クラウドエンジニアブログ

【定期便】3/11週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

みなさま、こんにちは!クラウドアーキテクトのワタナベです。

先週1週間(2019/03/11-2019/03/17)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。 そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。


Azure の更新情報より

Update 19.03 for Azure Sphere public preview now available for evaluation
  • Azure Sphere パブリックプレビューのアップデート19.03が評価用に利用可能になりました
    • Azure Sphere OS の Retail Evaluation フィードと Retail フィードの両方をサポートするようになりました。19.03リリースは、最初は Retail Evaluation フィードから入手可能になる予定です。通常の Retail OS フィードは引き続きバージョン19.02を提供します。今度、2週間で19.03にアップグレードする予定です。

Azure Security Center adaptive application control updates
  • Azure Security Center のアダプティブアプリケーションコントロールの更新
    • Azure Security Center では、Azure Linux VM だけでなく、Azure Security Center に接続されている Azure 以外の Windows および Linux Vm およびサーバーでも、監査モードのアダプティブアプリケーションコントロールを使用できるようになりました。
      [参考]: Microsoft Azure portal March 2019 update

Azure portal March 2019 update
  • Azure Portal 2019年3月の更新
    • 仮想ネットワークゲートウェイの概要ページの変更、新しいフルスクリーン DNS ゾーンとロードバランサーによるブレードの作成、アクティビティログとの Azure 管理グループの統合など、2019年3月の Azure Portal の更新について説明します。

Upcoming change to Azure Monitor Application Insights Smart Detection emails
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/upcoming-change-to-azure-monitor-application-insights-smart-detection-emails/
  • Azure Monitor Application Insights のスマート検出による電子メールの今後予定されている変更
    • お客様からのフィードバックに基づいて、2019年4月1日付けで、Azure Monitor Application Insights のスマート検出から電子メール通知を受信する既定のロールが変更されます。この機能は、使用するアプリケーションから送信されるテレメトリをプロアクティブに分析し、通常と異なるパターンや問題を検出するとユーザーに通知します。

Workload importance(preview)for Azure SQL Data Warehouse
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/workload-importance/
  • Azure SQL Data Warehouse のワークロードの重要度(プレビュー)
    • Azure SQL Data Warehouse ユーザーは、ワークロードの重要度で要求を分類できるようになりました。重要度が高いとして分類された要求は、最初にリソースにアクセスでき、より早く完了できます。

Azure Resource Manager template language additions
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/azure-resource-manager-template-language-additions/
  • Azure Resource Manager テンプレート言語への追加
    • newGuid()および utcNow()の条件付き出力、配列コピー、および関数について、Azure Resource Manager のテンプレート言語にいくつかの新しい項目が追加されました。

Azure Log Analytics is now General Available in Australia East and in Australia Central
  • Azure Log Analytics は、オーストラリア東部およびオーストラリア中部で一般利用可能になりました。
    • オーストラリア東部とオーストラリア中部では、顧客がテレメトリの収集を開始し、Azure Log Analytics を使用してサービスの正常性と使用状況を分析できるようになりました。

Azure Security Center update: Azure App Service recommendation improvements
  • Azure Security Center の更新:Azure App Serviceの推奨事項の改善
    • Azure App Service のセキュリティに関する推奨事項が改善され、精度と環境の互換性が向上しました。

Azure Security Center policy migration to Azure Policy
  • Azure Security Center から Azure Policy へのポリシー移行
    • Azure Policy を使用するように Azure Security Center のポリシーを更新しています。既に移行済みか、まもなく移行されます。そしてお客様には何の行動も必要としません。

Public preview: Adaptive network hardening in Azure Security Center
  • パブリックプレビュー: Azure Security Center のアダプティブネットワーク強化
    • Azure Security Center は、Azure ワークロードのネットワークトラフィックと接続パターンを学習し、インターネットに直接接続している仮想マシンに対する NSG(Network Security Group)ルールの推奨事項を提供することができます。これはアダプティブネットワーク強化と呼ばれ、パブリックプレビューとして提供されています。これは、最も一般的な攻撃対象の1つであるパブリックインターネット(パブリッククラウドで実行されているワークロードによって行われる)との間の接続をセキュリティで保護するのに役立ちます。

