クラウドエンジニアブログ

【定期便】8/17週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間分(2020/8/17-2020/8/23)の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Azure Blob – Soft Delete for Containers public preview
  • Azure Blob – コンテナーの論理的削除のパブリックプレビュー
    • コンテナーの論理的な削除は、Blob の論理的な削除、アカウントの削除のロック、不変の BLOB など、Azure BLOB Storage の既存の機能を拡張し、データ保護と復元機能をさらに強化します。

PowerShell support in Durable Functions is in public preview
  • Durable Functions での PowerShell サポートはパブリックプレビューです
    • ステートフルなサーバーレスワークフローを定義できる Azure Functions の拡張機能である Durable Functions が PowerShell をサポートするようになりました。

Azure Policy Compliance Scan Action for GitHub Workflows is in public preview
  • GitHub ワークフローの Azure ポリシーコンプライアンススキャンアクションはパブリックプレビューです
    • GitHub ワークフローから Azure リソースでオンデマンド Azure ポリシー コンプライアンス スキャンをトリガーし、リソースのコンプライアンス状態に応じてワークフローを実行します。

Azure Ultra Disk is now generally available in more regions and Availability Zones
  • Azure Ultra Disk は、より多くのリージョンと可用性ゾーンで一般利用できるようになりました。
    • Azure Ultra Disk はオーストラリア東部、東アジア、ブラジル南部、カナダ中部で利用可能になり、Azure Ultra Disk のサポートは米国東部 2 および日本東部の 3つのアベイラビリティーゾーンに拡張されました。

Azure Data Share in-place sharing for Azure Data Explorer now generally available
  • Azure Data Explorer の Azure Data Share インプレース共有が一般提供になりました
    • Azure Data Explorer の Azure Data Share In - place Sharing の一般提供を発表しました。この統合により、内部部門間でビッグデータを共有し、外部パートナー、ベンダー、または顧客とほぼリアルタイムのコラボレーションを実現できます。お客様は追加料金なしで Azure Data Share を使用してデータをインプレースで共有できます。

Public preview: Azure Resource Health support in AKS
  • パブリックプレビュー:AKS での Azure Resource Health のサポート
    • AKS は、パブリックプレビューで Azure Resource Health をサポートするようになりました。これで、AKS リソースに影響するサービスの問題の診断、トラブルシューティング、サポートをより簡単に行うことができます。

Azure Machine Learning announces output dataset (Preview)
  • Azure Machine Learning が出力データセットを発表 (プレビュー)
    • 新しい出力データセット機能により、Blob、ADLS Gen 1、ADLS Gen 2、FileShare などのクラウドストレージに書き戻すことができます。データの出力先、データの出力方法 (マウントまたはアップロード)、および将来の再利用と共有のために出力データを登録するかどうかを構成できます。これにより、再現性と共有が可能になり、データの重複が防止され、コスト効率と生産性が向上します。

Public Preview: Cognitive Services Form Recognizer v2.1
  • パブリックプレビュー:Cognitive Services Form Recognizer v2.1
    • フォーム認識エンジン v2.1-preview.1 がリリースされました。新しい言語、チェックボックス / 選択マーク、複数のフォームタイプを単一のモデル ID に送信する機能がサポートされています。

Azure IoT Central UI new and updated features—July 2020
  • Azure IoT Central UI の新機能と更新された機能 - 2020年 7月
    • 7月の更新には、ジョブの改善、CLI の更新、ドキュメントの拡張、新しい REST API、新しいモバイル ゲートウェイのサンプルが含まれます。

Cost optimization enhancements now available in Azure Advisor
  • コスト最適化の機能強化が Azure Advisor で利用可能になりました
    • Azure Advisor には、Azure リソースのコスト最適化に役立つベストプラクティスの推奨事項に対する次の拡張機能が備わっています。

Azure Site Recovery update rollup 49 - August 2020
  • Azure Site Recovery の更新プログラムのロールアップ 49 - 2020年 8月
    • この更新プログラムは、これらの Azure Site Recovery コ ンポーネントの最新バージョンの修正とダウンロードリンクを提供します。

Serverless offer for Azure Cosmos DB now in preview 
  • Azure Cosmos DB のサーバーレスオファーがプレビューになりました
    • キャパシティ管理を必要とせずに、データベース操作で使用されるリクエストユニットに対してのみ課金されます。このオファーは、安定したスループットを必要とせず、要求を散発的または短いバーストで受信し、中程度のパフォーマンス要件を持つ中小規模のワークロードのニーズを満たします。

Azure Cognitive Services Translator Text— New languages now available
  • Azure Cognitive Services Translator Text - 新しい言語が利用可能になりました
    • 現在、Translator Text は、オディア、ダリ、パシュト語、中央クルド語、北クルド語の言語をサポートしています。

New Azure IoT Central App Template - Video Analytics is now available
  • 新しい Azure IoT Central アプリテンプレート - ビデオ分析が利用可能になりました
    • この 8月にリリースされた新しい IoT Central ビデオ分析テンプレートは、カメラと Azure クラウドサービス間のゲートウェイとして機能する Azure IoT Edge デバイスのセットアップを簡素化します。

TypeScript 4.0 is generally available
  • TypeScript 4.0 が一般提供されました
    • 現在、TypeScript 4 は、新しい言語機能と改善を含む一般提供を開始しています。

