クラウドエンジニアブログ

【定期便】3/4週 Azure の公開情報まとめ

渡邊 正和

渡邊 正和

皆さん、こんにちは!

今週も、先週1週間(2019/3/4-3/11)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。 そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。


Azure の更新情報より

Azure Monitor Log Analytics is now available in Azure China
  • Azure Monitor Log Analytics が Azure China で利用可能になりました
    • Azure Monitor Log Analytics が Azure China で利用可能になりました。Azure Monitor は、Azure およびオンプレミスのリソースやアプリケーションからテレメトリを収集して分析し、それらのパフォーマンスを最大限に高めることができる、完全管理された監視サービスです。

Threat intelligence-based filtering for Azure Firewall is now available in preview
  • Azure Firewall の脅威インテリジェンスベースのフィルター処理をプレビューで利用できるようになりました
    • Azure Firewall の脅威インテリジェンスベースのフィルタリングがプレビューで利用可能になりました。フィルタリング機能への Threat Intelligence フィードの追加により、Intelligent Security Graph および Microsoft Intelligent Security Graph から提供されるほぼリアルタイムのデータに基づいて、既知の悪意のある IP アドレスおよびドメインとの間でトラフィックを警告および拒否するオプションが拡張されます。

Themes API for Power BI Embedded
  • Power BI 埋め込みのテーマ API
    • テーマ API を使用して、会社の色、季節の色、その他のカスタムスタイルなどのカスタムテーマを埋め込みレポートに適用できます。Power BI サービスで行うのと同じように JSON ファイルを使用してカスタムテーマを定義し、レポートがロードされたとき、またはロードされたレポートで変更されたときに適用できます。
      [参考]:Apply Report Themes

Microsoft Azure Logic Apps Connector for 3270 Screens available now in Public Preview
  • Microsoft Azure Logic Apps IBM 3270用コネクタをパブリックプレビューで提供
    • エンタープライズ開発者は、新しい3270コネクタを備えた Azure Logic Apps を使用して従来の IBM メインフレーム3270プログラムに基づいてエンドユーザーのタスクフローを自動化する最新のアプリケーションを構築し、ロボットプロセス自動化(RPA)およびその他の統合機能を提供できます。3270コネクタを完全に使用するには、VNet 経由でオンプレミスネットワークに戻る ExpressRoute とペアになった統合サービス環境(ISE)を必要があります。

Continuous integration and deployment to Azure API Management
  • Azure API Management の継続的な統合と展開
    • プロダクション、ステージング、QA など、さまざまな環境用に Azure API Management サービスインスタンスを分離する機能がプレビューで利用できるようになりました。これらの環境は通常、それぞれが API のサブセットを担当する複数の開発チームによって共有されています。
      [参考]:Azure API Management DevOps Resource Kit

Azure South Africa regions are now available
日本語訳ページ:https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/azure-south-africa-regions-are-now-available/
  • Azure 南アフリカ リージョンが利用可能に
    • Azure サービスを、ヨハネスブルグ(南アフリカ北部)、ケープタウン(南アフリカ西部)、および南アフリカの新しいクラウド リージョンから利用できるようになりました。 アフリカで初のエンタープライズ級のデータセンター開設となり、アフリカ大陸のデータセンターからクラウドサービスを提供する最初のグローバルプロバイダーとなるため、これらのリージョンの始動は Microsoft にとって重要な節目となります。

AKS 2019-03-07 release
  • AKS 2019-03-07リリース
    • Azure Kubernetes Service(AKS)2019-03-07リリースには、バグ修正とコンテナエージェント用の Azure Monitor の新しいバージョンが含まれています。

Retiring Azure Batch AI
  • Azure Batch AI の廃止
    • マイクロソフトは、Azure Machine Learning サービスを2018年12月4日に一般公開しました。これにより、ユーザーは機械学習モデルを構築、トレーニング、管理、および展開できます。この新しいサービスは Azure Batch AI Preview の機能を完全に置き換えたため、2019年3月31日に Batch AI を廃止する予定です。それまでにお客様はモデルを移行する必要があります。

