クラウドエンジニアブログ

Dynamics 365 Sales を導入する - 第 3 回 Team Members ライセンス

E 木

0. はじめに

みなさん、こんにちは! Dynamics 365 チームの E 木です。

過去 2 回にわたって、Dynamics 365 Sales についてお届けしました。
第 3 回である今回は、Dynamics 365 のライセンスの1つである、Team Members ライセンスについて、
前回取り上げた Dynamics 365 Sales の Base ライセンス ( Sales Professional, Sales Enterprise ) と比較する形で、ご説明したいと思います。
Team Members ライセンスってそもそも何?他のライセンスと比べると安いけど、何ができるの?
そんな疑問を解消します。

「Dynamics 365 導入支援サービス」に関する資料請求・お問い合わせはこちら

「DX Sales for Microsoft Teams」に関する資料請求・お問い合わせはこちら



1. 今回の記事の内容

Dynamics 365 のライセンスの一つである「Team Members」について、以下の構成でご説明します。

  • Team Members ライセンスの概要
  • Team Members の利用シナリオ

本記事では Team Members ライセンスについて、噛み砕いた表現で解説していきます。より詳細で確実な内容を確認したい方は、Microsoft から提供されているライセンスガイドも併せてご確認ください。
(リンク先のページ下部の関連リソースにライセンスガイドがあります。)

Microsoft Dynamics 365



2.Team Members ライセンス

2-1. Team Members ライセンスとは

Dynamics 365 Team Members とは、読んで字の如く、チームのメンバーのためのライセンスです。その最大の特徴は、


安い!

使える機能が限定的である


この2点です。

多くの組織では、大多数のユーザーは基幹業務システムのデータまたはレポートを使用したり、タイムシートの入力や人事レコードを更新したりなど、単純な作業しか行いません。
そんなユーザーに、高いコストを払って Dynamics 365 の Base ライセンスを割り当てても、多くの機能が使われない可能性があります。
Team Members ライセンスは、Dynamics 365 の Base ライセンスで提供される機能のうち、ライトユーザーに向けた機能のみを提供する、安価なライセンスです。


2-2. Team Members ライセンスで出来ないこと

それではまず、Dynamics 365 Sales の Base ライセンスと比較して、Team Members ライセンスではどういった機能が制限されているのかご説明します。

Dynamics 365 Sales Professional / Enterprise で用意されている標準エンティティのうち、Team Members ライセンスでは以下のエンティティに対する「書き込み」 (新規作成、更新、削除) ができません。

  • 取引先企業
  • 競合他社
  • 予測
  • 請求書
  • リードの管理
  • マーケティング キャンペーン
  • マーケティング リスト
  • 営業案件
  • 受注
  • 価格表
  • 製品
  • 見積もり
  • 販売目標
  • 営業資料
  • 担当地域

上記の通り、営業活動管理でよく使用されるエンティティに関しては、Team Members ライセンスでは「書き込み」ができません。
そのため、これらのデータを頻繁に更新する必要のある営業担当者には、Team Members ライセンスは適していません。


2-3. Team Members ライセンスで出来ること

それでは、今度は逆に、Team Members ライセンスで出来ることをご説明します。
Team Members で出来ることは、以下の通りです。


  • 全ての Dynamics 365 アプリケーションのデータの「読み取り」
  • 活動、お知らせ、メモ、予定表、連絡先エンティティへの「書き込み」
  • モバイルでの利用
  • Excel 形式でのデータエクスポート
  • ユーザーレポート、グラフ、ダッシュボードといった統計機能へのアクセス
  • Yammer コラボレーション ※ Yammer ライセンスが別途必要となります
  • 高度な検索の利用
  • 上記の利用シナリオの範囲内のカスタムエンティティへの「書き込み」 (最大15個まで)

上記の通り、Team Members ライセンスはデータの「読み取り」がメインの機能となっています。
また、活動やメモ、予定表といった、ユーザー個人に紐づいたデータに関しては、Team Members ライセンスでも「書き込み」ができます。

