クラウドエンジニアブログ

【定期便】1/21週 Azure の公開情報まとめ

皆さん、こんにちは!

今週も、先週1週間(2018/1/21-1/27)分の Azure の公開情報をお送りいたします。
パブリッククラウドは日々進化しており、1週間の内に新しい情報がたくさん生まれます。 そのアップデート情報をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

今週のアップデート情報は以下の通りとなります。
それでは、ご覧ください。


Azure の更新情報より

Azure API Management update January 25
  • 1月25日の Azure API Management のアップデート
    • validate-jwt ポリシーに JWE サポートを追加。ポリシー定義に新しい decryption-keys 要素を追加。
    • Azure Application Insights に入れ子になった例外を記録。
    • すべての新しいリビジョンとバージョンは、前任者の診断設定のコピーを使用して作成されるように変更。
    • 新しい開発者アカウント確認の電子メールテンプレートに、電子メールテンプレートのパラメータをいくつか追加。
    • OpenAPI 仕様に従って、開発者ポータルに表示される自動生成されたリクエストサンプルは、読み取り専用プロパティを非表示に。
    • 設定リポジトリからデプロイするときに製品に API やグループを追加できないことがあるというバグを修正。
    • サービスのアップグレードにより使用可能容量がわずかに増加する可能性。

Public preview: Azure Monitor for containers support for AKS-engine
  • パブリックプレビュー: Azure Monitor の AKS-engine コンテナサポート
    • Azure Monitor の AKS-engine コンテナサポートが公開プレビューで利用可能になりました。Azure Monitor をコンテナーに使用することで、Azure Kubernetes Service(AKS)と AKS-engine の両方をモニターできるようになりました。

Azure Monitor for containers: January updates
  • Azure Monitor for container: 1月のアップデート
    • すべての地域で Azure Monitor for container エージェント(01/09/19ビルドバージョン)の更新を開始します。このアップデートには、エージェントの信頼性とパフォーマンスを向上させるための修正が含まれています。Azure Kubernetes Service(AKS)クラスター内のエージェントは自動的にアップグレードされます。お客様からの対処は必要ありません。

General availability: Azure Guest OS Family 6(Windows Server 2019)
  • 一般提供開始: Azure Guest OS Family 6(Windows Server 2019)
    • Windows Server 2019 をベースにした Azure Guest OS Family 6 が現在一般提供されています。Windows Server 2019 は、オンプレミス環境と Azure をつなぐオペレーティングシステムであり、アプリケーションとインフラストラクチャの近代化を支援しながら、セキュリティの層を追加します。

Public preview: Azure API Management support for OpenAPI Specification v3
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/azure-api-management-openapi-v3-preview/
  • パブリック プレビュー: Azure API Management による OpenAPI 仕様 v3 のサポート
    • Azure API Management で、OpenAPI 仕様 v3 のプレビューサポートが導入されました。OpenAPI 仕様 v3 は、API の記述に広く使用されているオープンソースによる標準の最新バージョンです。以下がサポートされるようになりました。
      • JSON および YAML 形式の OpenAPI 仕様 v3 ファイルをインポートする。Azure portal および REST API を使用します。インポートにはいくつかの制限があります。
      • OpenAPI 仕様 v3 ファイルを JSON および YAML 形式でエクスポートする。Azure portal や開発者ポータルに加えて、REST API も使用できます(YAML のみ)。
      • [参考]:Announcing the preview of OpenAPI Specification v3 support in Azure API Management

HDInsight Tooling has new capabilities
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/hdinsight-tooling-has-new-capabilities/
  • HDInsight ツールに新機能が搭載されました
    • Azure HDInsight Tools for VSCode の一般提供が開始しました。Apache Hive バッチジョブ、対話型 Hive クエリ、PySpark ジョブを作成するための、クラス最高の機能を備えています。HDInsight Tools for VSCode は、キーボード中心で使用できるクロスプラットフォームの軽量コードエディターを備えており、プラットフォーム上の制約や依存関係はなくなります。Windows、Linux、Mac 上でスムーズに実行できます。
      • Spark の診断およびデバッグのツールキットの追加機能
        • 読み取り/書き込みのボトルネックを特定する再生とヒートマップを備えたジョブグラフ。
        • Executor の利用状況やジョブの実行効率を示す Executor 利用状況分析。
        • データスキューの検出と分析。
        • データのプレビュー、ダウンロード、およびコピーを含む、ジョブ固有のデータ管理。

