クラウドエンジニアブログ

【定期便】4/1週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/04/01-2019/04/07)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。

  • ※ 当ブログにて記載しております Microsoft 社の Web サイトの URL については、Microsoft 社側のリダイレクトの仕組みにより、お客様の閲覧環境に沿ったページに自動的にリダイレクトされることがございます。
    原文を参照される場合は、リダイレクトされた URL の ja-jp などの文字列を en-us に変更することで閲覧いただけます。

Azure の更新情報より

Azure Lab Services updates: GPU size, saving images, and connecting to on-premises resources
  • Azure Lab Services のアップデート:GPU サイズ、画像の保存、およびオンプレミスリソースへの接続
    • Azure Lab Services に以下のアップデートがありました。
      • GPU サイズ
      • オンプレミスリソースへの接続
      • 仮想マシンイメージの保存
      • 登録リンクの電子メール送信
      • リモートデスクトップを使用して Linux コンピューターへ接続

Japanese Era Update - April 2019
  • 日本の年号の更新 - 2019年4月
    • 日本の新年号とそれに関連するカレンダーは、2019年5月1日に始まります。マイクロソフトは、会社として以前から必要な変更を計画し準備してきました。

Azure API Management update April 4
  • 4月4日の Azure API Management のアップデート
    • 今月の API Management サービスのアップデートには、REST API、ポリシー、リビジョン、OpenAPI 仕様ファイル、およびユーザー登録の機能強化が含まれています。

Event-driven Java with Spring Cloud Stream Binder for Azure Event Hubs is now available
  • Azure Event Hubs 用 の Spring Cloud Stream Binder を備えたイベント駆動型 Java が利用可能になりました
    • Spring Cloud Stream は、一般的なメッセージブローカーの実装に対してバインダーの抽象化を提供します。永続的な pub / sub セマンティクス、コンシューマグループ、およびステートフルパーティションのサポートなど、すでに確立され慣れ親しんだ Spring の文法およびベストプラクティスに基づいて構築された柔軟なプログラミングモデルを提供します。

Azure portal April 2019 update
  • 2019年4月の Azure ポータル のアップデート
    • Azure ポータルは、IaaS、Azure Data Explorer、Security Center、Azure Site Recovery、RBAC、サポートなどの領域でアップデートがありました。

Set custom metadata properties for Stream Analytics output
  • Stream Analytics の出力におけるカスタムメタデータプロパティの設定
    • Stream Analytics では、ユーザーがクエリ列をユーザープロパティとして送信メッセージに添付できるようになりました。

B-series update: B1ls is now available
  • B シリーズアップデート: B1ls が利用可能になりました
    • Azure VM インスタンスの中で最小のメモリと低コストの新しい B1ls Azure 仮想マシンが利用できるようになりました。
    • B1ls は、最高のカスタマーエクスペリエンスのために Linux でのみ利用可能です。Windows OS の最小推奨メモリは B1ls が提供するものより大きいため、Windows はサポートされていません。

New developer portal in Azure API Management is in development
  • Azure API Management の新しい開発者ポータルを開発中
    • 私たちは、Paperbits フレームワーク(paperbits.io)の独自のフォークに基づいて、Azure API Management で提供される新しいオープンソースの開発者ポータルに取り組んでいます。

Public preview: Azure Log Analytics in CENTRAL US, EAST US 2, EAST ASIA, WEST US, & SOUTH Central US
  • パブリックプレビュー: 米国中部、米国東部2、東アジア、米国西部、米国中部の Azure Log Analytics
    • 米国中部、米国東部2、東アジア、米国西部、および米国中部で Azure Log Analytics のパブリックプレビューの提供が開始されました。

Azure Functions Premium plan
  • Azure Functions Premium プラン
    • Premium プランは、アイドル状態の後の実行遅延を無くすためにあらかじめウォームアップされたインスタンス、VNET の接続性、より強力なハードウェア、待ち時間やスケールを犠牲にすることなく負荷に応じて自動的にスケールする Function Apps の新しいホスティングオプションです。

