クラウドエンジニアブログ

【定期便】6/24週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/6/24-2019/6/30)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

Azure Data Factory enriches PolyBase support for loading data into SQL DW
  • Azure Data Factory は、SQL DW にデータを読み込む PolyBase のサポートを強化します。
    • Azure Data Factory(ADF)は、データを SQL Data Warehouse(DW)にロードする最も効率的な方法である PolyBase とシームレスに統合され、80以上のデータストアから SQL DW にデータを効率的に取り込むことができます。 ADF は PolyBase との統合をさらに充実させ、以下をサポートします。

Azure Monitor for virtual machine scale sets are now in preview
  • 仮想マシンスケールセット用の Azure Monitor がプレビュー段階に入りました
    • Azure Monitor(プレビュー中)を使用して、スケールセットリソースブレード内から Windows および Linux 仮想マシンのスケールセットを監視できます。

Azure Data Lake Storage Gen2 support for Event Grid Notifications is now in preview
  • Azure Data Lake Storage Gen2 の Event Grid Notifications のサポートがプレビュー版になりました
    • Azure Event Grid は、大規模で信頼性の高いイベント配信を提供します。Event Grid の統合により、Azure Data Lake Storage Gen2 の変更通知がもたらされます。

Storage auto-grow for Azure Database for PostgreSQL now generally available
  • Azure Database for PostgreSQL 用ストレージの自動拡張が一般に公開されました
    • Azure Database for PostgreSQL がストレージの自動拡張を有効にできることをお知らせします。自動拡張を有効にすると、Azure Database for PostgreSQL はユーザーのデータベースサーバーのプロビジョニングされたストレージのサイズを自動的に増やします。

Storage auto-grow for Azure Database for MariaDB now generally available
  • Azure Database for MariaDB 用ストレージの自動拡張が一般提供開始
    • Azure Database for MariaDB がストレージの自動拡張を有効にできることをお知らせします。自動拡張を有効にすると、Azure Database for MariaDB はユーザーのデータベースサーバーのプロビジョニングされたストレージのサイズを自動的に増やします。

Update 19.06 for Azure Sphere public preview now available for evaluation
  • Azure Sphere パブリックプレビューの更新 19.06 が評価用に利用可能になりました
    • Azure Sphere のパブリックプレビュー 19.06 が、Retail Evaluation フィードから入手可能になりました。Retail Evaluation は、Retail Evaluation にリリースする前に、新しい OS を14日間提供します。Retail OS フィードは引き続きバージョン 19.05 を配信します。2週間で 19.06 にアップグレードする予定です。

New connectors available in Azure Data Factory: SAP Table and SAP BW via Open Hub
  • Azure Data Factory で利用可能な新しいコネクタ: Open Hub 経由の SAP Table と SAP BW
    • Azure Data Factory では、コピーアクティビティを使用して、Open Hub 経由で SAP Table および SAP Business Warehouse(BW)からデータを取り込むことができるようになりました。

Security Advisory: Patching Azure HDInsight clusters to address Linux Kernel TCP vulnerabilities
  • セキュリティアドバイザリ: Linux カーネル TCP の脆弱性に対処するための Azure HDInsight クラスターへのパッチ適用
    • Microsoft Azure は、Linux カーネルに影響を与える3つの重大な脆弱性を認識しています:(CVE-2019-11477、CVE-2019-11478、CVE-2019-11479)HDInsight クラスター用の上記の脆弱性に対するパッチを適用した最新のイメージが公開されました。

Azure Data Box Disk now available in Southeast Asia and Azure Government
  • Azure Data Box Disk が東南アジアおよび Azure Government で利用可能になりました
    • 東南アジア(シンガポール)および Azure Government(米国政府バージニア州)のお客様にご利用いただけます。

