クラウドエンジニアブログ

【定期便】11/4週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/11/4-2019/11/10)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。

Azure の更新情報より

SQL Server 2019 is now generally available
  • SQL Server 2019 が正式リリースされました
    • SQL Server 2019 が正式に購入可能になりました。

Web apps migration experience now available in Azure Migrate
  • Azure Migrate で Web アプリの移行エクスペリエンスを利用できるようになりました。
    • Azure Migrate では、.NET Web アプリケーションを Azure アプリ サービスに移行するための専用のエクスペリエンスが提供されるようになりました。

Introducing the Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure
  • Azure の Microsoft クラウド導入フレームワークの概要
    • Azure 用 Microsoft クラウド導入フレームワークは、クラウド導入の旅を加速するための実証済みのガイダンスです。クラウド戦略を形成し、目的のビジネス目標を達成するのに役立つツール、ガイダンス、およびベストプラクティスのコレクションです。

Azure Peering Service is now in managed preview
  • Azure Peering Service をマネージドプレビューで提供
    • Azure Peering Service は、Microsoft サービスに信頼性が高く最適化されたインターネット接続を提供するサービスプロバイダーとのパートナーシップです。また、ハイジャック、リーク、およびその他の BGP mal 構成に対するアラートを使用して、インターネット遅延テレメトリとルート監視も提供します。

Event-driven secrets management with Azure Key Vault events now in Event Grid
  • Azure Key Vault イベントを使用したイベントドリブン シークレット管理が Event Grid に追加されました。
    • Azure Key Vault は、Azure Event Grid のファーストパーティ イベント発行者となり、キーとシークレットの管理に関するイベントを発行します。

Generally Available: AKS cluster autoscaler
  • 一般提供 : AKS クラスターオートスケーラー
    • AKS を使用すると、Kubernetes の展開と運用を簡素化できます。本日、AKS クラスターオートスケーラーの一般提供を発表します。これにより、お客様はより効率的にスケーリングし、ダウンタイムなしでアプリケーションを実行できます。クラスターの自動スケーリングにより、お客様は Kubernetes クラスターを自動的にスケーリングして需要を満たすことができます。

General availability: Azure Container Registry OCI artifact support
  • 一般提供 : Azure Container Registry OCI アーティファクトのサポート
    • Azure Container Registry は、Helm Charts、Singularity サポート、および新しい OCI アーティファクトサポートを追加します。Docker コンテナーイメージに加えて、Azure Container Registry は 、ヘルムチャート、 OCI アーティファクト 、Open Container Initiative(OCI)Image Format Specification に組み込まれたイメージ などの関連コンテンツフォーマットを保存できるようになりました。

Easily test pull request changes in the context of broader applications
  • 広範なアプリケーションのコンテキストでプルリクエストの変更を簡単にテストする
    • Azure Kubernetes Service(AKS)、Dev Spaces、および GitHub Actions プルリクエストフローを使用すると、より広範なアプリケーションのコンテキストでプルリクエストの変更を簡単にテストできます。変更がレポジトリのメインブランチにマージされる前に、レビューアプリを自動的に作成します。

Dev Spaces connect for Azure Kubernetes Service is now in preview
  • Azure Kubernetes Service の Dev Spaces Connect をプレビューで提供
    • Azure Kubernetes サービスでは、開発スペースを使用してローカルでサービスを実行およびデバッグできますが、クラウドに依存する他のサービスやリソースに接続できます。

Streamline data analytics processes with ADLS Gen2 events in Azure Event Grid
  • Azure Event Grid の ADLS Gen2 イベントを使用してデータ分析プロセスを合理化する
    • Azure Data Lake Storage Gen2 は、ファイルとディレクトリに対する個々の変更に関するイベントを Azure Event Grid に発行できるようになりました。

.NET Core 3 support in Azure Functions, now in preview
  • Azure Functions で .NET Core 3 をサポート、現在プレビュー中
    • Azure Functions は、プレビューで公式言語として .NET Core 3 をサポートするようになりました。

Extending Azure Security Center coverage with platform for community and partners
  • コミュニティおよびパートナー向けのプラットフォームに Azure Security Center のカバレッジを拡張
    • Security Center を使用して、Microsoft だけでなく、CheckPoint、Tenable、Cyber​​Ark などのパートナーからの既存のソリューションからも推奨事項を受け取ります。Security Center のシンプルなオンボーディングフローにより、既存のソリューションをSecurity Center に接続して、セキュリティの推奨事項を1か所で表示し、統合レポートを実行し、組み込みの推奨事項とパートナーの推奨事項の両方に対して Security Center のすべての機能を活用できます。Security Center の推奨事項をパートナー製品にエクスポートすることもできます。

Azure CLI update is now available
  • Azure CLI の更新プログラムが利用可能になりました
    • 最新バージョンの Azure CLI には、ネットワーク コマンド、Azure Data Lake Storage Gen2 のネイティブ サポート、SQL サーバーレス データベースのサポートなど、Azure プラットフォーム全体でいくつかのエキサイティングな新機能が含まれています。

Azure NetApp Files HANA certification and new region availability
  • Azure NetApp Files の HANA 認定と新しいリージョンの可用性
    • Azure NetApp Files は、最も急速に成長しているベアメタル Azure サービスの1つで、スケールアップとスケールアウトの両方の展開で SAP HANA 認定を取得しています。Azure NetApp Files の NFS v4.1 サポートのリリースにより、パフォーマンスとスケーリングの制限が解消されます。これは、最大の SAP HANA 展開の移行を加速できることを意味します。また、Azure NetApp Files は現在、英国南部および英国西部で合計 11の地域で利用できます。

Azure Database for MariaDB support for intelligent performance is now available
  • Azure Database for MariaDB でのインテリジェント パフォーマンスが利用開始になりました
    • Azure Database for MariaDB は、クエリストア、クエリパフォーマンスの分析情報、パフォーマンスの推奨事項など、インテリジェントなパフォーマンスセットの機能の一般提供を開始しました。この一連の機能により、視覚的に検査するなど、ワークロードをよりよく理解し、ボトルネックを特定することができます。

Public preview: Dev Spaces connect for Azure Kubernetes Service
  • パブリックプレビュー : Azure Kubernetes Service の Dev Spaces Connect
    • Azure Kubernetes サービスでは、開発者は Dev Spaces を活用してローカルでサービスを実行およびデバッグしながら、クラウド内で依存する他のサービスやリソースに接続できます。

Azure HPC Cache is now available
  • Azure HPC Cache が利用可能になりました
    • ファイル アクセスを必要とする高パフォーマンスのワークロードでは、Azure HPC Cache を使用して待機時間を最小限に抑え、可用性を向上させ、スループットを向上させることができます。

Azure ExpressRoute for satellites is now available
  • 衛星接続の Azure ExpressRoute が利用可能になりました
    • ExpressRoute は、Intelsat、SES、Viasat などの主要な衛星プロバイダーと提携して、世界中のインテリジェントクラウドの範囲を拡大しています。衛星用の ExpressRoute は、静止 (GEO)、中地球軌道(MEO)、および将来の低地球軌道(LEO)衛星を介して、パートナーの地上局および専用プライベートリンクを使用したグローバルネットワークへの接続を拡張します。

New App Service Integration with Azure Monitor(preview)
  • Azure Monitor との新しい App Service の統合(プレビュー)
    • App Service は、クラウドの集中テレメトリサービスである Azure Monitor との統合を強化しました。これにより、開発チームと運用チームは、Windows および Linux Web アプリに対する分析を深めます。

Azure Time Series Insights—New capabilities to derive more insights from IoT data
  • Azure Time Series Insights - IoT データからより多くのインサイトを引き出す新しい機能
    • Azure Time Series Insights には、組織が IoT データからインサイトを引き出すのに役立つ新しい機能があります。豊富な視覚化ツールと広範な分析機能に基づいて構築された Time Series Insights の新機能は、企業が異常を検出および診断し、IoT データで運用効率を高めるのに役立ちます。

Azure Data Factory wrangling data flows is now in preview
  • Azure Data Factory のデータフローの調整をプレビューで提供
    • データエンジニアは、データフローを処理することで、スパークの実行を介してクラウド規模でコードを使用せずに俊敏にデータを準備できます。業界をリードするパワークエリデータ準備技術(Power Platform データフローでも使用)を使用して、データをシームレスに準備および形成します。