Azure Security Center for IoT in public preview
  • Azure Security Center for IoT のパブリックプレビュー
    • Azure Security Center for IoT を使用すると、IoT デバイス、エッジ、およびクラウド全体で不足しているセキュリティ構成を見つけることができます。たとえば、IoT デバイスでどのポートが開いているかを確認し、SQL データベースが暗号化されていることを確認して、問題を解決するように動作できます。Azure Security Center for IoT は、1日あたり6兆個の信号を分析するマイクロソフトインテリジェントセキュリティグラフの膨大な脅威インテリジェンス情報を利用して、絶えず進化する脅威から保護します。

Read scale-out support in Azure SQL Database premium service tier is now available
  • Azure SQL Database プレミアムサービス層の読み取りスケールアウトサポートが利用可能になりました
    • Azure SQL Database で読み取りスケールアウトのサポートが一般利用可能になりました。この機能は、読み取り専用クライアント接続を自動的にプロビジョニングされた HA レプリカの1つにリダイレクトし、追加料金なしでデータベースまたはエラスティックプールの計算容量を実質的に2倍にします。

Speech service region expansion to ten additional regions
  • 音声サービスの利用可能リージョンの拡大
    • 音声サービスの提供リージョンが拡大し、追加で10の Azure リージョンで利用可能となりました。

Support for new redirect of URLS of Azure AD B2C is in development
  • Azure AD B2C の URL の新しいリダイレクトのサポートを開発中
    • Azure AD B2C を開発者ポータルの ID プロバイダーとして設定すると、ユーザーはサインアップとサインインのために Azure AD B2C にリダイレクトされます。以前は、URL login.microsoftonline.com が使用されていました。Azure AD B2C は新しい URL - b2clogin.com を導入し、将来的には古い URL を廃止する予定です。

General availability: Azure Log Analytics in France Central, Korea Central, North Europe
  • 一般提供: フランス中央部、韓国中央部、北ヨーロッパの Azure Log Analytics
    • フランス中部、韓国中部、および北ヨーロッパリージョンでは、Azure Log Analytics の一般提供が開始されています。

Public preview: Windows Server 2019 container support in Azure App Service
  • パブリックプレビュー: Azure アプリサービスでの Windows Server 2019 コンテナーのサポート
    • Windows Server 2019 コンテナーのサポートは、Azure App Service の Windows コンテナーのパブリックプレビューで利用できます。

Microsoft Azure Blog より

Monitoring on Azure HDInsight Part 2: Cluster health and availability
  • Azure HDInsight での監視パート2: クラスターの正常性と可用性
    • このブログは、Azure HDInsight の監視に関する4回シリーズの第2回ブログ投稿です。「Monitoring on Azure HDInsight Part 1: An Overview」では、3つの主な監視カテゴリ、クラスターの正常性と可用性、リソースの使用率とパフォーマンス、ジョブの状態とログについて説明しました。本ブログ記事では、これらのトピックのうち最初のトピックであるクラスターの状態と可用性について詳しく説明します。
      [参考]:Monitoring on Azure HDInsight Part 1: An Overview

Event-driven Java with Spring Cloud Stream Binder for Azure Event Hubs
  • Azure Event Hubs 用の Spring Cloud Stream Binder を使用したイベント駆動型 Java
    • Azure Event Hubs の Spring Cloud Stream Binder が一般利用可能になりました。Event Hubs を使用して、非常にスケーラブルなイベント駆動型 Java アプリを構築するのは簡単です。

Windows Server 2019 support now available for Windows Containers on Azure App Service
  • Azure App Service 上の Windows コンテナーで Windows Server 2019 サポートが利用可能になりました
    • Azure App Service エンジニアリングチームは、プラットフォーム上のアプリケーションの効率と全体的なパフォーマンスを向上させるために常に努力しています。この度、パブリックプレビューで Windows Server 2019 コンテナーのサポートを発表します。
    • Windows コンテナーのサポートは、西アメリカ、東アメリカ、西ヨーロッパ、北ヨーロッパ、東アジア、および東オーストラリアの各地域で利用できます。現時点では、Windows コンテナーは App Service Environment ではサポートされていません。

