クラウドエンジニアブログ

【定期便】7/1週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/07/01-2019/07/07)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Azure Monitor for Containers: Enhanced search on live data and other updates available
  • Azure Monitor for Containers : ライブデータおよびその他の更新プログラムの検索が強化されました
    • ライブデータで、イベントログにプルダウンピルフィルタが追加され、ポッド、ネームスペース、ノード、またはクラスタ Kubernetes イベントのみが表示されるようになりました。
    • 次のキーワードを見つけることができるようにライブデータ上の検索が強化されました。
    • Kubelet の正常性とノードネットワークのパフォーマンスが、ワークブックを通じて利用可能になりました。
    • エージェントを介したデータ収集にフィルタが利用可能になりました。環境変数、コンテナーログの標準出力、および標準エラーの名前空間ごとにデータ収集をフィルター処理できます。

Application Insights is Generally Available in China East 2
  • Application Insights が中国東部2(China East 2)で一般提供開始
    • Azure Application Insights は、中国東部2(China East 2)で一般利用可能になりました。

Azure Data Factory logs now available as dedicated tables in Azure Monitor Logs
  • Azure Data Factory のログが Azure モニターログの専用テーブルとして利用可能になりました
    • Azure Data Factory は、これまで Azure Diagnostics モードでのみ利用可能だった最初の Azure サービスで、Resource Specific モードで利用できるようになりました。

Azure Data Factory Mapping Data Flows public preview adds parameter support
  • Azure Data Factory のマッピングデータフローのパブリックプレビューにパラメーターサポートが追加されました
    • Azure Data Factory のマッピングデータフローは、ETL データ変換を大規模に構築および運用するためのコードフリーの設計環境を提供します。 現在、ADF チームはデータフローのパラメータサポートを追加し、パイプラインから動的に呼び出すことができる柔軟で再利用可能なデータフローを可能にしました。

Azure Monitor Log now supports log search on multiple Azure resources
  • Azure Monitor Log が複数の Azure リソースでのログ検索をサポートするようになりました
    • 多くの Azure サービスは、ログを検索するための新しくより簡単な方法のサポートを追加しました。

Azure Database for MySQL now available in South Africa regions
  • Azure Database for MySQL が南アフリカリージョンで利用可能になりました
    • Azure Database for MySQL は、最近発表された南アフリカ北部および南アフリカ西部の地域で一般利用可能になりました。

Azure Database for PostgreSQL now available in South Africa regions
  • Azure Database for PostgreSQL が南アフリカリージョンで利用可能になりました
    • Azure Database for PostgreSQL は、最近発表された南アフリカ北部および南アフリカ西部の地域で一般に利用可能になりました。

Introducing B12, B16 & B20 - new larger B-series VM sizes with flexible CPU usage
  • B12、B16、B20 の導入 - 柔軟な CPU 使用率を備えた新しい大型 B シリーズ VM サイズ
    • B12ms、B16ms、B20ms の3つの新しい B シリーズサイズをリリースしました。これらは、柔軟な CPU 使用率を持つ低コストの VM です。

Azure Cosmos DB ExpressRoute BGP Community now available
  • Azure Cosmos DB ExpressRoute BGP コミュニティが公開されました
    • 現在、Azure Cosmos DB の地域広告を可能にする ExpressRoute に Azure Cosmos DB コミュニティを追加することを発表しました。

Azure Database for MariaDB now available in South Africa regions
  • Azure Database for MariaDB が南アフリカリージョンで利用可能になりました
    • Azure Database for MariaDB が、最近発表された南アフリカ北部および南アフリカ西部の地域で一般に利用可能になりました。

Azure DevOps adds new features including bi-directional traceability between Releases and Jira issues
  • Azure DevOps にリリース作業と Jira の Issue の間の双方向のトレーサビリティを含む新機能が追加されました
    • Azure DevOps の Sprint 154 Update において、アトラシアンマーケットプレイスに Azure Pipelines for Jira アプリをリリースします。この統合により、リリースと共にデプロイされた作業項目として Jira の Issue へのリンクが追加され、Jira の Issue で展開の詳細を直接表示することができます。

