クラウドエンジニアブログ

【定期便】6/3週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/6/3-2019/6/9)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。


Azure の更新情報より

General availability: Azure Kubernetes Service in China(China East2 and China North2)
  • 一般提供 : 中国での Azure Kubernetes サービス(中国東部2と中国北部2)
    • Azure Kubernetes サービス(AKS)は、中国東部2と中国北部2の両方で一般利用可能になりました。

Power BI Embedded analytics accessibility improvements for application users
  • アプリケーションユーザーのための Power BI Embedded analytics のアクセシビリティの向上
    • Power BI Embedded アナリティクスを使用して、アプリケーションにアクセシビリティの向上をいくつか追加しました。 これらの機能強化には、キーボードナビゲーション、タイトルの帰属表示、タブ移動などがあります。

Azure DevTest Labs: Configure a shared image gallery in your lab
  • Azure DevTest ラボ : ラボで共有イメージギャラリーを構成する
    • Azure DevTest Labs で、共有イメージギャラリーを構成できるようになりました。

Power BI REST API with ‘Try-it’ tool allows you to try APIs without any code
  • Try-it ツールを備えた Power BI REST API により、コードなしで API を試すことができます
    • Power BI ライセンスをお持ちの方なら誰でもアカウントにログインして、アクセス可能な Power BI アーティファクトの動作、情報の取得、または操作を実行できます。新しい Power BI API Try-it を使用してコードを作成する必要はありません。

FastTrack for Azure
  • Azure 用 FastTrack
    • Azure の FastTrack は、設計、構成、開発から運用に至るまで、エンジニアリングや実際のカスタマーエクスペリエンスから、実証済みのプラクティス、設計原則、およびツールをもたらします。

Media Services is now available in Korea Region
  • メディアサービスが韓国地域で利用可能になりました
    • 韓国でメディアサービスが利用可能になりました。韓国中部と韓国南部の両方でメディアサービスをご利用いただけます。

‘Key influencers’ AI visual is now available in Power BI Embedded analytics to help users identify what factors influence a KPI
  • ユーザーが KPI に影響を与える要因を特定するのに役立つ、「主要インフルエンサー」の AI ビジュアルが Power BI Embedded analytics で利用可能になりました
    • Power BI Embedded は、自然言語で AI を適用するパイオニアであり、ユーザー は平易な英語で質問することで答えを得ることができます 。重要なインフルエンサー分析を提供することで、Power BI Embedded analytics に AI がサポートする機能をさらに追加しています 。

Upload Datasets only with Power BI Embedded analytics ‘Import’ API
  • Power BI Embedded analytics の「インポート」API のみを使用してデータセットをアップロードする
    • レポートとは別にデータセットを管理するために、指定したワークスペースにのみデータセットをアップロードする 'Import' API に 'skipReport' パラメータを追加しました。

Cognitive Services Text Analytics' Named Entity Recognition is now available
  • コグニティブサービス Text Analytics の名前付きエンティティ認識が利用可能になりました
    • コグニティブサービス Text Analytics の名前付きエンティティ認識が利用可能になりました。

High-Performance Computing Virtual Machines are now available in West US 2, East US
  • 高性能コンピューティング仮想マシンが米国西部2、米国東部で利用できるようになりました
    • パブリッククラウド上で最高の価格性能でスーパーコンピュータ級の性能とスケーラビリティを提供するように設計された HC シリーズ仮想マシンが、現在、米国西部2と米国東部で利用可能です。


Microsoft Azure Blog より

Using Text Analytics in call centers
  • コールセンターでのテキスト分析の使用
    • Azure Cognitive Services は、自然言語処理と機械学習を使用してテキストデータから情報を抽出するのを簡単にする Text Analytics API を提供します。これらの API は、感情分析、キーフレーズの抽出、エンティティ認識、言語検出など、あらかじめ作成された言語処理機能をラップしています。テキスト分析を使用すると、企業は顧客とのやり取りから、顧客満足度を測定し改善する / コールセンターとエージェントのパフォーマンスを追跡する / さまざまなサービス分野のパフォーマンスを調査するといった、より深い洞察を引き出すことができます。これらの洞察は、管理レポートの作成、ビジネスプロセスの自動化、競合分析などに使用できます。このブログでは、Azure Cognitive Services を使用して、記録された顧客からの通話から洞察を得る方法について説明します。

