クラウドエンジニアブログ

【定期便】5/27週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/05/27-2019/06/02)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

General availability: Azure Kubernetes Service in South Africa North
  • 一般利用可能 : 南アフリカ北部の Azure Kubernetes サービス
    • Azure Kubernetes サービス(AKS)が南アフリカ北部で一般公開されるようになりました。

Application Change Analysis for Azure Monitor is now in public preview
  • Azure Monitor のアプリケーション変更の分析がパブリックプレビューになりました
    • App Service Diagnostics の「問題を診断して解決する」と統合された Azure Monitor の API は、Web アプリケーションに対する変更の集中ビューを提供します。

Events up to 1MB in Event Grid - public preview
  • Event Grid で最大 1MB のイベント - パブリックプレビュー
    • Event Grid は現在、サイズが最大 1MB のイベントをサポートします。必要な設定変更はありません。そしてこれは既存のイベントサブスクリプションで動作します。試してみるには、もっと大きなイベントをプッシュするだけです。64KB 未満のものはすべて、Microsoft の GA SLA の対象となります。

Azure App Configuration is now available in preview
  • Azure App Configuration をプレビューで提供
    • Azure App Configuration は、アプリケーション設定を一元的に管理し、アクセスのセキュリティを確保するサービスを提供します。さらに、開発者は、機能フラグを使用して、運用環境での機能を簡単に "フライト" できるようにすることで、コードをより迅速に出荷できます。

Azure Monitor for Containers - Updates on Windows AKS Support, UI enhancement, and Node Storage Capacity
  • コンテナーに対する Azure Monitor - Windows の AKS サポート、UI の機能強化、ノードのストレージ容量に関する更新
    • Windows の AKS サポート、UI の機能強化、ストレージ容量のためのコンテナーに対する Azure Monitor の更新

Azure Container Registry—Helm 3 support is now in preview
  • Azure Container Registry - Helm 3 のサポートをプレビューで提供
    • Helm 3 チャートリポジトリでは、統合認証、ジオレプリケーション、Webhook、単一のレジストリ内の複数のリポジトリなど、Azure Container Registry のすべての機能を活用しながら、ネイティブのプッシュ、プル、および更新機能を Helm CLI に提供します。

Advanced filtering generally available in Event Grid
  • Event Grid で高度なフィルタリング機能を一般提供
    • Event Grid でメッセージをルーティングするために使用される高度なフィルタが一般的に使用可能になり、JSON 内のネストされたオブジェクトの数に制限はなく、処理のために計算サービスに渡す前に顧客がイベントのフィルタリングを実行できる粒度が拡張されます。

Geo Disaster Recovery available in Event Grid
  • Event Grid のジオディザスタリカバリが一般提供開始
    • Event Grid には、新しいものだけでなく、既存のすべてのドメイン、トピック、およびイベントサブスクリプションに適用可能な、メタデータの自動ジオディザスタリカバリ(GeoDR)が組み込まれています。Azure リージョン全体を停止するような障害が発生した場合、Event Grid サービスでは常にすべてのイベントインフラストラクチャメタデータをペアのリージョンに同期させており、特別な操作なしに新しいイベントの提供を再開し、サービスの中断を避けることができます。

Log Analytics Agent for Linux 1.10 now available
  • Linux 1.10用 Log Analytics エージェントの提供開始
    • Linux 1.10用 Log Analytics エージェントが利用できるようになりました。このリリースには、安定性と信頼性に関する改善が含まれています。

Azure Mv2 Virtual Machines offering up to 6 TB memory are now generally available
  • 最大 6TB のメモリを提供する Azure Mv2 仮想マシンが一般提供開始
    • Azure Mv2 シリーズの仮想マシンはハイパースレッドで、Intel®Xeon®Platinum 8180 M 2.5 GHz(Skylake)プロセッサを搭載し、3TB および 6TB のメモリ構成で最大 208 vCPU を提供します。Mv2 仮想マシンは、SAP HANA や SQL Hekaton などの大規模なインメモリデータベースやワークロードをサポートするために、比類のない計算パフォーマンスを提供します。

Azure Monitor AIOps alerts with Dynamic Thresholds is now generally available
  • 動的しきい値を使用した Azure Monitor AIOps アラートの一般提供開始について
    • 動的しきい値を使用したメトリック アラートの一般提供が開始されました。パブリック プレビュー以来、多くのユーザーがメトリックパターンを検出して考慮できる警告ルールを作成しており、複数のディメンションやリソースに大規模に適用して、高度な概念を使用しています。