Azure Security Center: Secure score impact changes
  • Azure Security Center: セキュアスコアへの影響の変化
    • Azure Security Center では、セキュリティで保護されたスコアへの影響の数は、推奨事項に従うとセキュリティで保護された全体的なスコアがどの程度向上するかを表します。Azure Security Center の継続的な改善の一環として、この数値はいくつかの推奨事項に対して変更されました。変更は全体的なセキュアスコアに影響を与える可能性があります。

Azure Security Center update: Secure score for compliance metrics
  • Azure Security Center の更新: コンプライアンスメトリクスの安全なスコア
    • セキュアスコアが Azure Security Center ダッシュボードの主要なコンプライアンス KPI になりました。これは、以前のパーセントベースのコンプライアンスメトリクスに代わるものです。

Service Map available in Central Canada and UK South
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/service-map-is-now-available-in-central-canada-and-uk-south/
  • カナダ中部および英国南部で Service Map の提供を開始
    • カナダ中部および英国南部で、Azure Monitor の Service Map 機能の提供が開始されました。これで、世界の6つのパブリックリージョンで使用できるようになりました。

Support for virtual network peering in Azure Security Center
  • Azure Security Center での仮想ネットワークピアリングのサポート
    • Azure Security Center のネットワークマップは、仮想ネットワークピアリングをサポートするようになりました。ネットワークマップから直接、ピア仮想ネットワーク間の許可されたトラフィックフローを表示し、接続とエンティティを詳しく調べることができます。

Application Insights is now available in France Central and Korea Central
  • Application Insights はフランス中部および韓国中部で利用可能になりました
    • Azure Application Insights は、フランス中央および韓国中央で利用可能になりました。Application Insights は、世界のあらゆる場所でアプリケーションを監視できます。収集されたデータはこれらの追加領域にローカルに保存できるようになりました。

Azure Security Center: Regulatory compliance dashboard in public preview
  • Azure Security Center: 規制へのコンプライアンスダッシュボードのパブリックプレビュー
    • 新しい Azure Security Center の規制へのコンプライアンスダッシュボードがパブリックプレビューとして提供されています。コンプライアンス体制に関するインサイトを提供することで、企業のコンプライアンス要件を満たすためのプロセスを合理化できます。提供される情報は、Azure 環境の継続的な評価に基づいています。


Microsoft Azure Blog より

AzCopy support in Azure Storage Explorer now available in public preview
  • Azure Storage Explorer の AzCopy サポートがパブリックプレビューで利用可能
    • Azure Storage Explorer は、さまざまなストレージタスクのための UI インターフェイスを提供し、AzCopy を転送エンジンとして使用して、Azure Storage 用のファイルを転送するための最高のスループットを提供することをサポートします。この機能は、Azure Storage Explorer のプレビューとして現在利用可能です。

Achieve more with Microsoft Game Stack
  • Microsoft Game Stack でより多くのことを達成できるようにする
    • Game Stack は、Azure、PlayFab、DirectX、Visual Studio、Xbox Live、App Center、Havok などのゲーム開発プラットフォーム、ツール、およびサービスをすべてのゲーム開発者が使用できる堅牢なエコシステムにまとめたものです。Game Stack の目的は、ゲームの作成と操作に必要なツールとサービスを簡単に見つけられるようにすることです。

Cloud Commercial Communities webinar and podcast newsletter–March 2019
  • クラウドコマーシャルコミュニティのウェビナーおよびポッドキャストニュースレター - 2019年3月
    • クラウドコマーシャルコミュニティの毎月のウェビナーやポッドキャストの更新へようこそ。毎月、チームは、Azure と Dynamics を使用して成功を上げるために、Microsoft パートナーと顧客が知っておく必要があるコアプログラム、更新プログラム、傾向、およびテクノロジに焦点を当てています。

Now available for preview: Workload importance for Azure SQL Data Warehouse
  • プレビューの提供開始: Azure SQL Data Warehouse のワークロードの重要性
    • Azure SQL Data Warehouse は、あらゆる規模の企業向けの、高速で柔軟で安全な分析プラットフォームです。この度、お客様がリソースをより効率的に管理できるように、Gen2 プラットフォームでワークロードの重要性をプレビューで確認できることを発表しました。作業負荷の重要度により、データエンジニアは要求を分類するために重要度を使用することができます。より重要性の高い要求は、SLA を満たすのに役立つリソースへのより迅速なアクセスが保証されます。

