クラウドエンジニアブログ

【定期便】1/20週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2020/1/20-2020/1/26)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。

Azure の更新情報より

Azure Red Hat OpenShift virtual network peering and ExpressRoute support
  • Azure Red Hat OpenShift 仮想ネットワークピアリングと ExpressRoute をサポート
    • Azure Red Hat OpenShift の仮想ネットワークピアリングと ExpressRoute サポートがプレビューで利用可能になりました。つまり、米国東部2および米国中部に展開されたクラスターでは、オンプレミス接続用にクラスターの仮想ネットワークと仮想ネットワークをピアリングできるようになりました。このリリースでは、クラスターの仮想ネットワークを ExpressRoute 回線に接続することもできます。その他の地域のサポートはまもなく追加されます。

Azure Functions runtime 3.0 is now generally available
  • Azure Functions ランタイム3.0が一般提供されました
    • Azure Functions 3.0 が一般利用可能になったため、実稼働環境で3.0ランタイムバージョンを使用して機能を構築およびデプロイできるようになりました。Functions ランタイムのこの新しいバージョンは、.NET Core 3.1 および Node 12 をターゲットとする機能を含む新しい機能を提供します。

Azure API Management update—January 2020
  • Azure API Management の更新 - 2020年1月
    • 通常の Azure API Management サービスの更新が2019年1月22日に開始され、新機能、バグ修正、変更、およびその他の改善が含まれました。API Management サービスが更新を受信するまでに 1週間以上かかる場合があります。

New support for Network Security Group flow logs, a feature of Azure Network Watcher
  • Azure Network Watcher の機能である Network Security Group フローログの新しいサポート
    • Azure Network Watcher の機能である Network Security Group(NSG)フローログを使用すると、入力および出力 IP トラフィックに関する情報を表示できます。Azure Networking フォーラムのリクエストに応えて、この機能は2つの新しい Azure ストレージ構成をサポートするようになりました。

Azure Red Hat OpenShift private endpoints now in preview
  • Azure Red Hat OpenShift プライベートエンドポイントがプレビューで提供
    • Azure Red Hat OpenShift のプライベートエンドポイントのサポートがプレビューで利用可能になりました。これにより、米国東部2および米国中部に展開されたクラスター内の API サーバーのプライベートエンドポイントが有効になります。その他の地域のサポートはまもなく追加されます。

Azure Active Directory support in Azure Database for MySQL
  • Azure Database for MySQL で Azure Active Directory のサポート
    • Azure Database for MySQL の Azure Active Directory(Azure AD)統合のサポートは現在プレビューで提供中です。この新しい統合により、Azure Active Directory を使用してデータベースに安全にサインインし、中央の場所で資格情報を管理できます。一貫したロール管理のために、Active Directory グループを使用してデータベースアクセスを管理します。

SAP HANA using Azure Backup now available in several Asia regions
  • Azure Backup を使用した SAP HANA が複数のアジアリージョンで利用可能になりました
    • Azure Virtual Machines で SAP HANA DB をバックアップする Azure Backup ソリューションは、オーストラリア中部、オーストラリア中部2、オーストラリア東部(AE)、オーストラリア南東部(ASE)、東日本(JPE)、西日本(JPW)、韓国中央(KRC)、および韓国南部(KRS)で一般利用可能になりました。バックアップインフラストラクチャを追加せずに、M シリーズ VM で SAP HANA DB をシームレスに、スケールアップモードで、SLES OS Azure 仮想マシンでバックアップします。

Azure Databricks Is now HITRUST certified
  • Azure Databricks が HITRUST 認定を受けました
    • Azure Databricks は、医療業界で最も広く切望されている HITRUST 共通セキュリティ フレームワーク(HITRUST CSF®)の認定を受けています。この認定により、医療のお客様は、セキュリティやリスクを心配することなく、Azure Databricks を使用してイノベーションを推進するために、大量の臨床データを使用できるようになりました。

Autodesk Arnold Service meter ID changes
  • Autodesk Arnold Service メーター ID の変更
    • 2020年3月1日より、Autodesk Arnold Service の価格とメーターIDが変更されます。 Azure Batch で Arnold を実行するには、コアごとの価格設定の代わりに、仮想マシンごとに1時間あたり0.66ドルの定額料金がかかります。価格の変更は自動的に行われます。お客様からのアクションは不要です。