Leverage Azure premium file shares for high availability of data
  • データの高可用性のために Azure Premium ファイル共有を活用する
    • Azure Premium ファイル共有を備え、かつ、 SQL Server フェールオーバークラスターを使用した、SQL Server の高可用性のための新しいオプションを発表します。Premium ファイル共有は、Windows Server 2012 以降の SQL Server 2012 以降の SQL Server フェールオーバークラスターインスタンスでの使用が完全にサポートされている、ソリッドステートドライブでバックアップされた一貫した低遅延ファイル共有です。

Azure Monitor Logs—Stream every type of activity log for your subscription
  • Azure Monitor Log - サブスクリプションのあらゆる種類のアクティビティログをストリーミング
    • 新しいサブスクリプション診断設定を使用すると、サブスクリプションのすべての種類のアクティビティログを Azure Monitor ログ、イベントハブ、および Azure ストレージにストリーミングできるようになりました。サブスクリプションログプロファイルまたは Log Analytics アクティビティログコネクタは不要になりました。さらに、Azure App Services や Azure Storage アカウントなどのサービスから Azure Monitor に直接ログデータをエクスポートできるようになりました。これらの機能は、プレビュー中は無料で利用できます。

Autopilot mode for provisioned throughput is now in preview
  • プロビジョニングされたスループットのオートパイロットモードがプレビュー段階になりました
    • オートパイロットモードでは、ユーザーはスループット層を選択し、Azure Cosmos DB は必要に応じて RU/s を自動的にスケールアップ/ダウンして、容量と需要に合わせてスケールアップします。

Azure Database for PostgreSQL - Hyperscale(Citus)is now available
  • Azure Database for PostgreSQL - ハイパースケール(Citus)が利用可能になりました
    • Azure Database for PostgreSQL - ハイパースケール(Citus)が正式リリースされました。Azure Database for PostgreSQL - ハイパースケール (Citus)は Postgres を水平方向にスケールアウトし、急速に成長しているマルチテナントおよび SaaS アプリケーションや、数十億行にわたる1秒以下の応答時間を必要とするリアルタイム分析アプリに最適です。

Azure Bastion is now generally available
  • Azure Bastion が一般提供されました
    • Ignite 2019 で、マイクロソフトは、Azure ポータルを介して仮想マシンへのより安全でシームレスな RDP と SSH アクセスを直接提供するサービスとしての完全に管理されたプラットフォームである Azure Bastion の一般提供(GA)を発表しました。

Additional regulatory compliance standards in Azure Security Center
  • Azure Security Center に規制コンプライアンスの基準を追加
    • これまで、規制順守ダッシュボードは、Azure CIS 1.1.0、PCI-DSS、ISO 27001、および SOC-TSP の 4つの組み込み基準をサポートしてきました。現在、サポートされている追加の基準のパブリックプレビューリリースを発表しています。NISTSP 800-53 R4、SWIFT CSP CSCF v2020、カナダ連邦 PBMM、および UK Official と UK NHS です。また、Azure CIS 1.1.0 の更新バージョンをリリースし、基準からのより多くのコントロールをカバーし、拡張性を強化しています。

Threat Protection for Azure Kubernetes Service(AKS)Support in Security Center
  • セキュリティ センターにおいて Azure Kubernetes サービス(AKS)の脅威保護がサポートされます
    • セキュリティ センターは、コンテナー領域でのサポートを Azure で最も急成長しているサービスの1つである Azure Kubernetes サービスに拡大しています。このパブリックプレビューのリリースにより、以下の機能が提供されます。
      1. 1. Security Center の登録済みサブスクリプション内の管理対象 AKS インスタンスの継続的な検出
      2. 2.「ロールベースのアクセス制御を使用して Kubernetes サービスクラスターへのアクセスを制限する」といったような、顧客のセキュアスコアの一部として、顧客が AKS のセキュリティベストプラクティスに準拠するのに役立つ実用的な項目の提示
      3. 3.「特権コンテナが検出されました」といったような、ホストおよびクラスターベースの分析

Advanced data security for SQL servers on Azure Virtual Machines
  • Azure Virtual Machines 上の SQL Server の高度なデータセキュリティ
    • IaaS VM 上で実行されている SQL DB の脅威保護と脆弱性評価に対する Azure Security Center のサポートは現在プレビュー中です。

Azure Stream Analytics—Extensibility with C# custom code UDFs
  • Azure Stream Analytics - C# カスタム コード UDF を使用した機能拡張
    • クラウドまたは IoT Edge で Stream Analytics モジュールを作成する開発者は、カスタム C# 関数を作成または再利用し、ユーザー定義関数を使用してクエリで右に呼び出すことができます。

Azure Functions integration with Azure Monitor Logs is now in public preview
  • Azure Monitor Logs との Azure Functions の統合がパブリックプレビューになりました
    • Azure Functions では、Azure Monitor Logs との統合が実現し、Azure リソースの一貫した監視と外部監視ツールとの統合が可能になりました。

New Azure SDKs for Azure Storage and Key Vault are now available
  • Azure Storage および Key Vault 用の新しい Azure SDK が利用可能になりました
    • 本日、.NET、Java、JavaScript、および Python のライブラリの一般提供を発表します。
      • ストレージ BLOB バージョン 12.0.0
      • ストレージキュー 12.0.0
      • Key Vault Keys 4.0.0
      • Vault Secrets 4.0.0

Azure Database for MySQL support for intelligent performance is now available
  • Azure Database for MySQL でのインテリジェント パフォーマンスが利用開始になりました
    • Azure Database for MySQL は、クエリストア、クエリパフォーマンスの洞察、パフォーマンスの推奨事項などのインテリジェントなパフォーマンスをサポートするようになりました。 この一連の機能を使用すると、視覚的にワークロードを検査したり、ボトルネックを特定したりするなど、ワークロードの理解を深めることができます。

Azure Arc enabled API Management is now available in preview
  • Azure Arc 対応 API Management がプレビューで利用可能になりました
    • Azure Arc 対応 API Management を使用すると、ハイブリッド環境およびマルチクラウド環境の API 管理サポートを拡張し、Azure のお客様がオンプレミスでホストされている API を効率的かつ安全に管理できる自己ホスト型 API ゲートウェイを活用できます。

PowerShell support in Azure Functions is now generally available
  • Azure Functions で PowerShell サポートが一般公開されました
    • Azure Functions は、運用環境でのサーバーレスオートメーション タスクに対して PowerShell をサポートするようになりました。

New virtual machine scale sets capabilities are now in preview
  • 新しい仮想マシン スケール セットの機能がプレビュー段階になりました
    • 新しい仮想マシン スケール セットの機能により、仮想マシンの管理が簡素化され、ランタイムとパフォーマンスの機能が向上します。

Weather Services, Power Bi Integration, Azure Government Cloud are now in preview
  • 気象サービス、Power Bi Integration、Azure Government Cloud をプレビューで提供
    • Weather Services(Accuweather とのパートナーシップ)、Azure Maps の Power BI への統合、および政府機関向け Gov Cloud での Azure Maps はすべてプレビューで提供しています。

Azure Database Migration Service hybrid mode is now in preview
  • Azure Database Migration Service ハイブリッドモードをプレビューで提供
    • Azure Database Migration Service ハイブリッドモードは現在プレビュー中です。オンプレミスでホストされる移行ワーカーと、クラウドで実行されているデータベース移行サービスのインスタンス (「クラウドサービス」)を使用して、データベース移行を管理します。Database Migration Service ハイブリッドモードは、オンプレミスネットワークと Azure 間のサイト間接続が不足しているシナリオ、またはサイト間接続帯域幅が制限されているシナリオで特に役立ちます。

Azure Spring Cloud service is now in preview
  • Azure Spring Cloud サービスをプレビューで提供
    • Pivotal と共同で構築および運用されるフルマネージドの Spring Cloud サービスである Azure Spring Cloud が利用可能になりました。Spring は、Java 開発者が使用する最も一般的なフレームワークです。Spring ベースのアプリケーションを構築するために、Java 開発者は通常、Spring Boot を使用して最小限の事前設定を開始し、Spring Cloud を使用してマイクロサービスの回復力、信頼性、および調整を実現します。ただし、これには依然として多くのインフラストラクチャ管理が必要です。Azure Spring Cloud を使用すると、クラウドで Spring Boot アプリケーションを迅速かつ安全に簡単に展開および操作できます。