IoT in Action: A more sustainable future for farming
  • IoT in Action: 農業の持続可能な未来
    • 2019年3月19日に IoT in Action がシドニーで開催されます。パートナーや顧客が、農業やその他の業界の成功を変革するためのインテリジェントエッジおよびインテリジェントクラウドソリューションの可能性をどのように引き出しているかを発見しましょう。IoT のビジネス変革に関する最新のトピック、IoT セキュリティの革新、インテリジェントエッジなどに関する実用的なインサイトを得ることができます。さらに、IoT の専門家、パートナー、技術およびビジネスの意思決定者と直接お会いすることができるでしょう。

Monitoring on HDInsight Part 1: An Overview
  • HDInsight での監視パート1: 概要
    • Azure HDInsight には、すべての HDInsight クラスターに含まれている Apache Ambari、およびすべての HDInsight クラスターで有効にできる Azure Monitor ログとのオプションの統合の2つの主要な監視ツールが提供されています。これらのツールには同じ情報がいくつか含まれていますが、特定のシナリオでそれぞれ利点があります。これらのツールを使用して HDInsight クラスターのさまざまな側面を監視するための最良の方法の概要についてご紹介します。

IoT in Action: Thriving partner ecosystem key to transformation
  • IoT in Action: パートナーエコシステムの繁栄は変革へのカギ
    • マイクロソフトは、特に、セキュリティ、新しい開発ツールとインテリジェントサービス、人工知能、および新興技術などの重要な分野における絶え間ない研究開発革新を通じて、パートナーエコシステムを成長させ、サポートするために、50億ドルの IoT 中心の投資をコミットしました。私たちの目標は、ビジネスや顧客体験、そして世界中の人々の日常生活を向上させる、信頼性の高い、コネクテッドソリューションを作成することです。

Azure Databricks – VNet injection, DevOps Version Control and Delta availability
  • Azure Databricks – VNet インジェクション、DevOps バージョン コントロール、および Delta の利用可能性
    • マイクロソフトは、Azure Databricks のサービスを発展させるために、継続的にお客様の声を聞き、質問に答えます。このブログ記事では、お客様に提供している重要なサービスの発表について概説します。

Economist study: OEMs create new revenue streams with next-gen supply chains
  • エコノミストスタディ: OEM は次世代サプライチェーンで新たな収益源を生み出します
    • サプライチェーンの変革におけるメリット、ベストプラクティス、および現在の現状をよりよく理解するために、The Economist Intelligence Unit は、北米、ヨーロッパ、およびアジア太平洋地域の OEM の250人の上級管理職を調査しました。彼らとの対話から私たちが学んだことは、新しい調査の根拠となるインサイトをもたらし、顧客をサプライチェーンの中心に据えました。ここにいくつかの興味深いハイライトがあります。

Azure.Source - Volume 73
  • Azure.Source - Volume 73

Stay informed about service issues with Azure Service Health
  • Azure Service Health でサービスの問題を常に把握する
    • このブログ記事では、Azure Service Health のパーソナライズされたダッシュボードを使用して、現在または将来的に影響を受ける可能性がある問題について最新の情報を入手する方法について説明します。

Microsoft Azure portal March 2019 update
  • Microsoft Azureポータル 2019年3月の更新
    • 今月の更新には、以下の更新が含まれています。
      • 「すべてのサービス」 ビューの改善
      • Virtual Network Gateway の概要の更新
      • DNS ゾーンと Load Balancer の作成エクスペリエンスの改善
      • アクティビティログへの管理グループの統合
      • Azure DB 内の特定サービスの概要画面の再設計
      • Azure SQL Database の作成エクスペリエンスの改善
      • セキュリティセンターへの複数の変更
      • Intune のその他の更新

Azure Stack IaaS – part four
  • Azure Stack IaaS –パート4

Simplifying your environment setup while meeting compliance needs with built-in Azure Blueprints
  • 組み込みの Azure Blueprints でコンプライアンスのニーズを満たしながら、環境のセットアップを簡素化
    • 米国および国際的なガバナンス要件を正しく解釈しながら、お客様が Azure で環境を簡単に作成できるようにするために、クラウド導入の際に活用できる一連の組み込み Blueprints アーキテクチャをご紹介します。Azure Blueprints は、ポリシー、展開テンプレート、ロールベースのアクセス制御などの構成可能なアーティファクトを使用して、クラウド環境を反復可能な方法で展開および更新するのに役立つ無料のサービスです。このサービスは、お客様が管理された Azure 環境をセットアップするのに役立つように構築されており、大規模な移行のための運用実装をサポートするように拡張できます。