Azure Sphere 19.05 Release Unlocks new features in the MT3620
  • Azure Sphere 19.05 のリリースで MT3620 の新機能を提供
    • Azure Sphere のパブリックプレビュー用の更新プログラム19.05が Retail フィードで利用可能になりました

Event Domains generally available in Event Grid
  • Event Grid で Event Domain が一般提供
    • Event Domain はプロダクションシナリオで使用可能になりました。Azure Event Grid のこの機能を使用すると、単一の公開エンドポイントを使用して単一ドメイン内に何十万ものトピックを持つ、マルチテナントアプリケーション(SaaS ソリューションなど)のイベント配信管理を集中管理できます。

Event Grid can now publish events to Service Bus
  • Event Grid はイベントを Service Bus に発行できるようになりました
    • パブリックプレビューとして、Service Bus は Event Grid のイベントハンドラに追加され、さらなる処理のためにイベントを受け取ることができます。Service Bus はイベントソースまたはイベントハンドラとして機能できるようになり、分散エンタープライズアプリケーションでイベントおよびメッセージを配信するためのより堅牢なエクスペリエンスを実現します。

Integration service environments(ISE)are now generally available
  • 統合サービス環境(ISE)が一般公開されるようになりました
    • 統合サービス環境が一般的に利用できるようになったことで、ISE での実行時に Logic Apps がより強力になるように、プレビューからいくつかの改善が行われました。

IoT Hub device telemetry events in Event Grid - public preview
  • Event Grid で IoT Hub デバイスのテレメトリイベント - パブリックプレビュー
    • デバイスのテレメトリイベントをサブスクライブする新しい機能により、Azure Functions や Azure Logic Apps などのサーバーレスコンピューティングサービスや、 Webhook を使用した Azure 以外のサービスなど、デバイスからのデータを他の Azure サービスに簡単に統合できます。これにより、さらなる処理のためにデバイスのテレメトリをポーリングする追加のサービスが不要になり、IoT アーキテクチャが簡素化されます。

Web Application Firewall(WAF)for Azure Front Door service is now generally available
  • Azure Front Door Service 用の Web Application Firewall(WAF)が一般利用可能になりました
    • Azure Front Door サービスの Web Applicaton Firewall(WAF)が一般利用可能になりました。お客様は、WAF を使用して、Azure Front Door を通じて提供される web アプリケーションへのアクセスを許可、ブロック、転送、またはレート制限するセキュリティポリシーを定義できます。

Azure API Management Consumption Tier is now generally available
  • Azure API Management の従量課金レベルが一般提供を開始
    • 2019年5月29日から、2018年12月に発表された Azure API Management の従量課金レベルは、プレビュー中と同じ6つの地域で利用できるようになります。

Adaptive network hardening in Azure Security Center is now available
  • Azure Security Center のアダプティブネットワーク強化が利用可能になりました
    • アダプティブネットワーク強化機能を使用すると、Security Center は、Azure ワークロードのネットワークトラフィックと接続パターンを学習し、インターネットに接続する仮想マシンに対する NSG ルールの推奨事項を提供します。

Azure Container Registry—Open Container Initiative(OCI)new artifact registry types supported(in preview)
  • Azure Container Registry - OCI(Open Container Initiative)の新しいアーティファクトレジストリタイプをサポート(プレビュー)
    • Azure Container Registry に、Helm 3 チャートを含む新しい案件タイプを保存する機能が追加されました。OCI イメージ仕様を使用して、新しいレジストリアーティファクトタイプをサポートするための上流の機能強化を追加しました。

Azure NetApp Files is now generally available
  • Azure NetApp Files が一般提供
    • Azure NetApp Files は、コードを変更することなく、最も要求の厳しいファイルワークロードを Azure で実行するための強力なファイルストレージサービスです。これは、NetApp の ONTAP テクノロジに基づいて構築された Azure のファーストパーティサービスであり、マイクロソフトによって販売およびサポートされています。わずか数分でセットアップが完了するので、Azure NetApp Files を使用すると、オンプレミスのような経験とパフォーマンスで、Linux と Windows の両方のアプリケーションをシームレスにクラウドに移行して実行できます。


