クラウドエンジニアブログ

【定期便】8/19週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/8/19-2019/8/25)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

SQL data discovery and classification for Azure SQL Database is now available
  • Azure SQL Database の SQL データの検出と分類が利用可能になりました
    • SQL データの検出と分類は、機密データの検出、分類、ラベル付け、および保護のために Azure SQL Database に組み込まれた高度な機能を提供します。

Announcing pricing decrease for Azure App Service on the Premium plan
  • Premium プランでの Azure App Service の価格引き下げを発表
    • Premium v2 プランで Linux App Service の平均35%の値下げを発表します(価格は地域によって異なる場合があります)。この価格引き下げにより、Standard App Service プランまたは Premium v2 App サービスプランでのホスティングの間の決定ポイントがはるかに簡単になります。

General availablility of Managed Identity for Linux in App Service and Functions
  • App Service および Functions での Linux 向けマネージド ID の一般提供
    • アプリで Azure Active Directory のマネージド ID を使用すると、他の AAD で保護されたリソース(Azure Key Vault など)に簡単にアクセスできます。App Service および Azure Functions では、Windows プランのサポートは一般提供されていましたが、本日、これが Linux にも拡張されました。App Service および Azure Functions の GA プランオプションでは、システム割り当て ID とユーザー割り当て ID の両方を完全にサポートするようになりました。

Azure Archive Expanded Capabilities now in Public Preview
  • Azure Archive の拡張機能がパブリックプレビューで公開されました
    • Azure Archive Storage は、パブリックプレビューで 3つの新しい機能強化を発表します。

New Azure Blockchain SDK updates with Truffle
  • Truffle による新しい Azure Blockchain SDK のアップデート
    • 新しいインタラクティブデバッガーを使用して、更新された Azure Blockchain Development Kit でより効率的に作業できます。優れたコマンドラインツール(Truffle Debugger など)はいくつかありますが、これらのツールは Visual Studio Code のような統合開発環境(IDE)には組み込まれていません。Truffle Debugger の Visual Studio Code へのネイティブ統合により、開発者がブレークポイント、ステップイン/オーバー/アウト、コールスタック、ウォッチウィンドウ、Intellisense ポップアップなど、開発者が迅速に識別、デバッグ、問題を解決します。さらに、これにより、スマートコントラクトのソフトウェア開発の主要コンポーネント(ビルド、デバッグ、テスト、デプロイ)がすべて、一般的な Visual Studio Code 開発者環境にもたらされます。

Azure Function Consumption plan for Linux is now available
  • Linux 向け Azure Functions 従量課金プランが一般提供
    • Azure Functions の従量課金ホスティングプランは、Linux ベースのアプリケーションで一般利用可能になりました。Linux ホスティングに親和性のある実稼働ワークロードを従量課金プランで実行できるようになり、動的なイベント駆動型のスケールを活用できるようになりました。

General availability of user-assigned managed identities for App Service and Azure Functions
  • App Service および Azure Functions のユーザー割り当てマネージド ID が一般提供
    • アプリで Azure Active Directory のマネージド ID を使用すると、他の AAD で保護されたリソース(Azure Key Vault など)に簡単にアクセスできます。App Service および Azure Functions で、システム割り当て ID(アプリリソースのライフサイクルに関連付けられている ID)のサポートが一般提供されました。独自のリソースとしてモデル化され、独立したライフサイクルを持つユーザー割り当て ID を使用することもできるようになりました。

Global trace flags are now available in Azure SQL Database Managed Instance
  • グローバルトレースフラグがAzure SQL Database Managed Instanceで利用可能になりました
    • DBCC TRACEON Transact-SQL ステートメントを使用して、Azure SQL Database Managed Instance でトレースフラグを有効にできるようになりました。

Security Center now has single click remediation to boost your security posture(in preview)
  • セキュリティセンターは、セキュリティ状態を高めるためにシングルクリックで修復できるようになりました(プレビュー)
    • セキュリティの誤設定の修正を簡素化し、安全なスコアを迅速に改善できるようにするために、ワンクリックで大量のリソースの推奨事項を修正できる新しい機能を追加しました。

Python support in Azure Functions is now available
  • Azure Functions での Python サポートが利用可能になりました
    • Azure Functions での Python サポートが一般に利用可能になり、運用ワークロードに対応できるようになりました。

Help protect large data disks Azure Site Recovery
  • Azure Site Recovery の大きなデータディスクを保護する
    • Azure Site Recovery を使用して、最大8TB のサイズの大きなデータディスクを保護します。この機能は、管理対象ディスク上のすべての Azure 仮想マシン、および Azure の管理対象ディスクにレプリケートするすべての VMware および物理マシンで利用できます。