Service Bus and Event Hubs Availability Zones now generally available(GA)
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/service-bus-and-event-hubs-availability-zones-now-generally-available-ga/
  • Service Bus と Event Hubs の Availability Zones の一般提供(GA)開始
    • Availability Zones は高可用性を備えたサービスで、アプリケーションとデータをデータセンターの障害から保護します。Azure Service Bus Premium と Azure Event Hubs Standard に対する Availability Zones のサポートが、以下のリージョンで追加されています。
      • 米国東部2
      • 米国西部2
      • 西ヨーロッパ
      • 北ヨーロッパ
      • フランス中部
      • 東南アジア
    • ゾーン冗長データセンターを持つすべての Azure リージョンで、Azure Service Bus Premium と Azure Event Hubs Standard に対する Availability Zones のサポートの一般提供が開始されました。この機能は既存の名前空間では機能しないことにご注意ください。この機能を使用するには、新しい名前空間をプロビジョニングする必要があります。
      [参考]:Azure Service Bus and Azure Event Hubs expand availability

Support for Amazon RDS for SQL Server to Azure SQL Database online migrations
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/support-for-amazon-rds-for-sql-server-to-azure-sql-database-online-migrations/
  • Amazon RDS for SQL Server から Azure SQL Database へのオンライン移行のサポート
    • Azure Database Migration Service で一般公開された機能を使用して、Amazon RDS for SQL Server を最小限のダウンタイムで Azure SQL Database に移行できるようになりました。

Support for Amazon RDS for PostgreSQL to Azure Database for PostgreSQL online migrations
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/support-for-amazon-rds-for-postgresql-to-azure-database-for-postgresql-online-migrations/
  • Amazon RDS for PostgreSQL から Azure Database for PostgreSQL へのオンライン移行のサポート
    • Azure Database Migration Service で一般公開された機能を利用して、Amazon RDS for PostgreSQL を Azure Database for PostgreSQL に移行します。移行の際、ソースデータベースはオンラインのままになります。

Support for Amazon RDS for MySQL to Azure Database for MySQL online migrations
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/support-for-amazon-rds-for-mysql-to-azure-database-for-mysql-online-migrations/
  • Amazon RDS for MySQL から Azure Database for MySQL へのオンライン移行のサポート
    • Azure Database Migration Service で一般提供された機能を利用して、Amazon RDS for MySQL を Azure Database for MySQL に移行します。移行の際、ソースデータベースはオンラインのままになります。

M-series virtual machines(VMs)are now available in Australia Central region.
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/m-series-virtual-machines-vms-are-now-available-in-australia-central-region/
  • M シリーズ仮想マシン(VM)がオーストラリア中部リージョンで使用できるようになりました。
    • Azure M シリーズ VM がオーストラリア中部リージョンで使用できるようになりました。M シリーズ VM は 192GB から 3.8TiB(4TB)RAM までのメモリ構成を提供し、SAP HANA 向けに認定されています。

Azure FXT Edge Filer(Avere Update)
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/azure-fxt-edge-filer-avere-update/
  • Azure FXT Edge Filer(Avere 更新プログラム)
    • 最新の FXT Edge Filer アプライアンスを開発中です。この新しいハードウェアは Microsoft Azure アプライアンスとなり、ハイブリッド HPC コンピューティング環境におけるストレージの最適化を促進します。この再設計されたハードウェアは、Avere ソフトウェアテクノロジを利用して、ネットワーク接続ストレージ環境を高速化し、Azure BLOB へのアクセスを拡大します。キャッシュサイズと DRAM がさらに拡大し、現在の NAS の最適化とストレージゲートウェイのユースケースを強化します。

Preview refresh: Azure Backup supports PowerShell and ACLs for Azure Files
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/preview-refresh-azure-backup-now-supports-powershell-and-acls-for-azure-files/
  • プレビューの更新: Azure Backup での Azure Files 用の PowerShell と ACL のサポート
    • PowerShell から Azure Backup を使用して、Azure Files 共有のバックアップを10年間保持できるようになりました。Azure Backup は、Azure Files 共有の ACL のバックアップと復元もサポートしています。
      [参考]:Azure Backup now supports PowerShell and ACLs for Azure Files

