クラウドエンジニアブログ

【定期便】9/16週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/9/16-2019/9/22)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。

Azure の更新情報より

Audit logging on Azure Database for PostgreSQL is now in preview
  • Azure Database for PostgreSQL の監査ログがプレビュー中になりました
    • PGAudit を介した Azure Database for PostgreSQL の監査ログがプレビューで利用できるようになりました。PostgreSQL 監査拡張機能を使用して、書き込み、読み取り、ロールの変更、DDL などのイベントの監査ログを作成します。

Azure HPC Cache is now in preview
  • Azure HPC Cache をプレビューで提供
    • Azure HPC Cache は、オンプレミスの NAS と Azure Blob をサポートするコスト効率の高いパフォーマンスキャッシュを使用して、大量の読み取りワークロードでのコンピューティングとストレージ間の遅延の問題を解決します。

A preview upgrade for Azure DevTest Labs Tasks extension is now available
  • Azure DevTest LabS タスク拡張機能のプレビューアップグレードが利用可能になりました
    • Azure DevTest Labs タスク拡張機能のプレビューアップグレードが利用可能になりました。この拡張機能は、Azure DevTest Labs との統合を可能にするいくつかの Azure Pipelines タスクを提供します

Azure Advisor alerts are now in preview
  • Azure Advisor アラートがプレビュー段階に入りました
    • アドバイザーアラートを使用すると、Azure リソースを迅速かつ簡単に最適化できます。推奨カテゴリ(高可用性、パフォーマンス、またはコスト)および影響レベル(高、中、または低)のアラートを設定します。または、適切なサイズまたは十分に活用されていない仮想マシンのシャットダウンなどの特定の推奨事項にアラートを設定し、可用性セットを使用してフォールトトレランスを改善します。

M-series virtual machines VMs are now available in the Switzerland West and Switzerland North regions
  • M シリーズ仮想マシン VM は、スイス西部およびスイス北部リージョンで利用可能になりました。
    • Azure M シリーズ VM は、西スイスとスイス北部の地域で利用できるようになりました。M シリーズ VM は、192GB から 3.8TiB(4 TB)RAM のメモリを備えた構成を提供し、SAP HANA の認定を受けています。

Public Preview - Video Indexer Multilingual identification and transcription
  • パブリックプレビュー - Video Indexer の多言語の識別と文字起こし
    • 複数コンテンツ機能用の新しい自動音声言語識別は、機械学習技術を活用して、メディア資産で使用されるさまざまな言語を識別します。

Azure Analysis Services—Two new higher compute SKUs are now available
  • Azure Analysis Services — 2つの新しい高コンピューティング SKU が利用可能になりました
    • Azure Analysis Services 用の2つの新しい SKU、S8V2 と S9V2 が利用可能になりました。これらの SKU は次世代ハードウェアに基づいており、既存の S8 / S9 SKU の2倍の QPU(CPUの抽象化)を備えています。

Azure Maps Standard Transactions meter name changes
  • Azure Maps Standard Transactions メーター名の変更
    • 2019年11月1日より、Azure Maps の標準 IP から国へのトランザクションと標準 S1 IP から国へのトランザクションのメーター名が変更されます。 これは価格設定には影響しませんが、これらのメーター名に依存する請求ルーチンを変更する必要があります。

Monitor bandwidth use for all peered Azure virtual networks with ExpressRoute
  • ExpressRoute を使用して、ピアリングされたすべての Azure 仮想ネットワークの帯域幅使用量を監視します
    • ネットワーク パフォーマンス モニタの機能である ExpressRoute の機能を改善し、ピアリングされたすべての Azure 仮想ネットワークの帯域幅の使用を監視します。

M-series virtual machines(VMs)are now available in the Germany West region
  • M シリーズ仮想マシン(VM)がドイツ西部リージョンで利用可能になりました
    • Azure M シリーズ VM は、ドイツ西部リージョンで使用できるようになりました。M シリーズ VM は、192GB から 3.8TiB(4TB)の RAM までのメモリを備えた構成を提供し、SAP HANA の認定を受けています。

Azure Private Link is now available in preview
  • Azure プライベート リンクがプレビューで利用できるようになりました
    • プレビューで利用可能になった Azure Private Link を使用して、Azure Virtual Network のサービスに安全かつプライベートに接続します。 公開プレビュー中、プライベートリンクは Azure Storage、Azure Data Lake Storage Gen 2、Azure SQL Database、Azure SQL Data Warehouse、および顧客所有サービスをサポートします。

Improved query replica synchronization in Azure Analysis Services is in development
  • Azure Analysis Services のクエリレプリカ同期の改善を開発中
    • 現在開発中の新しい Azure Analysis Services 設定により、スケールアウト環境でのクエリ レプリカ同期のパフォーマンスと一貫性が向上します。 Azure Analysis Services のスケールアウトにより、クライアントクエリをクエリレプリカ全体に分散できるため、同時実行性の高いワークロードの応答時間が短縮されます。