Azure Marketplace new offers – Volume 33
  • Azure マーケットプレースの新オファー–ボリューム33
    • Azure Marketplace のエコシステムを拡大していきます。2019年2月1日から15日までの間に、54の新しいオファーは正常にオンボーディング基準を満たし、正式にサービス開始となりました。

Azure Data Box family now enables import to Managed Disks
  • Azure Data Box ファミリで管理対象ディスクへのインポートが可能になりました
    • Azure Data Box のオフラインファミリを使用すると、数百 TB のデータを Microsoft Azure にすばやく、安価に、そして信頼性の高い方法で転送できます。管理対象ディスクのサポートが、Data Box、Data Box Disk、Data Box Heavy を含む Azure Data Box ファミリのデバイスで利用できるようになりました。

Accelerating enterprise digital transformation through DevOps
  • DevOps による企業のデジタルトランスフォーメーションの加速化
    • IT 組織は、より少ないコストでより多くのことを実行することをこれまで以上に求められており、より小さなチームを管理しながら、より高い品質で競争上の優位性と革新を推進することが期待されます。企業の費用対価値の関係式へのこの移行は、新しい実現技術と開発パラダイムに支えられて、すべての事業領域にわたって変革的な変曲点を生み出しました。組織は、迅速かつ戦略的な変革を採用する一方で、同時に徹底してコストを削減するという重要な目標を掲げて努力する必要があります。正しく行えば、3つの明確な利点が現れます。

Simplify disaster recovery with Managed Disks for VMware and physical servers
  • VMware および物理サーバー用の管理対象ディスクで災害復旧を簡素化
    • Azure Site Recovery(ASR)は、管理対象ディスクに直接レプリケートすることで、VMware 仮想マシンと物理サーバーの惨事復旧をサポートするようになりました。2019年3月以降、すべての新しい保護で Azure ポータルでこの機能を利用できるようになりました。コンピュータのレプリケーションを有効にするために、ストレージアカウントを作成する必要はもうありません。これで、レプリケーションデータを一種の管理対象ディスクに直接書き込むことができます。

Microsoft Azure Government is First Commercial Cloud to Achieve DoD Impact Level 5 Provisional Authorization, General Availability of DoD Regions
  • Microsoft Azure Government は、DoD 影響レベル5の暫定承認、DoD 地域の一般提供を実現した初の商用クラウドです。
    • 政府にとって最も信頼されるクラウドになるという当社のコミットメントを促進するため、マイクロソフトは、米国国防総省を支援する2つのマイルストーンを発表することを誇りに思っています。

Maximize existing vision systems in quality assurance with Cognitive AI
  • Cognitive AI による品質保証における既存のビジョンシステムの最大化
    • 品質保証は製造業者にとって重要です。不良品がリリースされた場合、会社の評判と収益に悪影響を及ぼす可能性があります。欠陥が検出されず、欠陥のある製品が製造プロセスの早い段階で除去されない場合、損傷は1ユニットあたり数百ドルで発生する可能性があります。これを軽減するために、多くの製造業者は、生産ラインに沿って移動するときに自社製品を監視するためにカメラを設置します。しかし、データは必ずしも有用ではないかもしれません。例えば、カメラだけでも、高速で移動する大量の画像で欠陥を識別するのに苦労することがよくあります。現在、ソリューションプロバイダは、そのような既存のシステムを品質保証管理に統合する方法を開発しました。Spyglass ソリューションを搭載した MarinerAzure の AI を使用して、製品全体の可視性を実現し、製品の欠陥が問題になる前に防止します。

Create a transit VNet using VNet peering
  • VNet ピアリングを使用してトランジット VNet を作成する
    • VNet ピアリングでゲートウェイトランジットを有効にすると、VPN ゲートウェイ、Network Virtual Appliance、およびその他の共有サービスを含むトランジット VNet を作成できます。組織が新しいアプリケーションやビジネスユニットで成長し、新しい VNet を立ち上げるにつれて、VNet ピアリングを使用してトランジット VNet に接続できます。これにより、ネットワークが複雑になるのを防ぎ、複数のゲートウェイや他のアプライアンスを管理するための管理オーバーヘッドを削減できます。

