クラウドエンジニアブログ

【定期便】1/14週 Azure の公開情報まとめ

皆さん、こんにちは!

今回は、先週1週間(2018/1/14-1/20)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。 そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。


Azure の更新情報より

Azure Container Instances Memory Duration and vCPU Duration GUID migration
  • Azure Container Instances の Memory Duration と vCPU Duration の GUID の移行
    • 2019年3月1日より、Azure Container Instances の Memory Duration と vCPU Duration のリソース GUID が変更されます。

Azure Cognitive Services Custom Speech Model Hosting resource GUID change
  • Azure Cognitive Services カスタム音声モデルホスティングリソースの GUID の変更
    • 2019年3月1日より、Azure Cognitive Services のカスタム音声モデルホスティングのリソース GUID と測定単位が変更されます。

Azure SQL Database: Upgraded infrastructure for monitoring and alerts
  • Azure SQL Database: 監視とアラートのためにアップグレードされたインフラストラクチャ
    • Azure SQL Database は、監視とアラートのためのインフラストラクチャをアップグレードしています。このアップグレードは安定性を向上させ、次世代アラートを有効にするための基礎を築きます。アップグレードは2019年1月22日から2019年1月28日に行われます。

Power BI Embedded Status API tracks workspace assignment to capacities
  • Power BI Embedded Status API は、ワークスペースの割り当てキャパシティを追跡します
    • Status API for Power BI Embedded は、ワークスペースに割り当てられている現在のキャパシティをチェックします。Checking the Status API は、マルチジオコンプライアンスやゼロダウンタイムキャパシティスケールに役立ちます。

Public preview: Token-based identity for Azure AD users in SQL Database
  • パブリックプレビュー: SQL Database における Azure AD ユーザーのトークンベース ID
    • Azure SQL Database にデータがあるお客様は、Power BI Embedded と統合するときに、ユーザーと SQL Database のデータへのアクセスを管理できるようになりました。埋め込みトークンを生成するときに、Azure AD アクセストークンをサーバーに渡すことで、SQL Database 内のユーザーの有効な ID を指定できます。 アクセストークンは、その特定のセッションについて、そのユーザーの関連データのみを SQL Database から取得するために使用されます。

Power BI Embedded API for capacity workload configuration
  • Power BI Embedded API におけるワークロードキャパシティの構成
    • Power BI REST API および SDK は、Power BI Embedded のページ区切り付きレポートのデータフローとワークロード設定を自動的に管理します。

Power BI Embedded supports Q&A with row-level security
  • Power BI Embedded は、行レベルのセキュリティで Q&A をサポートします
    • Power BI Embedded は、行レベルセキュリティ(RSA)構成の Q&A をサポートしているため、質問をしているユーザーは自分のデータの表示に限定された回答または提案しか得られません。アプリケーションまたは Web ポータルに Power BI を埋め込むとき、レポートの一部として Q&A を使用するとき、またはアプリケーションに直接 Q&A を埋め込むときに、この機能を使用します。

Azure Migrate is now available in Asia and Europe
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/azure-migrate-is-now-available-in-asia-and-europe/
  • Azure Migrate がアジアとヨーロッパで使用できるようになりました
    • Azure Migrate が移行プロジェクトの場所としてアジアとヨーロッパをサポートするようになりました。これは、検出されたメタデータをアジア(東南アジア)とヨーロッパ(ヨーロッパ北部/ヨーロッパ西部)の地域で格納できるようになったことを意味します。

.NET Core 2.2 available for App Service on Windows
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/net-core-2-2-is-now-available-for-app-service-on-windows/
  • Windows 上の App Service で .NET Core 2.2 が使用可能に
    • .NET Core 2.2 が、Windows 上の Azure App Service のすべてのパブリックリージョンおよびソブリン(プライベート)クラウドリージョンで使用可能になりました。これには、App Service 環境をご利用のお客様も含まれます。

GitHub Enterprise support and automatic GitHub service connections in pipelines - Sprint 146 Update
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/github-enterprise-support-and-automatic-github-service-connections-in-build-pipelines-sprint-146-update/
  • パイプラインでの GitHub Enterprise サポートと自動 GitHub サービス接続 - スプリント146更新プログラム
    • Azure DevOps のスプリント146更新プログラムでは、GitHub と Azure Pipelines の統合が向上しました。"新しいビルド パイプライン" ウィザードで、GitHub Enterprise リポジトリのパイプラインを作成できるようになりました。リポジトリの分析も行い、推奨言語テンプレートを提供します。さらに、選択した GitHub リポジトリのサービス接続を作成して、それを再利用できます。

Azure portal January 2019 update
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/azure-portal-january-2019-update/
  • Azure portal 2019年1月の更新内容
    • 2019年1月に Azure portal に対して次の更新が行われました。
      • ランディングページ
        • Azure portal の新しいホームページ
      • ダッシュボード
        • ダッシュボードのタイルの共有の時間の範囲
      • Azure Container Instances
        • 新しい開始機能
      [参考]:Microsoft Azure portal January 2019 update