Schedule DirectQuery cache refresh for Power BI Embedded
  • power BI 埋め込みの DirectQuery キャッシュ更新をスケジュールする
    • Power BI 埋め込みの REST API を使用して、DirectQuery またはライブ接続データセットのキャッシュ更新を設定できます。

HDInsight networking resources provisioned in the HDInsight resource group
  • HDinsight リソースグループでプロビジョニングされた HDinsight ネットワークリソース
    • 仮想ネットワークで作成された新しい Azure HDInsight クラスターのネットワークリソース(NIC やロードバランサーなど)が、同じ HDInsight クラスターリソースグループにプロビジョニングされるようになりました。

M-series virtual machines (VMs) are now available in the China North 2 region
  • M シリーズ仮想マシン(VM)が China North 2地域で利用可能になりました
    • Azure M シリーズ VM は、China North 2地域で利用可能になりました。M シリーズ VM は、192GB から3.8TiB(4TB)RAM のメモリ構成を提供し、SAP HANA の認定を受けています。

Extended Security Updates for SQL Server 2008 are available now
  • SQL Server 2008 の拡張セキュリティ更新プログラムが利用可能になりました

Protect VMs in Azure by directly replicating to managed disks
日本語訳ページ:https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/protect-vms-azure-managed-disks/
  • Azure 内の VM をマネージド ディスクに直接レプリケートして保護する
    • Azure Site recovery は、マネージドディスクに直接レプリケートすることにより、VMware 仮想マシンと物理マシンのディザスターリカバリーをサポートします。

New capabilities in Azure Monitor alerts

General Availability: Azure Lab Services
  • 一般提供: Azure Lab Services
    • Azure Lab Services は現在一般利用可能です。Azure Lab Services を使用すると、事前に構成された仮想マシンのラボへのオンデマンドアクセスを簡単にセットアップおよび提供できます。

Control all Power BI Embedded visual menu actions programmatically
  • すべての Power BI 埋め込みビジュアルメニューアクションをプログラムで制御する
    • Options and Context Menus API が拡張され、組み込みコマンドとカスタムコマンドに関するレポートの各ビジュアルに対してフルコントロールが提供されるようになりました。

Schedule refreshes with the Power BI Embedded REST API
  • Power BI Embedded REST API を使用したスケジュールの更新
    • 新しい REST API を使用すると、新しい更新スケジュールを設定したり、既存のスケジュールの構成をオーバーライドしたりできます。

.NET Core February 2019 Update availability on App Service
日本語訳ページ:https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/net-core-february-2019-update-availability-on-app-service/
  • App Service で 2019年2月の .NET Core 更新プログラムの提供開始
    • 2019年2月の .NET Core 更新プログラムは、パブリック Azure App Service(Windows)のすべてのリージョン、パブリック App Service(Windows)で実行されているすべての App Service Environment インスタンス、すべてのソブリンクラウドリージョン、ソブリンクラウドリージョンで実行されているすべての App Service Environment インスタンスにデプロイされています。
      [参考]:.NET Core February 2019 Updates – 1.0.14, 1.1.11, 2.1.8 and 2.2.2

APIs for Power BI app content
  • Power BI アプリコンテンツの API
    • 新しい API のセットを使用して、Power BI にインストールされているアプリとそのコンテンツの一覧を取得できます。現時点では、コンテンツにはダッシュボードとレポートのみが含まれています。

SignalR Service bindings
  • SignalR サービスバインディング
    • Azure Function 用の Azure SignalR Service バインディングは、現在、Azure SignalR Service が利用可能なすべてのグローバル地域で利用可能です。これらのバインディングにより、Azure Functions と Azure SignalR Service の完全に統合された統合が可能になり、開発者は Azure Functions で一般的に使用可能なすべての言語でサーバーレスのリアルタイムアプリケーションを構築できます。

