クラウドエンジニアブログ

【定期便】10/28週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/10/28-2019/11/3)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Event Grid on IoT Edge is now available in preview
  • IoT Edge の Event Grid がプレビューで利用可能になりました
    • IoT Edge の Event Grid を使用すると、非接続環境またはハイブリッドセットアップ用に作成されたソリューションでイベント駆動型アーキテクチャを採用でき、非クラウド環境に強力なクラウドアプリケーションパターンをもたらします。

The unique identifier for your Azure billing account has changed
  • Azure 課金アカウントの一意の識別子が変更されました
    • 請求先アカウントの一意の識別子が変更されました。これは、Microsoft との請求関係を識別するために使用されます。この変更は、Microsoft との Microsoft Customer Agreement に基づくアカウントにのみ影響します。EnterpriseAgreement などの他の契約には影響しません。

Azure Monitor's Service Map is now available in South Central US, West US, Central US, North Central US, East Asia, and Central India
  • Azure Monitor のサービスマップは、米国中南部、米国中西部、米国中部、米国中北部、東アジア、インド中部で利用可能になりました
    • Azure Monitor のサービスマップ機能は、米国中南部、米国中西部、米国中部、米国中北部、東アジア、インド中部で利用できるようになりました。

Azure Blob Storage on IoT Edge integration with Event Grid in preview
  • IoT Edge での Azure Blob Storage と Event Grid のプレビューの統合
    • IoT Edge の Azure Blob Storage は、IoT Edge の Event Grid(プレビュー)と統合できるようになり、他のモジュールがローカルで BLOB の作成や削除などのイベントに対応できるようになりました。

Azure Sphere will be generally available in February 2020
  • Azure Sphere は2020年2月に正式リリースされる予定です。
    • Azure Sphere は2020年2月に正式リリースされる予定です。一般公開は、当社のセキュリティの約束を大規模に果たし、マイクロソフトの専門知識の力を顧客のために毎日働かせる準備ができていることを示します。

Azure API Management update—October 2019, #2
  • Azure API Management アップデート - 2019年10月 #2
    • 通常の Azure API Management サービスの更新は2019年10月25日に開始され、新機能、バグ修正、変更、改善が含まれました。更新を徐々に展開し、アクティブなすべての API Management サービスインスタンスがそれらを受信するのに1週間以上かかります。

Azure Monitor for VMs is now available in South Central US, West US, Central US, North Central US, East Asia, and Central India regions
  • VM 向け Azure Monitor は、米国中南部、米国西部、米国中部、米国中部北部、東アジア、インド中部で利用可能になりました
    • VM 向け Azure Monitor(プレビュー)は、米国中南部、米国西部、米国中部、米国中北部、東アジア、インド中部で利用できるようになりました。これには、パフォーマンスおよびマップ機能が含まれます。

New Azure IoT Central features available
  • 利用可能な新しい Azure IoT Central 機能
    • IoT Solutions World Congress では、ソリューションビルダーが IoT プロジェクトを概念実証から実稼働レベルに移行できるように設計されたいくつかの新しい Azure IoT Central 機能を発表しました。


Microsoft Azure Blog より

Preview: Server-side encryption with customer-managed keys for Azure Managed Disks
  • プレビュー:Azure Managed Disks の顧客管理キーによるサーバー側の暗号化
    • 本日、Azure 管理ディスクの顧客管理キー(CMK)を使用したサーバー側暗号化(SSE)のプレビューを発表しました。

TensorFlow 2.0 on Azure: Fine-tuning BERT for question tagging
  • Azure の TensorFlow 2.0:質問のタグ付けのための BERT の微調整
    • このブログでは、TensorFlow モデルの構築、トレーニング、および展開を Azure が合理化できる方法のいくつかを取り上げます。このブログを読むことに加えて、Azure で TensorFlow 2.0 を使用して、質問に自動的にタグを付けるために BERT(Transformer の双方向エンコーダー表現)モデルを微調整する方法を示すデモをご覧ください。

Enabling Diagnostic Logging in Azure API for FHIR®
  • FHIR の Azure API で診断ログを有効にする
    • 診断ログへのアクセスは、規制要件(HIPAA など)に準拠することが必須である医療サービスにとって不可欠です。これを実現する Azure API for FHIR の機能は、Azure Portal UI の診断設定です。Azure 診断ログの仕組みの詳細については、Azure 診断ログのドキュメントを参照してください。

Rain or shine: Azure Maps Weather Services will bring insights to your enterprise
  • 雨か晴れか:Azure Maps Weather Services は企業にインサイトをもたらします
    • Azure Maps は、Azure のお客様がアプリケーションに統合するための新しい Weather Services セットのプレビューを発表しました。また、Azure Maps は、世界で最も正確な天気予報と警告のソースとして認識され、文書化されている主要な気象サービスプロバイダーである AccuWeather とのパートナーシップを発表しました。