General availability: Azure Availability Zones in East US 2
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/general-availability-azure-availability-zones-in-east-us-2/
  • 一般公開:米国東部2の Azure Availability Zones
    • 基幹アプリケーションのための高可用性ソリューションである Azure Availability Zones が米国東部2で一般公開されました。


Microsoft Azure Blog より

Dynamic mission planning for drones with Azure Maps
  • Azure Mapsによる無人偵察機の動的任務計画
    • AirMap は無人偵察機のための主要な世界的な空域管理プラットフォームです。AirMap の無人交通管理(UTM)プラットフォームは、企業およびドローンソリューションプロバイダ向けに、安全で効率的で高度なドローン運用の展開および運用を可能にします。2017年以来、AirMap はMicrosoft Ventures ポートフォリオの一部となっており、信頼できるクラウドとして Microsoft Azure を選択しています。

HDInsight now supported in Azure CLI as a public preview
  • HDInsight がパブリックプレビューとして Azure CLI でサポートされるようになりました
    • パブリックプレビューとして Microsoft Azure CLI で HDInsight のサポートが導入されました。新しい HDInsight コマンドグループを追加することで、おなじみのクロスプラットフォームの Azure CLI に備わっているすべての機能と利点を HDInsight クラスターの管理のために利用できるようになりました。

Azure Data Explorer plugin for Grafana dashboards
  • Grafana ダッシュボード用 Azure Data Explorer プラグイン
    • Grafana チームと Azure Data Explorer チームは、直感的で強力な Kusto Query Language を使用して Azure Data Explorer に接続してデータを視覚化できるようにする専用のプラグインを作成しました。ほんの数分で、Azure Data Explorer を使用してデータの可能性を解き放ち、最初の Grafana ダッシュボードを作成できます。

Microsoft Azure obtains Korea-Information Security Management System(K-ISMS)certification
  • Microsoft Azure が韓国情報セキュリティ管理システム(K-ISMS)の認証を取得
    • Azure は、最も広範な国際および業界固有のコンプライアンス基準を満たしています。さらに、K-ISMS を使用して、幅広いポートフォリオに、国固有のコンプライアンス製品を追加しました。
    • K-ISMS 認証は、韓国インターネット安全保障局(KISA)によって導入されたもので、厳格な統制要件を通じて、地域内のデータのセキュリティとプライバシーを確保するように設計されています。この認証を取得することで、韓国の Azure のお客様は、主要なデジタル情報資産の保護に関する現地の法的要件への準拠をより簡単に証明し、KISA コンプライアンス基準をより簡単に満たすことができます。

Azure Marketplace new offers – Volume 29
  • 2018年12月1日から12月15日までの間に、60の新規オファーがオンボーディング基準を満たし、正式にサービス開始となりました。

Azure Site Recovery team is hosting an Ask Me Anything session
  • Azure Site Recovery チームが Ask Me Anything セッションをホストしています
    • Azure Site Recovery(ASR)チームは、2019年1月22日火曜日、太平洋標準時の午前8時30分から午前10時まで、Twitter で特別な Ask Me Any(AMA)セッションを開催します。#ASR_AMA を使用して @AzSiteRecovery または @AzureSupport にツイートすることができます。

Pix2Story: Neural storyteller which creates machine-generated story in several literature genre
  • Pix2Story:いくつかの文学ジャンルで機械生成物語を作成するニューラルストーリーテラー
    • 私たちは Pix2Story を Azure 上のニューラルストーリーテラー Web アプリケーションとして開発しました。これを使用すると、ユーザーは写真をアップロードし、いくつかの文献ジャンルに基づいて機械生成のストーリーを取得できます。

Azure Monitor logs in Grafana - now in public preview
  • Grafana を Azure Monitor ログへ - 現在パブリックプレビュー
    • Grafana と Microsoft Azure Monitor のログとの新しい統合についてご紹介します。この統合は、Azure Monitor データソースの一部として利用できるようになった新しい Log Analytics プラグインによって実現されています。
    • Azure Monitor Log Analytics ではすべてのログをネイティブに使用できますが、Google のお客様からもログを Grafana で利用できるようにすることが求められていました。Azure で OSS ツールをより多く使用できるようにするため、このリクエストにより Grafana と提携しました。

Cloud Commercial Communities webinar and podcast newsletter - January 2019
  • Cloud Commercial Communities のウェビナーおよびポッドキャストニュースレター - 2019年1月
    • Cloud Commercial Communities 月例ウェビナーおよび Podcast の更新へようこそ。毎月チームは、Microsoft AzureとDynamics を使用することで成功を収めるために、マイクロソフトのパートナーと顧客が知っておく必要があるコアプログラム、アップデート、トレンド、およびテクノロジに焦点を当てています。ライブのウェビナーをキャッチし、ライブの Q&A に参加してください。セッションを見逃した場合は、オンデマンドで確認できます。業界ニュースを最新に保つために業界 Podcast を購読することも検討してください。