New Azure API Management developer portal is now generally available
  • 新しい Azure API Management 開発者ポータルが正式リリースされました
    • 新しいオープンソースの API Management 開発者ポータルが一般提供されました。慎重に再設計された最新のルックアンドフィールで API の利用者を喜ばせ、自動化や機能のカスタム拡張などの新しいシナリオを解放します。

IPv6 for Azure Virtual Network is now generally available
  • Azure Virtual Network の IPv6 を一般提供
    • Azure 仮想ネットワークは、世界中で一般利用可能になりました。仮想ネットワーク内およびインターネットへの IPv6 サポートにより、Azure ベースのアプリケーションを使用して成長するモバイルおよび IoT 市場に拡大し、独自の企業ネットワークで IPv4 の枯渇に対処できます。

Workflow automation with Logic Apps
  • Logic Apps によるワークフローの自動化
    • 本日、Security Center に新しい機能を導入します。この機能により、Azure Logic Appsを活用した自動化構成を作成し、推奨事項やアラートなどの特定の ASC の結果に基づいて自動的にトリガーするポリシーを作成できます。Azure Logic App は、膨大な Logic App コネクタコミュニティでサポートされているカスタムアクションを実行するように構成できます。または、メールの送信や ServiceNow チケットのオープンなど、セキュリティセンターが提供するテンプレートの1つを使用します。

Troubleshoot network issues faster with Azure Monitor
  • Azure Monitor を使用してネットワークの問題をより迅速にトラブルシューティングする
    • Azure Monitor のネットワークインサイト機能(プレビュー) は、ネットワークトポロジ、依存関係、正常性、および関連するネットワークリソースの他の主要なメトリックを可視化する単一のダッシュボードを提供します。インサイトは、Azure Monitor で現在利用可能なデータから得られるため、追加のセットアップや構成は必要ありません。ネットワークインサイト機能を使用すると、すべてのサブスクリプションにわたってネットワークの状態を可視化できます。直観的な検索と詳細なトポロジマップにより、数分ですべてのドリルダウンを高速化し、ネットワークの問題のローカライズを支援し、修復を提案できます。

UTF-8 support for Azure SQL Database is now available
  • Azure SQL Database の UTF-8 サポートが利用可能になりました
    • UTF-8 サポートが Azure SQL Database で一般的に利用可能になりました。 UTF-8 サポートを導入する利点は、レガシーアプリケーションが国際化を必要とし、インラインクエリを使用するシナリオにまで及びます。さらに、データセットが主に ASCII 文字を使用している場合、UTF-16 データ型と比較して、大幅なストレージ節約も実現できます。

Azure Cognitive Services Text Analytics—New languages added to sentiment analysis
  • Azure Cognitive Services Text Analytics — センチメント分析に追加された新しい言語
    • Cognitive Services Text Analytics のセンチメント分析 v3 は、英語、日本語、簡体字および繁体字中国語、スペイン語、イタリア語、フランス語、ポルトガル語、ドイツ語、およびオランダ語を含む10言語をサポートするようになりました。

Vulnerability assessment in Azure Security Center
  • Azure セキュリティセンターの脆弱性評価
    • 仮想マシンにインストールされているアプリケーションには、多くの場合、仮想マシンの侵害につながる脆弱性が潜在する可能性があります。セキュリティ センター Standard レベルには、追加料金なしで仮想マシンの組み込みの脆弱性評価が含まれており、パブリックプレビューの Qualys が提供する脆弱性評価により、仮想マシンにインストールされているすべてのアプリケーションを継続的にスキャンして、脆弱なアプリケーションを見つけ、セキュリティセンターポータルのエクスペリエンスに結果を表示できます。

Azure Security Center Quick Fix for bulk resources generally available
  • Azure Security Center の一括リソースのクイックフィックス機能を一般提供
    • セキュリティの設定ミスの修正を簡素化し、大量のリソースの推奨事項を迅速に修正し、安全なスコアを改善するには、Quick Fix 機能を利用します。この操作により、修復を適用するリソースを選択し、ユーザーに代わって設定を構成する修復アクションを開始できます。

Onboard on-prem servers to Security Center from Windows Admin Center
  • Windows 管理センターからオンプレミスサーバーを Azure Security Center にオンボード
    • Windows 管理センターは、Azure に展開されていない Windows サーバー用の管理ポータルであり、バックアップやシステム更新などのいくつかの Azure 管理機能を提供します。最近、これらの非 Azure サーバーをオンボードして、Windows 管理センターのエクスペリエンスから直接 Azure Security Center で保護する機能を追加しました。この新しいエクスペリエンスでは、ユーザーは Windows 管理センターサーバーを Azure Security Center にオンボードし、Windows 管理センターのエクスペリエンスでセキュリティアラートと推奨事項を直接表示できるようになります。

Azure Kubernetes Service(AKS)support for authenticated IPs is now available
  • 認証済み IP に対する Azure Kubernetes サービス(AKS)のサポートが利用可能になりました
    • 信頼されたユーザーのみに AKS アクセスを制限することで、追加のセキュリティ層を実現します。

HDInsight HBase Accelerated Writes is now generally available
  • HDInsight HBase Accelerated Writes が一般公開されました
    • HDInsight HBase Accelerated Writes が一般公開されました。 <ハイライト> ・Apache HBase とPhoenix の書き込みパフォーマンスを最大9倍改善します。 ・Azure Data Lake Storage Gen 2 および Azure Blob Storage で実行される高スループットで低遅延のワークロードに最適です。

Transparent data encryption with customer-managed keys for Azure SQL Database managed instance is now generally available
  • Azure SQL Database マネージ インスタンスの顧客管理キーによる透過的なデータ暗号化が一般公開されるようになりました。
    • Azure SQL Database マネージ インスタンスの顧客管理キーを使用した透過的なデータ暗号化(TDE)が一般公開されるようになりました。

Azure HDInsight — Restrict outbound network traffic clusters by using Firewall
  • Azure HDInsight - ファイアウォールを使用して送信ネットワーク トラフィック クラスターを制限する
    • クラスターから承認されていない宛先への送信トラフィックを制限するために、Azure HDInsight と Azure Firewall の統合が一般に利用可能になりました。

Azure Monitor Prometheus integration is now generally available
  • Azure Monitor の Prometheus 統合が正式リリース
    • 人気のある Prometheus 統合が現在一般利用可能です。Azure Monitor は、独自の Prometheus コレクションおよびストレージインフラストラクチャを運用しなくても、Prometheus メトリックをスクレイピングしてユーザーに代わって保存できるようになりました。また、Kubernetes クラスターから収集されたすべてのパフォーマンスデータを視覚化するための新しい Grafana テンプレートも用意されています。

Scan container images for vulnerabilities in Azure Security Center
  • Azure Security Center でコンテナーイメージをスキャンし脆弱性を検出
    • Azure Security Center は、Azure Container Registry のコンテナーイメージをスキャンして脆弱性を検出できるようになりました。新しいコンテナイメージを Azure Container Registry にプッシュすると、スキャン自体が自動的にトリガーされます。見つかった脆弱性は、Security Center の推奨事項として表面化され、許可された攻撃対象領域を減らすためにパッチを適用する方法に関する情報とともに Azure セキュアスコアに含まれます。

Azure Spring Cloud service is now in private preview
  • Azure Spring Cloud サービスがプライベート プレビューになりました
    • Spring Boot ベースのマイクロサービス開発とアプリケーション ライフスタイル管理を簡素化します。

Azure Functions Premium plan is now generally available
  • Azure Functions プレミアム プランが正式リリースされました
    • Azure Functions プレミアム プランの一般提供を発表する。これは、私たちの専用ホスティングプランのすべての利点と動的なサーバーレスのスケールを一緒に持っています。関数はコールドスタートなしで実行され、最大1時間実行でき、仮想ネットワークに接続でき、カスタマイズ可能で強力なリソースで実行できます。

Azure SQL Database—Billing for managed instance backup storage is now in effect
  • Azure SQL データベース - マネージド インスタンスのバックアップ ストレージの課金が有効になりました
    • マネージド インスタンスのバックアップ ストレージの課金は、2019年11月1日に有効になりました。バックアップストレージは、プロビジョニングされたストレージのサイズと同じサイズまで無料で、追加の容量に関してはリージョンに応じて一定の金額で課金されます。