Azure Backup for SAP HANA databases running on RHEL is now generally available
  • RHEL で実行される Azure Backup for SAP HANA データベースが一般提供になりました
    • 2020 年 8 月 1 日、Red Hat Enterprise Linux( RHEL )で実行される HANA データベースの Azure バックアップサポートが一般提供されました。このサービスは、ドイツ北東部、ドイツ中部、フランス南部、米国政府アイオワ州を除くすべての Azure リージョンで利用できます。

Azure DevOps Artifacts storage exploration
  • Azure DevOps Artifacts ストレージの調査
    • 現在、組織全体の高レベルでの合計ストレージのみを表示できます。アーティファクトストレージの探索にこの機能を使用すると、フィードとシンボルのプロジェクトレベルまでさらに 1 レベルドリルダウンできます。これは、最適化とさらなる調査が必要なプロジェクトと領域を特定するのに役立ちます。

Public preview: CSI storage driver support in Azure Kubernetes Service
  • パブリックプレビュー : Azure Kubernetes Service での CSI ストレージドライバーのサポート
    • AKS での CSI ストレージドライバーサポートのパブリックプレビューを発表します。これにより、ユーザーは次の機能をネイティブに活用できます。

Azure Sphere OS version 20.08 is now available
  • Azure Sphere OS バージョン 20.08 が利用可能になりました
    • Azure Sphere 20.08 OS 品質のリリースが小売フィードで利用可能になりました。この更新には、OS の重要な更新を表すセキュリティ更新を含む、Azure Sphere OS の拡張機能とバグ修正が含まれています。

Release of new Azure CDN (Microsoft Standard) capability
  • 新しい Azure CDN (Microsoft Standard) 機能のリリース
    • お客様は、Azure Portal と Azure CDN API を使用して、同じ CDN エンドポイントで複数のオリジンを使用できるようになりました。これにより、オリジン間の負荷分散のシンプルでフォールトトレラントな方法が提供されます。

Simplified Chinese language support now available in Azure Cognitive Services Computer Vision public preview
  • Azure Cognitive Services Computer Vision パブリックプレビューで簡体字中国語のサポートが利用可能に
    • Azure Cognitive Services の一部である Computer VisionのRead 3.1 パブリックプレビューで、簡体字中国語のサポートが利用可能になりました。

General Availability: Azure Kubernetes Service node image upgrade
  • 一般提供:Azure Kubernetes Service ノードイメージのアップグレード
    • Azure Kubernetes Service のノードイメージアップグレード機能の一般提供を発表しました。これにより、ユーザーは、Kubernetes の完全なアップグレードを行わずに、コンテナーランタイムや OS の更新などのノードレベルのコンポーネントを更新できます。

Azure SQL Database gateways changes effective September 15, 2020
  • Azure SQL データベースゲートウェイの変更は 2020年 9月 15日から有効
    • 2020年 9月 15日から、これらのリージョンの新しい Azure SQL データベースゲートウェイがトラフィックの受け入れを開始します。

Public preview: Ephemeral OS disk support in AKS
  • パブリックプレビュー : AKS でのエフェメラル OS ディスクのサポート
    • AKS エージェントノードのエフェメラル OS ディスクのパブリックプレビューを発表しました。エフェメラル OS ディスクでは、ディスクがローカルに接続されているため、エージェントノード OS ディスクでの読み取り/書き込みレイテンシが低くなります。


Microsoft Azure Blog より

Share big data at scale with Azure Data Share in-place sharing for Azure Data Explorer
  • Azure Data Explorer の Azure Data Share インプレース共有で大規模なデータを共有
    • Azure Data Explorer の Azure Data Share インプレース共有が一般提供になりました。これにより、ビッグデータを簡単かつ安全に内部部門間で共有したり、外部パートナー、ベンダー、顧客とほぼリアルタイムのコラボレーションを実現したりできます。

Bringing AI supercomputing to customers
  • AI スーパーコンピューティングをお客様に提供
    • 大規模な AI モデルを使用して多数のタスクを強化する傾向により、AI の構築方法が変化しています。Microsoft Build 2020 で、Azure と次世代 AI を可能にする大規模 AI モ デルの新しいクラスである、最先端の AI スーパーコンピューティングを利用した AI at Scale のビジョンを共有しました。

Advancing the outage experience—automation, communication, and transparency
  • 停止体験の自動化、自動化、コミュニケーション、透明性
    • 信頼性向上ブログシリーズの一環として、停止体験の改善を継続するために行っている投資の概要を説明しています。

Build resilient applications with Kubernetes on Azure
  • Azure で Kubernetes を使用して回復力のあるアプリケーションを構築する
    • 今日は、Azure 上の Kubernetes へのクラウドネイティブの旅を進める上で役立つ可能性があるさらに多くの機能について説明します。


Intune Customer Success より

Support Tip: Custom OMA-URI’s not always applying to Windows 10 Devices
  • サポートのヒント : カスタム OMA-URI が Windows 10 デバイスに適用されない場合がある
    • Intune は、350k バイトを超えるペイロードを持つカスタム OMA-URI ポリシーが Windows 10 デバイスで一貫して適用されないというレポートのトラブルシューティングを Windows チームと共同で行ってきました。調査結果に基づいて、350k バイトを超えるカスタム OMA-URI ポリシーの Intune 作成をブロックする予定です。また、今後のリリースでは、350k バイトを超える既存のポリシーを強調表示するために、「サポートされていない」プロファイルタイプを追加する予定です。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録