Storage Ultra Disks meter name change
  • Storage Ultra Disks メーターの名前の変更
    • 2019年10月1日から、米国東部2リージョンの Ultra Disk のメーター(リソース GUID とも呼ばれます)の名前が変更されます。

Azure SQL provides a unified management experience
  • Azure SQL は、統合された管理エクスペリエンスを提供します。
    • Azure SQL は、業界をリードする SQL Server エンジンを搭載した豊富な展開オプションを提供することで、開発者や企業にサービスを提供する最新の SQL プラットフォームです。単一の統合された管理エクスペリエンスを提供することで、SQL Server ベースのアプリケーションのさまざまなコレクションを大規模に管理する複雑さを排除します。

Azure portal August 2019 feature update
  • Azure portal の機能更新(2019年8月)
    • Microsoft は Azure portal のユーザー エクスペリエンスを継続的に改善しています。単一の画面からサービスを構築、管理、監視できる、生産的で使いやすいプラットフォームを提供することが目標です。

Announcing new lower pricing for Azure Archive Storage
  • Azure Archive Storage の新しい低価格を発表
    • 8月1日より、Azure Archive Storage は、一部のリージョンで最大50%の価格を下げました。

Just-in-time(JIT)VM access for Azure Firewall is now generally available
  • Azure Firewall のジャストインタイム(JIT)VM アクセスが一般利用可能になりました
    • Azure Firewall のジャストインタイム(JIT)VM アクセスが一般的利用可能になりました。NSG で保護された環境に加えて、Azure Firewall で保護された環境を保護するために使用しできます。

Same region read replica is now available for Azure Database for MariaDB
  • Azure Database for MariaDB で同じリージョンのリードレプリカが利用可能になりました
    • Azure Database for MariaDB では、MariaDB サーバー(「マスター」)の1つの Azure データベースから、同じリージョンの MariaDB サーバー(「レプリカ」)の最大5つの Azure データベースへのデータの非同期レプリケーションがサポートされるようになりました。

IoT Plug and Play Preview is now available
  • IoT プラグアンドプレイプレビューが利用可能になりました
    • IoT プラグアンドプレイプレビューを使用すると、ソリューション開発者は Azure IoT Central を使用して、IoT プラグアンドプレイ対応の IoT デバイスとシームレスに統合するソリューションを構築できます。

New Copy APIs for efficient data copy in Azure Blob Storage
  • Azure Blob Storage で効率的なデータコピーを行うための新しいコピー API
    • 現在、任意の URL から Azure または Azure 内にデータをコピーする際の効率の向上に主に役立つ一連の API が利用可能になりました。 これらの API を使用すると、URL ソースからブロック blob、ページ blob、または追加 blob のいずれかにデータをサーバー側で同期コピーできます。


Microsoft Azure Blog より

IRAP protected compliance from infra to SAP application layer on Azure
  • IRAP でインフラストラクチャから Azure 上の SAP アプリケーション層へのコンプライアンスを保護
    • オーストラリア政府機関は、AU-PROTECTED 政府データの処理、保存、送信に適したサービス(PaaS)環境としてプラットフォームの導入を提供できるクラウドマネージドサービスプロバイダーを探しています。オーストラリア信号局(ASD)が作成したオーストラリア政府情報セキュリティマニュアル(ISM)の目的に準拠しています。

Azure Sphere’s customized Linux-based OS
  • Azure Sphere のカスタマイズされた Linux ベースの OS
    • Azure Sphere OS は、長期サポート(LTS)Linux カーネルで始まります。次に、Azure Sphere 開発チームはカーネルをカスタマイズして、追加のセキュリティ機能を追加するとともに、Azure Sphere チップで利用可能な限られたリソースに収まるようにリソース使用率を削減することを目的としたコードを追加します。さらに、基本的な OS サービスを含むアプリケーションは、セキュリティのために分離して実行されます。各アプリケーションは、必要な周辺機器またはネットワークリソースの使用を選択する必要があります。その結果、モノのインターネット(IoT)およびセキュリティ専用の OS が実現し、IoT エクスペリエンスのための信頼できるプラットフォームが作成されます。

Reducing SAP implementations from months to minutes with Azure Logic Apps
  • Azure Logic Apps で SAP の実装を数か月から数分に削減
    • Azure Logic Apps チームによって開発された最新のイノベーションの 1つは、日々のビジネスの成功に不可欠な ERP システムと企業が簡単に統合できるようにする新しい SAP コネクタです。多くの場合、これらのソリューションを実装するには、数か月かかることがあります。ただし、Logic Apps の SAP コネクタを使用すると、多くの場合、このプロセスには数日または数時間しかかかりません!

