クラウドエンジニアブログ

【定期便】7/8週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/07/08-2019/07/14)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Cognitive Services Text Analytics sentiment v3 available in public preview
  • Cognitive Services Text Analytics Sentiment v3 のパブリックプレビューの提供開始
    • Azure Cognitive Services の一部である Text Analytics で、その感情分析機能の最新バージョンがリリースされました。これは、英語をサポートしており、カナダ中部、東アジア、米国中部の3つのリージョンでご利用いただけます。 今後のリリースでその他の言語やリージョンも追加される予定です。

SQL Server Registry available: Extended Security Updates for SQL Server 2008 / 2008 R2
  • SQL Server レジストリが利用可能 : SQL Server 2008 /2008 R2 の拡張セキュリティ更新プログラム
    • 2019年7月9日は、SQL Server 2008 および 2008 R2 サポートの正式な最終日を迎えます。しばらくの間 SQL Server 2008 および 2008 R2 を使用する必要があるお客様は、Extended Security Updates(ESU)を使用して、これらのバージョンのサポートステータスを最大3年間延長できます。

Large storage for Azure Database for PostgreSQL now in preivew
  • Azure Database for PostgreSQL 用の大容量ストレージがプレビュー中になりました
    • Azure Database for PostgreSQL で最大 16TB のストレージと最大 20,000IOPS のサポートがプレビュー中になりました。

Update to Azure SQL Database serverless provides even greater price optimization
  • サーバーレスの Azure SQL Database にアップデートすると、さらに優れた価格最適化が実現します
    • 構成可能な自動休止遅延の最小時間は1時間に減少し、サーバーレスデータベースの価格最適化の機会がさらに大きくなりました。

Application Insights is Available in South Africa North
  • Application Insights が南アフリカ北部で一般提供
    • Azure Application Insights が南アフリカ北部で一般利用可能になりました。

Network Watcher is now Generally Available in South Africa
  • ネットワークウォッチャーを南アフリカで一般提供
    • Azure Network Watcher は南アフリカ北部のリージョンで一般利用可能になりました。

General Availability: Non-Azure Groups for Azure Update Management
  • 一般提供: Azure Update Management 用の Non-Azure グループ
    • Azure Update Management 用の Azure 以外のグループの一般提供が開始されました。この機能により、Azure 以外のコンピューターへのパッチ展開の動的なターゲット設定が可能になります。

Azure Ephemeral OS Disk is now Generally Available
  • Azure Ephemeral OS Disk 一般利用可能
    • EPhemeral OS Disk の一般提供を発表しました。この機能では VM を元の状態に迅速に再イメージ化し、共有イメージギャラリーを使用して数千の VM を大規模に作成できるようにします。

Large storage for Azure Database for MySQL now in preivew
  • Azure Database for MySQL 用の大容量ストレージがプレビュー中になりました
    • Azure Database for MySQL で最大 16TB のストレージと最大 20,000IOPS の サポートがプレビュー段階に入ることをお知らせします。

Update 19.06 for Azure Sphere public preview now available in Retail feed
  • Azure Sphere のパブリックプレビュー用のアップデート 19.06 がリテールフィードで入手可能になりました。
    • Azure Sphere のパブリックプレビュー 19.06 Quality リリースは、リテールフィードから利用できるようになりました。

General availability: Azure Log Analytics in SOUTH AFRICA NORTH, BRAZIL SOUTH, UK WEST and NORTH CENTRAL US
  • 一般提供:南アフリカ北部、ブラジル南部、英国西部、米国中北部における Azure Log Analytics
    • 南アフリカ北部、ブラジル南部、英国西部、米国北部のリージョンでは、お客様がテレメトリの収集を開始し、Azure Log Analytics を使用して正常性と使用状況に関するサービスを分析できるようになりました。

Azure SQL Database published the first in the industry business continuity SLA for a relational database service
  • Azure SQL Database は、リレーショナルデータベースサービスの業界初のビジネス継続性 SLA を公開しました
    • Azure SQL Database サービスは、最大99.995%の可用性を提供するようにサービスレベル契約(SLA)を更新しました。

Azure Monitor for VMs is now available in East and South East Australia regions
  • オーストラリア東部および東南部のリージョンでの Azure Monitor for VMs を一般提供
    • Azure Monitor for VMs がオーストラリア東部および東南部で利用可能になりました。これで、世界の9つのパブリックリージョンでご利用いただけるようになりました。