Azure Kubernetes Service(AKS)support for Azure Availability Zones is now available
  • Azure 可用性ゾーンの Azure Kubernetes サービス(AKS)のサポートが利用可能になりました
    • Azure 可用性ゾーンを使用して、データ センターの障害からアプリケーションとデータを保護し、ワーカー ノードの可用性と回復性を高めます。

Secure your Custom Domains at no cost with App Service Managed Certificates(preview)
  • App Service Managed Certificates(プレビュー)を使用してカスタム ドメインを無償でセキュリティで保護する
    • 抜粋:無料のトランスポート層セキュリティ(TLS)の App Service で最も要望の多い機能の1つがプレビュー中です! App Service Managed Certificatesを使用して、Web アプリのカスタムドメインを保護できます。

Azure Active Directory support in Azure Database for PostgreSQL - single server
  • Azure Database for PostgreSQL で Azure Active Directory のサポート - シングルサーバー
    • Azure Database for PostgreSQL の Active Directory 統合 - シングルサーバーがプレビューで利用可能になりました。この新しい統合を使用すると、Active Directory を使用してデータベースに安全にサインインし、資格情報を集中管理できます。一貫した役割管理のために、Active Directory グループを使用してデータベースアクセスを管理することができます。

Easier diagnostics and logging with Azure Kubernetes Service is now in preview
  • Azure Kubernetes Service での診断とログ記録がより簡単になりました
    • プレビューで利用できるようになった Azure Kubernetes Service(AKS)診断は、ガイド付きのインタラクティブなエクスペリエンスを提供し、AKS クラスターの潜在的な問題の診断と解決に役立ちます。AKS 診断は、AKS クラスターからのバックエンドテレメトリーを分析し、特定の AKS ドメインの知識とベストプラクティスに関する情報をベンチマークします。すべてユーザーフレンドリーなインターフェースにパッケージ化されているため、問題を簡単に特定し、次のステップを決定できます。

Azure HDInsight now enables you to customize Azure SQL Database for Ambari
  • Azure HDInsight では、Ambari 用に Azure SQL Database をカスタマイズできるようになりました
    • 新しい Azure HDInsight 機能を使用すると、クラスターの作成時に Apache Ambari 用の Azure SQL データベースをカスタマイズおよびアップグレードできます。Ambari は、HDInsight クラスターの監視、構成の変更、およびクラスター管理情報とジョブ履歴の保存に使用されます。

.Net application assessments in Data Access Migration Toolkit are now available
  • Data Access Migration Toolkit の .Net アプリケーション評価が利用可能になりました
    • Data Access Migration Toolkit を使用した .Net アプリケーション評価のサポートが一般的に利用可能になりました。Data Access Migration Toolkit は、Java および .Net ソースコードを分析し、データアクセス API 呼び出しとクエリを検出できる Visual Studio Code 拡張機能であり、新しいデータベースバックエンドをサポートするために対処する必要があるアイテムの単一ペインビューを提供します。Data Access Migration Toolkit を使用して収集されたクエリは、Data Migration Assistant を使用して分析し、関連する軽減アクションとともに破損する可能性のあるクエリを理解できます。

Now available: Azure Data Share
  • 一般提供 : Azure Data Share
    • お客様は Azure Data Share を使用して、Azure に保存されているビッグデータを他の組織と簡単かつ安全に共有できます。完全に管理されたサービスとして、Azure Data Share はセットアップのためのインフラストラクチャを必要とせず、ビッグデータの効率的な共有を可能にします。データプロフェッショナルは、数回クリックするだけで、さまざまな Azure データソースから構造化データと非構造化データの両方を共有できます。Azure Data Share は、どのデータが共有され、誰と共有されているかなど、データ共有関係を完全に可視化します。スナップショットベースの共有を使用してデータのコピーを提供し、インプレース共有を使用してソースのデータにアクセスできるようにします。

Live performance metrics and live deployments in Azure Monitor for containers
  • コンテナー用 Azure Monitor のライブパフォーマンスメトリックとライブデプロイ
    • ライブパフォーマンスメトリックとライブデプロイが利用可能になりました。ライブイベントおよびライブログ機能と合わせて、AKS クラスターのほぼリアルタイムのパフォーマンスとヘルスビューを取得し、問題をより迅速にトラブルシューティングできます。ライブパフォーマンスメトリックは、コンテナーのほぼリアルタイムの CPU とメモリ使用量を提供し、ライブ展開機能は、AKS クラスターの Azure ポータルの展開データを取得する kubectl get 展開と kubectl describe に直接アクセスできます。

New memory and compute optimized hardware options in Azure SQL Database
  • Azure SQL Database の新しいメモリおよびコンピューティング最適化ハードウェアオプション
    • プレビュー中の M シリーズと Fsv2 シリーズは、非常に高いコンピューティングまたはメモリスケール、または非常に高速な CPU 速度を必要とするワークロードに特化した Azure SQL Database の新しいハードウェアオプションです。

Serial Console for Azure Government Cloud is coming
  • Azure Government Cloud にシリアル コンソールを提供
    • Azure シリアルコンソールは、仮想マシン(VM)のトラブルシューティングを容易にする Azure ポータル統合とともに、同じ機能と同じ GUI を備えた Government Cloud に提供されます。

Azure Monitor Workbooks is now generally available
  • Azure Monitor ワークブックを一般提供
    • Azure Monitor ワークブックが一般提供されました。テキスト、分析クエリ、メトリック、およびパラメーターを組み合わせて、チームメンバーと共有できるリッチなインタラクティブレポートを作成できる単一のツールを提供します。お客様はさまざまな方法でワークブックを使用できます。たとえば、アプリの使用方法の調査、根本原因の分析、運用上のプレイブックの作成などです。プレビューでのリリース以来、Azure Data Explorer、Azure Resource Graph、Azure Monitor Logs、Metrics、Alerts などの多数の新しいデータソースのサポートを追加しました。さらに、チャート、グリッド、タイル、ハニカム、マップなどの新しい視覚化オプションが追加されました。Azure Monitor Workbook プラットフォームは、Azure Sentinel、ストレージアカウント、CosmosDB、AAD、SAP Hana などの Azure サービスの新しい監視エクスペリエンスの基盤を形成するようになりました。

New Azure Dav4-series and Eav4-series virtual machines are now available.
  • 新しい Azure Dav4 シリーズおよび Eav4 シリーズの仮想マシンが利用可能になりました。
    • AMD EPYC に基づく新しい Azure Dav4 シリーズおよび Eav4 シリーズの仮想マシン(VM)が利用可能になりました™。これらは、汎用およびメモリを集中的に使用するワークロードに最適です。

New version of Durable Functions available now
  • 新しいバージョンの Durable Functions が利用可能になりました
    • サーバーレス環境でステートフル関数とワークフロー オーケストレーションを有効にする Azure Functions ランタイムの拡張機能である、Durable Functions のバージョン 2.0 の一般公開を発表します。

Announcing enhancements to Azure Virtual WAN
  • Azure Virtual WAN の機能強化の発表
    • 重要な更新プログラムには、ハブ間のプレビューが含まれます。

Native Azure Active Directory authentication support in point-to-site VPN
  • ポイント対サイト VPN でのネイティブAzure Active Directory 認証のサポート
    • OpenVPN プロトコルのネイティブAzure Active Directory(Azure AD)認証サポート、および Windows 用 Azure VPN クライアントが利用可能になりました。ネイティブ Azure AD 認証では、Azure AD トークンを取得および検証するために、Azure VPN ゲートウェイ統合と新しいAzure VPN Client の両方が必要です。

Microsoft Data Migration Assistant support for SQL Server 2019 is now available
  • SQL Server 2019 の Microsoft Data Migration Assistant サポートが利用可能になりました
    • Data Migration Assistant の最新リリースは、SQL Server 2019 のサポートを提供します。新しいバージョンの SQL Server のデータベース機能に影響を与える可能性のある互換性の問題を検出して、オンプレミスの SQL Server を SQL Server 2019 にアップグレードすることができます。Data Migration Assistant は、ターゲット環境のパフォーマンスと信頼性の向上を推奨し、スキーマとデータだけでなく、含まれていないオブジェクトもソースサーバーからターゲットとなる SQL Server 2019 に移動できるようにします。