Azure Security Center single click remediation and Azure Firewall JIT support
  • Azure Security Center のシングルクリック修復および Azure Firewall での JIT のサポート
    • セキュリティスコアを使用し、推奨事項を使用してリソースをシングルクリックで一括修復できる機能のプレビューと、Azure Firewall 用 Just-In-Time(JIT)仮想マシン(VM)アクセスの一般提供(GA)です。ネットワークセキュリティグループ(NSG)で保護された環境に加えて、Azure Firewall で保護された環境も JIT で保護できるようになりました。

Announcing the general availability of Python support in Azure Functions
  • Azure Functions での Python サポートの一般提供を発表
    • Python 3.6 アプリを開発して、クロスプラットフォームのオープンソースの Functions 2.0ランタイムで実行できるようになりました。これらは、Azure の Linux ベースのサーバーレスホスティングプラットフォームにコードまたは Docker コンテナーとして公開できます。

Preview of custom content in Azure Policy guest configuration
  • Azure Policy ゲスト構成のカスタムコンテンツのプレビュー
    • Azure Policy の新機能のプレビューを発表しました。お客様は、Linux および Windows 仮想マシン(VM)内の設定を監査するゲスト構成機能を使用して、カスタムコンテンツを作成および発行できるようになりました。

Azure Archive Storage expanded capabilities: faster, simpler, better
  • Azure Archive Storage の拡張機能:より速く、よりシンプルに、より良く
    • 今月の初めに、最も費用対効果の高いデータストレージ製品を提供するというコミットメントの一環として、一部の地域で価格を最大50%削減することにより、Azure Archive Storage をさらに手頃な価格にしました。

IoT Plug and Play is now available in preview
  • IoT プラグアンドプレイがプレビューで利用可能になりました
    • IoT Plug and Play がプレビューで利用可能になったことをお知らせします!この記事では、ソリューション開発者が IoT ソリューションで IoT プラグアンドプレイデバイスを使用する方法、およびデバイスパートナーがカタログにリストされる製品を構築および認定する方法について説明します。

Plan migration of your Hyper-V servers using Azure Migrate Server Assessment
  • Azure Migrate Server Assessment を使用して Hyper-V サーバーの移行を計画する
    • このブログ投稿では、Hyper-V サーバーの移行を計画するのに役立つサーバー評価の機能について説明します。この機能は、Azure Migrate のサーバー評価機能の一部として一般利用可能になりました。サーバーの移行を評価した後、Azure Migrate で利用可能な Microsoft のサーバー移行ソリューションを使用してサーバーを移行できます。Azure Migrate プロジェクトを作成すると、すぐに開始できます。


Enterprise Mobility + Security より

Microsoft Intune supports Zebra devices with Android Enterprise OEMConfig
  • Microsoft Intune は Android Enterprise OEMConfig で Zebra デバイスをサポート
    • Microsoft Intune は、Android Enterprise(AE)で展開された Zebra Technologies デバイスの特別な構成のサポートを発表しました。Zebra Technologies は、小売、ヘルスケア、製造、ロジスティクスなどのいくつかの業界で使用される高耐久化デバイスの大手メーカーです。


Intune Customer Success より

Support Tip: Using group tags to import devices into Intune with Autopilot
  • サポートのヒント:グループタグを使用して、Autopilot でデバイスを Intune にインポートする
    • このブログ投稿では、グループタグを使用して Windows Autopilot を介してデバイス登録オプションを制御する方法について説明します。これは本当に便利な機能ですので、Autopilot を使用している場合は、ぜひチェックしてみてください。


Official Microsoft Blog より

| John Montgomery - Corporate Vice President of Program Management for Developer Tools a...
  • Microsoft が jClarity を買収して、Azure での Java ワークロードの最適化を支援
    • Microsoft は、AdoptOpenJDK プロジェクトへの主要な貢献者である jClarity の買収を発表し、Azure での Java ワークロードのパフォーマンス向上を推進しながら、オープンソースへの継続的な貢献をサポートします。Java チャンピオンとデータ駆動型 Java 仮想マシン(JVM)最適化の専門知識を持つデータサイエンティストで構成されるチームは、Microsoft のチームが Java プラットフォームの進歩を活用するのに役立ちます。Microsoft では、Java コミュニティと協力することで、お客様により多くのことができると強く信じています。jClarity チームは、Microsoft の支援を受けて、引き続き OpenJDK コミュニティおよび Java エコシステムと協力して、プラットフォームの進歩を促進します。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録