Microsoft Sustainability Calculator provides insights into IT carbon emissions
  • Microsoft Sustainability Calculator は、IT 炭素排出量に関する洞察を提供
    • Microsoft Sustainability Calculator は、Azure エンタープライズのお客様向けの Power BI アプリケーションであり、Azure サービスに関連付けられた二酸化炭素排出量データに関する新しい洞察を提供します。組織内での持続可能性の報告と推進を担当する人々は、一定期間およびデータセンター地域での各 Azure サブスクリプションの炭素への影響を定量化することができます。また、Azure とオンプレミスのデータセンターでこれらのワークロードを実行することで予想される二酸化炭素削減量を確認できます。このデータは、既存の排出量を報告するために重要であり、さらなる脱炭素化の取り組みを促進するのに役立ちます。

SAP HANA using Azure Backup now available in several Europe regions
  • Azure Backup を使用した SAP HANA がヨーロッパの複数のリージョンで利用可能になりました
    • Azure Virtual Machines で SAP HANA DB をバックアップする Azure Backup ソリューションは、西ヨーロッパ(WE)、北ヨーロッパ(NE)、フランス中部、フランス南部、英国西部(UKW)、ドイツ北部、ドイツ中部、ドイツ中部、ドイツ北東部、スイス北部、およびスイス西部​​で利用可能になりました。バックアップインフラストラクチャを追加せずに、M シリーズ VM で SAP HANA DB をシームレスに、スケールアップモードで、SLES OS Azure 仮想マシンでバックアップします。

Azure Logic Apps updates for November and December 2019
  • 2019年11月と12月の Azure Logic Apps の更新
    • 2019年11月と12月にリリースされた Azure Logic Apps の新機能、修正プログラム、およびコネクタをご紹介します。

Azure DevOps—Release and pipelines events now available in the audit logs
  • Azure DevOps - 監査ログでリリースおよびパイプラインイベントが利用可能になりました
    • Azure DevOps の Sprint 163 アップデートでは、リリースイベントとパイプラインイベントが監査ログに追加されました。さらに、サービス接続を使用して、YAML パイプライン内の別の組織のリポジトリを参照できるようになりました。

Red Hat Enterprise Linux gold images now available on Azure
  • Red Hat Enterprise Linux ゴールドイメージが Azure で利用可能になりました
    • RHEL ゴールドイメージとも呼ばれる Red Hat Enterprise Linux(RHEL)のBring-Your-Own-Subscription(BYOS)イメージは、Azure で簡単な自動サインアッププロセスで利用できるようになりました。

Azure Secure Score simplified
  • Azure Secure Score の簡素化
    • Azure Security Center のセキュアスコアコントロール機能がプレビューで利用できるようになりました。特定の攻撃対象領域に焦点を当てた複数の推奨事項をグループ化します(たとえば、管理ポートへのアクセスを制限する)。これにより、スコアを計算するためのより信頼性の高い方法が提供され、スコアの計算方法の可視性が向上します。


Microsoft Azure Blog より

MLOps—the path to building a competitive edge
  • MLOps - 競争力を構築するための道
    • 組織には、成功する機械学習モデルを構築して展開し、アジャイルな方法で運用するために必要なテクノロジーとツールが必要です。MLOps は、機械学習プロジェクトを大規模に成功させるための鍵です。MLOps とは何でしょうか? これは、モデルの開発、展開、監視などにわたってマシンのライフサイクル全体を加速するように設計された、データサイエンスチームと IT チーム間のコラボレーションの実践です。Microsoft Azure Machine Learning を使用すると、企業は MLOps プラクティスを完全に受け入れ、ビジネスで AI の可能性を真に実現できるようになります。


Enterprise Mobility + Security より

Block Access to Unsanctioned Apps with Microsoft Defender ATP & Cloud App Security
  • Microsoft Defender ATP とクラウドアプリセキュリティを使用して、認可されていないアプリへのアクセスをブロックする
    • 過去2年間で、Microsoft Defender Advanced Threat Protection(ATP)とMicrosoft Cloud App Security は、組織のトラフィックデータを Cloud App Security クラウドアプリカタログに対して分析するフルシャドウ IT ディスカバリソリューションの構築に取り組んできました。このカタログに含まれるようにアプリを慎重にキュレーションし、90を超えるリスク要因に基づいてランク付けおよびスコアリングして、組織にクラウドアプリの使用状況、既存のシャドウ IT、および組織に与えるリスクシャドウ IT の継続的な可視性を提供します。


Intune Customer Success より

Support Tip: Configuration Policy Shows as Pending on Windows Devices
  • サポートのヒント : Windows デバイスで構成ポリシーが保留中として表示される
    • 新しいデバイスをエンドユーザーが使用できるようにする準備を進めている際に、コンソールの特定のポリシーでデバイスが保留中として表示されることがわかりました。何が起こったのか、疑問に感じるでしょう。対象は新品のデバイスであり、そのデバイスを使用するユーザーをポリシーの対象にしています。本記事で説明するように、これは予期されたものです。どのように機能するかを理解することには、非常に意味があります。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録