General availability: Azure Kubernetes Service in France Central
日本語訳ページ:https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/general-availability-azure-kubernetes-service-in-france-central/
  • 一般提供:フランス中部での Azure Kubernetes Service
    • Azure Kubernetes サービスは、フランス中部で一般的に利用可能になりました。サービスを提供するのは、18番目の Azure リージョンです。

Azure Monitor for VMs (preview) available in Central Canada and UK South
  • Azure Monitor for VM(プレビュー)カナダ中部と英国南部で利用可能
    • Azure Monitor for VM(プレビュー)は、中央カナダと英国南部で利用可能になりました。世界中で、それは6つの公共の地域で利用可能です。
    • Azure Monitor for VM は、Azure 仮想マシンと仮想マシンのスケールセットを一定の規模で監視します。このサービスは、Windows および Linux VM のパフォーマンスと正常性を分析し、それらのプロセスと、それらが他のリソースおよび外部プロセスに依存しているかどうかを監視します。

Clone Visual API for Power BI Embedded
  • Power BI Embedded 用の Clone Visual API
    • Clone Visual APII を使用して、既存のビジュアルのコピーを作成できます。さまざまなフィルターやさまざまなレイアウトで1つのビジュアルのコピーを作成したい場合に役立ちます。また、レポートの別のページから現在アクティブなページにビジュアルを表示することもできます。
      [参考]:Clone Visual

Microsoft Azure Blog より

Azure Premium Blob Storage public preview
  • Azure Premium Blob Storage のパブリックプレビュー
    • Azure Premium Blob Storage のパブリックプレビューが発表されました。Premium Blob Storage は Azure Blob Storage の新しいパフォーマンス層であり、既存の Hot、Cool、および Archive の各層を補完します。Premium Blob Storageは、IoT、テレメトリ、AI、人が行う繰り返し処理のシナリオ(インタラクティブなビデオ編集、Web コンテンツ、オンライン取引など)のトランザクションの多い処理や高速アクセスが必要なワークロードに最適です。

Conversational AI updates for March 2019
  • 2019年3月の会話型 AI の更新
    • Microsoft Bot Framework を使用すると、ユーザーがどこにいてもユーザーと接続できます。Skype、Microsoft Teams、Slack、Facebook Messenger、Telegram、Kik などの人気のあるメッセージングアプリケーションを含む、13のサポートされているチャンネルを提供しています。私たちは開発者コミュニティに耳を傾け、最も頻繁に要求される機能の1つに対処し、新しいチャンネルとして LINE を追加しました。

Azure Databricks – New capabilities at lower cost
  • Azure Databricks –低コストで新機能
    • Azure Databricks は、業界をリードする SLA に支えられたビッグデータおよび AI ソリューションを構築するプロセスを加速および簡素化するための、高速で、簡単で、共同作業が可能な Apache Spark ベースの分析プラットフォームを提供します。
    • お客様は、マネージド Apache Spark 上でバッチアプリケーションを実行することを可能にする Data Engineering Light と呼ばれる新しい低価格ワークロードで Azure Databricks を使い始めることができます。これは、パフォーマンス、自動スケーリング、および Data Engineering および Data Analytics ワークロードによって提供されるその他の利点を必要としない、単純で重要度のあまり高くないワークロードを対象としています。

Announcing new capabilities in Azure Firewall
  • Azure Firewall の新機能の発表
    • Azure Firewall に2つの重要な新機能が追加されました。
      • 脅威インテリジェンスベースのフィルタリング
      • サービスタグによるフィルタリング

