クラウドエンジニアブログ

【定期便】12/16週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/12/16-2019/12/22)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。

Azure の更新情報より

IoT devices and applications to only use TLS 1.2 for communication with IoT Hub and DSP
  • IoT Hub と DPS との通信に TLS 1.2 のみを使用する IoT デバイスとアプリケーション
    • クラス最高の暗号化を提供するために、IoT Hub およびデバイス プロビジョニング サービスは、IoT デバイスの暗号化メカニズムとしてトランスポート層セキュリティ(TLS)1.2 に移行します。そのため、TLS 1.0 および TLS 1.1 のレガシーサポートといくつかのレガシー暗号は、2020年7月1日に廃止される予定です。

Azure Australia Central Region Changes
  • Azure オーストラリア中部リージョンの変更
    • 2020年2月1日より、Azure オーストラリア中部リージョンの価格プロモーションが終了し、オーストラリア中部およびオーストラリア中部2のすべてのサービスがオーストラリア東部に価格照合されます。

Azure Active Directory Domain Services meter name changes
  • Azure Active Directory Domain Services のメーター名の変更
    • Azure Active Directory Domain Services オブジェクトのメーター名は、2019年12月10日から 2020年2月1日の間に変更されます。名前の変更は、今後の機能強化に対応するために有効になります。これは既存のサービスの動作には影響を与えませんが、請求書に表示される名前が変更となります。

Azure Data Box Disk is now available in East Asia
  • Azure Data Box Disk が東アジアで利用可能になりました
    • Azure Data Box Disk が東アジア(香港)リージョンで使用できるようになりました。 Data Box Disk は、Azure へのオフラインデータ転送用の SSD ディスクベースのオプションです。Azure への最大 40TB の定期的または1回限りのデータ移行に理想的であり、複数のリモートオフィスまたはブランチオフィスからのデータ移行に特に適しています。

Azure SQL Database Gen 4 hardware approaching end of life in 2020
  • 2020年にサポートが終了する Azure SQL Database Gen 4 ハードウェア
    • Azure SQL Database は、Gen 4 Intel E5-2673 v3(Haswell)ベースの CPU の廃止プロセスを開始し、すべての新しい展開で Intel E5-2673 v4(Broadwell)2.3GHz および Intel SP8160(Skylake)プロセッサーに移行しています。

Azure Cognitive Speech Services meter ID changes
  • Azure Cognitive Speech Services のメーター ID の変更
    • 2020年2月1日より、Speech Services でホストされているカスタム音声エンドポイントのリソース GUID(メーター ID) が変更されます。請求は毎日から1時間ごとに変更されます。

Azure IOT Central meter IDs will change on February 3, 2020
  • Azure IOT Central メーター ID は 2020年 2月 3日に変更されます。
    • 2020年2月3日より、Azure IoT Central のメーター ID は、メッセージ割り当ての数に基づいて変更されます。超過メッセージメーター ID も変更されます。メーター ID に依存する課金ルーチンを変更します。価格にも影響を与える可能性があります。詳細については、価格ページを参照してください。

Azure Backup resource group for virtual machines
  • 仮想マシンの Azure Backup リソース グループ
    • 仮想マシン(VM)の Azure Backup ポリシーで、バックアップによって作成されたリソース グループ名をカスタマイズして、会社の必要に応じて更新できるようになりました。

Azure Search meter names will change on February 1, 2020
  • Azure Search メーターの名前は2020年2月1日に変更されます。
    • 2020年2月1日より、Azure Search のメーター名が変更されます。 変更の詳細については記事内の表を参照してください。

Csharp and Java SDKs for IoT Plug and Play are now in Preview
  • IoT プラグ アンド プレイ用の C# および Java SDK をプレビューで提供
    • IoT プラグ アンド プレイ パブリック プレビューに SDK 言語がさらに2つ追加されました。 これで、Azure IoT SDK for Node.js および Azure IoT SDK for C に加えて、Azure IoT C# SDK と Azure IoT Java SDK を使用して開発できるようになりました。

Azure SQL Database managed instance meter PITRs name changes
  • Azure SQL Database マネージド インスタンス の PITR のメーター名の変更
    • 2020年2月1日より、Azure SQL Database マネージド インスタンスのポイント イン タイム リストア(PITR)バックアップのメーター名が変更されます。 変更の詳細については、記事内の表を参照してください。