New Active geo-replication optimization is coming to production soon in Azure SQL DB
  • Azure SQL DB で新しいアクティブ geo レプリケーションの最適化が間もなく運用される予定です
    • 7月1日からアクティブジオレプリケーションが定期的にプライマリを絞り込み、セカンダリが追いつくことを可能にします。

Preserve ACLs when upgrading from ADLS Gen1 to Gen2 using Azure Data Factory
  • Azure Data Factory を使用して ADLS Gen1 から Gen2 にアップグレードする際に ACL を保持する
    • Azure Data Factory を使用すると、Azure Data Lake Storage(ADLS)Gen1 から Gen2 にデータを簡単かつ効率的にコピーできます。さらに、ファイル/ディレクトリに設定されたアクセス制御リスト(ACL)をデータと共に保持できるようになりました。

Storage auto-grow for Azure Database for MySQL now generally available
  • Azure Database for MySQL 用ストレージの自動拡張が一般提供開始
    • Azure Database for MySQL がストレージの自動拡張を有効にできることをお知らせします。自動拡張を有効にすると、Azure Database for MySQL はユーザーのデータベースサーバーのプロビジョニングされたストレージのサイズを自動的に増やします。

General availability: Azure Data Factory in China East 2
  • 一般提供 : 中国東部の Azure Data Factory 2
    • Azure Data Factory(ADF)は、現在 Azure China(China East 2)で一般提供開始となりました。

New Managed Instance Contributor role enhances security of Azure SQL Database Managed Instance
  • 新しいマネージド インスタンス コントリビュータ ロールにより、Azure SQL データベース管理インスタンスのセキュリティが強化されます
    • Azure SQL Database Managed Instance では、マネージド インスタンスのプロビジョニングと操作に必要な最小限のアクセス許可を使用して設計された新しい Azure RBAC ロールである Managed Instance Contributor が導入されました。

General availability: Azure Kubernetes Service in Brazil South
  • 一般提供 : ブラジル南部の Azure Kubernetes サービス
    • Azure Kubernetes Service(AKS)がブラジル南部で一般利用可能になりました

Enhanced management capabilities to release unused subnets and create databases available for Azure SQL Database managed instance
  • 未使用のサブネットを解放し、Azure SQL Database managed instance で使用可能なデータベースを作成するための管理機能の強化
    • Azure SQL Database managed instance には、管理機能と自動化機能をさらに強化する新しいオプションが導入されています。新しい管理オプションには、Azureポータルと API を使用してそこに存在する最後の管理対象インスタンスを削除するとすぐにサブネットを解放する機能、および Azure ポータル、PowerShell および API を使用してインスタンスデータベースを作成する新しいオプションがあります。

Now available: Ingest data from Oracle database performantly using Azure Data Factory
  • 一般提供 : Azure Data Factory を使用して Oracle データベースからデータを効率的に取り込む
    • Azure Data Factory のコピーアクティビティは、Oracle データベースからのデータを効率的に取り込むための組み込みデータパーティションをサポートするようになりました。

Announcing Preview Refresh for Azure DNS Private Zones
  • Azure DNS プライベートゾーンのプレビュー更新のアナウンス
    • Azure DNS プライベートゾーンの更新リリース(プレビュー)を発表しました。プレビュー更新では、新しい機能が導入され、パブリックプレビューで行われたいくつかの制限が解除されます。

Public preview: Azure Log Analytics in SOUTH AFRICA NORTH, BRAZIL SOUTH, UK WEST and NORTH CENTRAL US
  • パブリックプレビュー : 南アフリカ北部、ブラジル南部、英国西部、北アメリカ中部における Azure Log Analytics
    • Azure Log Analyticsは、4つの新しい地域(南アフリカ北部、ブラジル南部、英国西部、北アメリカ中部)でプレビューできます。

M-series VMs are now available in the South Africa North region
  • 南アフリカ北部地域で Mシリーズ VM が利用可能になりました
    • Azure M シリーズの VM は、米国南中部地域で利用可能になりました。Mシリーズ VM は、192GB から 3.8TB(4TB)の RAM のメモリ構成を提供し、SAP HANA の認定を受けています。