Azure Marketplace and Cloud Solution Provider updates – March 2019
  • Azure Marketplace および Cloud Solution Provider の更新 - 2019年3月
    • Microsoft は Azure Marketplace のオファーを CSP チャネルパートナーに提供する
      • パートナーセンターの新しいマーケットプレイスページでは、CSP パートナーはチャネルを通じて利用可能なすべての Azure Marketplace ソリューションについて発見、評価、および学習できます。SaaS(Software-as-a-Service)サブスクリプションは、Partner Center の標準購入ワークフローを通じて確立できます。また、VM やコンテナイメージなどの Azure リソースは、Azure 管理ポータルを通じて展開および調達できます。すべての取引が一括請求書で利用可能になり、法律、請求、およびアカウントのサポートがはるかに簡単になります。
    • 新しい地域やビジネスモデルを持つパートナーにとっての市場機会の拡大
      • Azure Marketplace が新たに53カ国にサービスを拡大し、パートナーが17通貨で合計141カ国に売れるようになりました。

Real-time serverless applications with the SignalR Service bindings in Azure Functions
  • Azure Functions の SignalR Service バインディングを使用したリアルタイムのサーバーレスアプリケーション
    • Microsoft Ignite 2018 での公開プレビュー発表以来、世界中の何千もの開発者が、毎月 Azure Functions 用の Azure SignalR Service バインディングを利用して、サーバーレスアプリケーションにリアルタイム機能を追加してきました。この度、Azure SignalR サービスが利用可能なすべてのグローバル地域でこれらのバインディングが一般利用可能になったことをお知らせします。

Service Fabric Processor in public preview
  • Service Fabric Processor のパブリックプレビュー
    • Service Fabric Processor は、Service Fabric と直接統合されている Event Hub からのイベントを処理するための新しいライブラリです。Service Fabric の機能を使用してパーティションを管理し、信頼性の高いストレージを提供します。同時に、Event Processor Host を使用したことのある人ならだれでも馴染みのある単純なプログラミングインターフェースを提供します。Service Fabric Processor が課す唯一の特定の要件は、それが実行される Service Fabric アプリケーションが消費する Event Hub と同じ数のパーティションを持たなければならないということです。これにより、Event Hub パーティションからアプリケーションパーティションへの簡単なマッピングが可能になり、Service Fabric に最も効果的に負荷を分散させることができます。

Guardian modules: Bringing Azure Sphere security to brownfield IoT
  • ガーディアンモジュール: ブラウンフィールド IoT への Azure Sphere セキュリティの導入
    • 企業はどうすれば、大きなセキュリティリスクを招くことなく、既に現場で使用されている数十億ものデバイスで IoT を活用することができるのでしょうか。Azure Sphere のチーム内では、このシナリオを "ブラウンフィールド" 展開という言葉で表現しています。この度、チームの製品プランナーである Josh Nash が、ブラウンフィールド IoT の詳細と、既に現場にデプロイされているデバイスに Azure Sphere が安全に接続できるしくみについて、ゲスト投稿してくれました。

Rerun activities inside your Azure Data Factory pipelines
  • Azure Data Factory パイプライン内でアクティビティを再実行する
    • Azure Data Factory では、パイプライン内でアクティビティを再実行できるようになりました。パイプライン全体を再実行することも、データファクトリパイプライン内の特定のアクティビティからダウンストリームで再実行することを選択することもできます。

Secure server access with VNet service endpoints for Azure Database for MariaDB
  • Azure Database for MariaDB に対応した VNet サービス エンドポイントを使用した安全なサーバー アクセス
    • Azure Database for MariaDB 向けに一般提供が開始された仮想ネットワーク(VNet)サービスエンドポイントを使用して、セキュリティを確保し、MariaDB サーバーへのアクセスを制限しましょう。VNet サービスエンドポイントを利用すると、仮想ネットワーク内の特定サブネットからの、論理サーバーへの接続を分離できます。VNet から Azure Database for MariaDB へのトラフィックは、常に Azure のネットワーク内に留まります。この直接ルートは、仮想アプライアンスまたはオンプレミスを経由してインターネットトラフィックをルーティングする特定のルートよりも優先されます。

