クラウドエンジニアブログ

【定期便】8/24週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間分(2020/8/24-2020/8/30)の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Immersive Reader is now generally available
  • Immersive Reader が一般提供されるようになりました
    • 開発者は、Azure Cognitive Service である Immersive Reader を使用することで、アプリに包括的な機能を組み込むことができ、年齢や学習能力を問わずにテキストの読解力や理解力を高めることができます。機械学習の専門知識は必要ありません。Immersive Reader は、テキストを音読したり、翻訳したり、デザインによってユーザーの注意を集中させたりする機能を提供することで、ユーザーがテキストから知識を解放し、教室やオフィスでより多くのことを達成できるようにします。すでに何百万人ものユーザーが、Word、Outlook、Teams で Microsoft の没入型読解技術を利用しています。開発者は、この実績のあるリテラシーを高める体験をユーザーにも提供できるようになりました。

Azure Monitor Logs – Log Analytics REST APIs general availability
  • Azure モニター ログ – ログ分析 REST API の一般提供開始
    • OperationalInsights リソースプロバイダーの新しい Log Analytics REST API バージョン(2020-08-01) が一般提供されました。

Update your Azure Cosmos DB Python SDK by 31 August 2022
  • 2022年 8月 31日までに Azure Cosmos DB Python SDK を更新する
    • 2020年 8月 31日から 2022年 8月 31日まで、Azure Cosmos DB Python SDK for SQL API の 1.x および 2.x の廃止のお知らせを延長します。

Version 2 of Translator is retiring on 24 May 2021
  • Translator のバージョン 2 は 2021年 5月 24日に廃止されます
    • 2018年 5月に、バージョン 3 の Translator の一般提供を発表し、2021年 5月 24日にバージョン 2 の Translator を廃止します。バージョン 3 の Translator の主な利点は次のとおりです。
      • 一度のリクエストで複数のターゲット言語への対訳、翻訳、対訳辞書などの機能を強化
      • Azure Cognitive Services の一部としてレイヤー化されたセキュリティモデルを提供
      • カスタムトランスレータによるカスタマイズされた翻訳

Azure Certified for Plug and Play is now available
  • Azure Certified for Plug and Play が利用可能になりました
    • 2019年 5月の Microsoft Build で発表された IoT Plug and Play は、IoT デバイス機能の宣言に使用される言語を民主化し、ソリューション開発を簡素化します。デバイスビルダーは、デバイスの相互作用モデルを記述するオープンモデリング言語を作成し、ターゲットコードを更新し、デバイスがデバイスに接続するときにモデルを共有することにより、現在パブリックプレビューで利用可能な IoT プラグアンドプレイと互換性のある既存の IoT デバイスを作成できます。

Azure Data Lake Storage Gen2 access control list recursive update in public preview
  • パブリックプレビューでの Azure Data Lake Storage Gen2 アクセス制御リストの再帰的な更新
    • アクセス制御リスト (ACL) の変更を親ディレクトリから Azure Data Lake Storage (ADLS) Gen2 の既存の子アイテムに再帰的に伝達する機能がパブリックプレビューで利用可能になりました。このパブリックプレビューは、PowerShell、.NET SDK、Python SDK を通じて、すべての Azure リージョンでグローバルに利用できます。

Configure upstream source for universal Packages with Azure Artifacts
  • Azure Artifacts でユニバーサルパッケージのアップストリームソースを構成する
    • このリリースでは、ユニバーサルパッケージのアップストリームソースを設定する機能が追加されています。この機能は、オンデマンドで上流のソースからユニバーサルパッケージを自動的にダウンロードするように Azure Artifacts フィードを構成する機能を追加します。

Stream Analytics now can be run on Azure Stack Hub
  • Stream Analytics が Azure Stack Hub で実行できるようになりました
    • Azure Stream Analytics は、IoT Edge モジュールとして Azure Stack Hub 上で実行できるようになりました。IoT Edge モジュールに設定が追加され、Azure Stack Hub サブスクリプションで実行されているブロブストレージ、イベントハブ、IoT ハブと相互作用できるようになりました。お客様は、独自のプライベートで自律的なクラウドでストリーム処理のための真のハイブリッドアーキテクチャを構築することができます - これは、オンプレミスで一貫した Azure サービスを使用してクラウドネイティブアプリと接続または切断することができます。

Update your Traffic Analytics queries by 31 August 2022
  • 2022年 8月 31日までに Traffic Analytics クエリを更新する
    • Traffic Analytics によって生成されたデータのログスキーマが更新され、クエリが簡素化されました。これらの新しいフィールドは、ソース IP と宛先 IP に関する情報を提供します。新しいフィールドはより効率的なクエリを提供するため、以下の古いフィールドは 2022年 8月 31日までに廃止されます。

Upcoming billing changes to Azure Bastion
  • Azure Bastion の課金変更の予定
    • 今年初めより、Azure Government リージョン全体で Azure Bastion を継続的にロールアウトしてきました。この度、ロールアウトが完了し、2020年 10月 1日より US Gov Zone 1 で Azure Bastion の課金が開始されることになりました。

Ingestion data isolation in Log Analytics
  • Log Analytics での取り込みデータの分離
    • Log Analytics は、これまで診断設定を介して来る Azure リソースデータの摂取量率に制限がありました。この度、Diagnostic Settings、エージェント、データコレクタ API など、他の Log Analytics データソースにも制限が追加されました。この制限は、非圧縮で約 6GB / 分の圧縮データに適用されます。実際のサイズは、ログの長さとその圧縮率によって、データタイプによって異なる場合があります。

