クラウドエンジニアブログ

【定期便】12/2週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/12/2-2019/12/8)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。

Azure の更新情報より

Application discovery with Server Assessment in Azure Migrate is now in preview
  • Azure Migrate でのサーバー評価によるアプリケーションの検出がプレビュー段階になりました
    • Azure Migrate でサーバー評価ツールを使用して、インストールされているアプリケーション、役割、および機能を見つけ出します。

Azure Cost Management updates—November 2019
  • Azure Cost Management の更新プログラム - 2019年11月
    • Azure Cost Management の新しい更新により、クラウドソリューションプロバイダー(CSP) サブスクリプションのコスト管理、タイル名のカスタマイズによるより良いダッシュボードの構築、16種類のサービスの Azure 予約のコストの節約、その他の機能強化が実装されます。

Azure Active Directory B2C is deprecating login.microsoftonline.com
  • Azure Active Directory B2C は、login.microsoftonline.com を廃止します
    • 2020年12月4日、login.microsoftonline.com エンドポイントは、B2C テナントへのアクセスが非推奨になります。既存のテナントは、その日までに B2Clogin.com に移行する必要があり、すべての機能は B2Clogin.com エンドポイントで同じままです。

Azure Monitor Application Insights now available in Switzerland North and Australia Southeast
  • スイス北部とオーストラリア南東部で Azure Monitor Application Insights が利用可能になりました
    • Azure Application Insights は、スイス北部リージョンとオーストラリア南東部リージョンで正式リリースされました。

Custom Translator—November 2019 improvements and language models update
  • カスタムトランスレータ - 2019年11月の機能強化と言語モデルのアップデート
    • 2019年11月の Microsoft Custom Translator のバグ修正、改善、および新しい/更新されたモデルの更新は次のとおりです。
      • 改善と変更
        • 英語とオランダ語の翻訳の混合を改善しました。
        • トレーニングドキュメントを選択すると、トレーニング価格が表示されるようになったため、各トレーニングにかかる​​費用を事前に知ることができます。
        • プロジェクトラベルにアンダースコアを使用できるようになりました。
        • プロジェクト、ドキュメント、その他のファイルを右クリックして新しいタブで開くことができるようになりました。
      • バグの修正
        • 名前のポルトガル語への誤った翻訳のインスタンスを修正しました。
        • トレーニング、チューニング、およびテストドキュメントタイプの最小文ペア要件に関するドキュメントを更新しました。
        • 名前にバックスラッシュが含まれる場合にファイルのダウンロードを許可するように修正されました。
        • 認証が継続されるようになったため、ユーザーはポータルからログアウトしなくなりました。

Easily monitor backup storage costs for Azure SQL databases and elastic pools
  • Azure SQL Database とエラスティックプールのバックアップストレージコストを簡単に監視
    • Azure SQL Database では、Azure Cost Management のサポートにより、ストレージコストを簡単に監視できるようになりました。Azure ポータルからポイントインタイムリストアのバックアップコストを管理し、要件に最適な保持期間を調整します。

Azure Spot VMs now in Preview
  • Azure Spot VM がプレビューで利用可能になりました
    • Azure Spot VM は、中断できるワークロードに最適であり、コストを削減しながらスケーラビリティを提供します。

HC-Series Hi Performance Computing VMs now available in South Central US
  • HC シリーズ Hi Performance Computing VM が米国中南部で利用可能になりました
    • HC シリーズ VM が米国中南部で利用可能になりました。 HC シリーズの VM は、44個の Intel Xeon Platinum 8168 CPU コア、352GB の RAM を備え、ハイパースレッディングはありません。

Azure Dedicated Hosts now generally available
  • Azure Dedicated Host が正式リリースされました
    • Azure Dedicated Host は、Windows および Linux 用の Azure 仮想マシンをホストするシングルテナントの物理サーバーを提供します。サーバーの容量は他の顧客と共有されません。

Azure Sphere update is now available via retail feed
  • Azure Sphere の更新プログラムがリテールフィードから利用可能になりました
    • Azure Sphere プレビュー OS バージョン19.11がリテールフィードから利用できるようになりました。このリリースには、OS の品質リリースと、アプリケーション開発用の2つの新機能(SDK for Linux と Visual Studio コード拡張機能)が含まれています。

Update 19.11 for Azure Sphere public preview now available for evaluation
  • Azure Sphere の更新プログラム19.11が評価目的でパブリック プレビューにて使用可能になりました
    • Azure Sphere の更新プログラム19.11 のリリースは、製品評価フィードから利用できるようになりました。製品版の評価は、下位互換性テストを目的としています。小売評価フィードを使用して、製品フィードに広範に展開する前に、新しいリリースに対して運用署名済みアプリケーションを検証します。

Azure API Management Consumption tier is now available in 13 new regions
  • Azure API Management のコンサンプションが13の新しいリージョンで利用可能になりました
    • Azure API Management のコンサンプションは、さらに13の地域(合計19)で利用可能になりました。サポートされている地域の完全なリストは次のとおりです。

Use GitHub Actions to trigger a run in Azure Pipelines
  • GitHub アクションを使用して Azure Pipelines で実行をトリガーする
    • Azure Pipelines の GitHub アクションは、Azure DevOps のスプリント161アップデートで利用できるようになりました。GitHub アクションを使用して、GitHub アクションワークフローから直接実行される Azure Pipelines をトリガーします。Azure Pipelines での複数のリポジトリのサポートも利用できるようになったため、YAML パイプラインの格納に使用するリポジトリに加えて、他のリポジトリを取得およびチェックアウトできます。