A look at Azure's automated machine learning capabilities
  • Azure の自動機械学習機能についての考察
    • 昨年12月に一般提供された Azure Machine Learning サービスでの自動機械学習の発表により、人工知能(AI)を簡素化するための旅が始まりました。これにより、機械学習ワークフローの一部を自動化したいと考えるデータ科学者が、他のビジネス目標に集中することでより多くの時間を費やすことができます。また、高度なデータサイエンスやコーディングの知識がないビジネスユーザーの幅広い利用者が AI を利用できるようにします。このリリースでは、モデル品質、モデルの透明性の向上、最新の統合、ONNX サポート、コードフリーのユーザーインターフェイス、時系列予測、製品統合などの分野でエキサイティングな機能や機能が追加され、生産性の向上が促進されます。

Securing the hybrid cloud with Azure Security Center and Azure Sentinel
  • Azure Security Center と Azure Sentinel を使用してハイブリッドクラウドを保護する
    • インフラストラクチャセキュリティは、オンプレミス、クラウド、またはハイブリッドでワークロードを管理している組織にとって最優先事項です。たえず変化するセキュリティ環境を常に把握することは大きな課題です。幸いなことに、パブリッククラウドの力と規模により、セキュリティ運用を脅威の変化に先んじて進めるための強力な新機能がリリースされました。マイクロソフトは、お客様からの意見を収集するにつれて進化し続ける、人気の高いクラウドベースのセキュリティテクノロジーを数多く開発しました。本ブログ記事では、いくつかの重要な Azure セキュリティ機能を詳細に説明し、それらがどのように連携して保護層を提供するかを説明します。

Azure Stack IaaS – part nine
  • Azure Stack IaaS – パート9
    • このブログ記事では、IaaS から最大限の価値を引き出すために Azure エコシステムを活用するさまざまな方法について説明します。

Ask Me Anything – “Network” with teams from Azure Networking!
  • Ask Me Anything – Azure Networking チームに「ネットワーク」に関する質問
    • Ask Any Anything(AMA)は、エンジニアや製品管理者に対して直接質問できる気軽な方法で、Azure サービスの構築と保守を担当する専門家との生の会話の機会です。ライブセッション中に、ハッシュタグ #AzNetworkingAMA を使用して @AzureSupport にツイートすることで質問できます。あなたの質問は、このハッシュタグで投稿した最初のツイートに返信することで、複数のツイートにまたがることができます。

Empowering clinicians with mobile health data: Right information, right place, right time
  • モバイルヘルスデータを活用した臨床医のエンパワーメント: 適切な情報、適切な場所、適切なタイミング
    • 多くの医療提供者組織では、情報は電子医療記録(EHR)、オンラインのサードパーティサイト、イントラネットサイト、そして紙の上に細分化されています。さらに、一部の情報はセキュリティで保護されたサイトにあり、誰にも見えないため、オフラインで利用できない場合はデータが消えます。重要なデータが遅すぎるかまったく利用できないため、この状況は患者ケアの質にとって有害になる可能性があります。インターネットにアクセスしても、間違った情報は検索エンジンから来るかもしれません。そのため、データを利用可能にするというロジスティクス上の課題を除けば、正しい情報だけが見つかるようにすることが重要です。したがって、永続的な課題は、適切な情報を適切な人に、適切な場所に、適切なタイミングで取得することです。

Announcing self-serve experience for Azure Event Hubs Clusters
  • Azure Event Hubs クラスターのセルフサービスエクスペリエンスの発表
    • 今日の企業にとって、データは不可欠です。製造業、ヘルスケア、運輸、および金融業界における革新的なアイデアは、多くの場合、複数のソースからのデータを取得して相関させることによって生まれます。これまで以上に、リアルタイムで確実に大量のデータを取り込んで対応する能力は、消費者と商業の両方のビジネスにとって競争上の優位性を得るための鍵です。これらのビッグデータの課題を解決するために、Azure Event Hubs は、テレメトリ処理から不正検出までの多数のユースケースに対応するように設計された、完全に管理された非常にスケーラブルな分散ストリーミングプラットフォームを提供します。

