クラウドエンジニアブログ

【定期便】2/3週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2020/2/3-2020/2/9)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Custom Translator—January 2020 improvements and language models update
  • カスタム翻訳ツール - 2020年 1月の改善と言語モデルの更新
    • この記事では、2020年 1月の Microsoft カスタム翻訳ツールのバグ修正、機能強化、新規および更新されたモデルについての更新情報を説明します。

HBv2-Series VMs are now Generally Available
  • HBv2 シリーズの VM が正式リリース
    • HBv2 VM は現在、米国中南部地域で一般利用可能です。HBv2 仮想マシンは、120 個の AMD EPYC™ 7002 シリーズ CPU コア、480GB の RAM、480MB の L3 キャッシュを搭載しており、および同時マルチスレッド (SMT) はありません。HBv2 仮想マシンは、最大 350GB / 秒のメモリ帯域幅を提供します。

The Azure Sphere Preview 20.01 release is now available for retail evaluation
  • Azure Sphere プレビュー 20.01 評価版の提供
    • Azure Sphere プレビュー 20.01 リリースは、Retail Evaluation フィードから入手できるようになりました。この Retail Evaluation は、下位互換性テストをのために 14日間が提供されます。このリリースでは、アプリケーションとデバイスが適切に動作することを確認してから、Retail フィードを介して広く展開されます。

Azure Cloud and Direct Billing Are Now Generally Available in Kaleido's Blockchain Platform
  • Kaleido の Blockchain Platform で Azure クラウドおよびダイレクト課金が一般提供されるようになりました
    • Azure で実行したい Kaleido ユーザーは、ブロックチェーンのクラウドプロバイダーとして Azure を選択できるようになりました。さらに、ネットワークの成長と拡張を検討している既存のコンソーシアムは、Azure でブロックチェーンネットワークを拡張できるようになりました。

Data Factory adds schema import, connection tests, and custom sink ordering to data flows
  • Data Factory は、スキーマインポート、接続テスト、およびカスタムシンクの順序をデータフローに追加します
    • Azure Data Factory では、今週、データ フローのマッピングに追加されたいくつかの新機能として、スキーマのインポートと、デバッグ クラスターからの接続のテスト、カスタム シンクの順序付けが追加されました。

Compatibility level 1.2 for Azure Stream Analytics jobs is now available
  • Azure Stream Analytics ジョブの互換性レベル 1.2 を使用できるようになりました
    • Azure Stream Analytics ジョブの互換性レベル 1.2 を使用できるようになりました。現在のジョブを今すぐアップグレードしましょう。互換性レベルにより、Azure Stream Analytics ジョブの実行時の動作が制御されます。新しいジョブを作成すると、既定では最新の互換性レベルが使用されるようになります。

Azure Service Fabric 7.0 third refresh release
  • Azure Service Fabric 7.0 の 3回目の更新リリース
    • Azure Service Fabric 7.0 の 3回目の更新リリースには、バグ修正やパフォーマンスの強化が含まれており、さまざまな Azure リージョンへのロールアウトが開始されました。Web Platform Installer、NuGet パッケージ、Maven リポジトリを介して .NET SDK、Java SDK、Service Fabric ランタイムの更新プログラムが提供され、7日から 10日ですべてのリージョンで利用可能になります。

Enable managed identities on lab virtual machines in Azure DevTest Labs
  • Azure DevTest Labs のラボ仮想マシンでマネージド ID を有効化
    • ラボ所有者は、Azure DevTest Labs のラボ仮想マシンでユーザーが割り当てたマネージド ID を有効にできるようになりました。マネージ ID は、コード内の資格情報なしで、Azure Key Vault を含む任意の Azure サービスを認証できる Azure Active Directory の機能です。この機能により、ラボユーザーはラボのコンテキストで Azure SQL Database などの Azure リソースを共有できるようになりました。構成が完了すると、既存または新規に作成されたすべてのラボ仮想マシンがこのマネージド ID で有効になり、ラボユーザーはマシンにログインするとリソースにアクセスできるようになります。

Azure Blockchain development kit for Ethereum is now generally available
  • Ethereum 用の Azure Blockchain 開発キットが一般提供されました
    • Ethereum 用の Azure Blockchain 開発キットが一般にダウンロード可能になりました。この Visual Studio Code の拡張機能により、開発者は、スマートコントラクトコードを作成、コンパイル、テスト、および管理してから、Azure またはパブリック Ethereum ネットワークの管理対象ネットワークに展開できます。すべての主要な OS バージョンで実行され、Truffle の主要な OSS ツールとの緊密な統合など、Microsoft とオープンソースのブロックチェーンツールの最高の機能を統合します。

OpenAPI v3 support in Azure API Management is now generally available
  • Azure API Management で OpenAPI v3 サポートが一般提供されました
    • Azure API Management での OpenAPI 仕様 v3 のサポートが一般利用可能になりました。OpenAPI Specification v3 は、広く使用されているオープンソースのプログラミング言語に依存しない REST API のインターフェイス記述の最新のメジャーバージョンです。Microsoft の仕事は OpenAPI.NET SDK プロジェクトに基づいています。