Public preview: Read replicas in Azure Database for PostgreSQL
日本語訳ページ: https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/public-preview-postgresql-read-replicas/
  • パブリックプレビュー: Azure Database for PostgreSQL の読み取りレプリカ
    • 単一の Azure Database for PostgreSQL サーバー(マスター)から、同じ Azure リージョン内にある最大5つの読み取り専用サーバー(読み取りレプリカ)にデータをレプリケートできるようになりました。この機能は、PostgreSQL のネイティブ非同期レプリケーションを使用します。
      読み取りレプリカを使用すると、読み取り集中型ワークロードをスケールアウトできます。読み取りレプリカは、BI とレポートのシナリオでも使用できます。レプリカへのレプリケーションを停止することもできます。この場合、このレプリカは通常の読み取り/書き込みサーバーになります。


Microsoft Azure Blog より

AI & IoT Insider Labs: Helping transform smallholder farming
  • AI & IoT インサイダーラボ: 小規模農家経営の変革を支援
    • Microsoft AI & IoT Insider Labs は、あらゆる種類の組織がデジタル変革を加速するのを支援するために作成されました。ハードウェア設計から製造、アプリケーションの構築、機械学習を使用したデータの洞察への変換まで、世界中のメンバー組織が技術開発と製品の商品化の両方をサポートするためにアクセスできます。本ブログ記事では、AI & IoT Insider Labs が、パートナーである SunCulture がケニアの小規模農家に太陽熱を利用した揚水および灌漑システムを提供するためにどのように役立つかを説明します。

Hyperledger Fabric updates now available
  • Hyperledger Fabric のアップデートが利用可能になりました
    • Azure 上で Hyperledger Fabric を使用してソリューションを構築する開発者向けの一連の新しい機能強化についてお知らせします。

Analyze data in Azure Data Explorer using KQL magic for Jupyter Notebook
  • Jupyter Notebook 用の KQL マジックを使用して Azure Data Explorer でデータを分析する
    • Jupyter Notebook では、ライブコード、方程式、ビジュアライゼーション、および説明文を含む文書を作成して共有できます。これには、データのクリーニングと変換、数値シミュレーション、統計モデリング、および機械学習が含まれます。
    • Jupyter Notebook で Python カーネルの機能を拡張した KQL マジックコマンドを発表できることをうれしく思います。KQL マジックを使用すると、KQL クエリをネイティブに記述したり、Microsoft Azure Data Explorer からデータをクエリしたりできます。Python と KQL を簡単に交換したり、KQL レンダリングコマンドと統合された豊富な Plot.ly ライブラリを使用してデータを視覚化することができます。KQL マジックは、クエリを実行するためのデータソースとして Azure Data Explorer、Application Insights、および Log Analytics をサポートしています。

Security for healthcare through cloud agents and virtual patching
  • クラウドエージェントと仮想パッチによるヘルスケアのセキュリティ
    • Azure ヘルスケアクラウドセキュリティスタック(HCSS)は、クラウドセキュリティとコンプライアンスへの注力を維持しながら、ヘルスケア企業が IT インフラストラクチャを近代化するのを助けます。HCSS の統合ダッシュボードには、Qualys によって識別された脆弱性、Trend Micro Deep Security によって阻止された脅威の数と種類、およびセキュリティアナリストやエンジニアによるさらなる調査と修復のためのインテリジェンスを単一画面で提供します。統合スタックにより、クラウドへの移行後のセキュリティの自動化とオーケストレーションのオーバーヘッドがなくなります。

Microsoft and Citus Data: Providing the best PostgreSQL service in the cloud
  • Microsoft と Citus Data: クラウドで最高の PostgreSQL サービスを提供
    • Microsoft は、既存のアプリケーションを再設計する必要なしに PostgreSQL データベースをスケールアウトするための革新的なオープンソース拡張である Citus Data の買収を発表しました。Citus Data は、データとクエリを複数のノードにインテリジェントに分散することで比類のないパフォーマンスとスケーラビリティを提供します。このブログ記事では、差別化された PostgreSQL 製品をお客様に提供するためにどのように Citus Data と緊密に連携するかについて説明します。

Regulatory compliance dashboard in Azure Security Center now available
  • Azure Security Center の規制コンプライアンスダッシュボードが利用可能になりました
    • Azure Security Center(ASC)で最近パブリックプレビューにリリースされた新しい規制遵守ダッシュボードは、法規制の遵守義務を満たし、ベンチマーク標準のすべての要件を遵守するためのプロセスを合理化するのに役立ちます。

HDInsight Tools for Visual Studio Code now generally available
  • Visual Studio Code 用の HDInsight ツールが正式リリース
    • Azure HDInsight Tools for Visual Studio Code(VSCode)が一般公開されたことをお知らせいたします。HDInsight Tools for VSCode を使用すると、開発者は、HDInsight PySpark および Hive のバッチジョブとインタラクティブクエリを開発するための、クロスプラットフォームの軽量コードエディタを利用できます。

