クラウドエンジニアブログ

【定期便】8/12週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/8/12-2019/8/18)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Azure Datacenter IP ranges(XML files)will be deprecated by June 30, 2020
  • Azure Datacenter IP 範囲(XML ファイル)は、2020年6月30日までに廃止されます。
    • Azure パブリック、中国、およびドイツ向けの Azure データセンター IP 範囲(XML ファイルとも呼ばれます)の週次公開は、2020年6月30日までに廃止されます。 代わりに JSON ファイルをダウンロードするか、サービスタグ検出 API を使用してください。

Service Fabric Azure Resource Manager(ARM)application and service deployment is now generally available
  • Service Fabric Azure Resource Manager(ARM)アプリケーションとサービスの展開が一般的利用可能に
    • Azure Resource Manager を介したリソースとしての Service Fabric アプリケーションのデプロイが GA(正式リリース)になりました。これは、Azure ベースの Service Fabric クラスターに Service Fabric アプリケーションを展開する推奨方法です。この更新により、アプリケーションとサービスを JSON で記述し、クラスターと同じ Resource Manager テンプレートにデプロイできるようになります。アプリケーションの登録、プロビジョニング、および展開のプロセスはすべて1ステップで実行できます。これは、クラスター内のアプリケーションライフサイクルを管理するためのベストプラクティスです。

Microsoft Azure Ultra Disks now generally available
  • Microsoft Azure Ultra Disks が一般提供開始
    • Microsoft Azure Ultra Disks は、高い IO パフォーマンスと低レイテンシを必要とするクラウド上でデータ集約型ビジネスクリティカルなワークロードを実行するために一般利用できる新しい管理ディスクです。

New filters experience is available in Power BI Embedded
  • Power BI Embedded で新しいフィルターエクスペリエンスを利用できます
    • 新しいフィルターエクスペリエンスを有効にすると、フィルターペインを書式設定して、レポートの残りの部分のように表示できます。フィルタをロックしたり、非表示にすることもできます。

The service principal is now available for Power BI Embedded
  • サービスプリンシパルが Power BI Embedded で利用可能になりました
    • サービス プリンシパルを使用すると、ユーザーがサインインしたり、Power BI Pro ライセンスを持ったりすることなく、Power BI API を使用してリソースにアクセスしたり、操作を実行したりできます。

Azure SignalR Service introduces Event Grid integration feature
  • Azure SignalR Service に Event Grid 統合機能が導入されました
    • サーバーレスシナリオでの SignalR 機能を強化しました。 サービスがクライアントイベントをイベントグリッドに発行できるようにする新しい Azure SignalR サービス機能を発表します。

New Quick Action Transformations Added to Data Factory Mapping Data Flows
  • Data Factory Mapping Data Flow に追加された新しいクイックアクション変換
    • Data Factory Mapping Data Flow に、データ変換の作成を自動化する新しい「クイック アクション」機能が追加されました。

New tool for automating load testing of Power BI Embedded capacities now available
  • Power BI Embedded 容量の負荷テストを自動化する新しいツールが利用可能になりました
    • Power BI Embedded の容量の負荷テストを自動化するツールが 最近リリースされました。このツールを使用すると、容量を使用したときに処理できるユーザー負荷の量を把握できます。PowerShell を使用して容量に対する自動負荷テストを作成し、テストするレポートとシミュレートする同時ユーザー数を選択できます。

Azure Service Fabric 6.5 Second Refresh Release is Now Available
  • Azure Service Fabric 6.5 Second Refresh リリースが一般利用可能に
    • Azure Serivce Fabric 6.5の2回目の更新リリースには、重要な機能の発表とバグ修正、およびパフォーマンスの強化が含まれています。.NET SDK、Java SDK、および Service Fabric ランタイムの更新は、すべての地域で7〜10営業日以内に Web Platform Installer、NuGet パッケージ、および Maven リポジトリから入手できます。

New region: Johannesburg(South Africa North)now supports Power BI Embedded
  • 新しい地域:ヨハネスブルグ(南アフリカ北部)が Power BI Embedded をサポートするようになりました
    • ヨハネスブルグ(南アフリカ北部)リージョンは現在、Power BI Embedded をサポートしています。 この新しい地域により、顧客は Azure またはオンプレミスのいずれかでデータソースに近い Power BI Embedded の展開を見つけることができ、データ更新パフォーマンスの高速化とネットワーク下りコストの削減が可能になります。

New PowerShell scripts to streamline Azure Monitor Logs query and data collection
  • Azure Monitor Logs のクエリとデータ収集を効率化する新しい PowerShell スクリプト
    • PowerShell ギャラリーでは、Azure Monitor Logs へのクエリとログの収集を効率化する2つの新しいスクリプトが利用可能になりました。

Recent Rendering performance improvements now available in Power BI Embedded
  • Power BI Embedded で利用可能な最近のレンダリングパフォーマンスの改善
    • 次の改善が追加されました。
      • 異なるレポートを同じ iframe に埋め込む
      • 埋め込みレポートのクエリキャッシング