New Azure DevOps features include improved Azure Pipelines security with read-only variables
  • 新しい Azure DevOps 機能に、読み取り専用変数を使用した Azure Pipelines セキュリティの強化が含まれるようになりました
    • Azure DevOps の更新プログラムには、読み取り専用変数を使用した Azure Pipelines セキュリティの強化と、デプロイ ジョブで出力変数を定義する機能が含まれています。

Spring Data Azure Cosmos DB SDK 2.2.2 release is now generally available
  • Spring Data Azure Cosmos DB SDK 2.2.2 リリースが一般提供されました
    • Azure Cosmos DBの Spring Data は、SQL API を使用して Azure Cosmos DB の Spring Data サポートを提供します。最新の SDK 2.2.2 リリースには、 requestCharge() API およびユーザーリクエストを見越した優れた例外処理など、更新された診断情報が組み込まれています。

Azure Event Grid on Azure IoT Edge preview 2 is now available
  • Azure IoT Edge Preview 2 の Azure Event Grid が利用可能になりました
    • Azure IoT Edge Preview 2 の Azure Event Grid が利用可能になりました。更新には、追加の宛先タイプ、監視機能、およびディスクへのデータプレーンの永続性が含まれます。

FastTrack for Azure is now generally available in Japan
  • FastTrack for Azure が日本で一般提供されました
    • FastTrack for Azure は、クラウドソリューションの迅速かつ効果的な設計と展開を支援する顧客成功プログラムです。実績のあるプラクティスとアーキテクチャガイドを活用した、Azure エンジニアによるカスタマイズされたガイダンスが含まれています。2020年 2月 1日の時点で、Azure の FastTrack は日本で一般利用可能です。

Azure Stream Analytics—Machine learning–based anomaly detection functions
  • Azure Stream Analytics — 機械学習ベースの異常検出機能
    • 独自の機械学習モデルを開発およびトレーニングする必要なしに、異常検出機能を Stream Analytics ジョブに簡単に追加できます。すぐに使用できる教師なし学習 ML モデルは、SQL 言語内で提供されます。これにより、ML モデルの構築とトレーニングに関連するコストと複雑さが単純な単一の関数呼び出しに削減されます。

Azure DNS private zones is now available in Azure Government and Azure China
  • Azure DNS プライベートゾーンが Azure Government および Azure China で利用可能になりました
    • Azure DNS プライベートゾーンは、Azure Government および Azure China リージョンで一般利用可能になりました。Azure Government および Azure China クラウドの 1つ以上の仮想ネットワークで DNS の名前解決に Azure DNS プライベートゾーンを使用することができます。

Azure Key Vault—Private endpoints now available in preview
  • Azure Key Vault - プライベートエンドポイントがプレビューで利用可能になりました
    • Azure Private Link を使用して、Azure Key Vault と他の Azure サービスとの間にプライベート接続を確立します。すべてのパブリックリージョンでプレビューで利用できるようになりました。

Azure Blueprint for FedRAMP High now available in new regions
  • 新しいリージョンで Azure Blueprint for FedRAMP High を使用できるようになりました
    • Azure Blueprint for FedRAMP High が Azure Government と Azure パブリック リージョンの両方で使用できるようになりました。これは、2019年 11月にリリースされた Azure Blueprint for FedRAMP Moderate に追加されたものです。

Hyperledger Fabric on Azure Kubernetes Service is now in preview
  • Azure Kubernetes Service の Hyperledger Fabric をプレビューで提供
    • 新しい Azure Marketplace テンプレート (現在プレビュー中) を使用して、Azure Kubernetes Service (AKS) に Hyperledger Fabric (HLF) ブロックチェーンネットワークをデプロイおよび構成します。モジュラーテンプレートを使用すると、インフラストラクチャの構築に時間を費やすことなく、シナリオとアプリケーションをすばやくカスタマイズできます。テンプレートの入力パラメーターを使用して、VM シリーズ、ノード数、フォールトトレランスなどを構成します。

Backup Explorer is now in preview
  • Backup Explorer のプレビューが開始されました
    • Azure Backup では、Backup Explorer (プレビュー中) と呼ばれる新しいソリューションが提供されるようになりました。Backup Explorer は組み込みの Azure Monitor ブックで、Azure 上のバックアップ資産全体を 1つのウィンドウでリアルタイムに監視することができます。

Azure Service Fabric 7.0 Second Refresh Release
  • Azure Service Fabric 7.0 Second Refresh リリース
    • バグ修正、プレビュー機能、パフォーマンス強化を含む Azure Service Fabric 7.0 の 2 回目の更新リリースが、さまざまな Azure リージョンへの展開を開始しました。.NET SDK、Java SDK、および Service Fabric Runtime の更新は、すべての地域で 7 〜 10日以内に Web Platform Installer、NuGet パッケージ、および Maven リポジトリから入手できます。