Alerts in Azure are now all the more consistent!
  • Azure のアラートの一貫性の向上
    • Azure Monitor アラートには、メトリック、ログ、アクティビティログなど、さまざまなテレメトリに関する機能が豊富に用意されています。しかしながら、アラートのペイロード形式は異なるため、テレメトリに基づいたアラートタイプごとに1つずつ、ユーザーに複数の統合を構築および維持するという負担がかかっていました。この度、我々はすべての種類のアラートに対して単一の拡張可能なフォーマットを提供する新しい共通のアラートスキーマをリリースしました。

Enabling precision medicine with integrated genomic and clinical data
  • ゲノム・臨床データを統合した精密医療の実現
    • 精密医療は、遺伝子構成と臨床データを考慮に入れることによって患者の治療を患者自身に適合させます。この方法論を適用する鍵は、最も正確で効果的な治療を強化するために、臨床データを個人のゲノムデータと統合して、最も完全な長期医療記録を得ることです。

Database administrators, discover gold in the cloud
  • データベース管理者、クラウドで金脈を発見
    • データは、最近では「新しい石油」または「ブラックゴールド」と呼ばれています。一般的な Fortune 100 企業が、データのわずか10%多くのデータにアクセスすると、それは数百万ドルの収益の増加をもたらす可能性があります。無料のウェビナーに参加して、クラウドでデータを管理することの多くの利点と、あなたの会社の「ブラックゴールド」が、どのようにしてあなたを明日のデータのヒーローにするのかを説明します。
      [参考]: Azure webinar series Transform Your DBA Role for the Cloud

Spinnaker continuous delivery platform now with support for Azure
  • Azure をサポートした Spinnaker の継続的デリバリープラットフォーム
    • Spinnaker は、ソフトウェアの変更を迅速かつ確実にリリースするための、オープンソースのマルチクラウド継続的デリバリープラットフォームです。アプリケーションの導入をモダナイズするために使用されるオープンソースの継続的なデプロイメントプラットフォームとして、ますます多くの企業によって選択されています。

Fast and optimized connectivity and delivery solutions on Azure
  • Azure の高速で最適化された接続性と配信ソリューション
    • マイクロソフトはラスベガスで開催される NAB Show 2019 に参加します。NAB Show 2019 は世界中のユーザーに豊かなコンテンツエクスペリエンスを提供することを中心とした業界が集まります。メディア業界とエンターテインメント業界から人々が集まり、現在および将来のメディアテクノロジとイノベーションの詳細を把握し、豊富なコンテンツエクスペリエンスを最適化および拡張するための新しい革新的なクラウドサービスを紹介します。

The future of manufacturing is open
  • 製造業の未来は開かれている
    • 製造業は、IoT が変革的な影響を及ぼしている業界ですが、IoT を効果的に活用するには多くの企業の集結が必要です。製造業のイノベーションを遅らせるいくつかの課題に対応するため、Microsoft は OPC Foundation のオープンソースソフトウェアへ多額の投資を行っています。産業用 IoT の革新を加速させるために世界をリードする製造業者と協力しました。しかし、Microsoft とパートナーの間だけでなく、業界全体およびパートナー同士の間でも、もっとやるべきことがあると感じています。それは、ある企業が事業の中で何かを提供するということではありません。それは、全員が新しいレベルで達成できるようにするために、セクター全体で他の企業と共有することです。

Azure.Source - Volume 76
  • Azure.Source - Volume 76

Azure Sphere Retail and Retail Evaluation feeds
  • Azure Sphere の Retail および Retail Evaluation フィード
    • Azure Sphere の開発者は、これまで1つしかなかった Azure Sphere OS フィードが2つあることに気付いたかもしれません。Retail フィードはプロダクション対応の OS を提供し、エンドユーザインストールへの広範な展開を目的としています。Retail Evaluation フィードは、新しい OS をそれぞれ14日間提供してから、それを Retail フィードにリリースします。これは後方互換性テストを目的としています。