Azure Migrate is now a central hub to start, execute and track your migration journey
  • 移行プロセスを開始、実行、追跡するための中央のハブとなった Azure Migrate
    • オンプレミス環境でアプリケーション、インフラストラクチャ、データを検出し、これらを評価して Azure に移行するのに役立つよう、Azure Migrate が強化されました。Azure Migrate を使うと、Microsoft と独立系ソフトウェアベンダー(ISV)の複数のツールをまたいで、移行プロセスの進行状況を一元的に追跡できます。

In development: query interleaving for Azure Analysis Services
  • 開発中: Azure Analysis Services のクエリインターリーブ
    • Azure Analysis Services は、複雑なデータをアクションにつながる分析情報に変換できるようにすることで、エンタープライズレベルの BI セマンティックモデリング機能を備え、クラウドのスケール、柔軟性、管理上の利点も併せ持っています。エンタープライズ BI システムでは、高いユーザーコンカレンシーをサポートする必要があります。これは、非常に短い間隔で多数のクエリが送信される可能性があることを意味します。マイクロソフトでは現在、クエリインターリーブ機能を開発中です。この機能では、システム構成により、コンカレンシーの高いシナリオにおけるユーザーエクスペリエンスを改善できます。

Apache Spark 2.4 and Apache Kafka 2.1 support on Azure HDInsight
  • Azure HDInsight での Apache Spark 2.4 および Apache Kafka 2.1 のサポート
    • Azure HDInsight は、Apache Spark 2.4 と Apache Kafka 2.1 をサポートするようになりました。Azure ポータルでクラスターの作成中に必要な Spark または Kafka のバージョンを選択できます。


Microsoft Azure Blog より

Thanks for 10 years and welcome to a new chapter in SQL innovation
  • 10年間ありがとう、そして SQL イノベーションの新しい章へようこそ
    • 2019年7月9日は、SQL Server 2008 および 2008 R2 の拡張サポートが終了します。

Exploring the Micorosoft Healthcare Bot partner program
  • Microsoft Healthcare Bot パートナープログラムの調査
    • 医療機関は Azure 上に構築された Microsoft Healthcare Bot Service を利用してデジタルトランスフォーメーションの旅を始めています。Healthcare Bot サービスは、ヘルスケア組織が人工知能(AI)をベースとした、準拠した会話型のヘルスケア経験を大規模に構築し展開することを可能にします。このサービスは、組み込みの医療情報と自然言語機能、拡張ツール、およびコンプライアンス構成要素を組み合わせたもので、医療提供者、支払人、製薬会社、HMO、遠隔医療などの医療機関が信頼できる関連医療サービスと情報にアクセスできるようにします。

Announcing preview of Azure Data Share
  • Azure Data Share のプレビューを発表
    • エンタープライズのデータ​​専門家は、Azure Data Share を使用して、Azure Blob Storage と Azure Data Lake Storage の外部組織とビッグデータを簡単かつ安全に共有できます。新しいサービスは今後もオンラインになります。Azure Data Share は、完全に管理された Azure サービスとして、インフラストラクチャのセットアップを必要とせず、ビッグデータ共有の要求を満たすように拡張できます。直感的なインターフェイスにより、Azure ポータルから直接、簡単かつ生産的に共有できます。数回クリックするだけで、データの専門家は共有するデータと共有するデータを選択できます。特定のデータセットに関する新しいデータや変更されたデータを自動的に共有するようにサービスをスケジュールしたり、将来の更新がいつでも流されるのを防ぐことができます。Azure Data Share を使用すると、データ専門家は各データ共有関係をより細かく制御でき、作成された各データ共有に使用期間を関連付けることで使用を管理できます。データを受信するには、受信者は指定された利用規約に同意する必要があります。

Introducing Azure Lighthouse
  • Azure Lighthouse の紹介
    • パートナーは、Azure の驚異的なイノベーションストーリーの中心であり、お客様の成功への道を明るく照らしています。パートナーが自前のマネージドサービスを差別化し、より高い効率性と自動化から利益を得るための大規模な顧客間管理のための機能である Azure Lighthouse の一般提供を開始します。