Microsoft Azure Blog より

Azure.Source – Volume 84
  • Azure.Source – Volume 84

Azure IoT Hub message enrichment simplifies downstream processing of your data
  • Azure IoT Hub メッセージエンリッチメントにより、データのダウンストリーム処理を簡素化
    • Azure IoT Hub から他のサービスに送信されるメッセージを充実させることを可能にする新しい機能をリリースしました。Azure IoT Hub は、さまざまなサービスに自動的にメッセージを配信するためのすぐに使える機能を提供し、IoT デバイスからの何十億というメッセージを処理するように構築されています。メッセージには、IoT ソリューション全体でさまざまなワークフローを可能にする重要な情報が含まれています。メッセージエンリッチメントは、データの後処理を単純化し、情報をデバイスツイン API に呼び出すコストを削減します。この機能により、デバイスツインからの詳細、IoT Hub 名、追加したい静的プロパティなど、メッセージに情報をスタンプすることができます。

Unlock new features in the MT3620 MCU with the Azure Sphere 19.05 release
  • Azure Sphere 19.05 リリースで MT3620 MCU の新機能を提供
    • 四半期ごとに、Azure Sphere チームは、オンチップとクラウドの新機能を通じて、お客様に新しいシナリオを提供していきます。 Azure Sphere 19.05 リリースでは、MT3620 に存在するリアルタイム対応のコアのロックを解除することで、機能改善を継続しています。

Announcing service monitor alliances for Azure Deployment Manager
  • Azure Deployment Manager のサービスモニターアライアンスの発表
    • Azure Deployment Manager は Azure Resource Manager の新しい一連の機能で、展開機能を大幅に拡張します。複数の地域に展開する必要がある複雑なサービスがある場合、リソースを相互に連携してデプロイする時期をより細かく制御したい場合、またはデプロイ中に不整合をもたらすアップデートをキャッチしてそのようなアップデートが適用されることを制限したい場合には、Deployment Manager が最適です。Deployment Manager を使用すると、段階的なリソースのロールアウトを実行できます。つまり、リソースは地域ごとに順番に配置されます。

Azure Marketplace new offers - Volume 37
  • Azure Marketplace の新しいオファー - Volume 37
    • Azure Marketplace エコシステムを拡大し続けています。今回は、163の新規オファーがオンボーディング基準を満たし、正式サービス開始となりました。

Visual data ops for Apache Kafka on Azure HDInsight, powered by Lenses
  • Lenses による Azure HDInsight の Apache Kafka のビジュアルデータ操作
    • Azure ポータル内から、Azure HDInsight アプリケーションエコシステムの一部として一般利用可能となったオーバーレイプラットフォームである Lenses を使用して、可視化から監視に至るストリーミングデータ操作を正しく管理できます。

HB-series Azure Virtual Machines achieve cloud supercomputing milestone
  • HB シリーズの Azure 仮想マシンが、クラウドスーパーコンピューティングのマイルストーンを達成
    • Azure Virtual Machine HB シリーズは、パブリッククラウドで MPI ベースの高性能コンピューティング(HPC)ジョブを10,000コアに拡張した最初のケースです。このレベルのスケーリングは、長い間世界で最も強力で排他的なスーパーコンピューターの領域と見なされてきましたが、現在 Azure を使用している人なら誰でも利用できます。

Manage your cross cloud spend using Azure Cost Management
  • Azure Cost Management を使用したクロスクラウドの支出管理
    • Azure Cost Management は、クロスクラウドサポートを提供します。これはプレビューで利用でき、組織のマルチクラウドニーズを効率的かつ効果的に管理するのに役立つ重要な役割を果たすことができます。使いやすいクラウドコネクタを介して AWS のコストをオンボードして、支出を一目で把握できるようにして、将来のための分析と予算設定を1か所で行うことができます。

Simplify the management of application configurations with Azure App Configuration
  • Azure App Configuration でアプリケーション構成の管理を簡素化
    • Azure App Configuration のパブリック プレビューを発表します。この新しいサービスは、開発者と IT 向けにアプリケーション構成および機能フライティングの管理を容易にすることを目的としています。App Configuration では、ユーザーがすべてのアプリケーション設定と機能フラグ(機能トグル)を保存するための一元的な場所を Microsoft Azure で提供し、ユーザーのアクセスを制御し、必要に応じて構成データを提供します。