Azure IoT automatic device management helps deploying firmware updates at scale
  • Azure IoT automatic device management は大規模なファームウェア更新プログラムの展開に役立ちます
    • Azure IoT Hub automatic device management は、ライフサイクル全体にわたって大規模なデバイスフリートを管理するための反復的で複雑なタスクの多くを自動化します。2018年6月に本機能をリリースして以来、ファームウェアアップデートのユースケースに大きな関心が寄せられています。このブログ記事では、独自の実装を開始する方法のいくつかについて説明します。

Create alerts to proactively monitor your data factory pipelines
  • データファクトリパイプラインの予防的監視のためのアラート作成
    • データ統合は複雑で、組織がハイブリッドデータ環境でデータとビジネスプロセスを組み合わせるのを助けます。データの量、種類、速度の増加により、問題の監視と対応が遅れています。組織は、データ統合活動の失敗のリスクとそれが他の下流プロセスに与える影響を減らすことを望んでいます。データ統合プロジェクトを監視するための手動のアプローチは非効率的で時間がかかります。その結果、組織は、データ統合プロジェクトを監視および管理して非効率性を排除し、システム全体に影響が及ぶ前に問題を発見するための自動化プロセスを望んでいます。組織は、データ統合イベント(成功/失敗)に関するアラートを作成して Azure Data Factory で予防的に監視することで、運用の生産性を向上させることができます。

Our 2019 Resolution: Help you transform your 2008 server applications with Azure!
  • 2019年の決意:2008サーバーアプリケーションを Azure で変革!
    • Azure が2008サーバーアプリケーションを変革するのに最適な場所である3つの理由は次のとおりです。
      • セキュリティ: セキュリティの脅威がますます洗練されてきているため、組織のセキュリティポリシーを強化することが最重要課題です。幸いなことに、Azure は他のどのパブリッククラウドよりも多くの認定を受けている、市場で最も信頼されているクラウドです。
      • イノベーション:Azure を採用するのに役立つ、最適化された低リスクのパスを用意しています。そして、いったんそこに着いたら、Azure SQL Database、Azure Cosmos DB、Azure AI などの完全に管理されたサービスで革新を続けることができます。
      • コスト削減:Azure のハイブリッドベネフィットと拡張セキュリティ更新プログラムを利用することによって、大幅に節約することができます。たとえば、2008サーバーを Azure に移行すると、オンプレミスで運用する場合のコストと比較して、3年間で30万ドル以上節約できます(独自のモデリングを行うには、Azure TCO 計算機をチェックしてください)。そして、Azure では Windows Server と SQL Server を考える必要はありません。AWS は5倍高価です。

AI is the new normal: Recap of 2018
  • AI は新しい常識:2018年のまとめ

Azure.Source - Volume 65
  • Azure.Source - Volume 65

Azure Backup for virtual machines behind an Azure Firewall
  • Azure Firewall の背後にある仮想マシンの Azure Backup
    • このブログ投稿では、主に Azure Firewall と Azure Backup を活用してデータを総合的に保護する方法について説明します。前者はあなたのネットワークを保護し、後者はあなたのデータをクラウドにバックアップします。Azure Firewall は、Azure Virtual Network のリソースを保護するクラウドベースのネットワークセキュリティサービスで、現在一般利用が可能です。高可用性と無制限のクラウドスケーラビリティを備えたサービスとしての完全にステートフルなファイアウォールです。Azure Firewall を使用すると、サブスクリプションと仮想ネットワークにわたって、アプリケーションとネットワークの接続ポリシーを集中的に作成、適用、および記録できます。仮想ネットワークリソースに静的パブリック IP アドレスを使用するため、外部ファイアウォールは仮想ネットワークから発生するトラフィックを識別できます。


Intune Customer Success より

Coming soon: User experience update to Intune Company Portal app for iOS
  • 近日公開:iOS 用の Intune Company Portal アプリのユーザーエクスペリエンスの更新
    • Intune はまもなく iOS Company Portal アプリの主要なユーザーエクスペリエンスアップデートをリリースする予定です。すぐにネイティブ iOS のルックアンドフィールと他のいくつかの新機能を備えたホームページが表示されます。また、コンテンツの一覧表示と検索にフィルタ機能を追加しています。コンテンツの種類(アプリまたは電子ブック)と可用性(デバイス管理が必要または登録なしで利用可能)でフィルタすることができます。

Microsoft Intune announces preview of support for Android corporate-owned, fully managed devices
  • Microsoft Intune、Android の企業所有の完全管理型デバイスのサポートのプレビューを発表
    • Intune で Android の企業所有の完全管理型(以前は Corporate Owned, Business Only(COBO)と呼ばれていた)デバイス管理シナリオのプレビューをリリースします。

Support Tip: Allowing data transfers from managed apps to unmanaged apps
  • サポートのヒント: 管理対象アプリから管理対象外アプリへのデータ転送を許可する
    • 多くの人にとって混乱を招きやすいシナリオについて、理解しやすく解説します。


Cloud and Server Product Japan Blog より

Azure Data Box Disk の一般公開に関するお知らせ
  • 2019年1月9日に投稿された Announcing the general availability of Azure Data Box Disk の翻訳

イベント開催のご案内 | 2019/1/15 号

10年先を見据えたエンタープライズ IT インフラを考える


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録