Updates to geospatial functions in Azure Stream Analytics – Cloud and IoT edge
  • Azure Stream Analytics の地理空間関数のアップデート - クラウドと IoT edge
    • この度、地理空間機能のいくつかの機能強化を発表しました。これらの機能は、以前よりも簡単に、正確に、そしてコンテキスト的に、お客様がはるかに多数のモバイル資産と車両群を管理するのに役立ちます。これらの機能はクラウドと Azure IoT edge の両方で利用できます。

Web application firewall at Azure Front Door service
  • Azure Front Door service の Web アプリケーションファイアウォール
    • Web アプリケーションをクラウドに移行する際にセキュリティが最優先事項であることを、多くの皆様からお聞きしました。この度、私たちは、Azure フロントドアサービスの Web アプリケーションファイアウォール(WAF)のパブリックプレビューを発表しています。グローバルアプリケーションとコンテンツ配信ネットワークをネイティブに統合された WAF エンジンと組み合わせることで、Web アプリケーションを安全かつ迅速に世界に提供できる高可用性プラットフォームが実現しました。

Device template library in IoT Central
  • IoT Central のデバイステンプレートライブラリ
    • デバイステンプレートページに新しいデバイステンプレートライブラリが追加されたことで、デバイスのオンボード化とモデル化がこれまで以上に簡単になりました。新しいテンプレートの作成を始めるときは、最初からテンプレートを作成するか、既存のデバイステンプレートのライブラリからすばやく選択するかを選択できます。

Welcome to NAB Show 2019 from Microsoft Azure!
  • Microsoft Azure より NAB Show 2019 へようこそ!
    • 私たちの使命は、地球上のすべての人と組織がより多くのことを達成するのを助けることです。そのため、コンテンツを作成または所有する代わりに、業界をリードする人工知能(AI)を使用して、Intelligent Cloud から Intelligent Edge まで、コンテンツ作成者や所有者がより多くのことを達成できるプラットフォームを提供します。そして、NAB Show 2019 では、Azure の新しいレンダリング機能や、Azure Media Services、Video Indexer、Azure Networking などを発表します。

Self-service exchange and refund for Azure Reservations
  • Azure Reservations のセルフサービス交換と払い戻し
    • Azure Reservations は、進化するニーズを満たすのに役立つ柔軟性を提供します。同じタイプの別の予約と予約を交換することができます。また、必要でなくなった場合は予約を払い戻すことができます。

Extending Azure Security Center capabilities
  • Azure Security Center の機能拡張
    • Microsoft はセキュリティに投資し続けており、Hannover Messe 2019 でエキサイティングなアップデートを共有しました。
      • Azure ストレージ用の高度な脅威対策が一般利用可能になりました。
      • Azure Security Center の法令順守ダッシュボードが一般提供されました。
      • Security Center が仮想マシンスケールセットをサポートするようになりました。
      • 英国、カナダ、オーストラリアの各地域で Azure 専用 HSM サービスの提供を発表しました。
      • 仮想マシンスケールセットの Azure Disk Encryption が一般利用可能になりました。

Unlock dedicated resources and enterprise features by migrating to Service Bus Premium
  • Service Bus Premium への移行により、専用のリソースとエンタープライズ機能のロックを解除
    • Azure Service Bus を拡張して、可用性ゾーンですべての Azure リージョンをサポートするようにし、お客様がより回復力のあるソリューションを構築できるようにしました。また、Azure Service Bus Premium 層をより多くの地域に拡大し、お客様が Azure Service Bus 名前空間でエンタープライズ対応の多くの機能を利用できるようにしました。

IoT in Action: Enabling cloud transformation across industries
  • IoT in Action:業界を超えたクラウドトランスフォーメンションの実現
    • 本ブログ記事では、典型的なクラウドトランスフォーメンションの旅をテーマとして、クラウドが市政府、産業用 IoT、および石油とガスの革新者をどのように変革しているかの例をご紹介します。