Azure DevOps—Create a dashboard without a team
  • Azure DevOps - チームなしでダッシュボードを作成する
    • Azure DevOps の最新の更新スプリントにより、チームに関連付けずにダッシュボードを作成できるようになりました。ダッシュボードはプロジェクトの全員に表示され、誰が編集または管理できるかを決定します。さらに、スプリントバーンダウンサムネイルが追加されました。ストーリー、ストーリーポイント、またはタスクのカウントに基づいてバーンダウンするように構成します。


Microsoft Azure Blog より

New enhancements for Azure IoT Edge automatic deployments
  • Azure IoT Edge 自動デプロイの新しい機能強化
    • IoT Edge の自動デプロイは、関連する Azure IoT Edge デバイスへの展開モジュールの大掛かりな処理を処理し、オペレーターがステータスを常に監視して問題を迅速に解決できるようにします。今日、私たちはこのフィードバックの直接的な結果である IoT Edge 自動デプロイに対する一連の拡張機能を共有しています。これらの機能強化には、階層化された展開、Azure ポータルおよびその他の UI 更新からのマーケットプレイスモジュールの展開、自動デバイス構成のモジュールサポートが含まれます。

New features in Azure Monitor Metrics Explorer based on your feedback
  • フィードバックに基づく Azure Monitor Metrics Explorer の新機能
    • 数か月前、Azure Portal のメトリックに関するフィードバックを収集するための調査を投稿しました。 フィードバックに基づいて提供した機能の一部を本記事にて共有します。
      • マルチリソーススコーピングを備えたリソースピッカー
      • 時系列の数を制限し、ディメンションで分割するときにソート順を変更する機能
      • 多数のデータポイントを示すグラフ
      • グラフの凡例の改善

Azure Lighthouse: The managed service provider perspective
  • Azure Lighthouse : マネージド サービス プロバイダーのパースペクティブ
    • Microsoft Azure Lighthouse が一般公開に入ったのはしばらく前の話です。Azure マネージド サービス プロバイダー(MSP)コミュニティから、Azure Lighthouse が多数の隠し機能のロックを解除するという大きな反響を受けています。

Advancing Azure Active Directory availability
  • Azure Active Directory の可用性の向上
    • "Azure の信頼性" シリーズの継続対応における可用性の向上のために進行中のイニシアチブを可能な限り透過的にする一環で、本記事では今回 Azure Active Directory に注目します。 Azure AD は、真のクラウドネイティブ、ハイパースケール、マルチテナントアーキテクチャを使用して可用性とセキュリティを確保するように設計されており、当社のチームは信頼性とセキュリティの水準を引き上げる継続的なプログラムを用意しています。

Tips for learning Azure in the new year
  • 新しい年に Azure をよく理解するためのヒント
    • 2020年がすぐそこに迫っていますが、例年この時期には 1年の達成事項について(また課題について)振り返り、翌年の計画を開始しています。Microsoft の新年の決意の1つは、ライブ ストリーミング ソフトウェア開発のトピックを引き続き世界中の人々に向けて発信するということでした。11月下旬および12月のブロードキャストでは、Azure コミュニティの方々に Microsoft の2020年の計画についていくつかご紹介しました。その中のチャットでは、世界中の多くの方々が Azure を学習しようと新年の決意を固め、アドバイスを希望していることを教えてくれました。

Connecting Microsoft Azure and Oracle Cloud in the UK and Canada
  • 英国およびカナダでの Microsoft Azure と Oracle Cloud の接続
    • 本日、Microsoft Azure と Oracle Cloud Infrastructure の相互接続を、Azure カナダ中部リージョンと Oracle Cloud Infrastructure リージョン(カナダ、トロント)に拡張したことをお知らせします。

Better performance with bursting enhancement on Azure Disks
  • Azure Disks のバースト機能強化によるパフォーマンスの向上
    • 11月に Microsoft Ignite で、Azure Premium SSD Disks のバーストサポートのプレビューと、Premium および Standard SSD の両方の新しいディスクサイズ 4/8/16GiB を導入しました。