Announcing new Azure Security Center capabilities at RSA 2019
  • RSA 2019 で Azure Security Center の新機能を発表
    • このブログ記事では、Azure Security Center で取り組んできたことを皆さんと共有します。Azure Security Center は、機械学習を利用して、仮想マシンが直面しているインターネットの攻撃対象を減らします。その適応型アプリケーション制御は、Linux およびオンプレミスサーバーにも拡張されており、ネットワークマップサポートをピア仮想ネットワーク(VNet)構成にも拡張しています。

Now available: Azure DevOps Server 2019
  • 一般提供: Azure DevOps Server 2019
    • Azure DevOps Server 2019 の正式リリースを発表します。以前は Team Foundation Server(TFS)と呼ばれていた Azure DevOps Server 2019 は、Azure DevOps の機能をお客様の専用の環境にもたらします。Azure DevOps Server 2019 を任意のデータセンターまたはプライベートクラウドにインストールして、任意のタイミングで更新の適用が可能です。

Microsoft continues to build the case for data estate modernization on Azure
  • マイクロソフトは、Azure を利用したデータ資産のモダナイゼーションのための受け皿を構築し続けます。
    • Azure SQL Data Warehouse の最新リリースで、Microsoft は Azure のデジタルトランスフォーメーションのためのコアデータサービスの1つとして Azure SQL DW でイチかバチかの賭けに出ました。俊敏性、オンデマンドのスケーリング、無制限の計算機能の可用性という基本的な利点に加えて、GigaOM レポートの最新の価格対パフォーマンスの指標は、顧客が Azure SQL DW を採用する際の説得力のある議論の1つです。興味深いことに、Microsoft は Azure Data Lake Gen 2 と Azure Data Explorer の一般提供も発表しています。Power BI とともに豊富な視覚化を実現するこれらの強化された機能は、Cloud Scale Analytics に関するマイクロソフトの主導的立場を確固たるものにします。

Presenting the new IIC Security Maturity Model for IoT
  • IoT 用の新しい IIC セキュリティ成熟度モデルの提示
    • IoT ソリューションを展開している組織は、セキュリティに取り組む際に同様の質問をすることがよくあります。IoT を採用するときに私の組織が受けるリスクは何ですか?このシナリオにはどのくらいのセキュリティが必要ですか?最大の影響を与えるためにどこに投資すべきですか。これらの質問に答えるために、マイクロソフトはインダストリアルインターネットコンソーシアム(IIC)の IoT セキュリティ成熟度モデル(SMM)プラクティショナーガイドを共著および編集しました。SMM は、現在の組織またはシステムのセキュリティの成熟度状態を評価し、IoT の展開に必要なセキュリティの成熟度の目標レベルを設定することで、組織をリードします。組織が目標の成熟度を設定すると、SMM は、セキュリティの成熟度が低いレベルから展開に必要な状態に至るまでの実用的なロードマップを提供します。
      [参考]:IoT Security Maturity Model:Practitioner’s Guide

Scaling out read workloads in Azure Database for MySQL
  • Azure Database for MySQL での読み取りワークロードのスケールアウト
    • 読み取り負荷が高く、スケールアウトを検討中のワークロードがある場合は、すべての Azure Database for MySQL ユーザー向けに一般提供が開始された読み取りレプリカを使用できます。読み取りレプリカを使用すると、簡単に単一データベース サーバーを超えて水平方向にスケールアウトできます。これは、書き込みよりも読み取り操作が多くなる傾向がある BI レポートや Web アプリなどのワークロードに便利です。

Azure.Source - Volume 72
  • Azure.Source - Volume 72

Intel and Microsoft bring optimizations to deep learning on Azure
  • Intel と Microsoft が提供する Azure のディープラーニングに最適化
    • Microsoft と Intel が、Azure に最適化されたディープラーニングフレームワークを提供するために提携していることをお知らせいたします。これらの最適化は、Linux 用の Intel 最適化データサイエンス VM(Ubuntu) と呼ばれ、Azure Marketplace の新しい製品で利用できます。

