クラウドエンジニアブログ

【定期便】8/5週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/8/5-2019/8/11)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

New Tools are now available in Azure Cloud Shell
  • Azure Cloud Shell で新しいツールが利用可能になりました
    • Azure Cloud Shell には、多数の新しいツールと機能が追加されました。 この最新リリースでは、最も人気のあるリクエストの一部を取り入れました。

Azure Cosmos DB Python SDK Version 4 is now in preview
  • Azure Cosmos DB Python SDK バージョン4がプレビュー提供
    • Azure Cosmos DB Python SDK のバージョン4が利用可能になり、開発者エクスペリエンスを向上させるためのオブジェクト モデルの使いやすさの更新と、パーティション キーを使用してパーティションキーを使用してパーティション以外のコンテナーをスケーリングする機能が含まれています。

Azure API Management updates for August
  • Azure API Management の8月の更新
    • 今月の API 管理サービスの更新プログラムには、OpenAPI 仕様、メトリック、および Azure ポータルの機能強化が含まれています。

Azure Site Recovery is now available in new Azure regions
  • Azure Site Recovery が新しい Azure リージョンで利用可能に
    • Azure Site Recovery は、インド西部、アラブ首長国連邦中部、アラブ首長国連邦北部、南アフリカ北部、南アフリカ西 Azure リージョンで利用できるようになりました。

Cognitive Services—Azure Active Directory authentication and custom subdomains are now in preview
  • Cognitive Services - Azure Active Directory 認証とカスタム サブドメインをプレビューで提供
    • Azure Active Directory(Azure AD)認証を使用すると、Azure AD またはユーザー プリンシパルを Cognitive Services の認証に利用できます。この機能により、Cognitive Services へのアクセスを柔軟に管理でき、資格情報のローテーションやカスタム パスワード標準の適用に既存のポリシーを簡単に使用できるようになります。

Azure Blob Storage on IoT Edge is now generally available
  • IoT Edge 上の Azure Blob Storage が一般公開されました
    • IoT Edge 上の Azure Blob Storage は、Windows と Linux の両方で利用できるようになりました。ローカルブロック BLOB ストレージを提供し、device To Cloud Upload プロパティを使用してローカルブロック BLOB ストレージから Azure にデータを自動的にアップロードできるようにする、軽量でAzureに一貫した IoT モジュールです。

Gantt Views for monitoring data factory pipelines are now available
  • データ ファクトリ パイプラインを監視するためのガント ビューが利用可能になりました
    • ガント ビューは、データ ファクトリ パイプラインの監視に使用できるようになりました。これらを使用して、データファクトリパイプラインとアクティビティの実行をすばやく視覚化します。

New AMD-based Azure VMs for general purpose and memory intensive workloads in preview
  • 汎用およびメモリ集約型のワークロード向けの新しい AMD ベースの Azure VM をプレビューで提供
    • AMD ベースの新しい Azure Dav3 および Eav3 シリーズの仮想マシン(汎用およびメモリを大量に消費するワークロードに最適)がプレビューに登場しました。

Navigator now provides dependency mapping and change analysis in App Service Diagnostics
  • Navigator は App Service Diagnostics で依存関係マッピングと変更分析を提供
    • Navigator は、Windows Web アプリの App Service Diagnostics で使用できるようになりました。Navigator は、時間の経過に伴う変更と共に、アプリとその依存関係の一元的なビューを提供します。

Create virtual machines(VMs)using an earlier shared image version
  • 以前の共有イメージ バージョンを使用して仮想マシン(VM)を作成する
    • DevTest Labs では、共有イメージ ギャラリー内で以前のバージョンから仮想マシンを作成できるようになりました。

Azure Backup is available in new Azure regions
  • Azure Backup が新しい Azure リージョンで利用可能
    • Azure Backup は、インド西部、アラブ首長国連邦中部、アラブ首長国連邦北部、南アフリカ北部、南アフリカ西 Azure リージョンで利用できるようになりました。