Integrating Azure CNI and Calico: A technical deep dive
  • Azure CNIと Calico の統合:テクニカル Deep Dive
    • Azure Kubernetes Service(AKS)で Calico ネットワークポリシーが利用できるようになりました。Calico ポリシーでは、Kubernetes ポッドとの間のトラフィックの流れを制御するためのフィルタリングルールを定義できます。このブログ記事では、Azure Kubernetes Service がネットワーキング用の Azure CNI とネットワークポリシー用の Calico を組み合わせて使用​​できるようにするための作業について、技術情報を詳しく説明します。

Azure NetApp Files is now generally available
  • Azure NetApp Files の一般提供開始
    • この度、業界初のベアメタルクラウドファイルストレージおよびデータ管理サービスである Azure NetApp Files の一般提供開始(GA)を発表しました。Azure NetApp Files は、データベース、SAP、コードを変更することなく高性能コンピューティングアプリケーションなど、クラウド内で最も要求の厳しいエンタープライズファイルワークロードを移行して実行するための Azure のファーストパーティサービスです。

Isolate app integrations for stability, scalability, and speed with an integration service environment
  • 統合サービス環境によって、安定性、スケーラビリティ、および速度のためにアプリの統合を分離する
    • Logic Apps 向け統合サービス環境は、コアアプリケーションの開発戦略の一貫として統合に取り組む組織にとって、次のステップとなります。統合サービス環境では、以下を提供できます。
      • 仮想ネットワークリソースへの安全な直接アクセス
      • 一貫性があり、信頼性の高いパフォーマンス
      • 分離されたプライベートストレージ
      • 予測可能な料金

Azure Cost Management updates – May 2019
  • Azure Cost Management のアップデート - 2019年5月
    • Azure Cost Management は、クラウドでコストをどのように発生させているかを把握し、不適切な支出パターンを特定して回避し、コストを最適化することで、より少ない方法でより多くのことを実行できるようにします。このブログ記事では、クラウドのコストを1か所で管理できるようにする、最新の一連の改善点をご紹介します。

Key causes of performance differences between SQL managed instance and SQL Server
  • SQL マネージドインスタンスと SQL Server のパフォーマンスの違いの主な原因
    • 多くの場合、オンプレミスの SQL Server データベースでは、SQL Database マネージドインスタンスの管理性と高可用性のためのオーバーヘッドにより、より良い結果が得られる可能性があります。また、最新バージョンのデータベースエンジンでは、旧バージョンの SQL Server と比較してクエリ処理と最適化機能が向上しているため、SQL Database マネージドインスタンスでより良い結果が得られる場合があります。この記事では、パフォーマンスの違いを引き起こす可能性がある根本的な要因と、SQL Server と SQL Database を公平に比較​​するための手順をご紹介します。

Adaptive network hardening in Azure Security Center is generally available
  • Azure Security Center のアダプティブネットワーク強化は一般利用可能
    • アダプティブネットワーク強化機能のリリースにより、Azure Security Center は Azure ワークロードのネットワークトラフィックと接続パターンを学習し、インターネットに直接接続している仮想マシンに対する NSG ルールの推奨事項を提供します。フィルタリングルールが許容範囲を超えすぎたり、NSG を通過する実際のトラフィックが定義された NSG ルールのサブセットになったりするため、すでにフィルタリングルールが設定されている場合でも、ネットワークアクセスポリシーをより適切に設定できます。この場合、実際のトラフィックパターンに基づいて NSG ルールを強化することでセキュリティの状態をさらに向上させることができます。


Enterprise Mobility + Security より

Discover Shadow IT across IaaS and PaaS with Microsoft’s CASB
  • マイクロソフトの CASB を使用して IaaS および PaaS 全体でシャドウ IT を検出
    • Microsoft Cloud App Security は、Microsoft Azure、Amazon Web Service(AWS)、および Google Cloud Platform(GCP)全体で IaaS およびPaaS ソリューションでホストされているリソースを検出するために、シャドウ IT 検出機能を拡張しました。


Intune Customer Success より

Support Tip: AE Work Profile Device + Wi-Fi Profile “Error” when Using Device-Based Certs
  • サポートヒント: デバイスベースの証明書を使用する場合、AE 仕事プロファイルデバイス + Wi-Fi プロファイル「エラー」
    • 最近、Wi-fi プロファイルを設定するこのエクスペリエンスについて、いくつかのお客様からご連絡をいただきました。ケースは非常に類似していました。お客様は、Android Enterprise の作業プロファイルデバイスで証明書ベースの Wi-fi プロファイルをセットアップしようとしていましたが、Wi-fi プロファイルが常に「エラー」となっていることを報告しました。 これらのレポートを調べると、ユーザーベースの証明書ではなく、デバイスベースの証明書を展開していることがわかりました。さらに、デバイスベースの証明書には、CN = などのサブジェクト名のみが設定されていましたが、"サブジェクトの別名" が定義されていませんでした。このブログ記事では、テスト済みの簡単な回避策をご紹介します。