Migrate to Azure HDInsight in as little as 12 weeks
  • わずか12週間で Azure HDInsight に移行する
    • Azure HDInsight は、大量のデータを安全に処理できる、簡単で費用対効果の高い、完全に管理され、完全にサポートされたオープンソースのクラウド規模の分析サービスです。オンプレミスの分析ワークロードをクラウドに移行することを希望するお客様には、いくつかの利点があります。

Enhancing Microsoft's commercial marketplace for partners
  • パートナー向けのマイクロソフトのマーケットプレイスの強化
    • 2019年7月14日から18日にかけて開催されるマイクロソフトパートナーカンファレンスである Microsoft Inspire において、お客様がパートナーからクラウドベースのソフトウェアやサービスを簡単に発見、試用、購入できるようにする方法について再考します。パートナーがこの重要な流通チャネルを活用できるようにするための新しいツール、コマースオプション、およびマイクロソフトのマーケットプレイスを通じたリワードプログラムを発表する予定です。

Analyze AI enriched content with Azure Search’s knowledge store
  • Azure Search のナレッジ ストアで AI エンリッチメントでコンテンツを分析する
    • Cognitive Services API との統合により、Azure Search は長い間、画像や非構造化コンテンツからテキストや構造を抽出することができました。

Azure Marketplace new offers–Volume 40
  • Azure マーケットプレースの新しいオファー - ボリューム 40
    • Azure マーケットプレースエコシステムの拡張を続けています。このボリュームでは、212の新しいオファーがオンボーディング基準を正常に満たし、正式にサービス開始しました。

Reducing overall storage costs with Azure Premium Blob Storage
  • Azure Premium BLOB ストレージを使用してストレージ全体のコストを削減する
    • このブログ記事では、Azure Premium Blob Storage の価格と、一部のアプリケーションの全体的なストレージ コストを削減する可能性について詳しく説明します。プレミアム BLOB ストレージは、ブロック BLOB および追加 BLOB 用のソリッドステートドライブ(SSD)を搭載した Azure BLOB ストレージです。

Larger, more powerful standard file shares for Azure Files now in preview
  • Azure Files の大規模で強力な標準ファイル共有がプレビューで公開されました
    • Azure Files の大規模で強力な標準ファイル共有がプレビューで公開されました。現在、すべての Azure ユーザーに提供されています。このプレビューでは、標準ファイル共有の容量とパフォーマンスの制限が高まるため、エクスペリエンスが大幅に向上します。一部の地域では、汎用アカウントの標準ファイル共有で、次のようなより大きな制限をサポートできます。

What’s new in Azure Firewall
  • Azure Firewall の新機能
    • 本日は、いくつかの主要な Azure Firewall 機能を共有し、最近の重要なリリースを一般提供(GA)およびプレビューに更新しました。

Enable receipt understanding with Form Recognizer’s new capability
  • Form Recognizer の新機能を使用して領収書の理解を可能にします。
    • Azure AI ポートフォリオの最新メンバーの1つである Form Recognizer は、高度な機械学習を適用して、ドキュメントからテキスト、キー値のペア、およびテーブルを正確に抽出します。ほんの少数のサンプルで、オンプレミスとクラウドの両方で提供されたドキュメントに合わせて理解を調整します。

CGG speeds geoscience insights on Azure HPC
  • CGG は Azure HPC の地球科学の洞察を高速化
    • 地球科学のリーダーである CGG は、85年以上にわたり地球の地下を画像化してきました。彼らの製品とソリューションは、顧客が天然資源を見つけるのに役立ちます。

Scale action groups and suppress notifications for Azure alerts
  • アクショングループを拡張し、Azure アラートの通知を抑制する
    • プレビューで利用可能な Azure Monitor のアクションルール機能を使用すると、アラートのアクションを大規模に定義でき、メンテナンス期間などのシナリオのアラートを抑制したりできます。

Ensuring customer success: Introducing the Azure Migration Program
  • お客様の成功を確実に:Azure 移行プログラムの紹介
    • Azure Migration Program には、クラウドへの最初から最後までの道を成功するために必要な規範的なアドバイス、リソース、およびツールが含まれています。実証済みのクラウド採用方法、ツール、リソース、およびベストプラクティスを使用して、お客様は Azure への移行が成功することを確認できます。このプログラムを通じて、お客様はマイクロソフトの専門家や専門の移行パートナーと協力して、Azure への移行計画を作成できます。