Azure Government support is now available for Azure Kubernetes Service(AKS)in preview
  • Azure Kubernetes Service(AKS)の Azure Government サポートがプレビューで利用可能に
    • Azure Kubernetes Service(AKS)サービスは、Azure Goverment(Fairfax、VA)リージョンでプレビューできるようになりました。

New Relic now provides integration with Azure Open Source Databases
  • New Relic が Azure オープン ソース データベースとの統合を提供するようになりました。
    • New Relic は、さらに3つの Azure サービス(PostgreSQL、MySQL、および MariaDB 用の Azure データベース)の統合を提供します。監視ソリューションとして New Relic を使用している場合は、このソリューションを使用して、これらの Azure サービスとアプリケーションを監視できるようになりました。

Azure Cache for Redis 4.0 upgrade is now generally available
  • Azure Cache for Redis 4.0 の更新を一般提供
    • Redis バージョン 4.0 は、Redis インスタンスのすべての Azure Cache にまもなく公開されます。更新は自動的に行われ、キャッシュの可用性が損なわれることはありません。この更新を受信するためのアクションは必要ありません。Azure 管理ポータルから更新ウィンドウを設定するオプションがあります。更新ウィンドウが指定されていない場合、更新は自動的に行われます。

Disaster recovery of Azure Disk Encryption-enabled virtual machines
  • Azure Disk Encryption 対応の仮想マシンの災害復旧
    • Azure Site Recovery は、Azure Active Directory アプリを使用しない Azure Disk Encryption 対応仮想マシンの災害復旧をサポートするようになりました。ある Azure リージョンから別の Azure リージョンへ、Azure Active Directory アプリなしで暗号化が有効になっている仮想マシンを複製します。この機能は現在、管理対象ディスクを使用する Windows VM のみをサポートしています。管理対象ディスクを使用した Linux VM のサポートは、まもなく利用可能になります。

Azure NetApp Files is now available in three new regions
  • Azure NetApp Files が3つの新しい地域で利用可能になりました
    • Azure NetApp Files は、米国中部、オーストラリア東部、東南アジアの3つの新しいリージョンで利用できるようになりました。

Azure Monitor for Containers with Prometheus support for AKS engines is now in preview
  • Azure Monitor for Containers の AKS エンジンの Prometheus サポートをプレビューで提供
    • 通常、Prometheus を使用するには、データベースを使用して Prometheus サーバーをセットアップおよび管理する必要があります。Azure Monitor インテグレーションでは、Prometheus サーバーは必要ありません。Azure Monitor を使用して Prometheus メトリックを収集するためのシームレスなオンボーディング エクスペリエンスが提供されます。

Azure Databricks Unit pre-purchase plan is now available
  • Azure Databricks Unit の購入前プランが利用可能になりました
    • Azure Databricks Unit(DBU)の事前購入プランが利用可能になり、Azure をワークロードで最もコスト効率の高いクラウドにするのに役立ちます。 この新しい価格設定オプションは、Azure Databricks ユニットを1年または3年の期間前払いすることで、従量制料金と比較して最大 37% 節約できます。

Media Services is now available in both South Africa regions
  • Media Services が南アフリカの両方のリージョンで利用できるようになりました
    • Media Services は南アフリカの両方のリージョンで利用できるようになりました。Media Services ユーザーは南アフリカ北部と南アフリカ西部の両方のリージョンを利用できます。

Azure Firewall feature updates for July 2019
  • Azure Firewall の2019年7月の機能更新
    • 2019年7月のAzureファイアウォール機能の更新は次のとおりです。
      • 複数のパブリック IP が、すべての Azure パブリックリージョンで一般利用可能
      • Availability Zone が一般利用可能
      • すべての Azure リージョンで SQL FQDN フィルタリングをプレビューで提供
      • Azure HDInsight FQDN タグは、すべての Azure パブリックリージョンでプレビュー提供
      • パートナーソリューションを使用した集中管理

