クラウドエンジニアブログ

【定期便】10/21週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/10/21-2019/10/27)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。

Azure の更新情報より

Azure Service Fabric 6.5 fifth refresh release
  • Azure Service Fabric 6.5 5回目の更新リリース
    • Azure Service Fabric 6.5 5回目の更新リリースには、バグ修正とパフォーマンスの強化が含まれています。Service Fabric ランタイム、.NET SDK、およびJava SDK の更新は、すべての Azure リージョン内で7〜10日以内に、Web Platform Installer、NuGet パッケージ、および Maven リポジトリから入手できます。

Process Automation Watcher meter ID changes
  • Process Automation Watcher メーター ID の変更
    • 2019年12月1日より、Process Automation Watcher 用のメーター ID が変更されます。

Azure Notification Hubs updates for iOS 13
  • iOS 13向けの Azure Notification Hubs の更新
    • 開発者は、Azure Notification Hubs を介して通知を送信するアプリケーションでこのヘッダーを設定する必要があります。技術的な制限により、顧客は、この属性を含むリクエストで APNS 資格情報にトークンベースの認証を使用する必要があります。APNS 資格情報に証明書ベースの認証を使用している場合は、トークンベースの認証の使用に切り替える必要があります。

Cost Management Preview Features October 2019
  • コスト管理のプレビュー機能2019年10月
    • 2019年10月の時点でプレビューされているコスト管理機能は次のとおりです。
      • 予測
        • Azureコストの予測
        • Azure+AWSコストの予測
      • クロスクラウド
        • AWSコストデータをACMにインポートする
        • 予算内のAWSコストに関するアラート
        • コスト分析でAWSデータを分析する

Azure Mv2-series VMs with 12TB memory now GA in US West 2, US East & US East 2 regions
  • 米国西部2、米国東部、および米国東部2リージョンで 12TB メモリを搭載した Azure Mv2 シリーズ VM がGA
    • 12TB メモリを搭載した Azure Mv2 シリーズの仮想マシンは、米国西部2、米国東部、米国東部2のリージョンで一般利用可能になりました。Azure Mv2 シリーズの仮想マシンはハイパースレッドの Intel Xeon Platinum 8180M 2.5GHz(Skylake)プロセッサーを搭載し、3TB、6TB、12TB のメモリ構成で最大416個の vCPU を提供します。これは、Azure で提供される最大のメモリ仮想マシンです。Mv2 シリーズの仮想マシンは、比類のない計算パフォーマンスを提供し、SAP HANA や SQL Hekaton などの大規模なメモリ内データベースとワークロードをサポートします。

Batch API for Blob Storage
  • Blob Storage 用バッチ API
    • Azure Blob Storage のバッチ API のパブリックプレビューが利用可能になり、Blob ストレージに対して複数の同時 API リクエストを行うアプリケーションの開発が簡素化されました。バッチ API は、クライアントが要求を開いて管理し、配布する必要がある接続の数を減らし、アプリケーションのパフォーマンスを向上させます。Blob Batch REST API を使用すると、複数の API 呼び出しを単一の HTTP 要求に埋め込むことができます。バッチリクエスト内の個々のサブリクエストは、1つのトランザクションとしてカウントされます。さらに、バッチ REST リクエストは1つのトランザクションとしてカウントされます。したがって、サイズ100のリクエストのバッチがある場合、合計101のトランザクションがあります。バッチ要求に対してサーバーから返される応答には、バッチ内の各サブ要求の結果が含まれます。

