クラウドエンジニアブログ

【定期便】9/9週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/9/9-2019/9/15)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。

Azure の更新情報より

Azure Backup support for large disks up to 30 TB is now in public preview
  • 最大 30TB の大容量ディスクに対する Azure Backup のサポートがパブリック プレビューになりました。
    • 最大 30TB の大規模で強力な Azure Managed Disks に対する Azure Backup のサポートがパブリックプレビューになりました。このプレビューは、管理対象の仮想マシン(VM)の実稼働レベルのサポートを提供します。 ただし、サイズが 4TB を超えるディスクを持つ PS 暗号化 VM は、このプレビューの一部としてサポートされていません。

Azure Cost Management updates – August 2019
  • Azure Cost Management の更新 - 2019年8月
    • Azure Cost Management は、クラウド内のコストを発生させる場所をより深く理解し、不適切な支出パターンを特定して防止し、コストを最適化して、より少ないコストでより多くのことを行うのに役立ちます。Azure Cost Management Lab の新機能について説明し、フィルターと予測コストを使用して目標予算を作成する方法や、新しいビデオを視聴する方法など、最近の更新プログラムについて説明します。

Data transfer from Azure Origins to Azure CDN from Microsoft is now free of charge
  • Azure Origins から Microsoft の Azure CDN へのデータ転送が無料になりました
    • Azure Storage、Azure Media Services、Azure Application Gateway などの Azure サービスからマイクロソフトからの Azure CDN へのデータ転送は、2019年10月から無料になります。

Azure CDN feature updates
  • Azure CDN 機能の更新
    • Azure Key Vault との統合のおかげで、顧客は Verizon で独自の SSL 証明書を管理できるようになり、複数の CDN 機能で同じ SSL 証明書を Azure CDN で使用できるようになりました。Akamai の Azure CDN は、SSL 証明書の調達、更新、ローテーションを処理するようになり、ユーザーが関心のあるコンテンツの作成により多くの時間を集中できるようになりました。どちらの機能も追加費用なしで一般利用可能です。

Copy data from Netezza to Azure with Azure Data Factory
  • Azure Data Factory を使用して Netezza から Azure にデータをコピーする
    • Azure Data Factory のコピーアクティビティを使用して、すぐに使用可能な並列コピーで Netezza からデータを取り込み、パフォーマンスを向上させることができます。Netezza データスライスパーティションとダイナミックレンジパーティションのサポートにより、Data Factory は Netezza ソースに対して並列クエリを実行し、パーティションごとにデータを同時にロードしてパフォーマンスを向上させることができます。

Microsoft Azure available from new cloud regions in Germany
  • ドイツの新しいクラウドリージョンで利用可能な Microsoft Azure
    • Azure は、ドイツ、ドイツ西部中央(フランクフルト)、ドイツ北部(ベルリン)の新しいクラウドデータセンター地域で利用できるようになり、顧客とパートナーに柔軟性、最新のインテリジェントクラウドサービス、グローバルへの完全な接続性を提供します。

New Azure ExpressRoute sites now available
  • Azure ExpressRoute の新しいサイトが利用可能になりました
    • ExpressRoute の新しいピアリングロケーションが公開されました。
      • コペンハーゲン
      • ストックホルム
      • ミュンヘン

Azure Cognitive Services Text Analytics—New sentiment analysis capability is now available
  • Azure Cognitive Services Text Analytics - 新しいセンチメント分析機能が利用可能になりました
    • Cognitive Services Text Analytics は、以前に発表された英語モデルに加えて、日本語および簡体字中国語をサポートする新しい感情分析機能がリリースされました。

Monthly payment options are now available for Azure reservations
  • Azure の予約で月払いオプションが利用できるようになりました
    • Azure 予約料金を前払いするか、毎月支払うかを選択できるようになりました。毎月の支払いオプションは追加料金なしで利用できます。


Microsoft Azure Blog より

Monitoring on Azure HDInsight part 4: Workload metrics and logs
  • Azure HDInsight での監視パート4:ワークロードメトリックとログ
    • Azure HDInsight クラスターで実行されているワークロードを監視し、デバッグに役立つ関連ログを表示する方法について説明します。Azure HDInsight は、クラスターワークロードの監視に使用できる2つのツールを提供します。ApacheAmbari と Azure Monitor ログとの統合です。