Azure Firewall updates—September 2019
  • Azure Firewall の更新 - 2019年9月
    • 2019年9月の Azure Firewall の更新プログラムを次に説明します。
      • Azure ファイアウォールは中国で一般に利用可能になりました。
      • Azure ファイアウォールが ISO に準拠しました。

Azure Maps Standard S1 transactions meter ID changes
  • Azure Maps Standard S1トランザクションメーター ID の変更
    • 2019年11月1日より、Azure Maps Standard S1 トランザクションのメーター ID の一部が変更されます。 これは価格設定には影響しませんが、これらのメーター ID に依存する請求ルーチンを変更する必要があります。

Public Preview - Video Indexer Animated Character Detection
  • パブリック プレビュー - Video Indexer アニメーションキャラクター検出
    • この新しいプレビューソリューションでは、Video Indexer が Microsoft の Azure Custom Vision サービスと連携して、アニメーション化されたキャラクターを自動的に検出およびグループ化し、統合されたカスタムビジョンモデルを介して簡単にタグ付けおよび認識できる新しいモデルセットを提供します。

Azure Analysis Services diagnostic logging improvements for scale-out
  • スケールアウトのための Azure Analysis Services 診断ログの改善
    • Azure Analysis Services の診断ログ拡張機能を改善して、ターゲットを絞ったログ分析を取得します。診断ログにより、スケールアウト機能を使用して、クエリレプリカごとに消費される QPU やメモリなどのサーバーメトリックにアクセスし、分析することができます。

Azure Data Factory now supports copying data into Azure Database for MySQL
  • Azure Data Factory は、Azure Database for MySQL へのデータのコピーをサポートするようになりました
    • Azure Data Factory は、Azure Database for MySQL へのデータのコピーをサポートするようになりました。

Azure Monitor for Azure Virtual Machines is now available in additional regions
  • Azure Virtual MachinesのAzure Monitorが追加のリージョンで利用可能になりました
    • Azure Virtual Machines の Azure Monitor は、日本東部、北ヨーロッパ、および東部 US2 で利用できるようになりました。

Azure SQL Database—Auto-failover groups feature now available in all regions
  • Azure SQL Database - 自動フェールオーバーグループ機能がすべての地域で利用可能になりました
    • Azure SQL Database の自動フェールオーバーグループ機能は、すべてのリージョンのマネージドインスタンスの展開で利用できるようになりました。次の機能を使用して、ジオ複製されたマネージドインスタンスを作成します。

Egress lockdown in Azure Kubernetes Service(AKS)is now generally available
  • Azure Kubernetes Service(AKS)の出力ロックダウンが一般に利用可能になりました
    • Azure Kubernetes Service(AKS)の出力ロックダウンが一般利用可能になりました。この機能により、クラスターノードの出力トラフィックを、セキュリティを強化するために限られた数のポートとアドレスに制限できます。

Auto-failover for managed instances in Azure SQL Database is now available
  • Azure SQL Database のマネージ インスタンスの自動フェールオーバーが利用可能になりました
    • 現在、一般利用可能な自動フェールオーバーグループは、マネージドインスタンスの地理的冗長コピーを作成および管理することにより、致命的な障害やその他の計画外のイベントの後にビジネス継続性を可能にします。また、停止中にフェールオーバーを手動で開始することもできます。

Azure Site Recovery Update Rollup 40(September 2019)
  • Azure Site Recovery アップデートロールアップ 40(2019年9月)
    • Site Recovery コンポーネントの最近の更新に関する情報を提供します。
      • Site Recovery Unified Setup および Site Recovery Mobility Agent for Windows / CentOS / Ubuntu マシン(9.28.5345.1)- VMware 仮想マシン(VM)および物理サーバーの Azure へのレプリケーションに使用されます。
      • Site Recovery 構成サーバー(5.1.4800.0)- VMware VM および物理サーバーの Azure へのレプリケーションに使用されます。
      • Site Recovery プロバイダー(5.1.4800.0)- Azure への Hyper-V VM レプリケーションに使用されます。
      • Azure Recovery Services エージェント(2.0.9165.0)- Azure への Hyper-V VM のレプリケーションに使用されます。

Azure Analysis Services scale-out improvement
  • Azure Analysis Services のスケールアウトの改善
    • Azure Analysis Services スケールアウト環境でのクエリレプリカの同期では、最適化されたコピー API が使用されるようになり、平均で同期時間が大幅に短縮されます。新しい動作は、デフォルトで同期操作に適用されます。