New IoT Central Pricing Plans
  • IoT Central の新しい料金プラン
    • IoT Central には、IoT アプリケーションを構築するための優れた管理、柔軟性、およびシンプルさを提供するために設計された 2つの新しい価格プランがあります。この変更により、次のことが可能になります。
      • アプリケーションとメッセージ量のニーズに基づいて価格プランを選択します。
      • 必要に応じて価格帯を変更します。
      • アプリケーションごとに 2つの無料デバイスを含めます。

Azure Cognitive Services Text Analytics sentiment analysis v3 now supports Korean
  • Azure Cognitive Services テキスト分析センチメント分析 v3 で韓国語がサポートされるようになりました
    • Cognitive Services Text Analytics のセンチメント分析 v3 は、英語、日本語、簡体字および繁体字中国語、スペイン語、イタリア語、フランス語、ポルトガル語、ドイツ語、およびオランダ語に加えて、韓国語をサポートするようになりました。

Azure API Management now supports integration with Azure App Service
  • Azure API Management が Azure App Service との統合をサポートするようになりました
    • 新しい Azure API Management 機能を使用すると、Azure App Service にデプロイされたアプリを公開して、API を管理、保護、および保護できます。Azure ポータルの App Service 拡張機能から API Management にアプリを公開するのが簡単になりました。

New AMD-based Dav4 and Eav4 Azure VMs are available in additional regions
  • 新しい AMD ベースの Dav4 および Eav4 Azure VM は追加の地域で利用可能です
    • 最新の AMD EPYC™ プロセッサに基づく新しい Azure Dav4 シリーズおよび Eav4 シリーズの仮想マシンは、米国東部、米国東部 2、米国西部 2、東南アジア、北ヨーロッパ、および西ヨーロッパ地域で利用可能になりました。

Azure Stream Analytics—MATCH_RECOGNIZE function is now available
  • Azure Stream Analytics - MATCH_RECOGNIZE 関数を使用できるようになりました
    • Stream Analytics で MATCH_RECOGNIZE 関数が利用可能になりました。この句は、データ ストリームに対して一連のイベントを検索するために使用されます。これにより、正規表現と集計メソッドを使用してイベント パターンを定義し、一致する内容から値を検証して抽出することができます。

FastTrack for Azure is now generally available in Asia Pacific regions
  • FastTrack for Azure がアジア太平洋リージョンで一般利用可能になりました
    • FastTrack for Azure は、クラウドソリューションの迅速かつ効果的な設計と展開を支援する顧客成功プログラムです。実績のあるプラクティスとアーキテクチャガイドを活用した、Azure エンジニアによるカスタマイズされたガイダンスが含まれています。2020年 2月 1日の時点で、FastTrack for Azure はバングラデシュ、ブルネイ、インドネシア、韓国、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、スリランカ、タイ、ベトナムで一般利用可能です。(英語のみ)


Microsoft Azure Blog より

Backup Explorer now available in preview
  • Backup Explorer がプレビューで利用可能になりました
    • 本日、 Backup Explorer のプレビューをご紹介します。Backup Explorer は組み込みの Azure Monitor ワークブックであり、Azure の バックアップ資産全体でリアルタイムの監視を実行するための単一のペインを用意できます。Azure Resource Graph および Azure Workbooks とのネイティブ統合により、追加費用なしで完全にすぐに使用できます。

Advancing safe deployment practices
  • 安全なデプロイメントプラクティスの推進
    • この投稿は、 Azure の信頼性が最もミッションクリティカルなワークロードをサポートするようにするために行っていることについての洞察を共有する、7月のブログ投稿でキックオフしたシリーズの 5番目の投稿です。


Official Microsoft Blog より

We are the dream of our ancestors
  • 祖先の夢
    • ブラックヒストリーマンスの重要性を振り返ると、マヤ・アンジェロウの詩「Still I Rise」の言葉が思い浮かびます。“Bringing the gifts my ancestors gave, I am the dream and the hope of the slave. I rise I rise I rise.” 昨日、私の友人と同僚は、世界最大の証券取引所のフロアに誇らしげに立ち、市場の終値を鳴らし、その日の取引の終了を知らせ、マイクロソフトにおけるブラックヒストリーマンスフェスティバルのキックオフとして機能しました。


Windows Server Blog より

First update rollup for System Center 2019 released
  • System Center 2019 の最初の更新プログラムのロールアップがリリースされました
    • System Center 2019 スイートの最初の更新プログラムのロールアップリリース (UR1) が利用可能になったことをお知らせします!お客様は、Microsoft Update および他のチャネルから System Center 2019 の UR1 をダウンロードできます。この更新は、System Center Operations Manager、Virtual Machine Manager、Data Protection Manager、Orchestrator、および Service Manager を対象としています。このアップデートでは、System Center スイート内のいくつかの製品の新機能をリリースしています。

以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録