Microsoft is a leader in The Forrester Wave™: Streaming Analytics, Q3 2019
  • Microsoftは、The Forrester Wave™:Streaming Analytics、Q3 2019 のリーダーです
    • Microsoft は、2019年第3 四半期に The Forrester Wave™:Streaming Analytics のリーダーに選ばれたことを発表しました。このレポートは、Azure Stream Analytics、顧客満足、成長するパートナーエコシステム、 Azureクラウドプラットフォームの強みを表しています。


Intune Customer Success より

Resolved: Known issue: Intune macOS profile setting not saving as expected
  • 解決済み: 既知の問題: Intune macOS プロファイル設定が期待どおりに保存されない
    • 更新 - この問題は解決されました

Resolved: Support Tip Known Issue Using Samsung S10 Series and Office with APP or Conditional Access
  • 解決済み: App または条件付きアクセスを使用した Samsung S10 シリーズおよび Office を使用したサポート の既知の問題
    • 更新 - Office Hub モバイルアプリが標準アプリリストで利用可能になりました。

How Application Context, Assignment and Exclusions Work in Intune
  • Intune でのアプリケーション コンテキスト、割り当て、および除外のしくみ
    • この投稿は、新しい機能やサービスの変更に関するものではなく、Intune でしばらく使用されてきたものの、必ずしも完全に理解されているわけではないアプリ割り当ての基本に関するものです。この投稿の目的は、アプリの割り当てがどのように機能するかについての十分な技術情報を提供し、アプリの展開の計画とトラブルシューティングを改善することです。この投稿では、iOS / Android デバイスアプリではなく Windows 10 アプリに焦点を当てていますが、多くの概念は全面的に適用されます。

Resolved - Known Issue with SCEP profiles for Android Enterprise fully managed devices in Intune
  • 解決済み - Intune の Android エンタープライズ完全に管理対象デバイスの SCEP プロファイルに関する既知の問題
    • 更新:この問題に対するこの修正プログラムは現在公開されています。

Support Tip: Block document saving from the iOS Adobe Reader mobile app to the Adobe Document Cloud
  • サポートヒント: iOS Adobe Reader モバイルアプリから Adobe ドキュメントクラウドへのドキュメント保存をブロックする
    • 更新 - Adobe Acrobat アプリ開発チームと協力して、他の Intune SDK 統合アプリのように動作し、同じ方法で「組織データのコピーを保存」設定をサポートします。

Resolved: Known issue for FileVault configuration profiles on macOS devices
  • 解決済み: macOS デバイス上の FileVault 構成プロファイルに関する既知の問題
    • 更新 - この問題は解決されました

Archive: Microsoft Intune announces Preview 2 for Android Enterprise fully managed devices
  • アーカイブ: Microsoft Intune は、Android エンタープライズ完全に管理されたデバイスのプレビュー 2 を発表します。
    • 更新 - Android プレビューブログの投稿で300件以上のコメントを受け取りました。これらのコメントおよびその後のサポート事例では、Android Enterprise Fully Managed の一般提供をサポートしました。プレビューのエクスペリエンスに基づいて、58を超える実用的な機能フィードバックを提供しました。

Resolved: Known issue for Windows 10 1809 when using Account CSP for renaming devices
  • 解決済み: アカウント CSP を使用してデバイスの名前を変更する場合の Windows 10 1809 の既知の問題
    • 更新 - この問題に対する修正は、8C(2019年8月の第3週)Windows Updateでリリースされました。


Official Microsoft Blog より

The next decade for financial services – benefitting from tech intensity
  • 金融サービスの次の10年 – 技術集約度の恩恵
    • 2020年代に入るための準備として、金融サービス業界は今後10年間で何を成功させる必要があるのでしょうか?本ブログ記事で、金融機関の繁栄を支援するための予測、学習、ヒントをいくつか紹介します。


Windows Server Blog より

Protect workloads still running on Windows Server 2008 and 2008 R2
  • Windows Server 2008 および 2008 R2 で引き続き実行されているワークロードを保護する
    • あなたが今日これを読んでいるのなら、おそらく期限までにアップグレードしないワークロードがまだ残っているでしょう。良いニュースは、お客様を保護し、インフラストラクチャとアプリを近代化するための道を選択できるオプションがあることです。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録