Azure Security Center—Advanced integrations with export of recommendations and alerts
  • Azure Security Center - 推奨事項とアラートのエクスポートとの高度な統合
    • Security Center 上でエンタープライズレベルのシナリオを有効にするために、Azure ポータルまたは API を除く追加の場所で Scurity Center のアラートと推奨事項を使用できるようになりました。これらは、Event Hub および Log Analytics ワークスペースに直接エクスポートできます。これらの新しい機能を使用して作成できるワークフローは次のとおりです。
      • Log Analytics ワークスペースにエクスポートすると、PowerBI でカスタムダッシュボードを作成できます。
      • Event Hub にエクスポートすると、セキュリティセンターのアラートと推奨事項をサードパーティの SIEM、リアルタイムのサードパーティソリューション、または Azure Data Explorer にエクスポートできます。

Azure Monitor—Application change analysis updates
  • Azure Monitor - アプリケーション変更分析の更新
    • アプリケーション変更分析が開始され、Web アプリのさまざまなレイヤーでの変更の集中ビューと分析が提供されました。その後、多くの機能が追加されました。スケーリングを支援するために、App Services プランレベルでアプリケーション変更分析を有効にすることができます。このため、個々の Web アプリのアプリケーション変更分析を有効にする必要はなくなりました。また、サポートを拡大しました。リソースのリソースマネージャーの変更を確認できます。仮想マシン(VM)+ 仮想ネットワーク、SQL サーバー、ストレージなどの一般的なシナリオ向けの豊富な診断機能があります。ポートまたはファイルへの変更のダウンストリームの影響を確認できるように、影響分析を追加しました。UI の改善も行われました。これには、新しいデフォルトのセットや、ノイズを除去するためのより良いフィルターが含まれます。

Azure Private Link is now available in all regions
  • Azure プライベート リンクがすべてのリージョンで使用できるようになりました。
    • Azure Private Link は、Azure サービスへの接続を可能にします。Azure SQL Database、Azure SQL Data Warehouse、Azure Storage、Azure Data Lake Storage Gen2、独自のプライベートリンクサービスのすべての地域で利用できるようになりました。 Azure Cosmos DB のプライベートリンク(プレビュー)は、米国中西部、米国中西部、米国中北部の一部の地域でのみ利用できます。

Azure Site Recovery now cleans up deallocated(failed back)VMs and NICs
  • Azure Site Recovery は、割り当て解除された(フェールバックされた)VM と NIC をクリーンアップするようになりました
    • この更新により、Site Recovery は割り当て解除された(フェールバックされた)VM と NIC をクリーンアップします。さらに、フェールバック後にレプリケーションを無効にすると、Site Recovery は VM と NIC に加えて、セカンダリリージョンのディスクをクリーンアップします。

Azure Active Directory B2C now supports monthly active users billing
  • Azure Active Directory B2C が月間アクティブ ユーザーの課金をサポートするようになりました
    • Azure Active Directory(Azure AD)B2C は、月間アクティブ ユーザー(MAU) 課金と呼ばれる、カレンダー月内の認証アクティビティを持つ一意のユーザーの数に基づく課金をサポートするようになりました。2019年11月1日から、すべての新規顧客は MAU の数ごとに自動的に請求されます。

New deployment strategies and caching for Azure Pipelines
  • Azure Pipelines の新しいデプロイ戦略とキャッシュ
    • Azure に組み込まれた継続的統合および継続的配信プラットフォームである Azure Pipelines には、多くの要望が多かった機能など、改善を行っています。

Azure Cognitive Services capabilities are now in preview
  • Azure Cognitive Services の機能がプレビュー段階になりました
    • 次のAzure Cognitive Services機能がプレビュー中になりました
      • カスタムニューラルボイス機能
      • Office 365データを使用したカスタム音声
      • テキスト分析; センチメント分析 3.0
      • テキスト分析; エンティティ3.0 エンドポイントでのエンティティタイプサポートの拡張
      • テキスト分析; Entities 3.0 エンドポイントでの個人情報のサポート。

Simplify ML workloads with Azure Machine Learning events now in Event Grid
  • Event Grid での Azure Machine Learning イベントを使用して ML ワークロードを簡素化する
    • Azure Machine Learning は Azure Event Grid の最初のパーティ イベントパブリッシャーとなり、モデルトレーニングの実行、モデルの登録、モデルのデプロイ、データドリフト検出に関するイベントを発行します。

Azure generation 2 virtual machines(VMs)are now generally available
  • Azure 第2世代の仮想マシン(VM)を一般提供
    • 第2世代の VM が Azure で一般提供されるようになりました。新しい機能には、インテル ソフトウェア ガード拡張機能(Intel SGX)、大規模な VM(最大12TB)のサポート、2TB を超える OS ディスク サイズをプロビジョニングする機能などがあります。

Power BI now supports direct query for Azure Database for PostgreSQL
  • Power BI で Azure Database for PostgreSQL の直接クエリをサポート
    • Power BI は、単一サーバーとハイパースケール(Citus)の両方で、Azure Database for PostgreSQL の直接クエリをサポートするようになりました。直接クエリサポートにより、データは Power BI に直接コピーまたはプルされるのではなく、クエリがデータベースエンジンにプッシュダウンされ、結果が取得されます。これにより、Azure Database for PostgreSQL データベースのレポートがより高速で大規模になります。

Azure Internet Analyzer is now in preview
  • Azure Internet Analyzer をプレビューで提供
    • Internet Analyzer は、プレビューで利用できる機能で、インターネットアプリおよびコンテンツの移行と配信のために複数のエンドポイントでデータ駆動型のパフォーマンスレポートを提供します。Internet Analyzer を使用して、Azure と他のクラウドプロバイダー間の負荷分散オプションを A / Bテストすることにより、情報に基づいたアプリ配信を決定できます。

Azure Kubernetes Service(AKS)cluster autoscaler is now available
  • Azure Kubernetes サービス(AKS)クラスターの自動スケーラーが利用可能になりました
    • 需要に合わせて Kubernetes クラスターをより効率的かつ自動的にスケーリングします。

Updates to profiler and tracing capabilities in Azure Monitor Application Insights
  • Azure Monitor Application Insights のプロファイラーとトレース機能の更新
    • Application Insights Profiler の CPU およびメモリのしきい値を指定できるようになったため、トレースを収集するタイミングをより適切に制御できるようになりました。また、Application Insights スナップショットデバッガーに(逆コンパイルによる)ソースコードビューのプレビューを追加して、失敗したコードをすばやく診断できるようにしました。

Azure Site Recovery update rollup 41—October 2019
  • Azure Site Recovery 更新プログラムのロールアップ 41 - 2019年10月
    • Azure Site Recovery コンポーネントの最新バージョンで問題が修正されました。

Azure Red Hat OpenShift hourly prices
  • Azure Red Hat OpenShift 時間単価
    • リザーブドインスタンスを事前購入することなく、Azure Red Hat OpenShift をすぐに使用する際に使用量に応じた課金をご提供します。

Azure HDInsight—Autoscale is now generally available
  • Azure HDInsight の自動スケールが一般公開されました
    • Azure HDInsight の自動スケールは、Apache Spark ワークロードと Hadoop ワークロードのすべてのリージョンで一般に利用可能になりました。この機能により、ビッグデータ分析ワークロードをよりコスト効率の高い生産性の高い方法で運用できるため、HDInsight クラスターの高い使用を促進し、必要なものに対してのみ支払いを行うことができます。

Azure Shared Image Gallery now supports specialized images in preview
  • Azure Shared Image Gallery でプレビューで特殊なイメージがサポートされるようになりました。
    • ソースとして一般化された管理画像を使用して画像バージョンを作成する機能を備えた Azure Shared Image Gallery は、Shared Image Gallery(プレビュー)で特殊なイメージをサポートするようになりました。

New Azure Monitor Application Insights agent is now available
  • 新しい Azure Monitor Application Insights エージェントが利用可能になりました
    • VM に新しい Application Insights エージェントをインストールすることで、コード行に触れることなく、IIS を実行している Azure Virtual Machines でホストされている ASP.NET アプリケーションを監視できるようになりました。この新しいオンボーディング方法は、コードにアクセスできない場合に特に便利です。VM 拡張ブレードで Azure ポータルを使用するか、ステップバイステップのオンボーディングガイドを読んで詳細を確認してください。