Update to Azure SQL Database serverless increases compute scale limits by 4x
  • Azure SQL Database サーバーレスの更新により、計算スケールの制限が4倍に増加
    • Azure SQL Database サーバーレスは、ワークロードの需要と1秒あたりのコンピューティング使用量に基づいて、単一データベースのコンピューティングを自動的にスケーリングします。vCore の最大制限が4から16 vCoreに増加し、要求の厳しいワークロードでサーバーレスデータベースの計算スケーリングの上限が大きくなったことをお知らせします。

Service Tag Discovery API is now available in preview
  • Service Tag Discovery API がプレビューで利用可能になりました
    • Service Tag Discovery API は現在プレビュー中です。 Service Tag Discovery API は、Azure とそのサービスのグローバル IP アドレス情報を取得するためのプログラムインターフェイスを使用して、Azure IP 範囲への依存関係をより簡単に維持するのに役立ちます。

Announcing Azure Backup limited public preview support for large disks up to 30TB size
  • 最大30TB のサイズの大容量ディスクに対する Azure Backup 限定パブリック プレビューサポートを発表
    • 最大30TiB サイズの大規模で強力な Azure 管理ディスクの限定パブリック プレビューを発表します。このプレビューでは、管理対象仮想マシンの運用レベルのサポートが提供されます。

Azure Monitor Application Insights Status Monitor v2 is now generally available
  • Azure Monitor Application Insights Status Monitor v2が一般公開されました
    • Azure Monitor Application Insights Status Monitor v2の発表が一般公開されました。Status Monitor v2は、IIS でホストされる .NET Web アプリのコードレスインスツルメンテーションを提供する PowerShell モジュールです。

Public Preview of Managed Identity for Azure Service Fabric applications
  • Azure Service Fabric アプリケーションのマネージ ド ID のパブリック プレビュー
    • Azure Service Fabric アプリケーションは、ユーザー割り当ておよびシステム割り当て済みのマネージ ID をサポートするようになりました。

Visual Authoring API for Power BI Embedded now available
  • Power BI Embedded のビジュアルオーサリング API が利用可能になりました
    • 新しい Power BI レポートオーサリング SDK 拡張機能を使用すると、ビジュアルをプログラムで作成し、列、メジャー、階層にバインドし、軸の可視性やタイトルなどのプロパティを設定してパーソナライズできます。


Microsoft Azure Blog より

Rapidly develop blockchain solutions, but avoid the complexities
  • ブロックチェーンソリューションを迅速に開発しつつ複雑さを回避
    • マイクロソフトのパートナーである SIMBA Chain は、ブロックチェーンテクノロジーを使用してソリューションの作成を開始するための労力と時間を削減する製品を作成しました。

New for developers: Azure Cosmos DB .NET SDK v3 now available
  • 開発者向けの新機能:Azure Cosmos DB .NET SDK v3が利用可能になりました
    • Azure Cosmos DB チームは、7月にリリースされた Azure Cosmos DB .NET SDK のバージョン 3の一般提供を発表します。プレビュー中にフィードバックをいただいたすべての人に感謝します。

6 ways we’re making Azure reservations even more powerful
  • Azure の予約をさらに強力にする6つの方法
    • 新しい Azure 予約機能を使用すると、Azure のコストをさらに節約し、予約を簡単に管理し、内部レポートを作成できます。フィードバックに基づいて、予約に次の機能を追加しました。
      • Azure Databricks 購入前プラン
      • App Service Isolated スタンプ料金の予約
      • 予約を自動的に更新する機能
      • 予約をリソースグループにスコープする機能
      • チャージバック、節約、および利用を支援するための使用状況データの強化
      • 価格を取得して予約を購入するための API

Azure Ultra Disk Storage: Microsoft's service for your most I/O demanding workloads
  • Azure Ultra Disk Storage : 最も I/O 要求の厳しいワークロード向けの Microsoft のサービス
    • Azure Ultra Disk Storage の一般提供を発表しました、Azure Managed Disk 製品は、I/O を要求するワークロードに対して1ミリ秒未満のレイテンシで大規模なスループットを提供します。Ultra Disk Storage は、SAP Hana、OLTP データベース、NoSQL、およびその他のトランザクションが多いワークロードなどの I/O 集約型ワークロードに一貫したパフォーマンスと低レイテンシを提供します。さらに、複数のディスクをストライプ化することなく、単一の Ultra Disk で最大仮想マシン I/O 制限に到達できます。

Azure SDK August 2019 preview and a dive into consistency
  • Azure SDK 2019年8月のプレビューと一貫性の詳細
    • 最新の Azure API ガイドラインとパターンに従う Azure SDK の第2回目のプレビューが利用可能になりました(.Net、Java、JavaScript、Python)。これらのプレビューには、バグ修正、新機能、およびガイドラインの遵守に向けた追加作業が含まれています。

