クラウドエンジニアブログ

【定期便】9/23週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/9/23-2019/9/29)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。

Azure の更新情報より

Extending the retirement date for Scheduler to December 31, 2019
  • Azure Scheduler の廃止日を2019年12月31日まで延長
    • お客様からのフィードバックとご要望に基づき、2019年9月30日から2019年12月31日まで、Azure Scheduler のサービス廃止期限を延長します。Scheduler で構成したジョブを引き続き使用するには、Azure Logic Apps に移行してください。

Azure Security Center—Control container security recommendation using Azure Policy
  • Azure Security Center - Azure Policy を使用してコンテナー のセキュリティ推奨事項を制御する
    • コンテナー セキュリティの脆弱性を修復するための Azure Security Center の推奨事項は、Azure Policy を使用して有効または無効にできるようになりました。

Azure Sphere Preview—Update 19.09 is now available for evaluation
  • Azure Sphere Preview — 評価版アップデート19.09が利用可能になりました
    • Azure Sphere プレビュー19.09機能リリースは、Retail フィードから入手できるようになりました。Retail 評価版は、下位互換性テストを目的としています。

Azure Security Center—1-click remediation for security recommendations is now available
  • Azure Security Center : セキュリティに関する推奨事項を1回クリックで改善できるようになりました。
    • セキュリティ問題の修正を簡素化し、サブスクリプションの安全なスコアを迅速に改善するために、Security Center では、シングルクリックで複数のリソースの推奨事項を修正できるようになりました。

Data Factory supports copying data into Azure Database for PostgreSQL
  • Data Factory は、Azure Database for PostgreSQL へのデータのコピーをサポートしています
    • Azure Data Factory は、Azure Database for PostgreSQL をシンクとしてサポートするようになりました。

Azure Cosmos DB recommendations keep you on the right track
  • Azure Cosmos DB の推奨事項により、正しい軌道に乗ることができます
    • Azure Cosmos DB は頻繁に更新されるため、最新の状態を維持しやすくするために、Azure Cosmos DB のすべてのユーザーに合わせた自動化された推奨事項を導入しました。推奨事項(SDK バージョンのアップグレードから固定コンテナーのパーティションコンテナーへの移行まで)は、Azure Cosmos DB アカウントを参照するときに Azure ポータルに表示されます。

Azure portal September 2019 feature update
  • Azure Portal 2019年9月の機能更新プログラム
    • 今月は以下の更新があります。
      • 更新された Azure SQL の統合された作成および管理エクスペリエンス
      • Azure Data Explorer の更新
      • Microsoft Intune の更新

Azure API Management update—September 2019
  • Azure API Management の更新 - 2019年9月
    • 2019年9月23日に Azure API Management サービスの定期的な更新が開始されました。更新プログラムにはバグ修正、変更、および新機能が含まれ、その他の機能が強化されています。更新プログラムを徐々にデプロイし、アクティブな API Management サービス インスタンスの受信には1週間以上かかることに注意してください。

Azure CLI support for Azure HDInsight is now available
  • Azure HDInsight の Azure CLI サポートが利用可能になりました
    • Azure HDInsight の Azure CLI サポートが一般提供を開始しました。これにより、管理者は単純な Azure CLI コマンドを使用して HDInsight クラスターを簡単に管理できます。

Register your SQL Server on Azure VMs self-installations with Resource Provider
  • リソースプロバイダーを使ったセルフインストールで Azure VM に SQL Server を登録する
    • リソースプロバイダーを使ったセルフインストールで Azure VM に SQL Server を登録する際、自動パッチ、自動バックアップ、監視、および管理機能、およびライセンスの柔軟性を解除します。


Microsoft Azure Blog より

The Marco Polo Network uses Azure and Corda blockchain to modernize trade finance
  • Marco Polo Network は、貿易金融を近代化するために Azure と Corda ブロックチェーンを使用しています
    • グローバル貿易金融の効率を改善するために、テクノロジー企業 Trade IX および R3は、大手銀行と提携して Marco Polo ネットワークを作成しました。2017年に開始されたマルコポーロは、取引当事者が取引およびサプライチェーンの財務活動を自動化および合理化できるデジタル分散技術プラットフォームを提供します。

Announcing Azure Storage Explorer 1.10.0
  • Azure Storage Explorer 1.10.0を発表
    • 今月、Azure Storage Explorer の新しいバージョン1.10.0をリリースしました。Storage Explorer のこの最新バージョンは、いくつかのエキサイティングな新機能を導入し、既存の機能に重要な更新を提供します。これらの機能と変更はすべて、Azure Storage、CosmosDB、ADLS Gen2、および1.10.0以降の管理対象ディスクで作業する場合に、ユーザーがより効率的かつ生産的になるように設計されています。

New disk support capabilities in Azure Storage Explorer
  • Azure Storage Explorer の新しいディスクサポート機能
    • Storage Explorer 1.10.0のリリースには、Azure ストレージアカウントを使用する際の生産性と効率を向上させるための多くのエキサイティングな更新と新機能が含まれています。 この投稿では、1.10.0リリースで追加された仮想マシン(VM)ディスク管理の新たに追加されたサポートについて説明します。