Azure Premium Files is now generally available
  • Azure Premium Files が一般提供されました
    • Azure Premium Files は、一貫したパフォーマンスを実現するために最適化された完全管理ファイルサービスを提供します。高いスループットと1桁のミリ秒の待ち時間を必要とする IO 集中型のエンタープライズワークロード向けに設計されています。

Azure Blockchain Workbench 1.7 integration with Azure Blockchain Service
  • Azure Blockchain Workbench 1.7 と Azure Blockchain Service の統合
    • Azure Blockchain Workbench 1.7 がプレビューで利用可能になりました。新しい Azure Blockchain Service と共に、このリリースはブロックチェーンの開発とプロジェクトをさらに強化できます。

Azure Container Registry is now generally available in South Africa North
  • Azure Container Registry が南アフリカ北部で一般提供されました
    • Azure Container Registry は、南アフリカ北部で一般利用可能になりました。Azure Container Registry が利用可能な場所と、リージョンで利用可能な Azure 製品の一覧の次の場所を確認します。

Azure API Management extension for Visual Studio Code is now in preview
  • Visual Studio Code 用の Azure API Management 拡張機能がプレビュー版になりました
    • Visual Studio Code 用の新しい Azure API Management 拡張機能がプレビューで利用可能になりました。API 発行者に API Management を使用するための新しい面を提供し、使い慣れた開発ツールのコンテキストで API を管理することを好むお客様向けに設計されています。

API Apps Icon Removed from Azure Marketplace Web category in the Azure Portal
  • Azure Portal の Azure マーケットプレース Web カテゴリから削除された API アプリアイコン
    • Azure マーケットプレースの Web カテゴリの API アプリアイコンが Azure Portal から削除されました。 API アプリと Web アプリは同じ機能を持つため、API アプリアイコンは削除されました。

Clean up files by built-in delete activity in Azure Data Factory
  • Azure Data Factory の組み込みの削除アクティビティによるファイルのクリーンアップ
    • パイプラインで ADF の組込み削除アクティビティを使用して、コードを書かずに不要なファイルを削除できます。Azure Blob Storage、Azure Data Lake Storage Gen1、Azure Data Lake Storage Gen2、ファイルシステム、FTP サーバー、SFTP サーバー、および Amazon S3 からフォルダーまたはファイルを削除できます。

Public endpoint for data traffic is globally available for Azure SQL Database managed instance
  • データトラフィック用のパブリックエンドポイントは、Azure SQL Database managed instance でグローバルに利用可能です
    • Azure SQL Database managed instance のパブリックエンドポイントはデータ(TDS)トラフィック専用であり、インターネットから Azure SQL Database 管理対象インスタンスに接続する機能を提供します。データのパブリックエンドポイントは、managed instance のプライベートエンドポイントと同時に共存できます。

Application Insights Availability in Central US Region
  • 米国中部リージョンにおける Application Insights の一般提供
    • Application Insights は、米国中部リージョンで利用できるようになりました。


Microsoft Azure Blog より

Leveraging complex data to build advanced search applications with Azure Search
  • Azure Search で高度な検索アプリケーションを構築するための複雑なデータの活用
    • この記事では、Azure Search にどのような複雑な型が追加されるのか、およびこの機能を使用して構築できるものの種類について説明します。

Solving the problem of duplicate records in healthcare
  • 医療における重複記録の問題の解決
    • Azure プラットフォームは、パートナーが業界のソリューションを強化、拡張、構築するための豊富なサービスを提供します。ここでは、マイクロソフトのパートナーである Nextgate が、Azure を使用して独自の問題を解決する方法について説明します。