Five best practices for unlocking IoT value
  • IoT の価値を引き出すための5つのベストプラクティス
    • アクセンチュアとアバナードは、この春、2019年 Microsoft Internet of Things パートナー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。7月の Microsoft Inspire パートナーカンファレンスで、アクセンチュアのインダストリー X.0 IoT リードのマネージング ディレクターであるブレンダン・ミスリンが共有した5つのベストプラクティスをご紹介します。

Satellite connectivity expands reach of Azure ExpressRoute across the globe
  • サテライト接続により、Azure ExpressRoute のリーチが世界中に広がります
    • Microsoft クラウドサービスには、衛星接続を使用して Azure ExpressRoute でアクセスできます。商用衛星コンステレーションが広く利用可能になると、新しいソリューションアーキテクチャは、Microsoft にアクセスするためのパフォーマンスを向上させ、手頃な価格で提供します。

Microsoft’s connected vehicle platform presence at IAA, the Frankfurt Auto Show
  • IAA フランクフルトモーターショーにおける Microsoft のコネクテッドビークルプラットフォームの存在感
    • Microsoft Connected Vehicle Platform(MCVP)は、約40の異なる Azure サービスで構成され、自動車のシナリオに合わせて調整されたプラットフォームです。新機能の継続的な無線(OTA)更新を保証するために、MCVP には、車両で実行される Automotive IoT Edge やインテリジェントな位置情報サービス用の Azure Maps などのさまざまな Azure エッジテクノロジーも含まれています。このブログ投稿では、コネクテッドビークルソリューションを開発および展開するお客様の可能性を加速する MCVP エコシステムパートナーの多くをおさらいします。

Azure HPC Cache: Reducing latency between Azure and on-premises storage
  • Azure HPC Cache : Azure とオンプレミス ストレージ間のレイテンシーを削減する
    • 本日、Azure HPC Cache サービスのプレビューを開始します。これは、Azure で大規模で複雑な高性能コンピューティング(HPC)ワークロードをより簡単に実行できるようにする新しい Azure 製品です。Azure HPC Cache は、データセットのサイズと運用規模のために、データが既存のデータセンターインフラストラクチャに接続される可能性のあるアプリケーションの遅延を削減します。

Expanded Azure Maps coverage, preview of Azure Maps feedback site, and more
  • Azure Maps の対象範囲の拡大、Azure Maps フィードバックサイトのプレビューなど
    • 本日、Azure Maps がアルゼンチン、インド、モロッコ、パキスタンで利用できるようになりました。また、現在プレビュー中の新しい Azure Maps データフィードバックサイトを立ち上げました。さらに、Representational State Transfer(REST)サービスと Azure Maps Web および Android SDK を介して利用できるいくつかの拡張機能も導入しています。

Building cloud-native applications with Azure and HashiCorp
  • Azure と HashiCorp を使用したクラウド ネイティブ アプリケーションの構築
    • HashiCorp テクノロジを使用して、お客様が Azure でアプリケーションを接続して操作するのに役立つコラボレーションが実現しました。

Azure Media Services' new AI-powered innovation
  • Azure Media Services の新しい AI によるイノベーション
    • IBC 2019では、これまで取り組んできた最新のイノベーションと、それがメディアワークフローの変革にどのように役立つかを共有します。詳細については本ブログの続きを読むか、9月13日から17日にアムステルダムの RAI にあるホール1ブース C27 で製品チームとパートナーに参加してください。

Microsoft Azure available from new cloud regions in Germany
  • ドイツの新しいクラウドリージョンから利用可能な Microsoft Azure
    • 本日、ドイツの新しいクラウドリージョンで Azure が利用可能になったことをお知らせします。


Official Microsoft Blog より

Microsoft expands its automotive partner ecosystem to power the future of mobility
  • マイクロソフトは自動車のパートナーエコシステムを拡大し、モビリティの未来を推進します
    • 今年、マイクロソフトはフランクフルトモーターショー(IAA)に初めて参加し、自動車業界と協力するためのアプローチを紹介しています。あらゆる規模の自動車組織がスマートモビリティサービスプロバイダーに変身できるようにしたいと考えています。

It’s back to school and back to innovation with free tools for student developers
  • 新学期、学生デベロッパー向けの無料ツールでイノベーションを
    • 私たちの目標は、すべての学生が夢を実現するために必要なテクノロジーとサポートを利用できるようにすることです。GitHub の Student Developer Pack や Azure for Students、Microsoft Education を学生のうちに利用してください。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録