Stay on top of best practices with Azure Advisor alerts
  • Azure Advisor アラートでベストプラクティスを常に把握する
    • Azure Advisor は、ユーザー設定可能なアラートを提供するようになりました。このため、ベストプラクティスの推奨事項が利用可能になり次第、自動的に通知を受け取ることができます。アドバイザアラートにより、Azure リソースを最適化し、新しい推奨事項を常に把握するために、より迅速かつ効率的に行動できます。

Hot patching SQL Server Engine in Azure SQL Database
  • Azure SQL Database の SQL Server エンジンにホット パッチを適用する
    • 本日の投稿では、Visual C ++コンパイラチームと協力して、ワークロードにまったく影響を与えずに SQL Server エンジンにパッチを適用する方法について説明します。

How to develop your service health alerting strategy
  • サービス正常性アラート戦略を開発する方法
    • このブログでは、効果的なサービスヘルスアラート戦略を開発し、Azure Service Health アラートでそれを実現する方法について説明します。

Microsoft and SWIFT extend partnership to make native payments a reality
  • Microsoft と SWIFT がパートナーシップを拡張して、クラウドネイティブの支払いを実現
    • 今週、世界最大の金融サービスイベントである Sibos で、Microsoft と SWIFT は、昨年のイベントで発表されたクラウドネイティブの概念実証(POC)の進化を紹介しています。Microsoft Azure、SWIFT、および Microsoft Treasury との関係を構築することで、両社は Azure で SWIFT Cloud Connect を市場に投入するための長期的な戦略的パートナーシップを締結しています。さまざまな Azure サービスを利用するエンドツーエンドアーキテクチャを構築し、SWIFT Cloud Connect が金融サービス業界の重要なワークロードに対する回復力、セキュリティ、コンプライアンスの要件を確実に満たすようにしました。Microsoft は、SWIFT と協力してパブリッククラウド接続を構築した最初のクラウドプロバイダーであり、まもなくこのソリューションは業界で利用可能になる予定です。

Azure Sentinel general availability: A modern SIEM reimagined in the cloud
  • Azure Sentinel の一般提供:クラウドで再定義された最新の SIEM
    • 今週初めに、Azure Sentinelが一般公開されたことを発表しました。これは、クラウド時代の Security Information and Event Management(SIEM)を再定義するという私たちの旅における重要なマイルストーンです。Azure Sentinel を使用すると、世界中の企業がセキュリティデータの急激な増加に対応し、アナリストリソースを追加せずにセキュリティ結果を改善し、ハードウェアと運用コストを削減できます。プレビュー中の12,000件を超えるトライアルからのフィードバックを含め、お客様とパートナーの助けを借りて、Azure Sentinel を設計し、Azure と AI のパワーを統合して、セキュリティオペレーションセンターがより多くのことを達成できるようにしました。今週、多くの新しい機能がオンラインになります。本ブログではそれらのいくつかについて説明します。

SAP on Azure Architecture - Designing for performance and scalability
  • SAP on Azure Architecture - パフォーマンスとスケーラビリティのための設計
    • このブログ記事は、Azure アーキテクチャ上の SAP の設計に関する4部構成のブログシリーズの2番目の記事です。ブログシリーズの最初の部分では、セキュリティ設計のトピックを取り上げました。Azure アーキテクチャ上の堅牢な SAP は、セキュリティ、パフォーマンスとスケーラビリティ、可用性と回復性、効率と運用の柱の上に構築されています。今回の投稿では、パフォーマンスとスケーラビリティの設計に焦点を当てます。

Introducing cost-effective increment snapshots of Azure managed disks in preview
  • 費用対効果の高い Azure 管理ディスクの増分スナップショットのプレビューを紹介
    • Azure 管理対象ディスクの増分スナップショットのプレビューが利用可能になりました。増分スナップショットは、管理対象ディスクのコスト効率の良い特定時点のバックアップです。フルサイズに対して課金される現在のスナップショットとは異なり、増分スナップショットには、最後のスナップショット以降のディスクへのデルタ変更に対して課金されます。

New Azure blueprint enables SWIFT Connect
  • 新しい Azure blueprint により、Azure での SWIFT CSP コンプライアンスが可能に
    • 今朝、ロンドンで開催された SIBOS 会議で、クラウドで SWIFT 接続を有効にする最近の取り組みと併せて、マイクロソフトが新しい Azure blueprint を導入する方法を発表しました。「Microsoft と SWIFT がパートナーシップを拡張してクラウドネイティブ支払いを実現する」ブログで説明されているように、クラウドネイティブ支払いのための SWIFT インフラストラクチャのコンプライアンスの監視と監査で共同顧客をサポートします。

Extending the power of Azure AI to business users
  • Azure AI のパワーをビジネス ユーザーに拡張する
    • 本日、ビジネスアプリケーションおよび産業のコーポレートバイスプレジデントである Alysa Taylor は、Microsoft Dynamics 365向けの AI 主導の新しい洞察アプリケーションをいくつか発表しました。