Introducing IoT Hub device streams in public preview
  • パブリックプレビューの IoT Hub デバイスストリームの紹介
    • Azure IoT Hub デバイスストリームは、IoT デバイスへの安全なエンドツーエンド接続の基盤を提供することによってこれらのニーズに対応する新しい PaaS サービスです。顧客、パートナー、アプリケーション開発者、およびサードパーティのプラットフォームプロバイダーは、デバイスストリームを利用して、ファイアウォールの内側に存在する、またはプライベートネットワーク内に展開されている IoT デバイスと安全に通信できます。さらに、TCP / IP スタックとの互換性が内蔵されているため、デバイスストリームは、カスタムの独自プロトコルと、リモートシェル、Web、ファイル転送、ビデオストリーミングなどの標準プロトコルの両方を含む幅広いアプリケーションに適用できます。

Announcing the preview of OpenAPI Specification v3 support in Azure API Management
  • Azure API Management での OpenAPI Specification v3 サポートのプレビューを発表
    • Azure API Management は、OpenAPI 仕様 v3(API を記述するために広く使用されているオープンソース標準の最新バージョン)のプレビューサポートを導入しました。機能の実装は OpenAPI.NET SDK に基づいています。
    • このブログ記事では、次のことを解説します。
      • OpenAPI 仕様を使用する利点
      • Azure API Management の OpenAPI 仕様書から API を作成する方法
      • API を OpenAPI 仕様書としてエクスポートする方法
      • 一般提供予定リリースの残りの作業

Connecting Node-RED to Azure IoT Central
  • Node-RED を Azure IoT Central に接続する
    • Raspberry Pi は小型のシングルボードコンピュータです。その低コスト、低消費電力という性質は、IoT プロジェクトに最適です。Node-RED は、IoT 用に設計されたフローベースのドラッグアンドドロッププログラミングツールです。Web ブラウザで堅牢な自動化フローを作成することを可能にし、IoT プロジェクト開発を簡素化します。

HDInsight Metastore Migration Tool open source release now available
  • HDInsight Metastore Migration Tool オープンソースリリース
    • Hive メタストアに一括編集を適用するために使用できるオープンソーススクリプトである Microsoft Azure HDInsight メタストア移行ツール(HMMT)のリリースをお知らせします。
    • HMMT は、迅速、安全、そして制御可能な環境で Hive メタデータ移行シナリオを処理します。このブログ記事では3つのセクションに分かれています。まず、HMMT の背景について、Hive メタストアおよび Hive ストレージパターンに関して概説します。2番目のセクションでは、HMMT の設計について説明し、初期設定手順について説明します。最後に、いくつかのサンプル移行について、その使用方法と価値の実証として HMMT を使用して説明および解決します。

Export data in near real-time from Azure IoT Central
  • Azure IoT Central からほぼリアルタイムでデータをエクスポートする
    • Azure IoT Central アプリから、ほぼリアルタイムで Azure Event Hubs と Azure Service Bus にデータをエクスポートできるようになりました。これまで、Continuous Data Export を使用すると、コールドパスストレージと分析のために、1分に1回、IoT Central の測定値、デバイス、およびデバイステンプレートのデータを Azure Blob Storage アカウントにエクスポートできました。分析と監視のために、このデータを Azure Event Hubs インスタンスと Azure Service Bus インスタンスにほぼリアルタイムでエクスポートできます。

Azure.Source - Volume 66
  • Azure.Source - Volume 66

Azure Cognitive Services adds important certifications, greater availability, and new unified key
  • Azure Cognitive Services は、重要な認証、優れた可用性、および新しい統合キーを追加します。
    • AI サービスを選択する際の最も重要な考慮事項の1つは、セキュリティと規制への準拠です。AI が高い水準と堅牢で永続性のあるソフトウェアシステムで処理されているとあなたは信頼できますか?
    • 今日の Cognitive Services には、14の一般提供されている製品が含まれています。本ブログ記事では、ビジネスにおけるセキュリティの強化と法令遵守をサポートするための現在の認定の概要を説明します。


Cloud Platform News Bytes Blog より

Cloud Release Announcements for January 23, 2019
  • 2019年1月23日のクラウドリリースのお知らせ
    • Azure API Management | OpenAPI v3 support in API Management is now in preview
    • Availability Zones | Service Bus and Event Hubs Availability Zones are now generally available(GA)
    • Azure Database | Support for Amazon RDS for MySQL to Azure Database for MySQL online migrations
    • Azure Database | Support for Amazon RDS for PostgreSQL to Azure Database for PostgreSQL online migrations
    • Azure SQL Database | Support for Amazon RDS for SQL Server to Azure SQL Database online migrations
    • HDInsight Tooling – New Capabilities