最後の「上記の利用シナリオの範囲内のカスタムエンティティへの「書き込み」」に関しては、疑問を抱く方も多いかと思います。
Team Members ライセンスでは、「2-2. Team Members ライセンスで出来ないこと」で挙げた標準エンティティを再現したり、間接的に標準エンティティに書き込みをするためのカスタムエンティティは利用できません。
そういった用途ではないカスタムエンティティに限り、最大 15 個まで書き込むことができます。

以下の図は、Dynamics 365 Sales Professional / Enterprise ライセンスの付与されいてるユーザーのアプリ一覧です。
Team Members ライセンスでは、標準で用意されている Team Members 用のアプリから上記の操作を行えます。
( Team Members ライセンスのユーザーのアプリ一覧には、図の Team Members 用アプリしか表示されません。)
この Team Members 用のアプリに対して、最大 15 個のカスタムエンティティを追加できるため、Team Members ライセンスでも最大 15 個のカスタムエンティティへの「書き込み」をすることができます。


2-3. Team Members ライセンスで出来ること



3. Team Members の利用シナリオ

上記のように、ユーザーに対して最小限必要となるライセンスを適切に割り当てることで、コストを大きく抑えることができます。
そうした場合に、具体的にどのくらいコストを抑えられるのか、1,000ユーザーの組織を例に挙げてみましょう。

Dynamics 365 Sales の各ライセンスの価格は、以下の通りです。
( 詳しくは第 1 回の記事を参照してください。)

左右にスクロールしてご覧ください。

Team Members Sales Professional Sales Enterprise
価格 ¥870 ユーザー/⽉ ¥7,070 ユーザー/⽉ ¥10,330 ユーザー/⽉


今回のコスト比較は以下の条件で試算しました。
  • 全ユーザー数:1,000
  • システム管理者:10
  • 営業担当:300
  • その他(ライトユーザー):690

組織のユーザー全員に Sales Enterprise ライセンスを割り当てる場合、1,033万円のコストが毎月かかります。

3. Team Members の利用シナリオ1


しかし、上記のケースでライトユーザーには Team Members ライセンスを割り当てた場合、
約380万円と、コストを60%以上抑えることができます。

3. Team Members の利用シナリオ2



4. まとめ

第 3 回は Dynamics 365 Team Members ライセンスについてご紹介しました。
コストの問題から、Dynamics 365 Sales の導入を見送ったり、 Base ライセンスを必要最低限のメンバーに割り当てて運用されている方も多いかと思います。
しかし、Dynamics 365 Sales をライトユーザーにも利用させることで、営業担当以外のメンバーとの情報共有が進み、営業活動の諸々を効率化して業績を向上させたり、カスタマーサクセスに繋げることが期待できます。
組織全体で利用する場合であっても、データを入力しないが参照はするライトユーザーに、Dynamics 365 Team Members ライセンスを適切に割り当てることで、Dynamics 365 Sales の利用コストの最適化が図れます。

以上で「第 3 回 Team Members ライセンス」は終わります。

SFA や CRM の導入をご検討のお客様、 SFA や CRM で何ができるか知りたいお客様は、お気軽に以下のリンクから SBテクノロジーまでご相談ください!

Dynamics 365 導⼊⽀援サービスページ

DX Sales for Microsoft Teams サービスページ

今後も Dynamics 365 関連のブログを公開していきますので、ぜひご覧ください!



関連ページ

Dynamics 365 Sales を導入する - 第 1 回 Introduction
Dynamics 365 Sales を導入する - 第 2 回 Dynamics 365 Sales Professional VS Enterprise
Dynamics 365 導⼊⽀援サービスページ
「Dynamics 365 導入支援サービス」に関する資料請求・お問い合わせはこちら
DX Sales for Microsoft Teams サービスページ
「DX Sales for Microsoft Teams」に関する資料請求・お問い合わせはこちら

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録