Developer tool enhancements for Azure Blockchain Development Kit for Ethereum
  • Ethereum 用 Azure Blockchain Development Kit の開発者ツールの機能強化
    • 本日、Ethereum 向け Azure Blockchain Development Kit の機能強化を発表し、パブリックおよびプライベートの Ethereum 開発者に新しい機能との統合を提供します。これらには、簡単な発見を可能にする Open Zeppelin の統合と、一般的な開発者のニーズに対する一般的なスマートコントラクトの使用が含まれます。さらに、Infura プロジェクトを簡単に作成および操作し、Infura エンドポイントに展開できるように、ネイティブの Infura 統合を追加しています。この発表の詳細については、オープンソースブログをご覧ください。

Azure Security Center—Support for custom policies
  • Azure Security Center - カスタムポリシーのサポート
    • Azure Security Center は、カスタムポリシー(プレビュー)をサポートするようになりました。お客様は、Azure Policy で作成したポリシーに基づいた独自のセキュリティ評価を使用して、Security Center での現在のセキュリティ評価カバレッジを拡張したいと考えています。カスタムポリシーのサポートにより、これが可能になりました。これらの新しいポリシーは、セキュリティセンターの推奨エクスペリエンス、セキュアスコア、および規制順守標準ダッシュボードの一部になります。カスタムポリシーのサポートにより、Azure Policy でカスタムイニシアチブを作成し、それを Security Center のポリシーとして追加し、推奨事項として視覚化できるようになりました。

Updates to Azure Cost Management—October 2019
  • Azure Cost Management の更新 - 2019年10月
    • Azure Cost Management の新しい更新プログラムは、何を使っているのか、どこで使っているのか、そして将来の最適化と計画を立てる方法をよりよく理解するのに役立ちます。

Azure Firewall Manager is now in preview
  • Azure Firewall Manager は現在プレビュー中です
    • Azure Firewall Manager Preview は、クラウドベースのセキュリティ境界の中央セキュリティポリシーとルート管理を提供するセキュリティ管理サービスです。 主な機能は以下の通りです。
      • 中央展開と構成
        • 複数の Azure Firewall インスタンスを展開して構成する
        • 階層型ポリシーを使用した DevOps 用に最適化
      • 自動ルーティング
        • 集中ルーティング構成を使用したフィルタリングとログ記録のために、安全なハブにトラフィックを簡単に引き付ける
      • サードパーティの SECaaS による高度なセキュリティ
        • 高度なインターネットセキュリティのために、最高のサードパーティ製のサービスとしてのセキュリティ(SECaaS)パートナーを使用する
        • プライベートトラフィック用に Azure Firewall と組み合わせる

Python 3.7 support and remote build are now generally available
  • Python 3.7 のサポートとリモートビルドが一般公開されるようになりました
    • Python 3.7 のサポートやリモートビルドの一般提供など、Azure Functions の Python ワークロードの開発エクスペリエンスにいくつかの機能強化を発表します。

Azure Shared Image Gallery now available in Azure Government and Azure China
  • Azure Government および Azure China で Azure Shared Image Gallery が利用可能になりました
    • すべてのパブリッククラウドリージョンですでに利用可能な Azure Shared Image Gallery は、Azure Government および Azure China リージョンで一般的に利用可能になりました。ただし、この機能は2020年4月に廃止されるため、Azure US Gov Iowa では使用できません。


Microsoft Azure Blog より

Growing partner opportunity with Azure innovation
  • Azure の革新により成長するパートナーの機会
    • Microsoft Ignite では、オンプレミス、クライアント、サーバー、クラウドにまたがるマイクロソフト独自のテクノロジスタック全体で、豊富な新製品とビジネスニュースを共有しています。また、これらの発表は、パートナーであるあなたが新しい顧客を獲得し、既存の顧客ベース内で Azure プロジェクトを成長させるための大きな機会をもたらします。このブログでは、2つの重要な発表をさらに掘り下げ、それぞれの機会、リソース、および対処方法をご紹介します。

Azure Arc: Extending Azure management to any infrastructure
  • Azure Arc:Azure 管理を任意のインフラストラクチャに拡張する
    • 今週の Microsoft Ignite では、ハイブリッドテクノロジでさらに大きな一歩を踏み出しました。Azure のコントロールプレーンをオンプレミス、マルチクラウド環境、およびエッジに拡張する一連のテクノロジーである Azure Arc を発表します。Azure Arc を使用すると、顧客はどこにいても Windows および Linux サーバー、Kubernetes クラスター、Azure データサービスを管理するための中央の統合されたセルフサービスアプローチを使用できます。また、Azure Arc は、オンプレミス、マルチクラウド、エッジにわたって、DevOps や Azure セキュリティなどのクラウドプラクティスの採用を拡大します。管理のためにコントロールプレーンを拡張することに加えて、Azure Arc を使用すると、顧客は Azure データサービスをどこでも実行できます。

Azure infrastructure as a service(IaaS)for every workload
  • すべてのワークロードに対応する Azure Infrastructure as a Service(IaaS)
    • 今週 Microsoft Ignite で、サービスとしての Azure インフラストラクチャ(IaaS)ポートフォリオにいくつかの重要な追加を発表しました。 Azure のホームと呼ばれる、ミッションクリティカルなワークロードの多様かつ増大するセットのニーズを満たすために、インフラストラクチャサービスは進化を続け、これらのワークロードの実行エクスペリエンスを最適化します。

Success in the cloud: Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure
  • クラウドでの成功:Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure
    • 本日、Innovate and Manage ステージや、どこにいても組織を支援する新しいリソースや評価など、Azure 向け Microsoft Cloud Adoption Framework 内での新しいコンテンツの一般提供を発表します。マイクロソフトのソリューションアーキテクト、パートナー、および顧客からのベストプラクティスを、包括的なキュレーションされたツール、ドキュメント、テンプレート、およびガイダンスのセットにまとめて、組織がクラウド戦略を形成し、望ましいビジネス目標と成果に向かっていくのを支援します。

Sharing the DevOps journey at Microsoft
  • Microsoft での DevOps の旅を共有
    • Microsoftでは、DevOps の採用が難しい場合があることを知っています。そのため、DevOps の導入を通じて作業方法を変革したマイクロソフトのチームからの学習と、独自の旅を共有できることを楽しみにしています。

Build a data-driven culture to accelerate innovation
  • データ駆動型の文化を構築してイノベーションを加速する
    • 今日の組織は、データ駆動型の文化または取り残されるリスクを受け入れる必要があります。最近のハーバードビジネスレビューの調査では、データ駆動型の文化を持つ組織が収益を4倍に増やし、豊富な洞察を解き放ち、有意義なビジネス変革と顧客満足を促進していることがわかりました。組織が進化するにつれて、どこでもデータの力を活用し、データ駆動型の文化を構築できるようにするための新しいツールとリソースが必要です。

Bring Azure data services to your infrastructure with Azure Arc
  • Azure Arc を使用してインフラストラクチャに Azure データサービスをもたらす
    • Satya が Microsoft Ignite でのビジョンの基調講演で発表したように、Azure を使用してどこでもイノベーションをもたらすことでハイブリッドを再定義しています。Azure Arc を導入します。Azure サービスと管理をあらゆるインフラストラクチャにもたらします。これにより、Kubernetes を使用する任意のインフラストラクチャで Azure データサービスを実行できます。Azure SQL Database と Azure Hyper Database for PostgreSQL Hyperscale はどちらも Azure Arc でプレビューで利用できます。今後、Azure Arc により多くのデータサービスを提供していきます。

Azure Machine Learning—ML for all skill levels
  • Azure Machine Learning — すべてのスキルレベルの ML
    • Microsoft Azure Machine Learning は、エンタープライズレベルの機能を提供して機械学習のライフサイクルを加速し、あらゆるスキルレベルの開発者とデータサイエンティストが責任を持って大規模にモデルを構築、トレーニング、展開、管理できるようにします。Microsoft Ignite で、我々はいくつかの分野を越えた Azure の機械学習に大きな進歩の数を発表しています。