Run your code and leave build to us
  • コードの実行とビルドはお任せください
    • App Service Web アプリを使用して Azure にビルドとデプロイを委任することができます。git レポジトリを直接 Azure にプッシュするか、GitHub、Azure DevOps、または BitBucket でホストされているレポジトリを指定してください。あなたはすでに .NET アプリにこれを使っているかもしれません。Node.js と Python もサポートしています。

Hardware innovation for data growth challenges at cloud-scale
  • クラウド規模でのデータ増大の課題に対するハードウェア革新
    • オープンコンピューティングプロジェクト(OCP)のグローバルサミット2019がサンノゼで開催されます。そこでは、活気があり成長しているコミュニティが最新のイノベーションを共有して、ハードウェアをより効率的、柔軟、そしてスケーラブルにします。今年は、日々作成される爆発的な量のデータに目を向けています。データはデジタルトランスフォーメーションの中心であり、企業はデータを活用してカスタマーエクスペリエンスの向上、新しい市場の開拓、従業員とプロセスの生産性の向上、そして明日の未来に向けての競争優位性の新たな源の創出を進めています。

Join Microsoft at the NVIDIA GPU Technology Conference
  • NVIDIA GPU Technology Conference に参加しましょう
    • サンノゼで開催される NVIDIA GPU Technology Conference に参加して、Azure のお客様がクラウドの柔軟性と弾力性を NVIDIA GPU の機能と組み合わせる方法を学ぶことができます。石油、ガス、自動車、人工知能などの事例を共有します。また、より多くの開発者に GPU アクセラレーションをもたらす Azure AI と NVIDIA との新しくてエキサイティングな統合に注目してください。

Spinning up cloud-scale analytics is even more compelling with Talend and Microsoft
  • クラウド規模の分析を高速化することは、Talend と Microsoft にとってさらに魅力的です。
    • Talend は Azure SQL Data Warehouse に対する Stitch Data Loader のサポートを発表しました。Stitch Data Loader は、Talend が最近提供している小規模および中規模の顧客向けポートフォリオに追加されたものです。Stitch Data Loader を使用すると、お客様は無料で Azure SQL Data Warehouse に1か月あたり500万行のデータをロードしたり、サブスクリプションを使用して無制限の行数にスケールアップしたりできます


Enterprise Mobility + Security より

Evolution of macOS management capabilities in Microsoft Intune
  • マイクロソフト Intune での macOS 管理機能の進化
    • Intune を使った Mac の管理の進化について、多くの Mac 管理のための機能が Intune のネイティブ機能として提供されるようになったことをご紹介。


Intune Customer Success より


Support Tip: Using AppLocker to create custom Intune policies for Windows 10 apps
  • サポートのヒント: AppLocker を使用して Windows 10 アプリ用のカスタム Intune ポリシーを作成する
    • AppLocker を使用して Windows 10 の最新アプリを制御するためのカスタム Intune デバイス構成ポリシーを作成する方法を説明します。Windows AppLocker は Windows 7 で初めて導入されたテクノロジで、プログラムの属性に基づいてユーザーが実行できるプログラムを制限できます。エンタープライズ環境では通常、グループポリシーを使用して構成されますが、作成した XML を利用して、Microsoft Intune で同じタスクの多くを実行する独自のカスタムポリシーを簡単に構築できます。

Support Tip: Getting Started with Microsoft Graph API
  • サポートのヒント: Microsoft Graph API の概要
    • この記事では、Microsoft Graph API の概念を説明し、API の設定方法を紹介し、さらに、既存のコード・サンプルを利用してアプリケーションを構築する方法を例で説明します。

Known Issue: New Trial Customers May Experience Apple DEP Kiosk Workflow Error
  • 既知の問題: 新しい試用版のお客様に Apple DEP キオスクのワークフローエラーが発生することがある
    • Intune サービス正常性ダッシュボードの "IT175607-デバイスを登録できません" というメッセージの問題を特定し、アドバイザリを提供しました。当社のテストでは、キオスクフローの Apple デバイス登録プログラム(DEP)の登録を使用してデバイスを登録しようとする際に EMS または Intune アカウントが「構成待ち」で停止し、登録を完了できない場合があることが判明しました。

Company Portal Update for Android Q Beta
  • Android Q ベータ版のための企業ポータルのアップデート
    • Android Q ベータ版をテストしている場合は、今週の Google Play ストアベータ版チャンネルの Intune Company Portal で修正が行われたことを確認してください。コード修正が次の公開企業ポータルプロダクションロールアウトに展開されるまでは、ベータチャンネルで利用できます。企業ポータルのベータ版をダウンロードして、「テスターになる」を選択することができます。