Cost Management features available as of October 2019
  • 2019年10月時点で利用可能なコスト管理機能
    • 2019年10月時点で一般利用可能なコスト管理機能を次にします。
      • コスト分析
        • Azure ポータルでコストを分析する
        • コスト分析で作成されたカスタムビューを保存する
        • タグ別にコストを分析する
        • ビューを Azure ダッシュボードにピン留めする
      • 予算
        • Azure ポータルで予算を作成してアラートを取得する
        • 予算と請求範囲を作成する
        • アクショングループを使用して予算のしきい値に違反した場合の自動化のトリガー
        • API を介して予算を作成し、コスト分析でサポートされるすべてのコストディメンションに基づいてフィルターを適用します
        • Azure ポータルで予算を作成してフィルターを適用する
        • 予測コストに基づいて予算の推奨事項を受け取る
      • エクスポート
        • コストデータをBLOBストレージにエクスポートする
        • EA / Web Directチャネルの管理グループスコープでエクスポートを作成します
      • パブリック API
        • EAのコミットメント残高とコストの概要を表示する
        • 特定の期間のすべての使用状況の詳細レポートを表示します
      • カスタマーチャネルサポート
        • エンタープライズオファーサポート
        • Web Direct / Pay-As-You-Go オファーサポート
        • 最新の顧客契約の提供サポート
        • EAオファーに対する政府のサポート
      • PowerBI コネクタ
        • EA のお客様向けのコネクタ
        • 現代の顧客契約のお客様向けのコネクタ
      • タグ
        • ACM で利用可能なリソースのタグ
        • リソースへのリソースグループタグの継承

Changes are coming to the Azure Sphere SDK in the next release
  • 次のリリースで Azure Sphere SDK に変更が加えられます
    • Azure Sphere SDK の次のリリースでは、コミュニティからのすばらしいフィードバックに応えて大幅な機能強化が行われます。既に Azure Sphere を使用している場合は、適応するためにいくつかの手順を実行する必要があります。

Azure Resource Graph—New join support functionality is now available
  • Azure Resource Graph - 新しい結合サポート機能が利用可能になりました
    • Azure Resource Graph は結合機能をサポートするようになり、リソースとそのプロパティを相互に関連付けられるようになり、Azure 環境のより高度な調査が可能になりました。異なるリソースタイプとそれらのプロパティを組み合わせて、リソース間の関連プロパティに基づいて、より豊富な結果を取得するために使用します。

Azure Mv2-series VMs offering up to 12TB memory are now GA in the Southeast Asia Region
  • 最大 12TB のメモリを提供する Azure Mv2 シリーズの VM が東南アジア地域で GA
    • 東南アジアリージョンで、最大 12TB のメモリを搭載した Azure Mv2 Virtual Machines が一般利用可能になりました。Azure Mv2 シリーズの仮想マシンはハイパースレッドであり、Intel Xeon Platinum 8180M 2.5GHz(Skylake)プロセッサーを搭載し、3TB、6TB、12TB のメモリ構成で最大416個の vCPU を提供します。これは、Azure で提供される最大のメモリ仮想マシンです。Mv2 シリーズの仮想マシンは、比類のない計算パフォーマンスを提供し、SAP HANA や SQL Hekaton などの大規模なメモリ内データベースとワークロードをサポートします。

Update 19.10 for Azure Sphere public preview now available for evaluation
  • Azure Sphere パブリックプレビュー アップデート 19.10 の評価利用可能になりました
    • Azure Sphere パブリックプレビュー 19.10 の品質リリースは、リテール評価フィードから入手できるようになりました。リテール評価は、下位互換性テストを目的としています。リテール評価フィードを使用して、製品リリースに広く展開する前に、新しいリリースに対してアプリケーションを検証します。

Azure API for FHIR and Our Growing Ecosystem of Partners
  • FHIR 向けの Azure API と成長を続けるパートナーのエコシステム
    • FHIR 向けの Azure API は、すべての Azure のお客様に一般提供されています。さらに魅力的なのは、サービスで構築するソリューションです。Azure API for FHIR を中心に構築されたエンドツーエンドソリューションの場合に、データが「記録システム」から「エンゲージメントシステム」にどのように流れるかをご紹介します。