AzCopy v10.6 released with updated sync features and larger blob size support
  • AzCopy v10.6 のリリースにより、同期機能を更新し、より大きな bolb サイズをサポートしました
    • AzCopy v10.6 の同期機能は、アクセス制御リスト (ACL) とプロパティだけでなく、より大きなブロック BLOB サイズと BLOB のバージョン管理をサポートするようになりました。

Azure Data Explorer: Create a table with the new 1-click experience
  • Azure Data Explorer:新しいワンクリックエクスペリエンスでテーブルを作成します
    • Azure Data Explorer でワンクリックでテーブルを作成すると、データベーステーブルとマッピング構造をすばやく作成できます。さまざまな種類のソースからさまざまなデータ形式のデータを選択して、テーブルスキーマを定義します。

Azure Virtual Machines DCsv2-series are now available in Canada East
  • Azure 仮想マシン DCsv2 シリーズは、カナダ東部で利用可能になりました
    • カナダ東部でコンフィデンシャル・コンピューティング DCsv2 シリーズの仮想マシンが利用可能になりました。お客様は、カナダ東部とカナダ中部でディザスタリカバリ機能を利用できるようになりました。

Support to assess physical, AWS, GCP servers now generally available
  • Azure Migrate は物理、AWS、GCP の環境のホストされるサーバーの評価をサポートし、一般利用できるようになりました
    • 物理サーバーを評価するサポートは、Azure Migrate で一般利用できるようになりました。この機能は、Amazon Web Services (AWS)、Google Cloud Platform(GCP)、またはハイパーバイザーにアクセスできない任意のクラウド上の仮想マシンや VMware / Hyper-V マシンのオンプレミスマシンの評価にも利用できます。評価では、Azure の適合性分析、移行コスト計画、パフォーマンスベースのライセンシングを提供します。アプリケーション依存性分析 (エージェントベース) もサポートしています。アプライアンスごとに最大 1000台のサーバーを検出し、Azure Migrate プロジェクトごとに任意の台数のサーバーを検出することができます。


Microsoft Azure Blog より

Microsoft and TSMC announce Joint Innovation Lab to accelerate silicon design on Azure
  • マイクロソフトと TSMC が Azure でのシリコン設計を加速するための共同イノベーションラボを発表
    • Microsoft は TSMC とのジョイントイノベーションラボを立ち上げ、クラウドと EDA のイノベーションを最適に統合するコラボレーションプラットフォームとして機能し、市場投入までの時間を短縮し、開発コストを最適化するためのパフォーマンスとコスト効率を半導体業界に提供します。製品のイノベーションを解き放ちます。

How Azure Synapse Analytics can help you respond, adapt, and save
  • Azure Synapse Analytics が応答、適応、および保存にどのように役立つか
    • Azure Synapse Analytics は新しいタイプの分析プラットフォームであり、統合されたエクスペリエンスで洞察までの時間を短縮し、同様に重要なこととして、コストを節約できます。他のクラウドプロバイダーよりも最大 14 倍高速で、コストは 94 %低くなっています。Azure Synapse が応答、適応、および保存にどのように役立つかを見てみましょう。

Empowering remote learning with Azure Cognitive Services
  • Azure Cognitive Services でリモートラーニングを強化
    • 本日、私たちはイマーシブリーダーの一般提供を発表し、Azure Cognitive Services の新しい改善が、開発者が誰にでも力を与えるリモート教育用の AI アプリの構築にどのように役立つかを明らかにします。

Prepare and certify your devices for IoT Plug and Play
  • IoT プラグアンドプレイ用にデバイスを準備して認定する
    • このブログ投稿では、IoT プラグアンドプレイを使用する際の一般的なエコシステムの課題とビジネスの動機、および企業が IoT プラグアンドプレイの認定を求める理由と関連する要件とプロセスについて説明します。

Power mission-critical applications with Azure Database for PostgreSQL
  • PostgreSQL 用の Azure データベースを使用した電源ミッション クリティカルなアプリケーション
    • 新しいアプリケーションを構築する場合、最も重要な決定の 1つは、アプリケーションデータを格納する場所です。ミッションクリティカルなアプリケーションのクラウドにリレーショナルデータを保存することに関しては、Azure Database for PostgreSQL に多大な関心が寄せられています。



Intune Customer Success より

Microsoft Defender Antivirus for ConfigMgr tenant attach clients public preview
  • Microsoft Defender Antivirus for ConfigMgr テナント用クライアントのパブリックプレビュー
    • Configuration Manager 2006 のリリースにより、Microsoft Endpoint Manager 管理センターが ConfigMgr スタンドアロンクライアントのセキュリティポリシー管理ツールになることを目指して、もう一歩前進しています。Windows 用の Microsoft Defender Antivirus ポリシーは、Microsoft Endpoint Manager (MEM) の Endpoint セキュリティノードから管理できるようになり、オンプレミスの Config Manager コレクションをターゲットにすることができるようになりました。これにより、セキュリティ管理者は、クラウド生まれの MDM デバイス、Intune + ConfigMgr 共同管理デバイス、および ConfigMgr のみのクライアントの両方をターゲットにすることができます。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録