Building a better asset and risk management platform with elastic Azure services
  • エラスティックな Azure サービスを使用して、資産およびリスク管理のためのより優れたプラットフォームを構築する
    • Azure の重要な属性は、サービスの互換性です。弾力性と一緒に、Azure は現代の企業がより容易に移行し進化することを可能にします。金融サービスプロバイダーにとって、モジュール式のアプローチにより、顧客は最善の分析から、リスクとパフォーマンスの分析 / 規制コンプライアンスの自動化 / 投資管理テクノロジーの分野で利益を得ることができます。

Azure.Source – Volume 85
  • Azure.Source – Volume 85

Microsoft commercial marketplace updates–May 2019
  • マイクロソフトコマーシャルマーケットプレースの最新情報 - 2019年5月
    • Microsoft Build で発表されたとおり、発行者のサインアップとアカウント管理を簡素化し、強力な SaaS( Software-as-a-Service )ビジネスモデルを解き放ち、製品の発見と購買を改善するための新機能を発表します。7月には Microsoft Inspire でさらに多くのアップデートや発表が行われる予定です。

Customize your automatic update settings for Azure Virtual Machine disaster recovery
  • Azure 仮想マシンの障害回復の自動更新設定をカスタマイズする
    • Azure VM のディザスターリカバリーに使用されるエージェントの自動更新機能をリリースしたときに、最も頻繁に寄せられたフィードバックは、アクセス制御に関連していました。顧客からの要求は、サブスクリプションにおける正しいアクセスを委託されている人によって承認され作成された既存の自動化アカウントを顧客が提供できるようにすることでした。その後、この自動化アカウントを使用して Runbook を実行することができます。

Build more accurate forecasts with new capabilities in automated machine learning
  • 自動機械学習の新機能でより正確な予測を構築
    • 自動機械学習機能のリリースにより、より正確な予測を作成します。トレーニングデータにギャップが必要なシナリオや、予測を改善するためにコンテキストデータを適用したり、フィーチャにラグを適用したりする必要がある場合がありますか ? 役立つ新機能の詳細については、本ブログ記事をご覧ください。

How to optimize your Azure environment
  • Azure 環境を最適化する方法
    • 適切なツールとアプローチがなければ、クラウド最適化は時間がかかり、困難なプロセスになる可能性があります。従うべきベストプラクティスのリストが増え続けており、クラウドワークロードが進化するにつれて常に流動的になっています。

Announcing Mobility service for Azure Maps, SDKs updates, and more
  • Mobility service for Azure、SDK の更新などを発表
    • モビリティは、クラウドベースのアルゴリズムやライドシェアリングサービスから、エッジ認識、運転支援、交通パターン分析に至るまで、さまざまな新しいテクノロジーの中心となっています。もう1つはより効率的です。これらは、規模、リアルタイムの情報、および詳細な洞察を必要とする挑戦的な取り組みです。人々の移動を手助けすることに集中するために、Azure Maps では Mobility service for Azure Maps API を発表しました。

Symantec’s zero-downtime migration to Azure Cosmos DB
  • シマンテック社の Azure Cosmos DB へのゼロダウンタイム移行
    • シマンテックのコンシューマサービスは、150カ国にわたる4,000万を超えるエンドポイントで顧客のデータと ID を保護し、毎日150億を超えるグローバルな要求を管理します。 彼らは、クラウドへの移行が規模の管理、パフォーマンスの向上、コストの削減のための正しい決定であることを知っていました。彼らはまた、信頼の上に構築されたブランドとして、そして維持するための5秒間のサービスレベル契約(SLA)をもって、彼らが移動の間に少しの休止時間やサービスの低下も持ち得ないことを知っていました。ケーススタディの結果、ビジネス要件より Azure Cosmos DB の採用を決定しました。

