capabilities for live video analytics
  • Azure は、ライブビデオ分析の新機能を導入します
    • 先週の Microsoft Ignite で、社会的距離、工場の床の安全性、セキュリティ境界の監視などを含む追加のシナリオのロックを解除する新機能、パートナー統合、およびリファレンスアプリを発表しました。これらのシナリオを可能にする新製品の機能は次のとおりです。

New Datadog integration with Azure offers a seamless configuration experience
  • Azure との新しい Datadog 統合により、シームレスな構成エクスペリエンスが提供されます
    • 新しい Azure と Datadog の統合により、組織はレガシーシステムとクラウドベースのシステムを完全にマッピングし、クラウド移行のすべてのフェーズでリアルタイムデータを監視し、移行されたアプリケーションがパフォーマンス目標を確実に満たすようになります。この統合は、Azure のグローバルなプレゼンス、柔軟性、セキュリティ、および Datadog のロギングおよび監視機能とのコンプライアンスを組み合わせて、企業に最高のエクスペリエンスを提供します。

The new Azure VMware Solution is now generally available
  • 新しい Azure VMware ソリューションが一般提供になりました
    • 先週、Microsoft Ignite で、新しい Azure VMware ソリューションの一般提供を発表しました。Azure VMware Solution は、Microsoft によって設計、構築、サポートされ、VMware によってクラウド検証され、VMware Cloud Foundation テクノロジーを実行しているため、お客様は VMware ワークロードをクラウドにシームレスに拡張または移行できます。

Microsoft partners with the telecommunications industry to roll out 5G and more
  • マイクロソフトは、5G 以上を展開する通信業界と提携しています
    • マイクロソフトでは、オペレーターは信頼できるパートナーを獲得し、5G の可能性を解き放つ力を与えます。超信頼性の低遅延接続、複合現実通信サービス、ネットワークスライシング、高度にスケーラブルな IoT アプリケーションなど、さまざまな新しいサービスを提供して、業界やコミュニティ全体を変革できるようにします。

Azure Cost Management + Billing updates – September 2020
  • Azure コスト管理 + 請求の更新 – 2020 年 9 月
    • 私たちは常に、お客様の課題と、Azure Cost Management + Billing を使用して、クラウド内のどこでコストが発生しているのかをよりよく理解し、不正な支出パターンを特定して防止し、コストを最適化して実行できるようにする方法を模索しています。フィードバックに基づいた最新の改善と更新のいくつかを次に示します。

What’s new in Azure Backup
  • Azure Backup の新機能
    • Microsoft Ignite で、Azure のデータの保護を強化するいくつかの新しい Azure バックアップ機能を発表しました。 この Ignite で発表された最新の機能により、データ保護を新しいワークロードタイプに拡張し、セキュリティを強化し、バックアップデータの可用性を向上させることができます。さらに、大規模なバックアップを管理するための組み込み機能と、AzureBackup を WindowsServer 仮想マシンに自動的にオンボードする機能により、運用効率を向上させることができます。

Scaling Microsoft Kaizala on Azure
  • Azure での Microsoft Kaizala のスケーリング
    • Microsoft Kaizala は、モバイルのみのユーザーのための安全な仕事の管理とモバイルメッセージングアプリです。現在、自宅での作業に関連する使用量の増加に起因するエンタープライズグレードの生産性向上アプリの管理とスケーリングに関する学習事項をいくつか共有しています。

Microsoft named a leader in Gartner’s Magic Quadrant for Enterprise Integration Platform as a Service
  • マイクロソフトは、Gartner の Magic Quadrant for Enterprise Integration Platform as aService のリーダーに指名されました
    • ガートナーが、ビジョンの実行能力と完全性に基づいて、マイクロソフトを 2020 Enterprise Integration Platform as a Service (EiPaaS) マジッククアドラントのリーダーとして位置付けていることをお知らせします。マイクロソフトは、過去 3 年間、EiPaaSMQ のリーダーであり続けています。



Intune Customer Success より

Known Issue – Unable to import/attach a file from OneDrive after updating to iOS 14 and iPadOS 14
  • 既知の問題 – iOS 14 および iPadOS 14 に更新した後、OneDrive からファイルをインポート/アタッチできない
    • iOS/iPadOS 14 に更新された後、OneDrive から別の MDM 管理アプリへのファイルのインポートなど、MDM 管理のファイル プロバイダーからファイルをインポートできないというシナリオに対して警告が表示されました。「不明なエラーのため、フォルダの内容を表示できませんでした。もう一度やり直してください」というメッセージが表示されます。この問題は、iOS/iPadOS 14 デバイスが Intune などの MDM ソリューションで登録および管理され、OneDrive のような MDM 管理されたファイル プロバイダー アプリが "必須" または "使用可能" アプリとして対象とされている場合に発生する可能性があります。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録