Navigating the intelligent edge: answers to top questions
  • インテリジェントエッジの操作:よくある質問への回答
    • インテリジェントエッジに関する最もよくある質問と、Azure ソリューションがセキュリティ、プロビジョニング、および管理を簡素化する方法の例を次に示します。このトピックに関する詳細な考えを聞くには、10月10日にサンタクララで開催される IoT in Action イベントで Olivier Bloch に参加してください。

12 TB VMs, Expanded SAP partnership on Blockchain, Azure Monitor for SAP Solutions
  • 12 TB の VM、ブロックチェーンでの SAP パートナーシップの拡大、SAP ソリューション向け Azure Monitor
    • 数か月前の SAP の SAPPHIRE NOW イベントで、Microsoft は SAP HANA 用に最大6 TB のメモリを備えた Azure Mv2 Virtual Machines(VM)の提供開始を発表しました。現在は、SAP HANA 認定 VM を34の Azure リージョンでご利用いただけるようになり、お客様はシームレスにグローバルな成長に対応し、よりお客様の近くで SAP アプリケーションを実行し、地域の規制要件を満たせるようになりました。


Enterprise Mobility + Security より

Microsoft Intune support for Android Enterprise fully managed devices is now generally available
  • Microsoft Intune の完全に管理された Android エンタープライズデバイスの サポートが一般利用可能になりました
    • 完全に管理されたAndroidエンタープライズは、Androidエンタープライズソリューションセットの「デバイス所有者」管理シナリオの1つです。このシナリオにより、IT 管理者は組織で必要な機能を管理しながら、企業のデバイスでユーザーの生産性を高めることができます。パブリックプレビューの複数のフェーズを通じて、この管理機能の圧倒的な取り込みが行われ、これまでの Android 管理で最も広く採用されているプレビューです。プレビューでは、すでに Android デバイスの構成と管理を行っているグローバルな顧客に対して、数万台のデバイスを使用しています。この広範な採用に加えて、我々は同様にコミュニティや顧客から重要なフィードバックを受けています。このリリースでは、企業所有のデバイス上のユーザーに高品質で機能豊富な生産性シナリオを提供すると同時に、デバイスに対するポリシー制御の拡張セットを維持できます。


Intune Customer Success より

Windows Defender tamper protection management in Microsoft Intune
  • Microsoft Intune の Windows Defender 改ざん防止管理
    • 今月、Microsoft Intune では Windows Defender 改ざん防止管理をリリースしました。この機能を有効にすると、セキュリティ上の重要な保護機能を他のユーザー(悪意のあるアプリを含む)が変更または無効にできなくなります。

Microsoft Intune Support for iOS 13.1 and iPadOS
  • iOS 13.1 および iPadOS の Microsoft Intune サポート
    • iOS 13.1のリリースに伴い、Intune の新機能と今後の機能をさらに共有します。iOS 13.1のリリースでは、Apple の機能セットのリリースとともにユーザー登録をプレビューしています。このプレビューは本日より公開され、来週初頭までにすべてのお客様に公開される予定ですので、新しい体験をお試しください。当社のワークフローにより、管理者はユーザー登録を特定のユーザーにターゲティングすることができ、他のユーザーは自分にふさわしいものに応じてユーザー登録とデバイス登録を選択できます。この登録タイプは、Apple Business Manager で Azure AD フェデレーションをサポートする管理対象 Apple ID に関連付けられています。統合管理された Apple ID は、現在 Apple Business Manager のベータ版でのみ利用可能です。より詳細なブログ投稿とドキュメントを近日中に公開予定ですが、この記事では、エンドユーザーエクスペリエンスの概要をご紹介します。

Support Tip: Intune announces support for Android Enterprise fully managed devices
  • サポートのヒント:Intune の Android Enterprise の完全管理デバイスのサポートを発表
    • Android Enterprise の完全管理デバイスの管理には、いくつかの既知の制限がまだあります。これらの制限に影響を与える変更を行うと、このブログ記事の投稿を更新します。


Official Microsoft Blog より

Empowering financial services to achieve more
  • より多くを達成するための金融サービスの強化
    • デジタル変革を加速するために、Microsoft は規制やコンプライアンスなど、クラウドテクノロジーを採用する際の障壁を取り除くことに重点を置いてきました。Sibos 2019において、この取り組みをさらに強調するために、いくつかの取り組みを発表しています。

Announcing new Microsoft Dynamics 365 AI-driven insights applications and our vision for the future of retail
  • 新しい Microsoft Dynamics 365の AI 駆動インサイトアプリケーションと、小売業の将来に対するビジョンを発表
    • 先週、サンフランシスコのマスコミとアナリストの集まりで、Dynamics 365の新しい機能とアプリケーションを紹介する機会がありました。これは、組織が情報に基づいた行動を取り、カスタマーエクスペリエンスを改善することを支援する AI 駆動のインサイトにスポットライトを当てています。さらに、小売業の変革を実現する2つの新しいアプリケーション、Dynamics 365 Commerce と Dynamics 365 Connected Store によって実現した小売業のビジョンを提示しました。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録