Azure Cost Management updates – October 2019
  • Azure Cost Management の更新 - 2019年10月
    • 私たちは、お客様の課題と、コスト管理がクラウドのどこでコストが発生しているのかをよりよく理解し、悪い支出パターンを特定して防止し、コストを最適化してより少ないリソースでより多くのことを行えるようにする方法を常に探しています。

Building retail solutions with Azure IoT Central
  • Azure IoT Central を使用した小売ソリューションの構築
    • Azure IoT Central は、ソリューションビルダー向けの IoT アプリプラットフォームであり、スケーラブルで手頃な価格のエンタープライズグレード IoT アプリケーションの構築と展開の課題を簡素化します。小売業界全体で、ビジネスパフォーマンスを実現するための接続デバイスの使用は、引き続き人気が高まっています。新しいソリューションは、メーカー、サプライチェーン、倉庫、店舗の棚を所有者、運営者、顧客に刺激的な新しい方法で接続することにより、ビジネスモデルの変革を加速しています。本日は、小売業界での IoT に対する姿勢について説明するとともに、Azure IoT Central で素晴らしいソリューションを構築しているパートナーのほんの一部について説明します。

Customize networking for DR drills: Azure Site Recovery
  • DR ドリルのネットワークのカスタマイズ : Azure Site Recovery
    • Azure Site Recovery では、フェールオーバー設定に関係なく、テスト フェールオーバー用のネットワーク構成のカスタマイズがサポートされるようになりました。

Customer success stories with Azure Backup: Metori Capital Management
  • Azure Backup によるお客様の成功事例 : Metori Capital Management
    • 継続的な顧客サクセスストーリーシリーズの一環として、パリに拠点を置く資産管理会社のメトリキャピタルは、Azure Backup を使用して長年にわたってデータと資産をセキュリティで保護してきた方法について Azure Backup のストーリーを共有しました。

New in Stream Analytics: Machine Learning, online scaling, custom code, and more
  • Stream Analytics の新機能 : 機械学習、オンラインスケーリング、カスタムコードなど
    • Azure Stream Analytics は完全に管理された Platform as a Service(PaaS)であり、リアルタイムのインサイトを活用した数千のミッションクリティカルな顧客アプリケーションをサポートします。他の多くの Azure サービスとすぐに使用できる統合により、開発者とデータエンジニアは、数分で高性能のホットパスデータパイプラインを構築できます。Stream Analytics の重要な教義には、使いやすさ、開発者の生産性、エンタープライズ対応が含まれます。本日、これらの重要な教義をさらに強化するいくつかの新機能を発表します。

Azure IoT Central: Democratizing IoT for all solution builders
  • Azure IoT Central : すべてのソリューション ビルダーの IoT の民主化
    • 何千もの IoT のお客様と協力してきた Microsoft のエンジニアは、このような問題に何度も遭遇してきました。私たちはそこから学習し、Azure IoT Central を進化させて、多くのプロジェクトが概念実証の段階を乗り越えられない原因となっている一般的な落とし穴を、ソリューション ビルダーが回避できるようにしました。これらの発見は、新しいレポート「IoT ソリューションを成功に導く8つの属性」で説明しています。このレポートは、IoT ソリューション ビルダーが、システムを設計するときに事前に適切な質問をして、適切なテクノロジ プラットフォームを選ぶ際に役立ちます。

Disaster recovery for SAP HANA Systems on Azure
  • Azure 上の SAP HANA システムのディザスター リカバリー
    • このブログでは、SAP S / 4HANA ランドスケープでクラス最高の復旧ポイント目標(RPO)と復旧時間目標(RTO)を達成するために、企業顧客向けに災害復旧(DR)をセットアップするための設計、技術、および推奨事項について説明します。

Advancing industrial IoT capabilities in Azure Time Series Insights
  • Azure Time Series Insights で産業用 IoT 機能を強化する
    • 昨年末に、トレンドの数十年のデータに対応するスケーラブルな時系列ストレージ、ドメイン固有のメタデータを説明するセマンティックモデルのサポート、拡張された分析 API と UX を備えた産業用 IoT 分析プラットフォームの基本的な機能のプレビューを発表しました。私たちは、この分析プラットフォームの力を基に、豊富さと柔軟性を追加する新しい機能を追加し、エンタープライズ IoT のお客様に新しいシナリオを提供しています。

Automated machine learning and MLOps with Azure Machine Learning
  • Azure Machine Learning による自動機械学習と MLOps
    • Azure Machine Learning は、新しいモデルの作成、モデルの展開、モデルリポジトリの管理、または機械学習用の CI/CD パイプライン全体の自動化など、Azure での機械学習のすべての中心です。最近、Azure Machine Learning で驚くべき発表を行いました。この投稿では、機械学習プラットフォームを選択する際にビジネスで考慮する必要がある最も魅力的な 2つの機能について詳しく見ていきます。

