クラウドエンジニアブログ

【定期便】1/27週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2020/1/27-2020/2/2)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Azure Cost Management and billing updates—January 2020
  • Azure コスト管理と課金の更新 - 2020年 1月
    • Azure Cost Management は、クラウドのどこでコストが発生しているかをよりよく理解し、悪い支出パターンを特定して防止し、コストを最適化して、より少ないリソースでより多くのことを実行できるようにします。今回の更新は、フィードバックに基づいた最新の改善点と更新点の一部です。

Azure Data Factory is now available in South Africa North
  • Azure Data Factory が南アフリカ北部で利用可能になりました
    • Azure Data Factory が南アフリカ北部で利用可能になりました

Azure Lighthouse: New features are now generally available
  • Azure Lighthouse : 新機能が一般提供されました
    • Azure Lighthouse にて、いくつかの新しい機能が発表されました。
      • 委任スコープの管理をオプトアウトする MSP の新しい組み込みロール
      • Azure Resource Graph に ManagedByTenant コンテキストを追加
      • Subscription() 関数に IsThisSubBeingManagedTrueOrFalse コンテキストを追加
      • 複数の顧客テナントにポリシー展開・検証が可能に
      • 更新されたマネージドサービスオファーのカスタマーエクスペリエンスの向上

Azure Cognitive Services Translator Text—Five new languages added
  • Azure Cognitive Services Translator Text — 5つの新しい言語が追加されました
    • Translator Text は、アイルランド語、パンジャブ語、マラヤーラム語、カンナダ語、ポルトガル語(ポルトガル)の 5つの新しい言語をサポートするようになりました。

Data Factory Adds Managed Identity Support to Data Flows
  • Data Factory は、マネージド ID サポートをデータフローに追加します
    • Azure Data Factory ユーザーは、Azure Data Lake Store Gen 2、Azure SQL Database、Azure Synapse Analytics (以前の SQL DW) の Managed Identity (以前の MSI) を使用して、マッピングデータフローを構築できるようになりました。

Azure App Service on Azure Stack Hub Update 8 Released
  • Azure Stack Hub Update 8 上の Azure App Service がリリースされました
    • Azure Stack Hub の Azure App Service の 8番目の更新プログラムをリリースしました。このリリースはリソースプロバイダーを更新し、主要な機能の追加と修正をもたらします。

Azure Backup now supports selective disk backup and restore using Azure Virtual machine backup solution
  • Azure Backup は、Azure Virtual Machine Backup Solution を使用したディスクの選択的なバックアップと復元をサポートするようになりました
    • Azure Backup では、VM 内の多数のデータ ディスクから 1つまたは少数のデータをバックアップするオプションを取得する、ディスクの除外機能がサポートされるようになりました。各復旧ポイントには、バックアップ操作に含まれるディスクのデータが含まれており、復元操作中に特定の回復ポイントから復元されたディスクのサブセットを作成することもできます。これにより、バックアップと復元のニーズに対して、効率的でコスト効率の高いソリューションが提供されます。

Soft Delete for SQL server in Azure VM and SAP HANA in Azure VM workloads
  • Azure VM の SQL サーバーと Azure VM ワークロードの SAP HANA の論理的削除
    • Azure Backup では、Azure VM の SQL サーバーと Azure VM ワークロードの SAP HANA に対して、既にサポートされている Azure 仮想マシンの論理的な削除シナリオがプレビューで提供されるようになりました。 論理的な削除は、削除後もバックアップ データを保護するセキュリティ機能です。論理的な削除では、悪意のあるアクターがデータベースのバックアップを削除した場合でも (またはバックアップ データが誤って削除された場合)、バックアップ データは 14日間保持されるため、データを失う必要はありません。「ソフト削除」状態のバックアップデータの 14日間の保存期間を追加しても、お客様にコストがかかりません。

Azure Site Recovery now supports customer-managed keys
  • Azure Site Recovery が顧客管理キーをサポートするようになりました
    • Azure Site Recovery は、顧客が管理するキーで暗号化された管理ディスクを持つ Azure 仮想マシンのレプリケーションをサポートするようになりました。また、Azure の顧客管理キーで暗号化された管理ディスクへのオンプレミス仮想マシンのレプリケーションもサポートしています。

Updating hardware generation in managed instance now available in Azure portal
  • マネージド インスタンスでのハードウェア生成の更新を Azure Portal で使用できるようになりました
    • マネージド インスタンスは、Azure Portal の価格レベル画面から Gen4 から Gen5 へのハードウェア生成を更新する機能を提供するようになりました。

Upgrade to new solution for Azure Monitor for virtual machines
  • 仮想マシン用 Azure Monitor の新しいソリューションへのアップグレード
    • 仮想マシン用 Azure Monitor の新しいソリューションは、すべてのリージョンで間もなく利用可能になります。この更新プログラムは、サービス マップの顧客向けの豊富な監視機能とマップ データセットを提供します。お住まいのリージョンで利用できるようになると、仮想マシン用 Azure Monitor を引き続き使用するために、新しいソリューションにアップグレードする必要があります。


Microsoft Azure Blog より

Six things to consider when using Video Indexer at scale
  • Video Indexer を大規模に使用する際に考慮すべき 6つの事項
    • インデックスを作成するビデオの大規模なアーカイブは常に拡大しているため、Microsoft Video Indexer を評価しており、スケールアップすることでその関係を次のレベルに引き上げることを決定しました。 一般に、スケーリングは難しくないはずですが、そのようなプロセスに最初に直面したとき、それを行うための最良の方法が何であるかがわからない場合があります。Video Indexer を大規模に使用する方法のベストプラクティスは 6つあります。