Azure Cosmos DB: A competitive advantage for healthcare ISVs
  • Azure Cosmos DB: ヘルスケア ISV にとっての競争上の優位性
    • CitiusTech は、その顧客がヘルスケアの革新を加速するのを助けるヘルスケア技術サービスの専門プロバイダーです。CitiusTech は Azure Cosmos DB を使用して、安全な方法でさまざまなソースからのヘルスケアデータのリアルタイムの収集と移動を簡素化しました。

Azure Blockchain Workbench 1.7.0 integration with Azure Blockchain Service
  • Azure Blockchain Workbench 1.7.0 と Azure Blockchain Service の統合
    • Microsoft Azure Blockchain Workbench 1.7.0 のリリースをお知らせします。新しい Azure Blockchain Service と共に、ブロックチェーンの開発とプロジェクトをさらに強化できます。

Event-driven analytics with Azure Data Lake Storage Gen2
  • Azure Data Lake Storage Gen2 を使用したイベントドリブン分析
    • Azure Data Lake Storage Gen2 と Azure Event Grid の統合がプレビューとなりました。これは、Event Grid が Azure Data Lake Storage Gen2 を使用し、Webhook、Azure Event Hubs、Azure Functions、および Logic Apps をエンドポイントとして使用してサブスクライバにルーティングできるイベントを生成できることを意味します。

Azure.Source – Volume 88
  • Azure.Source – Volume 88

New PCI DSS Azure Blueprint makes compliance simpler
  • 新しい PCI DSS Azure Blueprint によりコンプライアンスが簡単に
    • PCI-DSS v3.2.1 Blueprint のリリースに伴う重要なコンプライアンス規格について、2回目の Azure Blueprint を発表できることを楽しみにしています。新しい Blueprint では、ペイメントカード業界(DSS)のデータセキュリティ標準(DSS)への準拠に関する基本的な一連のポリシーを、Azure が展開するすべてのアーキテクチャに対応させています。

Announcing the general availability of Azure premium files
  • Azure Premium Files の一般提供を発表
    • 今日、Azure 上でクラウドベースのファイル共有を最適化しているお客様向けに、Azure Premium Files が一般提供されることをお知らせします。Premium Files は、Azure のフルマネージドなファイルサービスのために、ソリッドステートドライブ(SSD)上に構築されたより高いレベルのパフォーマンスを提供します。

A solution to manage policy administration from end to end
  • エンドツーエンドのポリシー管理を管理するためのソリューション
    • Azure プラットフォームは、パートナーが業界のソリューションを強化、拡張、構築するための豊富なサービスを提供します。ここでは、マイクロソフトのパートナーである Sunlight Solutions が Azure を使用して独自の問題を解決する方法について説明します。

Using natural language processing to manage healthcare records
  • 自然言語処理を使用して医療記録を管理する
    • Azure プラットフォームは、パートナーが業界のソリューションを強化、拡張、構築するための豊富なサービスを提供します。ここでは、ヘルスケアに重点を置いているマイクロソフトのパートナーである SyTrue が Azure を使用してヘルスケア組織に効率の向上、コストの削減、および患者の転帰の向上を支援する方法について説明します。


Intune Customer Success より

Known issue: Provisioning error on Wi-Fi for Azure AD joined Windows 10 version 1903
  • 既知の問題: Azure AD join している Windows 10 バージョン 1903 で Wi-fi のプロビジョニングエラー
    • この問題は、バージョン 1000.17146.0.0 の学校用の PC セットアップアプリを設定するために修正されました。

Support Tip: How User Device Affinity works in Intune
  • サポートのヒント: Intune でのユーザーデバイスアフィニティの動作
    • 過去にシステムセンター構成マネージャーを使用したことがある場合は、「ユーザーデバイスアフィニティ」という用語に精通しているでしょう。Intune では、これを「プライマリユーザー」と呼んでいますが、これは単に Intune デバイスとユーザーの間のマッピングです。デバイスにはプライマリユーザを1人だけ設定できますが、ユーザには複数のデバイスを設定できます。



以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録