Microsoft Azure portal April 2019 update
  • Microsoft Azure ポータル 2019年4月の更新
    • 今月のアップデートには、IaaS、Azure Data Explorer、Security Center、Recovery Services、ロールベースアクセス制御、サポート、および Intune の改善が含まれています。

Schema validation with Event Hubs
  • Event Hubs を使ったスキーマ検証
    • Event Hubs は、完全に管理されたリアルタイムのインジェスト Azure サービスです。他の Azure サービスとシームレスに統合されます。また、Apache Kafka クライアントとアプリケーションは、コードを変更せずに Event Hubs と通信することもできます。

Azure Front Door Service is now generally available
  • Azure Front Door Service が正式リリースされました
    • Azure Front Door Service は現在一般提供されており、99.99パーセントの可用性の SLA と、SSL オフロード、URL リダイレクトと書き換え、HTTP/2、IPv6 サポート、セッションアフィニティ、無料またはカスタム SSL 証明書による単純ドメインオンボーディング、キャッシュなどの無数の機能を提供しています。

GPS Week Number Rollover – Microsoft has you covered!
  • GPS Week Number Rollover – マイクロソフトがカバーしています!
    • 1990年代後半になると、プログラマーは、4桁年から最後の2桁までの単純な省略形に致命的な欠陥があることに気付いたため、コンピュータシステムの日時機能はあらゆるビジネスにとって大きな関心の的となりました。しかし、早期の準備と修復によって、2000年問題予測の災害が発生することは決してありませんでした。同様に、マイクロソフトは、Microsoft タイムソースのユーザーが影響を受けないようにするために、次の GPS Week Number Rollover の準備を完了しました。

Step up your machine learning process with Azure Machine Learning service
  • Azure Machine Learning サービスで機械学習プロセスを強化
    • Azure Machine Learning サービスは、機械学習モデルの開発、トレーニング、テスト、展開、管理、および追跡に使用できるクラウドベースのサービスを提供します。自動化された機械学習やその他の高度な機能を利用できるため、機械学習モデルのトレーニングと導入はこれまでになく簡単でアプローチしやすくなります。

Azure Media Services: The latest Video Indexer updates from NAB Show 2019
  • Azure Media Services: NAB Show 2019 から最新の Video Indexer のアップデートをお届け
    • NAB Show 2019 で、Video Indexer のモデルとエクスペリエンスに関する多くの新しい機能強化を発表しました。本ブログ記事では、この機能お強化について詳細をご紹介します。

Announcing the Azure Functions Premium plan for enterprise serverless workloads
  • エンタープライズサーバーレスワークロードの Azure Functions Premium プランの発表
    • Azure Functions Premium プランをプレビューとして発表しました。このプランでは、イベントベースの規模で妥協することなく、長い間要求されていたスケールアップと接続性のオプションを可能にします。Premium プランでは、事前にウォームアップしたインスタンスを使用して、アイドル状態の後でもすぐにアプリの実行をより強力なインスタンスで実行できます。また、負荷に応じて自動的に拡張しながら、VNET に接続できます。

Enterprise Mobility + Security より

Secure your mobile email with Microsoft EMS and Microsoft Outlook for iOS and Android
  • iOS および Android 用の Microsoft EMS および Microsoft Outlook でモバイルEメールを保護する
    • 本ブログ記事では、iOS および Android デバイス用の Microsoft Enterprise Mobility + Security(EMS)と Microsoft Outlook の統合アプローチを技術的に詳しく説明します。これは、安全なモバイルEメールアクセスのゴールドスタンダードを考慮したものです。

Part 3: Intune’s Journey to a Highly Scalable Globally Distributed Cloud Service
  • パート3: 高度にスケーラブルなグローバル分散クラウドサービスへの Intune の移行
    • ここ数ヶ月、Azure で実行されているグローバル規模のクラウドサービスになるための Intune の旅について書いてきました。本ブログ記事は4部構成のシリーズのパート3として、SLA、スケール、パフォーマンス、およびエンジニアリングのアジリティを劇的に向上させる方法について説明します。