Azure Stack IaaS – part 3
  • Azure Stack IaaS –パート3
    • 世界で最大のクラウドインフラストラクチャを構築した経験があると主張できる組織はほとんどありません。Azure Stack を購入すると、Microsoft の Azure エクスペリエンスの恩恵を受けることができます。マイクロソフトは、これらの詳細について心配する必要がないように、標準化された構成を提供するために最高の OEM と提携しています。Azure Stack のインフラストラクチャは、安全でセキュアかつ高性能な IaaS VM を最大限に活用するために設計されています。

Microsoft opens first datacenters in Africa with general availability of Microsoft Azure
  • Microsoft Azure の一般提供で、マイクロソフトはアフリカ大陸で最初のデータセンターを開設します。
    • 南アフリカのケープタウンとヨハネスブルグの新しいクラウドリージョンから Microsoft Azure が一般公開されたことをお知らせいたします。Nedbank、Peace Parks Foundation、および eThekwini water は、今日の Microsoft クラウドサービスを活用しているアフリカのほんの一部の組織であり、新しいクラウド領域からのコンピューティングリソースと接続性の向上から恩恵を受けるでしょう。

Azure Communications is hosting an “Ask Me Anything” session!
  • Azure Communications で "Ask Me Anything"を開催します
    • Azure Communications チームは、Reddit と Twitter でスペシャル "Ask Me Anything"(AMA)セッションを開催します。Reddit セッションは、3月11日月曜日の午前10時から正午まで (アメリカ太平洋標準時) 開催されます。AMA が有効になっている場合、お客様は / r / Azure subreddit に投稿して参加できます。Twitter セッションは、3月13日水曜日の午前10時から正午まで(アメリカ太平洋標準時)実施します。3月13日までに @AzureSupport に従って、イベント中にハッシュタグ #AzureCommsAMA を使用してツイートしてください。

Build a CI/CD pipeline for API Management
  • API 管理のための CI/CD パイプラインの構築
    • このブログ記事では、Azure API Management で公開された API への変更を展開するための CI/CD パイプラインを実装するための概念的なフレームワークについて説明します。

Cloud Platform News Bytes Blog より

Cloud Platform Release Announcements for March 6, 2019
  • 2019年3月6日の Cloud Platform リリースのお知らせ

Enterprise Mobility + Security より

Introducing Investigation Priority built on User and Entity Behavior Analytics
  • ユーザーとエンティティの行動分析に基づいた Investigation Priority のご紹介
    • 新しい Investigation Priority では、Azure ATP、Microsoft Cloud App Security(MCAS)、および Azure AD Identity Protection からの情報を使用して、強力なユーザーおよびエンティティ行動分析(UEBA)機能を Microsoft Threat Protection に追加し、攻撃の検出とインシデント調査を支援します

Unified SecOps Investigation for Hybrid Environments
  • ハイブリッド環境のための Unified SecOps 調査
    • マイクロソフトは、オンプレミスとクラウドの両方で検出機能を提供する、3つの ID セントリックセキュリティ製品を提供しています。
      • Azure Advanced Threat Protection(Azure ATP)は、オンプレミス攻撃を識別します。
      • Azure Active Directory ID Protection(Azure AD Identity Protection)は、クラウド内の ID に対するユーザーおよびサインインのリスクを検出し、予防的に防止します。
      • Microsoft Cloud App Security(MCAS)はクラウドセッション内の攻撃を識別し、マイクロソフト製品だけでなくサードパーティアプリケーションもカバーします。