Microsoft Azure Blog より

Azure Cost Management updates – November 2019
  • Azure コスト管理の更新 – 2019年11月
    • 私たちは、お客様の課題と、コスト管理がクラウドのどこでコストを発生させているかをよりよく理解し、悪い支出パターンを特定して防止し、コストを最適化してより少ないリソースでより多くのことを行えるようにする方法を常に探しています。以下は、フィードバックに基づいた最新の改善点と更新点の一部です。

Achieve operational excellence in the cloud with Azure Advisor
  • Azure Advisor を使用してクラウドで優れた運用を実現
    • Azure Advisor では最近、プロセスとワークフローの効率性、リソースの管理性、および展開のベストプラクティスに従うのに役立つ新しい推奨カテゴリ(operational excellence) を導入しました。本記事では以下について触れています。
      • 新しいAzure Advisor推奨カテゴリの紹介:operational excellence
      • 運用上の新しい推奨事項

Microsoft has validated the Lenovo ThinkSystem SE350 edge server for Azure Stack HCI
  • Microsoft は Azure Stack HCI 用の Lenovo ThinkSystem SE350 エッジサーバーを検証しました
    • Microsoft と Lenovo は、Microsoft の Azure Stack HCI プログラムに対し、Lenovo ThinkSystem SE350 を検証するチームを結成しました。ThinkSystem SE350 は、特有の要件があるエッジサーバーを念頭に置いて設計、作成されました。

Extended filesystem programming capabilities in Azure Data Lake Storage
  • Azure Data Lake Storage の拡張ファイルシステムプログラミング機能
    • Azure Data Lake Storage Gen2 のファイルシステム操作用の .NET SDK、Python SDK、Java SDK、PowerShell、および CLI のパブリックプレビューを発表しました。

SAP HANA backup using Azure Backup is now generally available
  • Azure Backup を使用した SAP HANA バックアップが一般利用可能になりました
    • 今日、英国南部リージョンの SAP HANA データベース向けに Azure Backup のソリューションの一般提供を共有しています。Azure Backup は Azure のネイティブバックアップソリューションで、SAP によって BackInt 認定を受けています。この製品は、Azure Backup のゼロインフラストラクチャバックアップの理念に沿っており、バックアップインフラストラクチャを展開および管理する必要がありません。Microsoft Azure Virtual Machines(VM)で実行されている SAP HANA データベースをシームレスにバックアップおよび復元できるようになりました

Enabling collaborative bot development across your organization for any user
  • すべてのユーザーが組織全体でボットを共同開発できるようにする
    • マイクロソフトは、Power Virtual Agents と Bot Framework を使用して、エンドツーエンドで崖のないボット構築体験を提供します。

Application Gateway Ingress Controller for Azure Kubernetes Service
  • Azure Kubernetes Service の Application Gateway Ingress Controller
    • 今日、Azure Kubernetes Service(AKS)と Application Gatewayをバインドする新しいソリューションを提供できることを嬉しく思います。この新しいソリューションは、Kubernetes 用のオープンソース Application Gateway Ingress Controller(AGIC)を提供します。これにより、AKS のお客様は Application Gateway を活用して、クラウドソフトウェアをインターネットに公開できます。

Faster and cheaper: SQL on Azure continues to outshine AWS
  • より速く、より安価 : Azure 上の SQL は AWS を上回り続ける
    • データベースを最新化すると、データアーキテクチャを変換する機会が得られます。Azure Virtual Machines 上の SQL Server を使用すると、クラウドの柔軟性と拡張性を活用しながら、データベースとオペレーティングシステムの制御を維持できます。


Intune Customer Success より

Support Tip: Accept Apple’s new T&C to ensure Intune can communicate with Apple as expected
  • サポートのヒント:Intune が期待どおりに Apple と通信できるように、Apple の新しい T&C を受け入れる
    • 最近、メッセージセンターに次のメッセージを投稿しました(Intune の[サービスの状態]タブの[テナントの状態]ブレードでも確認できます)。Apple School Manager、Apple Business Manager、Apple Volume Purchase Program、または Device Enrollment Program を使用している場合、Apple の新しい利用規約に同意することをお勧めします。この変更について質問がある場合は、サポートを試みるか、Apple に連絡してサポートを依頼できます。

Support Tip: How to enable Intune app protection policies with the Office mobile preview app
  • サポートのヒント:Office モバイルプレビューアプリで Intune アプリ保護ポリシーを有効にする方法
    • 一部のお客様は、新しい Office モバイルアプリの Google Play ベータ版および TestFlight プログラムに参加しています。このモバイルアプリは、Microsoft Word、Excel、および PowerPoint を単一のアプリに結合します。詳細については、TechCommunity の発表「Introducing Office –仕事を終わらせるための新しいモバイルアプリ」 を参照してください。Office アプリが、今日の管理コンソールで iOS アプリ保護ポリシーのターゲット設定可能なアプリとしてリストされていないことに気づいたかもしれません。Office アプリが一般公開されたら、すべてのテナントがターゲットにできるようにすることを目指しています。


Official Microsoft Blog より

Imagining the future from an alternative perspective
  • 別の視点から未来を想像する
    • イノベーションと想像力は、物事を異なる方法で見る能力に依存しています。マイクロソフトはまさにそれを行う人々でいっぱいであり、彼らの代替的な視点の結果は、未来を形作るのに役立つ画期的なアイデアになります。私たちは彼らの最もエキサイティングなプロジェクトとビジョンのいくつかを共有できることを誇りに思っています。これが ALT の背後にある考え方です。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。
>

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録