How Hanu helps bring Windows Server workloads to Azure
  • 顧客が Windows Server ワークロードを実行するために Azure を選択する理由:Microsoft パートナーの観点
    • 最近、Hanu の最高戦略責任者である Dave Sasson と話をして、Windows Server の顧客がクラウドに移行する理由と、Azure を選択する理由について詳しく学びました。のブログでいくつかの重要な抜粋を紹介します。


Enterprise Mobility + Security より

Now available: Set up student and teacher devices with Windows Autopilot in Intune for Education
  • 現在利用可能:Intune for Education で Windows Autopilot を使用して生徒と教師のデバイスをセットアップ
    • Windows Autopilot はクラウドベースのプロビジョニングテクノロジーであり、IT 部門の介入をほとんど必要とせずに合理化されたデバイスセットアッププロセスを提供します。学校の IT 部門の主な利点には次のものがあります。
      • 簡単なデバイスセットアップ:生徒は各デバイスの電源をオンにしてインターネットに接続し、サインインするだけです。Windows Autopilot はクラウドからデバイスを自動的に構成し、教室で使用できるようにします。
      • 大規模な展開での時間とコストの節約: Windows Autopilot を使用すると、学生と教師はデバイスを自分でプロビジョニングできます。IT 部門は、大規模な倉庫でプロビジョニングをセットアップする必要がなくなり、学生 PC をセットアップするために技術者を雇う必要がなくなります。
      • 常に最新の状態: USB 上のカスタムイメージとプロビジョニングパッケージはすぐに古くなる可能性があります。Windows Autopilot を使用すると、学生の PC は常に最新の Intune ポリシーとアプリで構成されます。
      • 簡単なリセット: IT 管理者は、Intune for Education からオートパイロットリセットをリモートで実行して、問題のある生徒の PC をすばやくリセットし、生徒の生産性を回復できます。すべてのアプリ、設定、およびユーザーデータは削除されますが、デバイスは Azure AD および Intune に登録されたままです。デバイスがワイプされると、学生の PC は自動的に最新の Intune ポリシーを受け取り、教室で使用できるようになります。

Introducing dark mode on Microsoft Intune Company Portal for iOS
  • iOS 用 Microsoft Intune Company Portal でダークモードを導入
    • Microsoft Intune Company Portal が iOS デバイスでダークモードをサポートするようになったことを発表しました。


Intune Customer Success より

Introducing Endpoint Security node within the improved Microsoft Device Management experience
  • 改善された Microsoft デバイス管理エクスペリエンスに含まれる Endpoint Security ノードの紹介
    • Microsoft Device Management 管理センター内で、ナビゲーションの上位階層にエンドポイントセキュリティと呼ばれる新しいノードを導入しています。このノード内で、管理者は次の機能をグループ化することにより、ノードと異なる管理センターを切り替えることなく生産性を維持できます。
      • すべてのデバイス:管理する登録済みデバイスのリストを表示します。デバイスを選択すると、ハードウェアの詳細、インストール済みアプリ、コンプライアンスポリシーのステータスなど、そのデバイスに関する追加の詳細が表示されます
      • セキュリティベースライン:マイクロソフトが推奨する既知の設定グループとデフォルト値を適用するのに役立つ、事前設定された設定グループ
      • セキュリティタスク:Microsoft Defender ATP の脅威と脆弱性管理(TVM)を活用し、Intune を使用してエンドポイントの脆弱性を修正します
      • デバイスコンプライアンス:ユーザーとデバイスが準拠するために満たさなければならないルールと設定を定義するポリシー
      • 条件付きアクセス:会社のリソースへの接続を許可されているデバイスとアプリを制御できるポリシー
      • Microsoft Defender ATP: Microsoft Defender Advanced Threat Protection(ATP)を統合して、セキュリティ侵害を防ぎます

Support Tip: Intune & Ignite 2019
  • サポートのヒント: Intune & Ignite 2019
    • Intune サポートのチームは Ignite に参加しショーフロアのブースで Intune のサポートケースやトラブルシューティングの質問に喜んでお答えします。


Official Microsoft Blog より

Unlocking opportunities in the next frontier of IoT
  • IoT の次のフロンティアにおけるチャンスを解放
    • 今週の IoT Solutions World Congress では、顧客の旅をさらに簡素化し、高度に保護された IoT ソリューションを提供する新機能を発表します。これらのソリューションは、顧客が IoT をコア戦略として採用し、ビジネス成果を向上させ、安全性を向上させ、次のような社会問題に対処するのに役立ちます。
      • 機器の故障の予測と防止
      • スペース利用とエネルギー管理のためのスマートビルディングの最適化
      • 患者の転帰(治療成績)と労働者の安全性の改善
      • 常に最適化されているサプライチェーン全体で資産を追跡


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録