Azure Cognitive Services for building enterprise ready scalable AI solutions
  • エンタープライズ対応のスケーラブルな AI ソリューションを構築するための Azure Cognitive Services
    • Azure Cognitive Services は、機械学習の専門知識を必要とせずに、すべての開発者が人工知能(AI)を利用できるようにします。必要なのは、API 呼び出しだけで、アプリに意思決定を表示、聞き取り、話し、理解し、加速する機能を組み込みます。企業は、これらの事前に構築されたカスタムAI機能を活用して、より魅力的でパーソナライズされたインテリジェントエクスペリエンスを提供しています。Personalizer を 一般公開し、Vision、Speech、Language カテゴリに追加の高度な機能を導入することにより、Microsoft Build 2019 からの勢いを継続しています。共有する多くの進歩があるので、すぐに飛び込みましょう。

10 user experience updates to the Azure portal
  • Azure ポータルに対する10件のユーザー エクスペリエンスの更新
    • Microsoft では、Azure ポータルでのユーザー エクスペリエンスの向上に常に取り組んでいます。今回は以下の10件の更新を行っています。
      • ポータルホームエクスペリエンスの改善:焦点と明確性を高めて、あなたに関連するサービスとインスタンスを前面および中央に配置します。
      • 新しいサービスカード:各サービスに関連するコンテキスト情報を含む新しいサービスホバーカードを提供します。
      • 強化されたサービスブラウジングエクスペリエンス:サービスを段階的に開示することにより、ナビゲーションを簡素化します。
      • 拡張 Microsoft Learn 統合:エクスペリエンスの主要部分での無料トレーニングのコンテキスト統合を実施しました。
      • インスタンスブラウジングエクスペリエンスの向上:70を超えるサービスのエクスペリエンスを更新し、パフォーマンスを向上させ、フィルタリングと並べ替えのオプション、グループ化を改善し、リソースリストを CSV ファイルにエクスポートできるようにしました。
      • Azure リソースグラフの操作性の向上:リソースグラフの保存済みクエリを介してクエリを再利用および共有します。
      • Azure ダッシュボードの自動更新:ダッシュボードの自動更新間隔を設定します。
      • 改善されたサービスアイコン:新しいアイコンが再設計され、視覚的な一貫性が向上し、注意散漫性が減少しました。
      • 設定パネルの簡素化:一般設定とローカライズの分離が改善されました。
      • Azure Mobile アプリケーションの新しいランディングページ:重要な情報を提供する新しいランディングページが追加されました。

Serverless for the enterprise with Microsoft Azure
  • Microsoft Azure を使用する企業向けのサーバーレス
    • Microsoft Ignite では、コールドスタートとネットワーク分離のないサーバーレス機能、イベント駆動型自動化の PowerShell サポート、サーバーレスアプリ全体のシークレット管理の簡素化、統合監視機能、.NET Core 3 および Python 3.7 などの言語サポートの強化を発表します。これらの機能により、イベント駆動型アーキテクチャの恩恵を受けるターゲットシナリオのリストが拡張され、運用チームにサーバーレスがもたらされます。

New Azure investments deliver unprecedented performance for all your business-critical applications
  • 新しい Azure 投資は、ビジネスに不可欠なすべてのアプリケーションに前例のないパフォーマンスを提供します
    • 今週の Microsoft Ignite から、お客様のデジタル変革の旅をさらに強化する Azure インフラストラクチャの重要な機能強化に焦点を当てています。

Accelerating blockchain adoption in the enterprise
  • 企業におけるブロックチェーンの導入を加速
    • 私たちは、このアプローチが何度もお客様に共鳴するのを見てきました。Azure ブロックチェーンテクノロジーを活用した実世界の例は、航空会社の生産性と安全性を向上させるためにエンジン部品の系図を追跡する GE Aviation の次世代ブロックチェーンソリューションです。これを念頭に置いて、スタック全体でのブロックチェーンの採用を簡素化および加速するように設計された革新の波を発表します。

Simply unmatched, truly limitless: Announcing Azure Synapse Analytics
  • 比類のない、真の無限:Azure Synapse Analytics の発表
    • 本日、エンタープライズデータウェアハウジングとビッグデータ分析を統合する、無制限の分析サービスである Azure Synapse Analytics を発表します。サーバーレスのオンデマンドリソースまたはプロビジョニングされたリソースを大規模に使用して、条件に基づいてデータを自由に照会できます。Azure Synapse は、これら2つの世界を統合されたエクスペリエンスと結び付けて、即時のビジネスインテリジェンスおよび機械学習のニーズに合わせてデータを取り込み、準備、管理、および提供します。

Secure and compliant APIs for a hybrid and multi-cloud world
  • ハイブリッドおよびマルチクラウドの世界向けの安全で準拠した API
    • これらの問題に対処するために、Azure API Management などの製品が作成されました。すべての API を一元化された単一の場所で管理できるようにすることで、認証、承認、調整、変換のポリシーを課し、アプリケーションに関連付けられた API の使用状況を簡単に監視して、アプリケーションに必要な可視性を提供できます。

Enabling and securing ubiquitous compute from intelligent cloud to intelligent edge
  • インテリジェントクラウドからインテリジェントエッジまでのユビキタスコンピューティングの有効化とセキュリティ保護
    • Azure Networking の使命は、インテリジェントクラウドからインテリジェントエッジに配信および管理されるワークロードに対して、最も安全で信頼性の高いパフォーマンスの高いネットワークを提供することです。サービスをクラウドとエッジに接続して拡張し、保護し、最適なパフォーマンスで配信し、洞察に富んだ監視を提供できるように、引き続き革新を続けます。

Intel Optane DC Persistent memory, Azure NetApp Files, and Azure Ultra Disk for SAP HANA
  • Intel Optane DC 永続メモリ、Azure NetApp Files、および Azure HANA for SAP HANA
    • SAP との最近の優先クラウドパートナーシップにより、両社は、オンプレミスの SAP ERP から Azure のクラウド内の SAP S / 4HANA への移行のためのシンプルなパスをお客様に提供することを確約しています。Microsoft Azure を使用すると、顧客は将来に備えることができ、SAP の顧客にとって、ミッションクリティカルな SAP HANA および SAP S / 4HANA ワークロードをサポートするために、市場をリードするイノベーションを提供し続けることが約束されます。

What’s new with Azure Monitor
  • Azure Monitor の新機能
    • Microsoft Ignite 2018 では、インフラストラクチャ、アプリケーション、およびネットワークの監視を1つの統合されたサービスに統合し、アプリケーションの完全なスタック監視を提供するというビジョンを共有しました。

Azure services now run anywhere with new hybrid capabilities: Announcing Azure Arc
  • Azureサービスは、新しいハイブリッド機能でどこでも実行できるようになりました:Azure Arc の発表
    • 本日、Azure サービスと管理を任意のインフラストラクチャにもたらすことにより、お客様の新しいハイブリッドシナリオを解き放つ一連のテクノロジーである Azure Arc を発表します。Azure Arc は、本日よりプレビューで利用できます。

Companies of all sizes tackle real business problems with Azure AI
  • あらゆる規模の企業が Azure AI を使用して実際のビジネス上の課題に取り組む
    • 今日では、多くの AI イノベーションを通じ、組織は AI 導入のどの段階にいたとしても、組織のニーズに合う方法で簡単に AI を導入して活用することができます。製品の更新プログラムには、あらゆるスキルレベルの開発者やデータ サイエンティストの生産性を飛躍的に向上させる Microsoft Azure Machine Learning の新機能、AI アプリやエージェントの作成を簡素化する Microsoft Azure Cognitive Services や Microsoft Azure Bot Service の新しいイノベーション、ナレッジ マイニング アプリケーションの開発を可能にする Azure コグニティブ検索の新しい機能強化などが含まれています。

Accelerating customer success with Azure migration
  • Azure 移行による顧客の成功の加速
    • 2018年の Microsoft Ignite では、クラウドへの移行方法と、Azure がすべてのアプリ、データ、およびインフラストラクチャに最適な目的地である理由に関するベストプラクティスを共有しました。

Azure SQL Data Warehouse is now Azure Synapse Analytics
  • Azure SQL Data Warehouse が Azure Synapse Analytics になりました
    • 11月4日に、Azure SQL Data Warehouse の次の進化である Azure Synapse Analytics を発表しました。Azure Synapse は、エンタープライズデータウェアハウジングとビッグデータ分析を組み合わせた無限の分析サービスです。