Known issue: Third party keyboards are not blocked in iOS for personal accounts
  • 既知の問題: 個人アカウントの iOS でサードパーティ製のキーボードがブロックされていません
    • 本機能に関するサポートステートメントが更新されました。


Cloud and Server Product Japan Blog より

Azure Functions で SignalR Service バインドを使用したリアルタイムのサーバーレスアプリケーション
  • このポストは、2019年3月6日に投稿された Real-time serverless applications with the SignalR Service bindings in Azure Functions の翻訳です。

API Management の CI/CD パイプラインをビルドする
  • このポストは、2019年3月6日に投稿された Build a CI/CD pipeline for API Management の翻訳です。

Azure Premium Blob Storage パブリック プレビュー提供開始
  • このポストは、2019年3月5日に投稿された Azure Premium Blob Storage public preview の翻訳です。

Azure Storage Explorer で AzCopy のサポートのパブリック プレビューを開始
  • このポストは、2019年3月12日に投稿された AzCopy support in Azure Storage Explorer now available in public preview の翻訳です。

2019年3月 の会話 AI アップデート
  • このポストは、2019年3月5日に投稿された Conversational AI updates for March 2019 の翻訳です。

Azure Databricks – 手頃な価格の新機能
  • このポストは、2019年3月6日に投稿された Azure Databricks – New capabilities at lower cost の翻訳です。

コラボレーション可能でクロス プラットフォームの複合現実アプリを開発するための Azure Spatial Anchors を発表
  • このポストは、2019年2月25日に投稿された Announcing Azure Spatial Anchors for collaborative, cross-platform mixed reality apps の翻訳です。

Azure Database for MariaDB に対応した VNet サービスエンドポイントを使用した安全なサーバーアクセス
  • このポストは、2019年3月4日に投稿された Secure server access with VNet service endpoints for Azure Database for MariaDB のの翻訳です。

イベント開催のご案内 | 2019/3/11 号

Azure Data Box ファミリから Managed Disks へのインポートが可能に
  • このポストは、2019年3月11日に投稿された Azure Data Box family now enables import to Managed Disks の翻訳です。

Azure Database for MySQL での読み取りワークロードのスケールアウト
  • このポストは、2019年3月4日に投稿された Scaling out read workloads in Azure Database for MySQL Azure の翻訳です。

Intel とマイクロソフトが Azure でのディープ ラーニングに最適な環境を共同開発
  • このポストは、2019年3月7日に投稿された Intel and Microsoft bring optimizations to deep learning on Azure の翻訳です。

DevOps で企業のデジタル トランスフォーメーションを加速
  • このポストは、2019年3月11日に投稿された Accelerating enterprise digital transformation through DevOps の翻訳です。

ガーディアン モジュール:ブラウンフィールド IoT への Azure Sphere セキュリティの導入
  • このポストは、2019年3月4日に投稿された Guardian modules: Bringing Azure Sphere security to brownfield IoT Azure の翻訳です。

Azure Firewall の新機能の発表
  • このポストは、2019年3月4日に投稿された Announcing new capabilities in Azure Firewall Azure の翻訳です。


Japan Azure IaaS Support Blog より

[重要] 本 Japan Azure IaaS Support Blog が終了し、新たなプラットフォームに移行します [ブックマーク変更をお願いします]
  • 長らくご愛顧いただきました、本 Blog は 2019年3月20日をもちまして、弊社プラットフォーム刷新のため終了となります。今後も、Azure IaaS Support チームのエンジニアから情報提供を続けさせていただくにあたって、MSDN Forum に移行することとなりました。

Azure のイベント より

SQL Server の達人になる!丸わかり1日セミナー SQL Server 2019 とデータベースマイグレーションの最新情報をお届け! [セミナー] 東京開催
  • 今回の SQL Server 丸わかり1日セミナーでは、前半は、新しいバージョンの SQL Server となる SQL Server 2019 の最新のプレビュー版の情報 / SQL Server と高い互換性を持つ PaaS 型のマネージドデータベースである SQL Database Managed Instance の解説 / SQL Server への移行、SQL Server のバージョンアップ、クラウドの SQL Server へのマイグレーションを効率的に実施するために活用できるツールなどの最新情報をご紹介いたします。 後半は、既存データ資産を生かしたデータベースの最新化についてご説明いたします。



以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録