Intune Customer Success より

New Intune Readiness & Planning Content - Intune Launches the In Development Docs Page
  • 新しい Intune の準備とプランニングコンテンツ - Intune の In Development Docs ページの立ち上げ
    • この度、私たちは「In Development」という名前の新しいドキュメントページを発表します。この新しいページは、毎月のサービスアップデートの一部として開発中の Microsoft Intune 機能と UI アップデートの予備的なリストを提供します。これらのアイテムは、マイクロソフト内での早期採用(ドッグフーディング)を通じてテストされていますが、幅広いお客様向けの用途にはまだ使用できません。開発中の項目がすべてのプロダクションテナントで公開プレビューとして、または一般に入手可能になると、機能の説明はこのページから新機能に移動します。
      [参考]:In development for Microsoft Intune

Support Tip: Troubleshooting MSI App deployments in Microsoft Intune
  • サポートのヒント:Microsoft Intune での MSI アプリの展開のトラブルシューティング
    • この記事では、MSI インストーラー・パッケージのデプロイ方法と、アプリがターゲット・デバイスにインストールされなかった場合の問題のトラブルシューティング方法について説明します。

Cloud and Server Product Japan Blog より

Azure Lab Services の一般提供に関するお知らせ
  • このポストは、2019年2月27日に投稿された Announcing the general availability of Azure Lab Services の翻訳です。

MS クラウド ニュースまとめ – Azure Lab Services の一般提供開始 他 (2019 年 3 月 6 日)
  • このポストは、2019年3月6日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for March 6, 2019 の翻訳です。

Service Fabric Processor のパブリック プレビューの提供を開始
  • このポストは、2019年3月4日に投稿された Service Fabric Processor in public preview の翻訳です。

イベント開催のご案内 | 2019/3/4 号

Logic Apps 向け Azure 統合サービス環境の発表
  • このポストは、2019年2月26日に投稿された Announcing Azure Integration Service Environment for Logic の翻訳です。

企業全体のセキュリティをインテリジェントに分析する Microsoft Azure Sentinel の概要
  • このポストは、2019年2月28日に投稿された Introducing Microsoft Azure Sentinel, intelligent security analytics for your entire enterprise の翻訳です。

動的しきい値を使用した Azure Monitor AIOps アラートに関するお知らせ
  • このポストは、2019年2月25日に投稿された Announcing Azure Monitor AIOps Alerts with Dynamic Thresholds の翻訳です。

マイクロソフト協力、IIC が「IoT Security Maturity Model」を発表
  • このポストは、2019年3月4日に投稿された Presenting the new IIC Security Maturity Model for IoT の翻訳です。

Japan Azure IaaS Support Blog より

[P2S VPN についての重要なお知らせ] 2019 年 3 月 13 日 にポイント対サイト VPN で接続できなくなった場合の対処方法
  • 2019年3月13日から実施されるメンテナンスによって、一部のお客様の環境ではポイント対サイト VPN 接続で利用される証明書が更新されます。

Azure Support における Premier Field Engineer (PFE) のご紹介
  • Premier Field Engineer(PFE)の紹介

Azure のイベント より

C# で始める Azure PaaS 開発の基礎 - 前編
  • Microsoft Azure はオープンで柔軟なクラウド プラットフォームです。エンタープライズからベンチャービジネスまで、さまざまなニーズに低コストで対応しつつ、高い可用性と迅速な運用開始、容易な管理を提供します。
    本セミナーでは、Microsoft Azure アプリケーションの基礎から既存システムとの連携までをステップごとに学習し、業務アプリケーション・サービスの開発に必要なスキルを習得することを目的としています。

C# で始める Azure PaaS 開発の基礎 - 後編
  • Microsoft Azure はオープンで柔軟なクラウド プラットフォームです。エンタープライズからベンチャービジネスまで、さまざまなニーズに低コストで対応しつつ、高い可用性と迅速な運用開始、容易な管理を提供します。本セミナーでは、実際に Microsoft Azure を使用し、アプリケーションの構築と配置、そして構成を行います。



以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録