Accelerating cloud-native application development in the enterprise
  • エンタープライズでのクラウドネイティブアプリケーション開発の加速
    • クラウドネイティブ開発のメリットを経験する組織は日々増えています。Azure Kubernetes Service(AKS)などの製品を使用すると、クラウドおよびエッジでの移植性を実現しながら、より復元力があり、動的にスケーラブルな分散アプリケーションを構築できます。何よりも、組織は Kubernetes とクラウドネイティブテクノロジーを使用して、セキュリティ、ガバナンス、コンプライアンスを重視する企業でのイノベーションをより迅速に行うことを望んでいます。私たちは耳を傾けてきましたが、Kubernetes と AKS を搭載したAzureでのクラウドネイティブアプリケーションの配信を加速するために設計されたいくつかのイノベーションを喜んで共有します。

Empowering developer velocity with the most complete toolchain
  • 最も完全なツールチェーンで開発者の速度を強化
    • マイクロソフトは、開発者と開発チーム向けに設計されたソリューションの提供に取り組んでおり、これらの各分野でのデジタル変革の旅をサポートします。

Delivering increased productivity for bot development and deployment
  • ボットの開発と展開の生産性の向上
    • 今週 Microsoft Ignite で、組織が堅牢な会話ソリューションを簡単に構築し、顧客がどこにいても展開できるように、製品の更新プログラムを発表しました。以下のハイライトの一部を共有しています。

New Azure Security Center and Azure platform security capabilities
  • 新しい Azure Security Center と Azure Platform のセキュリティ機能
    • Microsoft Ignite では、Azure Security Center とAzure Platform を使用してセキュリティを向上させるためにチームが構築した多くの新しい機能を共有しています。新しいイノベーションの長いリストがあります。このブログでは、一般的な方向性を示し、お気に入りの新機能のいくつかをまとめています。詳細については、Azure Security Center コミュニティの投稿ですべての詳細を読むことができます。

Expanding the Azure Stack portfolio to run hybrid applications across the cloud, datacenters, and the edge
  • Azure Stack ポートフォリオを拡張して、クラウド、データセンター、エッジ全体でハイブリッドアプリケーションを実行する
    • 今日、Azure Stack ポートフォリオの新しい投資、機能、フォームファクターを共有できることを嬉しく思います。これにより、エッジインフラストラクチャがお客様のソリューションにシームレスに適合します。本日のニュースで、Azure Stack は、Azure Stack HCI、Azure Stack Hub(以前の Azure Stack)、および Azure Stack Edge(以前の Azure Data Box Edge)で構成される製品ポートフォリオを含むように拡張されます。


Enterprise Mobility + Security より

Modern management and security principles driving our Microsoft Endpoint Manager vision
  • Microsoft Endpoint Manager のビジョンを推進する最新の管理およびセキュリティの原則
    • このドキュメントでは、組織が一般的に適切に管理されている Windows PC の定義とパスに重点を置いて、IT 組織がすべてのデバイスにわたってこのモダンワークプレイスを提供、管理、およびセキュリティで保護する方法に関する Microsoft のビジョンを説明します。

Microsoft Cloud App Security news at Ignite 2019
  • Ignite 2019 の Microsoft Cloud App Security ニュース
    • Ignite は毎年マイクロソフトにとって重要な瞬間の1つであり、エキサイティングな機能の発表と製品の発売が満載です。Ignite 2018 以来、Microsoft Cloud App Security の100を超える新しい機能と更新プログラムをリリースし、顧客ベースの信じられないほどの成長を確認し、主要なアナリスト企業から繰り返し認められました。

Microsoft Intune brings mobile threat defense to unenrolled BYO devices
  • Microsoft Intune 未登録の BYO デバイスにモバイル脅威防御を提供
    • マイクロソフトは、モバイルリスク防御ベンダーとのデバイスリスクベースのアプリ保護統合を、Bring-your-own(BYO)デバイスユーザーやデバイス自体が管理されていない他のユーザーが利用できるようになったことを発表します。パートナーと緊密に連携して、エンドユーザーデバイスでのセットアップのためのシームレスで直感的なエクスペリエンスを作成しました。

Microsoft Intune announces powerful new reporting framework
  • Microsoft Intune 強力な新しいレポートフレームワークを発表
    • Microsoft Intune において、組織が従業員のエクスペリエンスを向上させるのに役立つ強力な新しいレポートフレームワークを発表しました。Intune のレポートデータの力をより活用できるように、レポートの分類、構成、機能をアップグレードしました。これにより、組織全体のエンドポイントの健全性とアクティビティをより効果的に監視できます。

Behind the scenes: How Microsoft and Google work together for customers on Android Enterprise
  • 舞台裏:Microsoft と Google が Android Enterprise の顧客のためにどのように連携するか
    • お客様は、選択したエンドポイントで優れた Microsoft 365 エクスペリエンスを求めています。Android Enterprise に関しては、Microsoft と Google は多くのレベルで緊密に連携して、今日最高のモビリティソリューションの1つを提供しています。Microsoft と Google のコラボレーションは驚くかもしれませんが、私たちは Android デバイスで相互の顧客を成功させ、生産的にすることに焦点を合わせています。

Privacy gets a boost with support for Apple User Enrollment in Microsoft Endpoint Manager
  • Microsoft Endpoint Manager の Apple User Enrollment サポートにより、プライバシーが向上
    • Microsoft は、ユーザー登録を使用して、iOS および iPadOS でのクラス最高の BYOD サービスを強化します。Apple は、いくつかの目標を達成するために設計された iOS 13.1 および iPadOS の新しいタイプの軽量登録としてユーザー登録を導入しました。つまり、重要なデバイス登録機能で IT が企業データを安全に保ち、個人用デバイスのエンドユーザーのプライバシーを保護する方法です。Intune アプリ保護ポリシーによって提供されるデータ保護により Apple のユーザー登録を拡張し、エンドユーザーの信頼とプライバシーを維持しながら、IT が最も重要なデバイス管理機能を使用できるようになりました。


Intune Customer Success より


Microsoft Edge Mobile Support for Conditional Access and Single Sign-on Now Generally Available
  • 条件付きアクセスおよびシングルサインオンに対する Microsoft Edge Mobile のサポートが一般提供開始
    • 4月に Microsoft Enterprise Mobility + Security は、iOS および Android で Microsoft Edge の条件付きアクセス保護とシングルサインオンが公開プレビューされたことを発表しました。それ以来、環境を保護するためにこの機能を展開することにお客様は大きな成功を収めており、この機能の一般提供を望まれていました。4月に書いたように、この統合により、Microsoft Edge を展開するときに管理機能が拡張されます。iOS および Android の条件付きアクセスを備えた Microsoft Edge により、ユーザーは、以前に Intune Managed Browser を必要としていたのと同じアプリケーション管理およびセキュリティ機能を使用して、Office 365 および Azure Active Directory を使用するすべての Web アプリに簡単かつ安全にアクセスできます。


Official Microsoft Blog より

Bringing autonomous systems to engineers: Taking a leap from the digital world of games to the real world
  • 自律システムをエンジニアにもたらす:ゲームのデジタル世界から現実の世界への飛躍
    • 今日、私たちはデータ駆動型人工知能(AI)の時代に生きています。そこでは、マシンインテリジェンスシステムが何億もの試行やトレーニングエピソードを考慮することで困難な問題を解決します。過去でもコミュニティによって困難すぎると考えられていた認識と意思決定の困難な問題は、強化学習(RL)などの手法を使用して今日ではうまく解決されています。

Microsoft Ignite 2019: Delivering secure and intelligent tools and services for the enterprise
  • Microsoft Ignite 2019:エンタープライズ向けの安全でインテリジェントなツールとサービスの提供
    • Microsoft Ignite は、参加者がビジネスを前進させるのに役立つインスピレーション、トレーニング、および接続だけでなく、エンタープライズテクノロジーの将来を包括的に確認する場所です。素晴らしい一週間になるでしょう!


Windows Server Blog より

Announcing the general availability of Windows Admin Center, version 1910
  • Windows Admin Center バージョン 1910 の一般提供を発表
    • 本日、Windows Admin Center バージョン 1910 の一般提供を発表します。サーバー管理者は既に300万台を超えるサーバーを管理する Windows Admin Center を信頼しており、本リリースでは、リモート管理を容易にする新しい機能を提供していますサーバーの作業負荷を軽減し、ハイブリッドサーバー環境のクラウドサービスを活用します。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。
>

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録