Microsoft hosts HL7 FHIR DevDays
  • Microsoft が HF7 FHIR DevDays をホスト
    • ヘルスケア IT 開発者の最大の集まりの1つである HL7 FHIR DevDays が来週 Microsoft のキャンパスで開催されます。このイベントは HL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)と呼ばれる相互運用可能な医療データのオープンスタンダードを推進することを目的としています。この重要な会議を2019年6月10~12日にかけて、Microsoft のレドモンドキャンパスで開催して、開発者コミュニティとの交流を図りながら、FHIR 仕様の発展に寄与する手段として当面のユースケースの特定から一緒になってハックする方法までを探ります。


Intune Customer Success より

Known issue: Provisioning error on Wi-Fi for Azure AD joined Windows 10 version 1903
  • 既知の問題: Windows 10 バージョン1903 に参加している Azure AD の Wi-Fi でのプロビジョニングエラー
    • Set up School PCs app(version 1000.17145.1.0)または Azure AD Join および Wi-Fi 用に構成された Windows Configuration Designer Store app(バージョン 2019.520.0.0)を使用して作成されたプロビジョニングパッケージを利用する場合、Windows 10 バージョン 1903 を実行しているデバイスのセットアップ中に継続的な再起動ループになることがわかりました。

Known Issue: iOS 12.2+ Terms and Conditions
  • 既知の問題: iOS 12.2 + 使用条件
    • iOS 12.2 以降では、ユーザーがライセンスを取得した VPP アプリを使用する MDM で管理されているデバイスの場合、VPP アプリへの初めてのアクセス時にエンドユーザーが利用条件を承諾またはキャンセルすることはできません。そのため、使用条件を必要とするアプリのインストールは、デバイス上のユーザーからの応答を適切に受信またはキャンセルすることがないため、失敗する可能性があります。回避策として、ユーザーライセンスの代わりに VPP アプリを展開するときにデバイスライセンスを使用できます。デバイスライセンスには、利用条件は必要ありません。または、アプリとの配信とは異なるチャネルを通じて条件を提供することもできます。


Official Microsoft Blog より

Microsoft backs women tech entrepreneurs with global expansion of IdeaGen and Women in Cloud
  • マイクロソフトは、IdeaGen と Women in Cloud の世界的な拡大により、女性技術起業家を支援します
    • この度、私たちがシアトル地域の女性起業家の第2回アクセラレーターコホートを開幕したとき、マイクロソフトは IdeaGen と Women in Cloud との提携により、そのアクセラレーターをさらに8カ国に拡大することを誇りに思います。現在計画されているプログラムでは、カナダ、フランス、ドイツ、インド、ケニア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、イギリスが含まれています。またこのプログラムでは、2019年9月にニューヨークで開始されるコホートと2019年秋にシカゴで開始されるコホートで米国内にも拡大されます。


Windows Server Blog より

25 reasons to choose Azure Stack HCI
  • Azure Stack HCI を選択する25の理由
    • 5月の Windows Server Summit で、Windows Server チームの Cosmos Darwin と Greg Cusanza が、Windows Server を搭載したハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)についての全ラウンドを発表しました。イベントに参加する機会がなかった方は、オンラインで登録してライブストリームとディープダイビングセッションをチェックしてください。


Cloud and Server Product Japan Blog より

Azure App Configuration でアプリケーション構成の管理を容易にする
  • このポストは、2019年5月29日に投稿された Simplify the management of application configurations with Azure App Configuration の翻訳です。

統合サービス環境を使用して、安定性、拡張性、スピードを確保するためにアプリの統合を分離する
  • このポストは、2019年5月29日に投稿された Isolate app integrations for stability, scalability, and speed with an integration service environment の翻訳です。

イベント開催のご案内 | 2019/6/4 号

Event Grid の最新の更新によるイベント駆動型アーキテクチャの簡略化
  • このポストは、2019年5月29日に投稿された Simplifying event-driven architectures with the latest updates to Event Grid の翻訳です。

Azure HDInsight での Apache Hadoop 3.0 の一般提供開始を発表
  • このポストは、2019年4月15日に投稿された Announcing general availability of Apache Hadoop 3.0 on Azure HDInsight の翻訳です。


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録