クラウドエンジニアブログ

【定期便】12/9週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/12/9-2019/12/15)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。

Azure の更新情報より

Microsoft plans to establish new cloud datacenter region in Qatar
  • マイクロソフトは、カタールに新しいクラウドデータセンター地域を設立する予定です
    • マイクロソフトは最近、カタールに新しいクラウドデータセンターリージョンを設立し、インテリジェントで信頼できるクラウドサービスを提供し、マイクロソフトのグローバルクラウドインフラストラクチャを20か国の55のクラウドリージョンに拡大する計画を発表しました。

Web Application Firewall—New bot protection rule now in preview
  • Web Application Firewall - 新しいボット保護ルールがプレビュー段階になりました
    • Azure フロントドアサービスを使用した Azure Web Application Firewall の新しいボット保護ルールセット(Microsoft_BotManagerRuleSet_1.0)がプレビュー段階になりました。

Azure Service Fabric 7.0 is now available
  • Azure Service Fabric 7.0 が利用可能になりました
    • 新しい Azure Service Fabric リリースが利用可能になりました。このリリースでは、いくつかの新機能と安定性とパフォーマンスの改善が導入されています。

Azure Database for MySQL support for MySQL 8.0 is now available
  • MySQL 8.0 の Azure Database for MySQL サポートが利用可能になりました
    • Azure Database for MySQL は、MySQL の最新のメジャーバージョンである8.0のサポートを一般提供するようになりました。

Azure Migrate—Agentless dependency analysis is now available in preview
  • Azure Migrate — エージェントレス依存関係分析がプレビューで利用可能になりました
    • Azure Migrate は、限定プレビューでエージェントレスの依存関係分析をサポートするようになりました。依存関係データは、仮想マシンにエージェントまたはスクリプトをインストールせずに、Azure Migrate アプライアンスによってリモートで検出されます。この機能は現在、VMware サーバーでのみ使用可能です。

Azure Private Link support in AKS now in preview
  • AKS での Azure プライベートリンクのサポートがプレビューになりました
    • AKS の Azure プライベートリンクサポートを使用して、仮想ネットワークのプライベートエンドポイントとして Kubernetes API サーバーと対話し、すべての Kubernetes 管理操作をインターネットから完全に分離します。

Proximity placement groups are now available
  • 近接通信配置グループが使用可能になりました
    • 近接通信配置グループ(VM 間ネットワーク待機時間を短縮する Azure 仮想マシンの論理グループ化機能)が使用できるようになりました。 VM が同じ近接通信配置グループ内に展開される場合、それらは互いに物理的にできるだけ近くに配置され、ネットワーク遅延を減らすことができます。

Azure Data Factory supports preserving metadata during file copy
  • Azure Data Factory は、ファイルのコピー中にメタデータを保持する機能をサポートしています。
    • Azure Data Factory のコピーアクティビティは、Amazon S3、Azure Blob、Azure Data Lake Storage Gen2 間でのファイルコピー中のメタデータの保持をサポートするようになりました。

New Azure PowerShell module is available in preview
  • 新しい Azure PowerShell モジュールがプレビューで利用可能に
    • サポートされているサービスからの主要な変更をサポートする PowerShell 用 Azure モジュールの更新がプレビューで利用可能になりました。この更新されたモジュールは、Azure CloudShell と PowerShell ギャラリーで同時に利用でき、ダウンロードして使用できます。

Azure Functions 3.0 go-live release is now available
  • Azure Function 3.0 のライブリリースが利用可能になりました
    • Azure Functions 3.0 のライブリリースが利用可能になったので、運用環境で 3.0 Function をビルドしてデプロイできるようになりました。3.0には、.NET Core 3.1 およびノード12を対象とする機能を含む新しい機能が用意されています。


Microsoft Azure Blog より

Networking enables the new world of Edge and 5G Computing
  • ネットワーキングは、エッジと 5G コンピューティングの新しい世界を可能にします
    • 最近の Microsoft Ignite 2019カンファレンスでは、エッジコンピューティングの将来とロードマップに関する2つの新しい視点と関連する視点を紹介しました。

Azure Sphere guardian module simplifies & secures brownfield IoT
  • Azure Sphere Guardian モジュールは、ブラウンフィールド IoT を簡素化および保護します
    • Azure Sphere のガーディアンモジュールは、ブラウンフィールドデバイスから、ビジネスを変革できるロックダウンされたインターネット接続のデータ処理型インテリジェントデバイスへの変換を簡素化します。