Official Microsoft Blog より

One Year In: How our $5B investment in IoT and intelligent edge is accelerating customer, partner and solution innovation
  • 1年後: IoT およびインテリジェントエッジへの50億ドルの投資が、お客様、パートナー、およびソリューションの革新をどのように加速しているか
    • 1年前、私たちは IoT(Internet of Things)とインテリジェントなエッジテクノロジーに50億ドルを投資し、ユビキタスコンピューティングを加速させ、業界を越えて変革のための比類のない機会をもたらすというコミットメントを発表しました。私たちのコミットメントは、お客様やパートナーがソリューションを構築するための信頼できる、使いやすいプラットフォームを構築することです。
    • 当社の IoT プラットフォームは、大規模な規模で数千ものデバイスでお客様のソリューションに電力を供給しており、サポートされるデバイスの数は前年比で150パーセント近く増加しました。今年は、スターバックス、シェブロン、ウォルマート、ウォルグリーン、BMW、フォルクスワーゲン、トヨタマテリアルハンドリンググループなど、多くのお客様が、デジタルプラットフォームを加速するために IoT および AI サービスを備えたクラウドプラットフォームとして Azure を活用しています。

Visualizing the news: Introducing the winners of our data journalism grant program
  • ニュースの視覚化: データジャーナリズム交付金プログラムの受賞者の紹介
    • ニュースや情報を広めることは、常に私たちの民主主義を推進するメカニズムです。業界が政治的報復から経済的実行可能性までの困難な課題に直面しているにもかかわらず、私たちの社会は真実を追求し、強力な説明責任を果たすために固い信念を持つ記者や報道機関に頼っています。これらの取り組みを支援するために、国際ジャーナリストセンター(ICFJ)と協力して、助成金プログラムの1回目の2人の受賞者を発表しました。

Cloud and Server Product Japan Blog より

Visual Studio 2019: より迅速なコーディング。よりスマートな作業。未来の創造。
  • このポストは、2019年4月2日に投稿された Visual Studio 2019: Code faster. Work smarter. Create the future. の翻訳です。

製造業の未来を担うオープン化の取り組み
  • このポストは、2019年4月2日に投稿された The future of manufacturing is open の翻訳です。

Azure のアラートがより統一されたものに
  • このポストは、2019年4月2日に投稿された Alerts in Azure are now all the more consistent! の翻訳です。

Visual Studio 2019 for Mac の提供開始
  • このポストは、2019年4月2日に投稿された Visual Studio 2019 for Mac is now available の翻訳です。

Azure Blob Storage の高スループット ブロック BLOB
  • このポストは、2019年3月27日に投稿された High-Throughput with Azure Blob Storage の翻訳です。

顔認識機能を強化 – Video Indexer
  • このポストは、2019年3月29日に投稿された People Recognition Enhancements - Video Indexer の翻訳です。

Microsoft Game Stack でさらなる成果を上げる
  • このポストは、2019年3月14日に投稿された Achieve more with Microsoft Game Stack の翻訳です。

Live Share が Visual Studio 2019 に標準搭載
  • このポストは、2019年4月2日に投稿された Live Share now included with Visual Studio 2019の翻訳です。

Azure Premium ブロック Blob Storage の一般提供が開始されました
  • このポストは、2019年3月25日に投稿された Azure Premium Block Blob Storage is now generally available の翻訳です。

Azure Blob Storage のライフサイクル管理の一般提供を開始
  • このポストは、2019年3月27日に投稿された Azure Blob Storage lifecycle management generally available の翻訳です。

より大容量でより強力な Azure Virtual Machines 用マネージド ディスク
  • このポストは、2019年3月25日に投稿された Larger, more powerful Managed Disks for Azure Virtual Machines の翻訳です。

イベント開催のご案内 | 2019/4/1 号



以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録