Enterprise Mobility + Security より

Simplifying device management for schools with Microsoft Intune and Windows Autopilot
  • Microsoft Intune と Windows Autopilot を使用して学校のデバイス管理を簡素化する
    • iOS クラスルームデバイスのサポートにより、Intune for Education を引き続き強化
    • Intune および Windows Autopilot を使用した教室機器のプロビジョニングの合理化


Intune Customer Success より

Changes to MDM enrollment workflow in iOS 12
  • iOS 12 での MDM 登録ワークフローの変更
    • Apple は、モバイルデバイス管理(MDM)への手動登録に向けて iOS12 の将来のバージョンで変更があることを発表しました。 - https://support.apple.com/ja-jp/HT209435
      私たちは、この変更はおそらく Apple からの iOS の Spring 2019 リリースで起こるだろうと予想しています。

Support Tip: Enrolled Windows 10 devices not able to use the CP app to install available apps
  • サポートのヒント: CP アプリを使用して利用可能なアプリをインストールできない登録済みの Windows 10 デバイス

Intune Known Issue: Follow-up to IT172124 – Can’t renew macOS Profiles running 10.14 and higher
  • Intune の既知の問題: IT172124 へのフォローアップ - 10.14 以降を実行している macOS プロファイルを更新できない
    • このバグが修正されるまでは、macOS Mojave(バージョン10.14)にアップデートしないことを選択するか、追加情報にリンクされているスクリプトを実行して管理プロファイルの有効期限が切れるデバイスを識別してから Intune に再登録できます。

Hotfix Available: Microsoft Intune connector certificate does not renew in Configuration Manager
  • 利用可能な修正プログラム: Microsoft Intune コネクタ証明書は構成マネージャで更新されません
    • この問題を回避するための修正プログラム(KB 4487960/4487997 )は、Microsoft Intune を介したハイブリッドモバイルデバイス管理環境を使用するサイトでのみ、Configuration Manager コンソールの [更新とサービス] ノードで利用できるようになりました。

Setting 256-bit encryption for BitLocker during Autopilot with the Windows 10 October 2018 Update
  • Windows 10 での自動操縦中の BitLocker に対する256ビット暗号化の設定
    • Microsoft Intune は、2018年10月に更新された Windows 10 デバイス で BitLocker を管理するための包括的な一連の構成オプションを提供します。そのような設定の1つにより、IT 管理者は BitLocker 暗号化アルゴリズムを設定できます。BitLocker 暗号化アルゴリズムは、BitLocker が最初に有効になったときに使用され、フルボリューム暗号化を実行する強度を設定します。IT 管理者は、このアルゴリズムを AES-CBC 128ビット、AES-CBC 256ビット、XTS-AES 128ビット、または XTS-AES 256ビット暗号化に設定できます。


Azure 課金・サブスクリプションサポートチームブログより

Azure サブスクリプションと Azure AD について
  • Azure サブスクリプションと Azure AD の関係についてご案内


Official Microsoft Blog より

Microsoft acquires Citus Data, re-affirming its commitment to Open Source and accelerating Azure PostgreSQL performance and scale
  • Microsoft は Citus Data を買収し、オープンソースへのコミットメントを再確認し、Azure PostgreSQL のパフォーマンスと規模を加速します
    • Microsoft と Citus Data は、データの力をさらに引き出すことで、複雑なマルチテナント SaaS アプリケーションを拡張し、数十億行にわたるリアルタイム分析で洞察までの時間を加速することを可能にします。


Cloud and Server Product Japan Blog より

Azure Cognitive Services 最新動向: 主要認定の取得、提供リージョンの拡大、統合キーの対応
  • 2019年1月21日に投稿された Azure Cognitive Services adds important certifications, greater availability, and new unified key の翻訳

Microsoft Azure が韓国情報セキュリティ管理システム(K-ISMS)認定を取得
  • 2019年1月16日に投稿された Microsoft Azure obtains Korea-Information Security Management System(K-ISMS)certification の翻訳

イベント開催のご案内 | 2019/1/21号


以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【総合】お問い合わせ

ソリューションに関する全般的なお問い合わせはお気軽にご相談ください。

ピックアップ

セミナー情報
クラウドエンジニアブログ
clouXion
メールマガジン登録