Azure provides at-scale tags management through Azure Policy
  • Azureは、Azure Policy を介して大規模なタグ管理を提供します
    • Azure Policy はタグ付け要件の組織標準の実施に役立ちます。組織全体にタグを自動的に適用、継承、置換、または削除して、標準を実施できます。 また、Azure Policy は、既存のリソースの修正をサポートし、100% コンプライアンスを実現します。

Copy Activity in Azure Data Factory supports creating a destination table automatically
  • Azure Data Factory のコピーアクティビティは、宛先テーブルの自動作成をサポートしています
    • Azure Data Factory のコピーアクティビティ機能の新しいサポートを使用して、データをより速くロードします。オンプレミスのソースからAzureにデータをコピーしようとして、宛先テーブルが存在しないことがわかった場合、Copy Activity が自動的に作成します。

Service Map feature of Azure Monitor is now available in additional regions
  • Azure Monitor のサービスマップ機能が追加の地域で利用可能になりました
    • Azure Monitor のサービスマップ機能は、Japan East、North Europe、East US2 で利用できるようになりました。

Azure Lab Services now supports new GPU Virtual Machine sizes
  • Azure Lab Services が新しい GPU 仮想マシンサイズをサポートするようになりました
    • Azure Lab Services は、2つの新しい6コア GPU 仮想マシン サイズをサポートするようになりました。

M-series virtual machines(VMs)are now available in the Germany North region
  • M シリーズ仮想マシン((VM)がドイツ北部リージョンで利用可能になりました
    • Azure M シリーズ VM は、ドイツ北部リージョンで使用できるようになりました。M シリーズ VM は、192GB から 3.8TiB(4 TB)の RAM までのメモリを備えた構成を提供し、SAP HANA の認定を受けています。

Azure Kubernetes Service is now available in Azure Government
  • Azure Government で Azure Kubernetes サービスを利用できるようになりました
    • Azure Kubernetes Service(AKS)は、Azure Government のお客様(米国連邦政府、州政府、地方政府、およびそのパートナー)が US Gov Virginia リージョンを介して利用できるようになりました。

Azure Premium SSD managed disks meter ID changes
  • Azure Premium SSD 管理ディスク メーター ID の変更
    • 2019年11月1日より、Azure Premium SSD 管理対象ディスクのスナップショットのリソース GUID(メーター IDとも呼ばれます)が変更されます。

Public Preview: Computer Vision releasing 'Read' text extraction feature in containers
  • パブリック プレビュー : コンテナー内の 「読み取り」テキスト抽出機能をリリースするコンピュータ ビジョン
    • Azure Cognitive Services の一部である Computer Vision は、顧客がローカルで実行できるように、Docker コンテナーで最新のテキスト理解機能「Read」をリリースしています。機能の名前が示すように、Read は画像からテキストを抽出します。


Microsoft Azure Blog より

Announcing user delegation SAS tokens preview for Azure Storage Blobs
  • Azure Storage Blobs のユーザー委任 SAS トークンプレビューを発表
    • 本日、新しい種類の SAS トークン、ユーザー委任 SAS トークンのプレビューを開始します。Azure AD の最近のリリースと Azure Storage の Azure ロールベースのアクセス制御(RBAC)を拡張することで、この新しい種類の事前承認された URL を使用して、特権の低いユーザーとサービスがアクセスのサブセットをクライアントに委任できるようになりました。クライアントは、Azure Active Directory(AD)アカウントに関連付けられたユーザー委任キーを取得し、それを使用して、独自のアクセス権のサブセットを付与する SAS トークンを作成します。

Azure Files premium tier gets zone redundant storage
  • Azure ファイルプレミアム層は、ゾーン冗長ストレージを使用できるようになりました
    • Azure Files プレミアムレベルのゾーン冗長ストレージ(ZRS)の一般的な可用性を発表します。ZRS レプリケーションを備えたAzure Files プレミアム層により、ソリッドステートドライブ(SSD)上に構築された高パフォーマンスで可用性の高いファイルサービスが可能になります。

HDInsight support in Azure CLI now out of preview
  • Azure CLI での HDInsight サポートが一般利用可能になりました
    • Azure CLI での HDInsight のサポートが一般に利用可能になりました。「az hdinsight」コマンドグループを追加すると、クロスプラットフォームのサポートやタブ補完など、Azure CLI が提供するすべての機能を活用しながら、単純なコマンドを使用して HDInsight クラスターを簡単に管理できます。

SAP on Azure Architecture - Designing for security
  • SAP on Azure Architecture - セキュリティの設計
    • これは、Azure アーキテクチャで優れた SAP を設計する4部構成のブログシリーズの最初の記事であり、セキュリティの設計に焦点を当てます。 Azure アーキテクチャの優れた SAP は、セキュリティ、パフォーマンスとスケーラビリティ、可用性と回復性、効率と運用の柱の上に構築されています。