Support Tip: Take Action to Ensure MSfB Apps deployed through Intune Install on Windows 10 1903
  • サポートのヒント: Windows 10 1903 で Intune のインストールを通じて MSfB アプリを確実に展開するための措置
    • Windows 10 1903 の初期バージョン(18362.145よりも古いビルド)では、いくつかの既知の問題があり、Intune で展開されたオンラインライセンスのビジネス向け Microsoft Store(MSfB)アプリがインストールに失敗していました。この問題の修正プログラムが出荷されました。また、この問題を解決または回避するためのいくつかのオプションをご紹介します。


Official Microsoft Blog より

Microsoft unveils details of London flagship store
  • マイクロソフト、ロンドンの旗艦店の詳細を発表
    • ロンドンの旗艦店である Microsoft ストアはオックスフォードサーカスにあり、3階建てで21,932平方フィートをカバーします。アンサーデスクは、デバイスの購入先、ブランド、オペレーティングシステムに関係なく、マイクロソフトの製品やサービスに関するテクニカルサポート、トレーニング、修理、信頼できるアドバイザーからのアドバイスを受けるための専用エリアを提供します。コミュニティシアター、技術、コーディング、および STEM 学習のためのスペースで、年間を通じて無料のワークショップやプログラムを開催します。

Microsoft celebrates Pride, takes action for equity and visibility
  • マイクロソフトは「プライド」を祝福し、公平性と可視性のために行動します
    • ストーンウォール蜂起50周年を記念して、私たちは非営利団体である LGBTQI + に寄付することによって公平のために行動を起こしています。 さらに、LGBTQI +コミュニティと共同で設計された限定版の製品もリリースしています。

Enabling innovation and opportunity on the Intelligent Edge
  • Intelligent Edgeでイノベーションと機会を可能にする
    • 台北の Computex で、マイクロソフト幹部の Roanne Sones(CVP OS プラットフォーム)と Rodney Clark(副社長、IoT Sales)が基調講演のステージを共有し、Microsoft 365、Windows プラットフォーム、および Azure IoT テクノロジとサービスを提供しました。現代の PC は新しい世代のコネクテッドデバイスと IoT ソリューションのエクスペリエンスを構築します。さらに、インテリジェントエッジエコシステムのパートナーが協力してエッジからクラウドへの IoT ソリューションを構築することによってビジネスの変革を促進する方法についての見通しも提供しました。


Cloud and Server Product Japan Blog より

Azure Virtual Machines の HB シリーズ VM でクラウドでのスーパー コンピューティングが飛躍的に進化
  • このポストは、2019年5月26日に投稿された HB-series Azure Virtual Machines achieve cloud supercomputing milestone の翻訳です。

Bot Framework SDK と最新機能でボット開発を加速
  • このポストは、2019年5月16日に投稿された Accelerate bot development with Bot Framework SDK and other updates の翻訳です。

Azure Cost Management を使用してクロス クラウド環境の支出を管理
  • このポストは、2019年5月28日に投稿された Manage your cross cloud spend using Azure Cost Management の翻訳です。

Azure Monitor ログの刷新による DevOps への対応、きめ細かいアクセス制御、Azure 統合の強化
  • このポストは、2019年5月22日に投稿された Transforming Azure Monitor Logs for DevOps, granular access control, and improved Azure integration の翻訳です。

Azure SQL Database サーバーレス レベル: コンピューティング能力の自動スケーリング、料金とパフォーマンスのバランスの最適化
  • このポストは、2019年5月17日に投稿された Optimize price-performance with compute auto-scaling in Azure SQL Database serverless の翻訳です。

イベント開催のご案内 | 2019/5/27 号

Azure Machine Learning サービスのビジュアルインターフェイス
  • このポストは、2019年5月22日に投稿された Visual interface for Azure Machine Learning service の翻訳です。

自動スケーリングで Azure HDInsight クラスターの使用率を向上
  • このポストは、2019年5月21日に投稿された Drive higher utilization of Azure HDInsight clusters with autoscale の翻訳です。



以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録