Azure Monitor meter name changes
  • Azure Monitor メーター名の変更
    • 2019年12月1日から、Azure Monitor カスタムメトリックのメーター名が変更されます。

Virtual Machines Dav3 Eav3 meter name changes
  • 仮想マシン Dav3 Eav3 メーターの名前変更
    • 2019年12月1日より、仮想マシン Eav3/Easv3 および Dav3/Dasv3 シリーズのメーター名が変更されます。

IoT Hub device streams new preview regions
  • IoT Hub デバイス ストリームを新しいリージョンでプレビュー
    • 北ヨーロッパと東南アジアの2つの新しい地域で IoT Hub デバイスストリームが利用できるようになりました。これらの地域で IoT Hub をご利用のお客様は、デバイスストリームを活用して、サポートされているシナリオの IoT デバイスと通信できます。

Azure Mv2-series VMs offering up to 12TB memory are now GA in EU West and EU North regions
  • 最大 12TB のメモリを提供する Azure Mv2 シリーズ VM が、EU 西部および EU 北部リージョンで GA
    • 最大 12TB のメモリを搭載した Azure Mv2 仮想マシンは、EU 西部および EU 北部リージョンで一般利用可能になりました。Azure Mv2 シリーズの仮想マシンはハイパースレッドであり、Intel Xeon Platinum 8180M 2.5GHz(Skylake)プロセッサーを搭載し、3TB、6TB、12TB のメモリ構成で最大416個の vCPU を提供します。これは、Azure で提供される最大のメモリ仮想マシンです。Mv2 シリーズの仮想マシンは、比類のない計算パフォーマンスを提供し、SAP HANA や SQL Hekaton などの大規模なメモリ内データベースとワークロードをサポートします。

Azure Cost Management features in development—October 2019
  • 開発中の Azure コスト管理機能 - 2019年10月
    • 新しい Azure コスト管理機能は現在開発中であり、今後数か月以内に利用可能になる予定です。

VNet Gateway meter name changes
  • VNet Gateway メーターの名前の変更
    • 2019年12月1日より、VNet Gateway 標準、高性能、超高性能のメーター名が変更されます。この変更による価格への影響はありませんが、名前に依存する課金ルーチンを変更する必要があります。


Microsoft Azure Blog より

October 2019 unified Azure SDK preview
  • 2019年10月の統合 Azure SDK プレビュー
    • 10月のプレビューライブラリを入手して試してみてください。要求の厳しいパフォーマンスシナリオを投げたり、他のサービスと統合したり、問題のデバッグを試みたり、一般的にシナリオを構築して見つけたものをお知らせください。

Introducing Corda Enterprise on Azure Blockchain Service
  • Azure Blockchain Service による Corda Enterprise の紹介
    • Azure の Blockchain に関するミッションの中心はお客様に選択肢と柔軟性を提供することです。本日、管理された Corda Enterprise を Azure Blockchain Service に導入すること発表しました。

Start building with Azure Cognitive Services for free
  • 無料の Azure Cognitive Services でアプリの構築を開始
    • Azure 無料アカウント ユーザーが新たに利用できる、最新の AI サービスを使用して、無償で革新を行います。これまで AI 搭載アプリを構築するためにコグニティブサービスを使用している130万人の開発者の仲間入りをしましょう。

Leverage Azure premium file shares for high availability of data
  • データの高可用性のために Azure Premium ファイル共有を活用する
    • 本日、Azure Premium ファイル共有を使用した SQL Server フェールオーバークラスターを使用した SQL Server 高可用性の新しいオプションを発表します。Premium ファイル共有は、Windows Server 2012 以上で動作する SQL Server 2012 以降の SQL Server フェールオーバークラスターインスタンスでの使用が完全にサポートされている、ソリッドステートドライブでバックアップされた一貫した低遅延ファイル共有です。