Three ways to leverage composite indexes in Azure Cosmos DB
  • Azure Cosmos DB で複合インデックスを活用する3つの方法
    • 既定では、Azure Cosmos DB はすべてのプロパティに範囲インデックスを作成します。多くのワークロードでは、これらのインデックスで十分であり、さらに最適化する必要はありません。デフォルトの範囲インデックスに加えて、複合インデックスを追加できます。複合インデックスには、複合インデックス内の各プロパティに対して定義されたパスと順序(ASC または DESC)の両方があります。

Announcing Azure Private Link
  • Azure Private Link のアナウンス
    • Azure Private Link は、Azure のお客様が Azure Storage や SQL などの Azureサービス、Microsoft パートナーサービス、または Azure Virtual Network(VNet)からプライベートに独自のサービスを利用するための安全でスケーラブルな方法です。このテクノロジーは、プロバイダーとコンシューマーの両方が Azure でホストされているプロバイダーとコンシューマーモデルに基づいています。


Enterprise Mobility + Security より

Maximizing your Identity Security Posture with Azure Advanced Threat Protection
  • Azure Advanced Threat Protection を使用して ID セキュリティを最大限に高める
    • 攻撃が拡大し続けるにつれて、高度化と規模の両方で、強力な ID セキュリティを維持することがかつてないほど重要になっています。悪意のあるアクターや攻撃者は、常に悪用可能な弱点を探しています。Code42 による最近の調査によると、予測不可能な人間は依然としてデータ セキュリティの最も弱いリンクです。


Intune Customer Success より

Intune support for new settings and updates in iOS 13 and macOS 10.15
  • iOS 13 および macOS 10.15 の新しい設定と更新プログラムの Intune サポート
    • Microsoft Intune は、iOS 13 と iPadOS の発売にあわせたサポートを発表しています。8月に共有したように、パブリックベータテストでは、すべてのモバイルデバイス管理(MDM)およびアプリ保護ポリシー(APP)シナリオが期待どおりに動作することが示されています。今回の投稿は、主に今回のリリースに焦点を当てています。Apple は、iOS 13.1 と iPadOS を 9月24日に一般発売することを発表しています。どちらも現在はベータ版で、テストに利用できます。iOS 13.1 と iPadOS が利用可能になったら、Intune からの追加の投稿を探してください。

Microsoft Intune Support for iOS 13 and iPadOS
  • Microsoft Intune での iOS 13 および iPadOS のサポート
    • Microsoft Intune は、iOS 13 と iPadOS の発売にあわせたサポートを発表しています。8月に共有したように、パブリックベータテストでは、すべてのモバイルデバイス管理(MDM)およびアプリ保護ポリシー(APP)シナリオが期待どおりに動作することが示されています。今回の投稿は、主に今回のリリースに焦点を当てています。Apple は、iOS 13.1 と iPadOS を 9月24日に一般発売することを発表しています。どちらも現在はベータ版で、テストに利用できます。iOS 13.1 と iPadOS が利用可能になったら、Intune からの追加の投稿を探してください。

Support Tip: Troubleshooting BitLocker policies in Microsoft Intune
  • サポートのヒント: Microsoft Intune の BitLocker ポリシーのトラブルシューティング
    • この記事では、Intune ポリシーを使用して Bitlocker を有効にする方法について説明し、ポリシーがクライアントデバイスに正常に展開されていることを確認する方法と、計画どおりに動作しない場合のトラブルシューティングのヒントを提供する方法について説明します。


Official Microsoft Blog より

Analyzing data from space – the ultimate intelligent edge scenario
  • 宇宙からのデータの分析 – 究極のインテリジェントエッジシナリオ
    • 宇宙はクラウドコンピューティングの次のフロンティアを示しています。宇宙産業の先駆的企業とのパートナーシップに対するマイクロソフトのユニークなアプローチは、大きな飛躍を促進するプラットフォームとツールを一緒に構築できることを意味し、宇宙から収集したデータからより深い洞察を得るのに役立ちます。

Microsoft events — the year ahead
  • マイクロソフトのイベント — 向こう一年
    • マイクロソフトのイベントエクスペリエンスは、特定の対象者に利益をもたらすように設計されており、明確な目標をサポートするように構成されています。私たちは、すべてのパートナー、顧客、ビジネスおよび IT の意思決定者と緊密に連携し、同業他社や業界のリーダーとあなたをつなぐことを約束します。各イベントの詳細については、イベントのウェブサイトで詳細をご覧ください。または、各イベントの簡単な説明を探している場合は、本投稿を読んで今後のイベントのスナップショットを取得してください。

以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録