Building Xbox game streaming with Site Reliability best practices
  • サイトリライアビリティのベストプラクティスを使用して Xbox ゲームストリーミングを構築する
    • 先月、Microsoft の複数のチームのストーリーと、DevOps の採用へのアプローチについて、Microsoft での DevOps ジャーニーの共有を開始しました。このシリーズの次のストーリーとして、あるチームが従来の運用の役割からサイトリライアビリティエンジニアリング(SRE)の役割にした移行、Xbox リライアビリティエンジニアリングと運用(xREO)チームの物語を共有したいと思います。

Microsoft partner ANSYS extends ability of Azure Digital Twins platform
  • Microsoft パートナーの ANSYS が Azure Digital Twins プラットフォームの機能を拡張
    • デジタルツインは、エキサイティングな概念から現実に移行しました。資産と生産ネットワークをセンサーで接続し、分析を使用して機械、プラント、産業ネットワーク全体の運用を最適化する企業がこれまでになく増えています。物理環境の正確な仮想表現として、デジタルツインは履歴データとリアルタイムデータを組み込んで、重要な関係の高度な空間分析を可能にします。チームは、デジタルツインを使用してプロセス変更の影響をモデル化してから本番環境に投入し、時間、コスト、およびリスクを削減できます。

Announcing the preview of Azure Spot Virtual Machines
  • Azure Spot Virtual Machines のプレビューを発表
    • Azure Spot Virtual Machines のプレビューを発表しています。Azure Spot Virtual Machines は、未使用の Azure コンピューティング容量へのアクセスを大幅な割引で提供します。スポット価格は、仮想マシンスケールセット (VMSS) に加えて、単一の仮想マシンで利用できます。これにより、Azure にさまざまなワークロードをデプロイしながら、割引価格を利用できます。

Introducing maintenance control for platform updates
  • プラットフォーム更新プログラムのメンテナンス制御の概要
    • 本日、Azure Virtual Machines のメンテナンスコントロール機能のプレビューを発表します。これにより、プラットフォームメンテナンス用の非常にデリケートなワークロードを持つお客様により多くのコントロールが提供されます。この機能を使用すると、お客様は最大35日間、再起動不要の更新を含むすべての影響のあるホスト更新を制御できます。

Announcing the General Availability of Proximity Placement Groups
  • 近接通信配置グループの一般提供の発表
    • 今年の初めに、Azure の近接通信配置グループのプレビューを発表し、お客様がネットワーク待機時間の短いサービスとしての Azure インフラストラクチャ(IaaS)リソースの共存を実現できるようにしました。

Combine the Power of Video Indexer and Computer Vision
  • Video Indexer と Computer Vision のパワーを組み合わせる
    • Azure Media Service の Video Indexer から高解像度キーフレームをエクスポートする機能を導入しました。

Azure Stack HCI now running on HPE Edgeline EL8000
  • HPE Edgeline EL8000 で実行されている Azure Stack HCI
    • Microsoft と HPE は、Microsoft の Azure Stack HCI プログラム向けに HPE Edgeline EL8000 Converged Edge システムを検証するために協力しました。HPE Edgeline EL8000 Converged Edge システムは、スペースに制約のある環境向けに特別に設計されており、他の x86 システムには小さすぎる限られたインフラストラクチャに適合する独自の17インチの奥行きのフォームファクターを備えています。


Enterprise Mobility + Security より

Now Available: Microsoft Endpoint Manager Proof of Concept(PoC)Guidance
  • 現在利用可能:Microsoft Endpoint Manager の概念実証(PoC)ガイダンス
    • Microsoft パートナーおよび販売者向けの新しい Microsoft Endpoint Manager 概念実証(PoC)ガイダンスを発表できることを嬉しく思います。これは、Microsoft Ignite 2019で発表された Microsoft Endpoint Manager の使用を開始したいと考えている IT コミュニティの多くの組織やその他の人々にとって素晴らしいニュースです。


Intune Customer Success より

New contact sync scenario available with Outlook for iOS on enrolled devices
  • 登録済みデバイス上の Outlook for iOS で利用可能な新しい連絡先同期シナリオ
    • Outlook for iOS では一方向の連絡先エクスポートプロセスをサポートしており、Outlook 内の連絡先をネイティブ iOS 連絡先アプリにエクスポートできます。この機能により、ユーザーの Outlook 連絡先の発信者 ID、iMessage、および FaceTime の統合が可能になります。

Microsoft Intune Support for iOS 13.1, iPadOS, and macOS Catalina10.15
  • iOS 13.1、iPadOS、および macOS Catalina 10.15 の Microsoft Intune サポート
    • エンジニアリングチームは、iOS および macOS の自動デバイス登録のセットアップアシスタント内でモダン認証のサポートを追加することに取り組んでおり、2020年第1四半期にリリース予定としてタイムラインを更新しました。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。
>

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録