Assess your servers with a CSV import into Azure Migrate
  • Azure Migrate への CSV インポートを使用してサーバーを評価する
    • Microsoft Ignite で、移行計画をさらに簡素化する新しい Azure Migrate 評価機能を発表しました。この投稿では、CSV アップロードを通じてサーバーを Azure Migrate Server Assessment にインポートする方法を示します。

Hyperledger Fabric on Azure Kubernetes Service Marketplace template
  • Azure Kubernetes Service Marketplace テンプレート上の Hyperledger Fabric
    • Azure Kubernetes Service マーケットプレイステンプレートでの新しい Hyperledger Fabric のリリースをプレビューで共有しています。これで、Azure または Hyperledger Fabric について最低限の知識しか持たないユーザーは、いくつかの基本的な入力パラメーターを提供することにより、このソリューションテンプレートを使用して Azure 上にブロックチェーンコンソーシアムをセットアップできます。

Fueling intelligent energy with IoT
  • IoT によるインテリジェントエネルギーの供給
    • Azure IoT チームは、ソリューションビルダーが新しいエネルギーソリューションを提供し、従業員の能力を強化し、デジタル運用を最適化し、スマートで接続された都市、車両、建物を構築できるプラットフォームとツールに引き続き投資します。

Azure Cost Management updates – January 2020
  • Azure Cost Management の更新プログラム – 2020年 1月
    • 私たちは常に、お客様の課題と、Azure Cost Management を使用してクラウドのどこでコストが発生しているかをよりよく理解し、悪い支出パターンを特定して防止し、コストを最適化してより多くのことを実行できるようにする方法を常に探しています。以下は、フィードバックに基づいた最新の改善点と更新点の一部です。

Azure IoT improves pharmaceutical sample management and medication adherence
  • Azure IoT は、医薬品サンプルの管理と服薬遵守を改善します
    • 今日、2つの革新的な企業がこの勢いに基づいてどのように構築し、薬物管理とアドヒアランスをサポートする Azure IoT テクノロジーを備えた IoT 対応ソリューションを構築する独自の研究に光を当てたいと思います。これらのソリューションは、レポートで強調されている安全性、セキュリティ、コンプライアンス、および在庫のユースケースに対応しています。

10 recommendations for cloud privacy and security with Ponemon research
  • Ponemon Research によるクラウドのプライバシーとセキュリティに関する 10の推奨事項
    • 本日、データ保護とプライバシーコンプライアンスをクラウドに公開しました。プライバシーに関する懸念がクラウドサービスの採用を遅らせているわけではありませんが、Microsoft が後援し、Ponemon Institute が独自に実施した元の研究である Challenges Remain が残っています。レポートは、クラウドのプライバシーとセキュリティの問題に対処するために組織が実行できる 10の推奨手順のリストで終わります。このブログでは、10の推奨事項すべてに対処するのに役立つ Azure Active Directory や Azure Key Vault などの Azure サービスに関する情報を提供しました。


Intune Customer Success より

End-User Experience: Deploy Hybrid Azure AD-joined devices by using Intune and Windows Autopilot
  • エンドユーザーエクスペリエンス:Intune および Windows Autopilot を使用してハイブリッド Azure AD Join したデバイスを展開する
    • この投稿では、エンドユーザーの観点から Intune と Windows Autopilot を使用して、ハイブリッド Azure AD Join したデバイスを展開する方法を説明します。この機能の実装を計画している場合、これは必読です。これは 2部構成のシリーズです。

New Reporting Framework Coming to Intune
  • Intune に登場する新しいレポートフレームワーク
    • 2月のリリースでは、新しいレポートフレームワークを使用したデバイスコンプライアンスレポートがすべてのお客様に利用可能になる予定です。プレビューで利用できるようになるため、いくつかの改善を行いました。新しいレポートに関するドキュメントはこちら (https://docs.microsoft.com/en-us/intune/fundamentals/reports) から入手できます。

Admins Experience: Deploy Hybrid Azure AD-joined devices by using Intune and Windows Autopilot
  • 管理者エクスペリエンス:Intune および Windows Autopilot を使用してハイブリッド Azure AD Join したデバイスを展開する
    • この投稿では、管理者の観点から Intune および Windows Autopilot を使用してハイブリッド Azure AD Join したデバイスを展開する方法を紹介します。この機能の実装を計画している場合、これは必読です。これは 2部構成のシリーズです。


Official Microsoft Blog より

From tech adoption to tech creation: Customers across industries are using advanced cloud and AI tools to build their own digital solutions
  • 技術の採用から技術の創造まで:さまざまな業界のお客様が高度なクラウドおよび AI ツールを使用して独自のデジタルソリューションを構築しています
    • 12月に、State of Tech Intensity の調査を共有しました。この調査では、お客様との作業で見られる傾向を強調しました。多くの組織は、単に最新のツールとテクノロジーを採用するだけでなく、独自のデジタル機能を構築しています。この変化は、これらの組織の変化を加速させ、新しい方法でビジネスを前進させるのに役立ちます。人工知能 (AI) 、モノのインターネット (IoT)、マイクロソフトのクラウド上に構築された機械学習などの革新的な技術を活用して、複数の業界の顧客が追求しているこの四半期のビジネス戦略の中心となる取り組みの多くの例がありました。

以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録