Azure Data Factory upgrades Teradata connector to enable new features and enhancement
  • Azure Data Factory が Teradata コネクターをアップグレードして新機能と機能強化を実現
    • Azure Data Factory は、Teradata コネクターを、組み込みの Teradata ドライバー、Teradata からのデータを並行して効果的に取り込むためのデータ分割などの新機能の追加と機能強化でアップグレードしました。


Microsoft Azure Blog より

Highlights from SIGMOD 2019: New advances in database innovation
  • SIGMOD 2019 のハイライト : データベースイノベーションの新たな進歩
    • Azure Data チームは、オンプレミスおよびクラウドベースのデータベース管理において引き続きリードしていきます。SQL Server は、Gartner によって4年連続でトップの DBMS として認定されています。私たちの目的は、データを収集、保存、分析するための最適な方法を開発することによって、データ管理を再考し、再定義することです。

Helping move healthcare organizations to Azure
  • 医療機関の Azure 移行を支援
    • Azure プラットフォームは、パートナーが業界のソリューションを強化、拡張、構築するための豊富なサービスを提供します。ここでは、あるマイクロソフトパートナーが Azure を使用して独自の問題を解決する方法について説明します。

Azure FXT Edge Filer now generally available
  • Azure FXT Edge Filer が一般提供を開始
    • ハイブリッドネットワーク接続ストレージ(NAS)のパフォーマンスの拡張と最適化は、オンプレミスのネットワーク接続ストレージと Azure Blob Storage を統合したキャッシュアプ​​ライアンスである Microsoft Azure FXT Edge Filer 一般提供によって、今日、さらに活気づきます。Azure FXT Edge Filer は、コンピューティングとファイルストレージの間にパフォーマンス層を構築し、Linux コンピューティングファームで実行されているハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)アプリケーションに高スループットおよび低遅延のネットワークファイルシステム(NFS)を提供するとともに Azure Blob Storage にストレージデータを階層化します。

Automate MLOps workflows with Azure Machine Learning service CLI
  • Azure Machine Learning サービス CLI を使用して MLOps ワークフローを自動化する
    • Azure Machine Learning service Command-Line Interface は、 Azure プラットフォームのためのインターフェイスを拡張したものです。この拡張機能は、コマンドラインから Azure Machine Learning サービスを操作するためのコマンドを提供し、機械学習ワークフローを自動化することを可能にします。

Azure. Source–Volume 89
  • Azure.Source – Volume 89

Azure Cost Management updates – June 2019
  • Azure Cost Management 更新プログラム – 2019年6月
    • Azure コスト管理は、クラウド内のコストを発生させる方法と場所を把握し、不適切な支出パターンを特定して防止し、コストを最適化し、より少ないコストでより多くのことを行うのに役立ちます。クラウドのコストを1か所で管理できる最新の機能強化セットを見てみましょう。


Intune Customer Success より

Known issue for Windows 10 1809 when using Account CSP for renaming devices
  • デバイスの名前を変更するためにアカウント CSP を使用する場合の Windows 10 1809 の既知の問題
    • Autopilot を使用してデバイスを登録する場合は、Autopilot プロファイルを作成し、最初の起動時に Windows 10 1809 以降のデバイスのデバイス名を作成する [デバイス名テンプレートの適用] 設定を構成できます。Windows 10 1809 において、プレフィックスとマクロの合計が15文字以上の文字を追加する場合、%RAND:x% マクロでプレフィックスを使用してもデバイス名の適用が機能しないバグが発見されました。回避策として、Autopilot デバイスの登録にデバイス名テンプレートを使用する場合は、全体として14文字以下を入力する必要があります。

Announcing new updates to the Android Enterprise fully managed devices preview
  • Android Enterprise で完全に管理されたデバイスプレビューの新しい更新プログラムを発表
    • Android Enterprise の完全に管理されたデバイス シナリオの完全なサポートの提供に向けて取り組んでおり、プレビューで現在利用可能な機能を更新しています。私たちは、Android Enterprise で完全に管理されたデバイスの Intune アプリ保護ポリシーをサポートします。この機能はロールアウトを開始しており、7月の第2週の終わりまでにはすべてのユーザーが利用できるようになる見込みです。



以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録