Create dependencies among pipelines in your Azure Data Factories
  • Azure Data Factories 内のパイプライン間の依存関係を作成する
    • パイプラインの タンブリングウィンドウトリガー間に依存関係を追加することにより、Azure Data Factories に依存パイプラインを作成できるようになりました。

New budgets creation experience is now available
  • 新しい予算作成エクスペリエンスが利用可能になりました
    • 新しい予算作成エクスペリエンスのリリースを発表しました。予算を作成する際に以下のことができるようになります。
      • 標準のコスト管理ディメンションに基づいて予算をフィルタリング
      • 適切なしきい値を決定するのに役立つ、予算に適用可能な以前のコストと予測コストを表示
      • 将来の期間の最高予測コストに基づいて推奨予算を表示

Azure Files Active Directory(Azure AD)authentication with Azure AD domain services is now generally available
  • Azure AD ドメインサービスを使用した Azure Files Active Directory(Azure AD)認証が一般利用可能になりました
    • Azure Files は、業界標準の SMB プロトコルを介してアクセスできるクラウド内の完全に管理されたファイル共有を提供します。Azure AD との統合により、Azure AD ドメイン ドメインに参加した Windows VM から Azure AD 資格情報を使用して Azure ファイル共有に SMB アクセスできます。

M-series virtual machines(VMs)are now generally available in the Brazil South Region
  • M シリーズ仮想マシン(VM)がブラジル南部リージョンで一般利用可能になりました
    • Azure M シリーズ VM は、ブラジル南部リージョンで使用できるようになりました。M シリーズ VM は、192GB から 3.8TiB(4TB)の RAM までのメモリを備えた構成を提供し、SAP HANA の認定を受けています。

Azure IoT Edge support in Azure DevOps Project and Azure Pipelines
  • Azure DevOps プロジェクトと Azure Pipelinesでの Azure IoT Edge サポート
    • Azure DevOps プロジェクトと AzurePipelines の IoT Edge サポートが一般利用可能であることをお知らせします。開発者は、ベスト プラクティスを使用して IoT Edge プロジェクト用の CI/CD パイプラインを簡単にセットアップできます。

Audit logging in Azure Kubernetes Service(AKS)is now available
  • Azure Kubernetes サービス(AKS)での監査ログが利用可能になりました
    • 監査ログを使用して、疑わしい API 要求の調査、統計の収集、または不要な API 呼び出しの監視アラートの作成を行います。

Azure Migrate is now available in Australia, Canada, India, and Japan
  • Azure Migrate がオーストラリア、カナダ、インド、および日本で利用可能
    • Azure Migrate は、移行プロジェクト地域としてオーストラリア、カナダ、インド、および日本をサポートするようになりました。これらの場所に加えて、Azure Migrate は、アジア太平洋、ヨーロッパ、イギリス、および米国でのメタデータの保存もサポートしています。Azure Government のサポートは、Azure Migrate の以前のバージョンで利用でき、新しいバージョンでのサポートはまもなく有効になります。

Azure Geo and Zone Redundant Storage in public preview
  • パブリック プレビューでの Azure Geo およびゾーン冗長ストレージ
    • Azure Geo および Zone Redundant Storage(GZRS)は、お客様が次のことを行うことにより、データの復元力を高めるのに役立ちます。


Microsoft Azure Blog より

Azure Stream Analytics now supports MATCH_RECOGNIZE
  • Azure Stream Analytics が MATCH_RECOGNIZE をサポート
    • Azure Stream Analytics の MATCH_RECOGNIZE は、アラートまたはそれ以上のデータ計算に対するイベントのシーケンスに一致するクエリの構築、変更、および保守に関連する複雑さとコストを大幅に削減します。

When to use Azure Service Health versus the status page
  • Azure Service Health を使用するタイミングとステータスページ
    • アプリケーションで問題が発生している場合は、Azure Service Health ダッシュボードを使用してソリューションの調査を開始するのに最適な場所です。このブログ記事では、その違いを探ります。