Gain on OLTP price-performance with Azure SQL Virtual Machines
  • Azure SQL 仮想マシンで OLTP の価格パフォーマンスを向上させる
    • Azure は、幅広い Azure Virtual Machine シリーズと Azure Disk オプションを備えた Azure Virtual Machines(VM)上の SQL Server により、ワークロードに多くの価格性能比の利点をもたらします。 Premium Disks の大きな IOPS 容量に加えて、Azure Blobcache は、重要な追加の高性能 I / O 容量を Azure Virtual Machine に無料で追加できるため、ミッションクリティカルな OLTP ワークロードにとって大きな価値があります。

Azure API for FHIR® moves to general availability
  • FHIR 用 Azure API が一般提供
    • Microsoft は、ネイティブ FHIR 形式で医療データを取り込み、保持し、管理する完全に管理されたファーストパーティサービスを備えた最初のクラウドになりました。FHIR 向けの Azure API は、すべての Azure のお客様に一般公開されています。


Enterprise Mobility + Security より

Microsoft Intune rolls out an improved, streamlined endpoint management administration experience
  • Microsoft Intune エンドポイント管理の管理エクスペリエンスを強化
    • 過去数か月にわたって、Microsoft は IT 専門家と重要な調査を実施し、どこで最も影響を与えることができるかを確認しました。その調査からフィードバックを受け取り、Microsoft Intune の IT 管理者エクスペリエンスの強化を設計しました。これらの変更と改善は、https://devicemanagement.microsoft.com で公開されています。


Intune Customer Success より

Support for SCEP certificates in Android Enterprise dedicated devices
  • Android Enterprise 専用デバイスで SCEP 証明書のサポート
    • Intune は、Wi-Fi プロファイルへの証明書ベースのアクセスを有効にする Android Enterprise 専用デバイスに SCEP デバイス証明書の展開のサポートを追加しています。この機能をサポートするために、専用デバイスのユーザー エクスペリエンスと登録の変更について、ご注意ください。

Intune Troubleshooting 101
  • Intune のトラブルシューティング101
    • Intune のトラブルシューティング プログラム マネージャとして、トラブルシューティング機能に対する認識を高めるために、現在の状況を説明したいと思います。また、私たちが行っている改善点を共有します。この対話を通じて、トラブルシューティングの行き先をより良く知り、あなたの経験やフィードバックを発信するためのフォーラムを提供します。


Official Microsoft Blog より

Microsoft acquires Mover to simplify and speed file migration to Microsoft 365
  • Microsoft は Mover を買収して、Microsoft 365へのファイル移行を簡素化および高速化しました
    • 現在、Mover は、Box、Dropbox、Egnyte、Google Drive などの12を超えるクラウドサービスプロバイダーから OneDrive と SharePoint への移行をサポートしており、Office アプリや Microsoft Teams などの Microsoft 365アプリやサービス間でシームレスなファイルコラボレーションを可能にします。また、Mover チームは、深い専門知識と移行テクノロジーを提供し、あらゆる規模の組織に適切なツール、人材、パートナーを活用して Microsoft クラウドに正常に移行するという Microsoft の取り組みを推進しています。

Customers are shaping industries in groundbreaking ways: How the cloud is democratizing digital to unlock a new wave of innovation
  • 顧客が革新的な方法で産業を形成する:クラウドがデジタルを民主化し、新しいイノベーションの波を解き放つ方法
    • 私は今年デジタルの民主化についてたくさん話してきました。それは、すべての人がデジタル体験をすることを可能にし、誰もがデジタル経済に参加できるようにすることです。この傾向は大規模であり、ビジネスおよび社会への広範な影響があります。これは今月初めにワシントン DC で開催された Microsoft Government Leaders Summit で明らかでした。そこで、連邦政府機関や部門のリーダーと会い、クラウドコンピューティングと人工知能(AI)がどのように新しいレベルのイノベーションを提供し、市場や業界全体に影響を与えているかを話し合いました。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。
>

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録