Introducing the new Azure Migrate: A hub for your migration needs
  • 新しい Azure Migrate の紹介:移行ニーズの中心
    • Azure Migrate の最新の進化を発表します。Azure Migrate は、移行ニーズを満たすための Microsoft とパートナーツールの合理化された包括的なポートフォリオをすべて一箇所で提供します。

Azure Data Box Heavy is now generally available
  • Azure Data Box Heavy が一般に利用可能になりました
    • Azure Data Box Heavy が米国および EU で一般公開されました。

Previewing Azure SDKs following new Azure SDK API Standards
  • 新しい Azure SDK API 標準に従って Azure SDK をプレビューする
    • 本日は、Azure Storage、Azure Cosmos DB、Azure Key Vault、および Azure Event Hubs を Java、Python、JavaScript または TypeScript、および .NET で使用するための新しいライブラリセットを共有できます。これらのライブラリは、新しいサービス機能へのアクセスを提供し、Azure SDK 全体に新しい標準セットを適用するための最初のステップを表します。

How Azure Lighthouse enables management at scale for service providers
  • Azure Lighthouse がサービスプロバイダーの規模で管理を可能にする方法
    • Azure Lighthouse は、マネージドサービスプラクティスにインフラストラクチャとしてのコードと自動化を引き続き組み込む Azure パートナーからインスピレーションを得て、テナント間のガバナンスと運用を簡素化する新しい委任リソースコンセプトを導入しています。

Two ways to share Azure Advisor recommendations
  • Azure Advisor の推奨事項を共有する2つの方法
    • IT 組織の多くは、多くの異なるチームに渡って様々な人々と仕事をするでしょう。クラウドワークロードの最適化などの一般的な IT タスクに関しては、複数のリソース所有者と対話したり、正式なレビュープロセスを完了させる必要があります。


Enterprise Mobility + Security より

Microsoft Intune announces general availability of administrative templates
  • Microsoft Intune の管理テンプレート機能の一般提供を発表
    • Microsoft Intune において、Windows 10 デバイス構成プロファイルの管理テンプレートのサポートの一般提供を発表しました。この機能は、Windows 管理者がクラウドに接続された管理に移行するときに、グループポリシーエディタで使い慣れた設定を使用するのに役立つため、パブリックプレビュー中に広く採用されていました。 一般リリースでは、パブリックプレビューから最も要求されたフィードバックの1つである、より多くの設定のサポートを提供します。管理テンプレートは、グループポリシーエディタに似たユーザーインターフェイスで、Windows、OneDrive、および Office をカバーする Intune コンソールに2500を超える設定を追加します。

Microsoft Intune announces general availability of security baselines
  • Microsoft Intune のセキュリティベースライン機能の一般提供を発表
    • Microsoft Intune は、Windows MDM セキュリティベースラインの一般提供を発表しました。この機能は 2019年の Spring Update プログラム(19H1)の MDM セキュリティベースラインとして識別され、セキュリティベースラインの新しいバージョンも同時にリリースされています。このアップデートは、いくつかの新しい設定と他のいくつかの更新を含む新しいテンプレートです。新しいテンプレートで変更された内容の詳細な一覧については、ドキュメントを参照してください。


Intune Customer Success より

Blocking certain hardware manufacturers via Intune compliance policies
  • Intune コンプライアンスポリシーを使用して特定のハードウェア製造元をブロックする
    • Intune は、ハードウェアの製造元に基づいて登録を制限する追加オプションを提供する予定です。また、ハードウェアの製造元に基づいてアクセスをブロックするために、CA コンプライアンスポリシーを拡張する予定です。この機能が開発および展開されるまでの間は、Azure AD 動的グループメンバーシップと 「不可能な」コンプライアンスポリシーの2つの組み合わせを使用することで対象のデバイスを制限することができます。


Windows Server Blog より

Six months left to transform your Windows Server 2008 apps and infrastructure
  • Windows Server 2008 のアプリケーションとインフラストラクチャを変革するために残された6か月
    • 今月、SQL Server 2008と2008 R2はサポート終了となりました。2020年1月14日に、Windows Server 2008および2008 R2 もサポート終了となります。




以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録