We’re making Azure Archive Storage better with new lower pricing
  • 新しい低価格で Azure Archive Storage を改善
    • 最もコスト効率の高いストレージ製品を提供するというコミットメントの一環として、一部のリージョンで Azure Archive Storage の価格が最大50%下がったことを共有いたします。新しい価格設定は直ちに有効になります。

Announcing Azure Databricks unit pre-purchase plan and new regional availability
  • Azure Databricks ユニットの購入前プランと新しい地域の可用性を発表
    • Azure Databricks Unitの購入前プランが一般公開されました。この新しい価格設定オプションを使用すると、従量課金制と比較して最大37%の節約を実現できます。 現在、Azure Databricks は、南アフリカと韓国の追加地域で一般的に利用可能です。これらの追加の場所により、製品の世界的な可用性は、99.95%の SLA に裏打ちされた26の地域になります。

Introducing the new HBv2 Azure Virtual Machines for high-performance computing
  • ハイパフォーマンス コンピューティング用の新しい HBv2 Azure 仮想マシンの導入
    • ハイパフォーマンス コンピューティング (HPC) 用の第2世代 HB シリーズ Azure 仮想マシンを発表します。HBv2 仮想マシンは、リーダーシップクラスのパフォーマンス、メッセージ・パッシング・インターフェース(MPI)のスケーラビリティ、およびさまざまな実世界の HPC ワークロードに対するコスト効率を提供するように設計されています。

Azure and Informatica team up to remove barriers for cloud analytics migration
  • Azure と Informatica が連携してクラウド分析移行の障壁を取り除く
    • 本日、お客様がクラウド分析のプロセスを簡素化できるように、業界で利用可能な最も包括的で説得力のある移行オファーを発表しました。マイクロソフトとインフォマティカのコラボレーションにより、お客様はデジタルトランスフォーメーションを加速します。

Overcoming language difficulties with AI and Azure services
  • AI および Azure サービスで言語の問題を克服する
    • Azure プラットフォームは、パートナーが業界ソリューションを強化、拡張、構築するための豊富なサービスを提供します。ここでは、Microsoft パートナーが Azure を使用して独自の問題を解決する方法について説明します。

High Availability Add-On updates for Red Hat Enterprise Linux on Azure
  • Red Hat Enterprise Linux on Azure の High Availability アドオンのアップデート
    • 高可用性は、ミッションクリティカルな本番環境にとって重要です。Red Hat Enterprise Linux High Availability アドオンは、重要な本番サービスに信頼性と可用性を提供します。本日、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)on Azure のHigh Availability アドオンのパフォーマンス改善と更新版イメージを共有します。

Introducing NVv4 Azure Virtual Machines for GPU visualization workloads
  • GPU ビジュアライゼーション ワークロード用の NVv4 Azure 仮想マシンの導入
    • Azure は、さまざまなお客様のニーズに合わせてカスタマイズされたさまざまな仮想マシン(VM)サイズを提供します。当社の NV サイズファミリは、CAD、ゲーム、シミュレーションなどの GPU 駆動の可視化ワークロード向けに最適化されています。

Announcing new AMD EPYC™-based Azure Virtual Machines
  • AMD EPYC ベースの新しい Azure 仮想マシンを発表
    • 最新の AMD EPYC 7002 プロセッサを搭載した第2世代の HB シリーズ Azure 仮想マシンである HBv2 を発表します。お客様は、HPC のパフォーマンスとスケーラビリティを向上させ、Azure で大幅に大きなワークロードを実行できます。また、AMD 7002 プロセッサと Radeon Instinct GPU をクラウドベースの仮想デスクトップファミリに導入する予定です。最後に、プレビュー版の新しい Dav3 および Eav3 シリーズ Azure 仮想マシンは、新しい AMD EPYC 7452 プロセッサーを使用して、汎用ワークロードの幅広い要件を満たすために、より多くの顧客の選択肢を提供します。