Improving Azure Virtual Machines resiliency with Project Tardigrade
  • Project Tardigrade による Azure 仮想マシンのレジリエンスの向上
    • Project Tardigrade とコードネーム化されたこの取り組みは、8本足の微生物であるクマムシからもインスピレーションを得ています。実質的に殺すことは不可能であるため、クマムシは極限状態にさらされることがありますが、どうにかして生き残るための方法を少しずつ模索します。これはまさに我々が目論む、レジリエンスを考慮する際のサーバーのエミュレートです。そのため、Project Tardigrade という名前なのです。広範囲の極端な条件でのクマムシの生存と同様に、このプロジェクトでは、ハードウェアからソフトウェアに至るまで、プラットフォームの複数の層にわたって復元力と自己修復メカニズムを構築し、すべて仮想マシンを可能な限り保護することを目指しています。

Better together, synergistic results from digital transformation
  • デジタルトランスフォーメーションによる相乗効果の高い結果
    • インテリジェントな製造業の変革は、販売組織とフィールドサービスの接続など、大きな変化をもたらす可能性があります。クラウドへの移行は、インテリジェントサプライチェーンや、接続された製品によって可能になるイノベーションなどのメリットも提供します。そのため、多くの人にとってデジタルトランスフォーメーションは目標であり、競争上の優位性を見つけることを意味します。Azure プラットフォームは、パートナーが業界ソリューションを強化、拡張、構築するための豊富なサービスを提供します。本ブログ記事では、Microsoft パートナーが Azure を使用して独自の問題を解決する方法について説明します。

Geo Zone Redundant Storage in Azure now in preview
  • Geo Zone Redundant Storage をプレビューで提供
    • Geo Zone Redundant Storage のプレビューを発表しました。Geo Zone Redundant Storage は、高パフォーマンス、高可用性、および災害復旧の優れたバランスを提供し、Azure で高可用性アプリケーションまたはサービスを構築する場合に役立ちます。Geo Zone Redundant Storageは、以下を実行することにより、データの復元力を高めるのに役立ちます。
      • 現在のゾーン冗長ストレージなど、複数の Azure可用性にわたってデータの3つのレプリカを同期的に書き込み、クラスター、データセンター、またはゾーン全体の障害から保護します。
      • 同じ地域内の別の地域にデータを非同期的に複製し、ローカルの冗長ストレージなどの単一のゾーンに入れて、地域の停電から保護します。

Your single source for Azure best practices
  • Azure ベスト プラクティスの単一ソース
    • このブログでは、Microsoft Azure Advisor をリソース最適化の単一の宛先として使用し、Azure をさらに活用する方法について説明します。

Announcing the preview of Azure Actions for GitHub
  • Azure の GitHub アクションのプレビューを発表
    • 2019年8月8日(木)、GitHub は、継続的インテグレーションと継続的デリバリー(CI/CD)をサポートする GitHub アクションのプレビューを発表しました。アクションを使用すると、シンプルで強力なパイプラインを作成し、ソフトウェアのコンパイルと配信を自動化できます。本日、GitHub用 Azure アクションのプレビューを発表します。

Announcing the general availability of Azure Ultra Disk Storage
  • Azure Ultra Disk Storage の一般提供を発表
    • Microsoft Azure Ultra Disk Storage の一般提供(GA)を発表します。これは、最も要求の厳しい Azure 仮想マシンとコンテナーワークロードに対して、ミリ秒未満のレイテンシで前例のない非常にスケーラブルなパフォーマンスを提供する新しい Managed Disk 製品です。Ultra Disk Storage を使用すると、SAP HANA などのアプリケーション、SQL Server、Oracle DB、MySQL、PostgreSQL などの最上位 SQL データベース、および MongoDB や Cassandraなどの NoSQL データベースを含む、ミッションクリティカルなエンタープライズアプリケーションをクラウドにリフトアンドシフトできます。


Intune Customer Success より

Intune Day Zero support for new settings and updates in iOS 13 and macOS 10.15
  • iOS 13および macOS 10.15の新しい設定とアップデートの Intune Day Zero サポート
    • iOS 13 が9月頃にリリースされるときに導入される新しい設定とアップデートのサポートを発表します。ドキュメントが更新される度にこちらのブログでご案内します。

Support Tip: Notarizing your macOS apps to prepare for macOS Catalina 10.15
  • サポートのヒント:macOS アプリを認証して macOS Catalina 10.15に備える
    • macOS Catalina 10.15以降、Apple は正常に動作するため、すべての Mac ソフトウェアはデフォルトで認証されることを要求します。


Official Microsoft Blog より

Microsoft and Jio: Accelerating India’s digital progress
  • Microsoft と Jio:インドのデジタル化を加速
    • Reliance Industries Limited の子会社である Reliance Jio Infocomm Limited(Jio)との包括的な長期提携を発表しました。これは、インドのデジタルトランスフォーメーションを加速し、最新技術を全国の数百万の企業にもたらすエキサイティングな進歩です。この提携は、2つの組織間のユニークなコラボレーションを表しています。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録