Disaster recovery of Azure disk encryption(V2)enabled virtual machines
  • Azure Disk Encryption(V2)対応の仮想マシンの災害復旧
    • Azure Site Recovery は、Azure Active Directory アプリケーションなしで、Azure Disk Encryption(V2)対応の仮想マシンの災害復旧をサポートするようになりました。災害復旧のために VM のレプリケーションを有効にしている間、必要なすべてのディスク暗号化キーとシークレットは、ユーザーコンテキストでソース領域からターゲット領域にコピーされます。災害復旧を管理するユーザーが適切な権限を持っていない場合、ユーザーはすぐに使用できるスクリプトをセキュリティ管理者に渡し、キーとシークレットをコピーして構成を続行できます。

Better security with enhanced access control experience in Azure Files
  • Azure Files の強化されたアクセス制御エクスペリエンスによるセキュリティの向上
    • Azure Files の Azure Active Directory ドメインサービス(Azure AD DS)認証の一般的な可用性により、オンプレミスで使用されているのと同じセキュリティモデルを維持しながら、お客様がアプリケーションをクラウドに簡単に「リフトアンドシフト」できるようにします。Azure AD DS を統合すると、NTFS アクセス制御リスト(ACL)が適用されたAzure AD DS ドメイン参加 Windows 仮想マシン(VM)からの Azure Active Directory(Azure AD)資格情報を使用して、SMB 経由で Azure File Share をマウントできます。

Building Resilient ExpressRoute Connectivity for Business Continuity and Disaster Recovery
  • ビジネス継続性と災害復旧のための回復性のある ExpressRoute 接続の構築
    • ExpressRoute を使用した高可用性のための設計では、設計上の考慮事項に対処し、お客様のオンプレミスネットワークと Microsoft ネットワークコア間の堅牢なエンドツーエンド ExpressRoute 接続を設計する方法について説明します。このドキュメントは、一般的な ExpressRoute の高可用性と、プライベートピアリングおよび Microsoft ピアリングに固有のコンポーネントを最大化する方法について説明します。


Enterprise Mobility + Security より

Introducing the Microsoft Intune configuration designer to manage OEMConfig devices
  • OEMConfig デバイスを管理するための Microsoft Intune 構成デザイナーの紹介
    • Microsoft Intune は、OEMConfig アプリケーションを使用して Android エンタープライズ デバイス を管理するための新しい構成デザイナー エクスペリエンスのリリースを発表しました。お客様やパートナーから非常に肯定的な早期のフィードバックを受け取っています。この記事では、OEMConfig アプリケーションを開始するいくつかの手順をご紹介します。


Intune Customer Success より

Known issue for FileVault configuration profiles on macOS devices
  • macOS デバイスでの FileVault 構成プロファイルに関する既知の問題
    • Device Configuration 内に macOS デバイスの FileVault 設定を構成する際に設定の問題があることがわかりました。設定の構成方法によっては、FileVault プロファイルが意図したとおりに展開されない場合があります。将来のリリースで修正されるまで、この記事で回避策を共有します。


Official Microsoft Blog より

Harnessing the power of AI to transform agriculture
  • AI の力を活用して農業を変革
    • Microsoft は、小規模な農場の将来の成功に重要な意味を持つプロジェクトに関与しています。Project FarmBeats と呼ばれるこのイニシアチブは、Microsoft の本社からそれほど遠くない Dancing Crow Farm で開始されました。数エーカーの豊かな農地で、Dancing Crow の所有者である Sean Stratman は、センサーを使用して土壌の水分と温度を測定し、ドローンとともに空中画像を収集する新しい農業アプローチを模索しています。そして、そのすべてのデータをクラウドベースの AI モデルに送り、農場の状態を1平方メートルに至るまで正確かつ最新の状態で提供します。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録